引越し侍 不用品回収。 アート引越センターは不用品回収してくれる?粗大ゴミや家具の処分費用はいくら?

【期待薄】引越し侍の不用品回収を利用するなら自分で処分しよう

引越し侍 不用品回収

不用品を処分する7つの方法 引越しで出る不用品は様々ですが、処分方法に関してもいくつかのやり方があります。 ここでは7つの処分方法をピックアップしてみました。 不用品回収業業者に引き取ってもらう• 買取専門店に売る・一括査定を利用する• 引越し業者に依頼する• リサイクルショップで売る• ネットオークション・フリマアプリ・掲示板を活用する• 自治体の粗大ゴミ回収を利用する• 友人に譲る・寄付する では、ひとつずつ解説していきます。 不用品回収業者に依頼する 自宅まで不用品を引き取りに来てくれるサービスです。 自治体に依頼する場合と比較し、日程の都合や回収場所への運び出しも必要ないため手間がかかりません。 料金相場を要チェック 不用品回収業者は、出張費や車両費が含まれる基本料金や処理費用、別途オプションなどがかかる場合があります。 基本料金の相場は3,000円~5,000円くらいが多く、その他の料金相場は業者により異なります。 依頼する前にいくらかかるのか、必ず確認しておきましょう。 一括見積りで回収料金を比較検討! 「エコノバ」のような優良不用品回収業者の一括見積サイトを利用すれば、料金はいくらかかるのか、どんな業者・サービスなのかを一回の申し込みで複数の業者からもらうことができます。 利用することで上記で紹介したような不透明な部分の心配をすることなく、安心で信頼できる業者に依頼することができるためおすすめです。 不用品回収サービスのおすすめ業者も紹介 当日出張見積もり・即日回収OKの不用品回収サービスを行っています。 上記で紹介した基本料金や出張費用がかからない点が特徴で、わかりやすいパック料金体系となっています。 対応地域は関東1都3県 東京・神奈川・千葉・埼玉 となっています。 悪質な回収業者には注意 チラシを配り、格安の不用品回収を謳いながら車で巡回し、処分を依頼したお客様に対して高額な料金を請求するケースが発生しています。 このようにがなされているため、依頼する前に注意が必要です。 買取専門店に売る・一括査定を利用する 買取サービスに特化した買取専門店に不用品を売る方法もあります。 まだ価値がありそうな物は買取査定に出してみましょう。 ウェブと電話から無料査定ができる場合が多く、引越し当日に合わせた出張買取にも対応できます。 「 楽に処分したいけど買取価格にもこだわりたい!」といった方におすすめします。 買取専門店・一括査定サービスの紹介 利用者100万人突破、買取対象品目10万点以上の総合買取サービス。 ウェブと電話で毎日無料査定を受付中で、全国どこからでも利用できます。 全国のリサイクルショップショップに向けて、自身の売りたい物を一括で査定できる買取サービスです。 各ショップから見積もりが提示されるので、いちばん高く買い取ってくれるところがすぐに見つかります。 もちろん、利用料はかかりません。 買取屋さんグループは、全国25店舗を展開し出張買取を行っています。 プロの査定で安心して査定に出すことができ、店舗の近隣電話をしてから最短30分で出張買取ができるという、スピーディーな流れです。 幅広買取品目があるため、まとめてリサイクルしたいという人におすすめできます。 リユース品の買取・購入がまとめてできるECサービス。 家電や楽器など各買取対象カテゴリページでは、実際に買取した商品が一覧で表示され、状態や買取価格がチェックできるようになっています。 タレントのDAIGOさんを起用したCMが話題の買取専門店です。 簡単3ステップで不用品を売却できます。 いらない物の買取についてはこちらの関連記事もおすすめです。 運送会社の不用品買取サービスも ヤマトホームコンビニエンスが実施しているがあります。 引越しと同時に実施するため、廃棄やリサイクル手配、保管場所の確保といった面倒な手続きが不要になり、主に家具、家電の買取に対応しています。 引越し業者に依頼する 引越し業者により、不用品の引き取りサービスも行っている場合があります。 引越しと同時に処分も行えるため、手間がかからずおすすめです。 不用品引き取りだけの依頼も可能です。 サービスをいくつかチェックしてみましょう。 そして、近いうちに引越しを行う方は各業者の料金をしっかり比較検討できる一括見積もりサービスも合わせて確認してみてください。 不用品処分・引き取りサービスに対応している引越し業者 引越しサービスとは別に不用品買取サービスを提供。 ホームページか電話で申し込みが可能です。 