き ょ けつ が 性 心不全 と は。 うっ血性心不全

慢性心不全(まんせいしんふぜん)とは

き ょ けつ が 性 心不全 と は

高齢者での特殊事情 心不全とは、さまざまな原因により心臓のポンプ機能が損なわれた状態を指します。 心臓は全身に必要とする血液を送り出すポンプですが、このポンプのはたらきが低下して肺や末梢の組織にむくみが生じて、息苦しく感じるのがうっ血性心不全です。 うっ血性心不全の主な症状は、呼吸困難です。 しかし、高齢者では、このような典型的な症状よりもむしろ、全身のだるさや食欲の低下、便秘、活動の低下などといった一般的