引越しを申し込むと一緒に不用品を無料で引き取ってもらえます。 大手リサイクル会社と提携し引越しと一緒に引き取りと回収を行ってくれます。 引越し料金を一括見積もりできるおすすめサービス 全国200社以上の引越し業者と提携しているネット見積もりサービスです。 業者の引越し料金を簡単に比較することができます。 おすすめの引越し業者をもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。 リサイクルショップで売る 一番に思い浮かぶ処分方法として、リサイクルショップに持ち込んで売るという方が多いのではないでしょうか。 ジャンル問わず まとめて売却できる点がメリット 一部、買取ができない品目がある場合もあります。 で、引越しまでに一気に片付けたい時におすすめです。 不用品として売った物はリサイクルされ、次の方の手に渡るため軽く掃除をして綺麗にしておきましょう。 最近では持ち込みの他にも宅配買取や出張買取といったサービスも利用できるため便利です。 有名なリサイクルショップといえばココ 日本全国に展開する誰もが知っているリサイクルショップです。 家具、家電、カメラ、パソコンなど取り扱い品目も豊富。 店頭持ち込みの他に出張買取、宅配買取も受付していいます。 総合リサイクルショップとして洋服、古着、ブランド品を含めたあらゆる不用品の買取に対応しています。 また、ジャンル特化型のトレファクスポーツ 中古スポーツ用品の買取・販売 を行うサービスも展開しています。 レンタルビデオで有名なゲオが運営するリサイクルショップです。 WEB買取 宅配 なら不用になった洋服やアクセサリーを詰めて送るだけで査定をしてくれます。 ネットオークション・フリマアプリ・掲示板を活用する すでに一般的になっているネットオークション、近年利用者が急増したフリマアプリを活用して不用品を売る方法があります。 自身で売却金額を設定できるので、納得いく金額で手放すことができる点が最大のメリットです。 しかし、洋服や小物を大量に売りたい場合など、一点ずつの写真撮影や商品説明、発送の手間がどうしてもかかってしまいます。 また、ジモティーといった地域掲示板を活用して不用品を譲るという手段もあります。 「中古あげます・譲ります」といった掲示板が立ち上がっており、同じ地域に住んでいるユーザーとやりとりを行い不用品を取引します。 活発にやりとりが行われていますが、個人間のトラブルなどに気をつけたいところです。 代表的なサービス ヤフーが運営する日本最大級のオークションサイトです。 ありとあらゆるジャンルの商品が出品されているため、いらなくなった物を売るには最適です。 CMでも話題のフリマアプリです。 スマホカメラで商品を撮影して出品するだけの簡単作業で利用者急増中のサービスです。 地元の掲示板として不用品の譲り合いや、犬、猫の里親募集など地域ユーザーに密着したサービスです。 自治体の粗大ごみ回収サービスを利用して処分 住んでいる地域の自治体のルールに則り、不用品を処分する方法です。 各地方自治体によりルールが異なるため、ホームページ等で確認してみましょう。 また、粗大ごみの回収は基本的には有料です。 一般的な粗大ごみ対象ルールと品目 粗大ごみの対象となるものは、各地域によりこのような条件・品目が定められています。 最も長い部分が30cm以上を超えるもの 東京都の場合• 家具 タンス、ソファ、テーブル 、自転車、楽器、ガスコンロなど 地域によっては50cm以上としているところもあります。 なお、家電リサイクル法対象の品目 テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など 、パソコン、バッテリーやタイヤ、ガソリンなどは自治体の粗大ごみとして回収はできません。 それぞれ適切な方法で処分するようにしましょう。 参考までに、世田谷区の粗大ごみルールの記事を読んでみてください。 出し方・回収の流れ 粗大ゴミの出し方と回収の流れは以下のような形です。 出したいものが粗大ごみに該当するか確認する• 各自治体の粗大ごみ受付センターに電話かメールで回収を依頼し、回収日と回収場所とを決める• 有料粗大ごみ処理件を購入 コンビニ等で購入可能 し、粗大ごみに貼る• 回収日になったら指定の回収場所に出しておく どんなに重いものでも、 自宅までは引き取りに来てくれないので注意が必要です。 また、盗難を防ぐという意味でも必ず回収日の朝に出すようにしましょう。 友人にあげる・寄付をする 友人や知人で欲しいという方がいる場合はあげることもできます。 タンスのような重たいものは持ち運びが大変なので、ヤマト運輸のらくらく家財便といったプロのサービスを利用することをおすすめします。 また、寄付をするという方法もあります。 洋服など、必要としている人へ提供することで社会貢献が可能です。 このような活動を支援しているサービスもあります。 いらなくなった衣料品等の寄付を受け付け、福祉施設や海外NGOへ寄贈する取り組みを行っています。 ここまでのまとめ 各不用品処分サービスの特徴比較 引越しで出る不要品の処分方法を7つ解説してきました。 改めて各処分方法の特徴を比較表でまとめてチェックしてみましょう。 それぞれ特色がありますが、処分したいものや手間、処分料金・買取代金発生の有無などご自身に合った方法を賢く選んで効率よく処分していくことが大切です。 処分方法 特徴 1. 買取専門店に売る 専門店のため相場を加味した適正査定が期待できる。 買取価格にこだわりたい方におすすめ 2. リサイクルショップで売る ジャンル問わずまとめて売れる 3. オークション・フリマアプリ・掲示板を活用する 自身で売却金額を設定し納得いく金額で売れる。 個人間トラブルには注意 4. 不用品回収業者に引き取ってもらう 自宅まで引き取りに来てくれるなど、自治体に依頼するよりも手間がかからない 5. 自治体の回収サービスを利用する 一定料金を支払い、定められた方法で確実に回収してもらえる 6. 友人にあげる・寄付する 費用がかからず譲れる。 社会貢献ができる 7. 引越し業者に依頼する 引越しと同時に処分が可能。 手間がかからない 引越し時に処分されることが多い品目の処分費用相場 引越し侍のデータによると、ベッドや冷蔵庫、洗濯機といったよく処分される品目の処分費用相場は自治体・回収業者別で以下の金額が目安とされています。 あまり触れることがない不用品の処分にかかるおおよその費用がわかりやすくまとめてあるため、確認することをおすすめします。 品目 自治体での処分費用目安 回収業者での処分費用目安 ベッド 1,000円~1,800円 3,675円~5,250円 タンス 300円~2,500円 3,000円~ ソファー 1,800円 2,000円~ テーブル 300円~1,000円 3,150円~7,350円 冷蔵庫 3,400円~5,590円 4,200円~10,500円 洗濯機 2,300円~2,400円 3,675円~5,775円 テレビ 1,700円~3,048円 3,150円~7,875円 エアコン 1,300円~9,000円 3,150円~5,775円 出典: その他の引越しタイミングで片付けることが多い物 上記の相場に掲載した物以外にも、整理して引越し先に持ち込むものと処分するものが出てくる品目を見ていきましょう。 食器類 日常的に使用する食器は引越しのタイミングであまり使っていないものは処分する方が多いのではないでしょうか。 また、ブランドもので高価だか滅多に使わないお皿などの扱いに困ることも。 そのまま捨てて片付けることも可能ですが、食器買取専門サービスに売却してみるという選択肢もあります。 思わぬ値段が付く場合があり、捨てるよりもお得になる可能性もあります。 食器買取については下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。 引っ越すタイミングで家電のレンタル始めてみませんか? 近年、新生活が始まるタイミングで家電製品を長期レンタルするという需要が高まっています。 年間単位で冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビといった生活家電をまとめて借りてお得に賢く活用する方法です。 学生であれば在学中の期間だけ借りる、転勤が多く各地を転々とする方は、期間レンタルの方が費用や手間を考えると購入し所持するよりも楽ちんといったメリットがありおすすめです。 ReReレンタルは一人暮らし家電セットのレンタルを行っており、1日当たり123円~利用でき全国各地への配送にも対応しています。 冷蔵庫や洗濯機の搬入および設置も無料のため女性の方でも安心です。 レンタルできる家電はすべて国内メーカーという点もポイントです。 買うのではなく借りるという新しい選択肢を引越しをするタイミングで検討してみてはいかがでしょうか。 参考: まとめ 不用品の処分は引越しするときに必ずといっていいほどやらなければなりませんが、自分に合ったやり方や、サービスを理解し選ぶことで、効率よくかつお得に処分することが可能です。 処分方法を知っているのと知らないとでは労力やかかる費用に雲泥の差が出ることが考えられます。 気持ちよく引越しを済ませるためにも余裕を持って行動し、気持ちの良い新生活を迎えましょう。

次の

【期待薄】引越し侍の不用品回収を利用するなら自分で処分しよう

引越し侍 不用品回収

粗大ごみとして収集を依頼しなければならないのは「家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック製品、木製品など)で50cm以上のもの」となります。 金属製品で30cm以上となるガステーブルや50cmになる木製のイスなどは粗大ごみですが不一番長い辺が30cm未満のアイロンや炊飯器、ドライヤーなどは「小さな金属類」「不燃ごみ」として収集日に出すことができます。 同じ炊飯器でも30cmを超える場合は粗大ごみになります。 粗大ごみとして自治体に回収してもらう場合事前に郵便局や金融機関、コンビニなどで料金を支払い 領収書・収集シールを受け取ります。 その後、自治体に電話連絡するかインターネットから収集の申込みを行います。 粗大ごみの回収は早めに申し込みを!時間がないときは持ち込みも可 粗大ごみは、時期によって収集に来てもらうまで2週間以上かかる場合もあります。 引越し前に粗大ごみを出したいなら、早めに手続きをするようにしましょう。 また、大きいものでも回収場所までは自分で運ばなければなりません。 回収時間はほとんどが朝8時くらいなので前もって準備しておくようにしましょう 回収を待っていたら、引越しに間に合わない!というときは指定された施設に直接、粗大ごみを持ち込むことも可能です。 ただし同じように回収手数料がかかります。 なお、他の自治体の回収シールが貼られたものは引き取ってもらえません。 早めに連絡して旧居のある自治体で回収してもらうようにしましょう。 粗大ごみの対象とならないのは リサイクルショップでは、買い手のいない特殊な物やリサイクルできない古い物は引き取りしてもらえず、家具・家電も使用年数のだいたいの目安がありますので事前に調べておく必要があります。 楽器やバイクなど幅広く取り扱っている場合もあり、洋服やブランド物や雑貨なども買取ってもらえます。 処理に困るものとして年数の経った家具家電やリサイクルショップにも買い取ってもらえないような物は、ゴミとして捨てるか不用品回収業者に処理をお願いしますが、すべて無料で引き取ってくれるわけではなく、中には法外な料金を請求される場合もあるので注意しなければいけません。 荷造りの際は新居に持ち運べるかどうかサイズなどをよく確認して、リサイクルできるものは家具買取業者に引き取りしてもらうのが賢明です。 リサイクルショップの買取方法は様々。 都合に合わせて買い取ってもらいましょう。 ショップに持ち込む「店頭買取」、Web 上から申し込み自宅からダンボールなどに詰めて送る「web買取」大きな家具や家電など自分では持ち込みしづらいものを買取に来てもらう「出張買取」といった方法があります。 いずれの方法でも本人確認書類の提示が必要となるので、店頭に持ち込む時などは免許証や保険証などを忘れずに用意しておくようにしましょう。 リサイクルショップで高く買い取ってもらうには 買取価格は時期によって変動することがあります。 より高く買い取ってもらいたいなら次期を先取りしたタイミングで売るのがポイント。 例えば春物の医療なら1月から3月の気管に買取を依頼すると高い値段で買い取ってもらえることがあります。 また、衣類はキレイな状態にしてから買取に出すのがコツです。 3.フリマアプリで売る 引越しの際、メルカリやラクマといったフリマアプリを使って不用品を売ると、リサイクルショップ屋不用品回収業者の買取価格よりも高い金額で売れることがあります。 アプリは登録には料金がかかりませんが、販売手数料がかかります。 5%の手数料を差し引いた金額が売り上げとなります。 フリマアプリのメリットとデメリット フリマアプリは比較的高値で売れるものの、自分で発送を行わなければなりません。 ただし、ヤマト運輸の提携しているアプリなら自宅まで集荷に来てくれることがありますので、引越し前の忙しい時期には利用してみてもいいでしょう。 送料に関しては、売り上げから差し引かれるので自分で現金払いをする必要がありません。 フリマアプリの会社自体が宅配便業者や郵便局と提携しているため、通常料金よりも安い価格で発送できるのも嬉しいところ。 ただし、梱包材は用意しなくてはなりませんので事前に100均などで揃えておきましょう。 販売(買い取り)価格としてはフリマアプリがもっとも高く設定することができるので、引っ越しまでに計画的に利用することをおすすめします。 不用品回収業者に引き取りを依頼する 引越し時に不用品を処分する方法として最も手間がかからないのが、不用品回収業者を利用することです。 基本料金、地域料金などを加算した費用がかかるものの、買い取りしてもらえるものがあれば、回収・処分費用から差し引いてくれるところも。 家具などの不用品は見積もり査定をしてもらうのがよいでしょう。 使用して一年以内ぐらいの傷のあまりない高級家具やデザイナーズ家具だと比較的高額で買取をしてもらえます。 また、本やCD、洋服も状態によっては買取ってもらえます。 ピアノなども査定の対象となります。 ベッドやソファなどの布製の家具は、敬遠されることが多いので買取はしてもらえないかもしれません。 その際は、いくらかを払って引き取ってもらうか、役所の粗大ごみ回収サービスに相談してみるとよいでしょう。 不用品の数が多い場合、出張見積もりが基本ですが、WEB上で見積もりシミュレーションができる業者もあります。 引用:エコ回収 引き取り先の建物と引き取って欲しいものを入力していくだけで費用の目安が分かる見積シミュレーションシステムあり。 家電などは型式・製造年などを入力することで、買い取り価格の相場も分かる(実際の査定は出張見積もりで実施) なお、不用品拐取業者のなかには「無料と聞いて依頼したのに、高額の料金を請求された」「必要なものまで強引に持ち去られた」などのトラブルが続出しているので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。 引越し業者のなかには不用品回収を行っているところも 大手の引越し業者の中には不用品回収業者と提携しているところがあります。 引越し料金の見積もりを依頼するときに「不用品の処分もお願いしたい」と営業担当に伝えればOK。 手間がかからないという点では引越し業者に不用品処分を依頼する、この方法が一番優れていると言えるでしょう。 ここではちょっと変わったor便利な不用品回収サービスのある引越し業者を紹介します。 不用品引き取り、買取の見積もりは引越しの見積もり時に実施。 また、引っ越しの際に引き取りを行うため何度も立ち会う必要がなく、大幅に手間を省くことができます。 物によって、買取または無料、有料での引取になりますが引き取りを断るものはほとんどないそうです。 どんなものが引き取り・リサイクルできるの? 引越し時の不用品買取サービスを行なっている大手の引越し業者は、すべて引き取りしてくれるわけではなく、古い冷蔵庫や洗濯機、 家具やゲームやパソコン、ブランド物や雑貨などは対象外となっているようです。 まとめ・引越し時の不用品処分は計画的に! 引越し時にもっとも厄介なのが不用品の処分。 荷造りや梱包をしていくうちにどんどん不用品やゴミが出て途方に暮れてしまう場合もあるかもしれません。 引越し業者を通して不用品の処分を頼むのが最も手間がかかりませんが、そのぶん料金が高くなることに。 できるだけお金をかけずに不用品を処分したいなら、余裕を持って粗大ごみとして出す、買い取りを依頼するなど計画的に行動するのがベストと言えそうです。 引越しの際に本は大きな荷物になります。 不要な本は買取サービスの利用で処分し、お金も手に入れてしまいましょう。 引越しの際に不用な家具や家電を処分できれば、 運ぶ家具や家電が減るので見積もり費用も安くなります。 『捨てる』前に『売る』がある!不用品買取サービスを利用して不要なものを売るコツやノウハウなどご紹介します。 捨てて処分してしまえばただのゴミですが、せっかくですから買取にだしてリサイクルすれば、節約にもエコにもつながります。 少しでも引越しの荷物を減らすため、聞かなくなったCDはこの機会に処分してしまいましょう。 引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し 旧HOME'S引越し。 引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。 便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。 引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。 特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。 一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。 ここでは家賃を少しでも安くするための交渉方法とそのポイントについて詳しく説明します。 ここでは賃貸物件を安く借りられる時期について詳しく説明していきます。 ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。 新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。 ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。 ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。 ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。 ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。 ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。 ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。 一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。 引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。 ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。 ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。 ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。 プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。 引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。 自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。 ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。 自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。 引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し 旧HOME'S引越し。 種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。 引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。 引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。 一斉入居について詳しく説明していきます。 無職や転職直後のタイミングでも引越しはできるのかについて詳しく紹介していきます。 引っ越しの際、できるだけ犬にストレスがかからないようにするために注意するべい点や新居到着後に気をつけてあげたいポイントなどをまとめてご紹介します。 うさぎやハムスターといった小動物を連れた物件探しの注意点や引っ越しの際の注意したいポイントについてお話ししていきます。 引っ越しをきっかけにミニマリストを目指すための荷物の減らし方や最低限残しておきたいものについてまとめています。 シングルマザーの皆さんが引越しをする負担を軽くする方法について説明していきます。

次の

【不用品回収 eco侍】体験者が語る評判(口コミ)やトラブルは?

引越し侍 不用品回収

不用品買取サービスを利用できる引越し業者は、ハート引越センターやサカイ引越センター、ヤマトホームコンビニエンスなどがあります。 各社で買取対象製品が異なりますので、見積りを取って比較検討することが大切です。 譲渡や買取できなかった不用品は、地域の定める処分法に従って不用品を回収してもらいます。 粗大ごみとして処分する ごみ出しルールが地域によって違うように、粗大ごみの処分方法や対象製品も地域によって色々です。 粗大ごみは有料化されていることが多いので、地域の定める処分法に従って回収してもらいましょう。 家電リサイクル4品目に続いて、パソコンやカメラ、携帯などの小型家電の回収方法が見直され、小型家電リサイクル法が定められました。 小型家電の回収方法は、各自治体によって取り組み方が異なりますが、回収ボックスを各所に設置して収集を促す方法や、小型家電だけ別の袋に入れて集積所に出して収集する方法など様々あります。 パソコンや携帯は、自治体で回収していないことも多いですので、処分方法に迷う方もいるのではないでしょうか。 パソコンの処分方法は、引き取り窓口になっている電器店に回収してもらう、メーカーに回収してもらうなどがあります。 携帯は、ドコモショップやauショップなどの携帯電話会社の専門ショップで回収してもらえます。 色々なメーカーを取り揃えている携帯ショップや電器店などの代理店では廃棄だけの回収はしていないことが多いです。 不用品の中でも、自分で運び出すのに難しい大きな家電や家具は、だた処分だけする場合はどうやって処分しようかと悩むこともありますよね。 回収方法が複雑になりがちなパソコンなども、どうやって処分しようかと思う方もいるのではないでしょうか。 譲渡や買取ができない場合の不用品の処分方法は、主に2~4までがありますが、処分するまで時間がない方や、忙しくて処分できない方などで自分で処分するのが困難な場合は、不用品回収業者や引越し業者にも不用品の回収をお願いできます。 2~4までの処分方法は、税金などによって処理費が負担されますので、使用者が負担する処理費(またはリサイクル費用)は少なくてすみますが、不用品回収業者や引越し業者に不用品回収をお願いする場合は、税金が優遇されないのでその分依頼者の負担額が大きくなります。 例えば、自分で粗大ごみにベッドを出せば1,000~2,000円で回収してもらえますが、不用品回収業者に不用品回収をお願いする場合は、運搬費用込みで1万円を超える可能性があります。 自治体のルールに従って不用品を処分すれば、手間はかかるけれど不用品の処分費を抑えることができ、不用品回収業者や引越し業者に不用品の処分をお願いすれば、手間はかかりませんがその分費用が高くなります。 引越し業者の不用品回収サービスは、引越しに付帯するサービスです。 自社で不用品の回収をしている場合は、引越しと同時に不用品を回収してくれるので、別でトラックを手配する必要がなく費用が抑えられる場合があります。 引越し業者の委託不用品回収業者にお願いする場合は、不用品回収業者を別で手配するため費用が高くなりがちです。 引越し業者によって、不用品回収にかかる費用に差があるわけですが、見積りなどで比較検討して納得の1社を決めると良いでしょう。 おまけ~ボタン電池の処分方法~ 体重計やキッチンスケースなどを処分する際は、電池を外さなければいけません。 円筒型の乾電池は、有害ごみや不燃ごみなどとして地域で定めている分別に従ってごみ集積所に出せますが、ボタン電池は、市区町村では回収していない場合もあります。 地域によっては、ボタン電池回収ボックスが各所に設置されていることがありますが、管轄区域でボックス回収の取り組みがされていない場合は、ボタン電池回収協力店に持ち込んで回収してもらいましょう。

次の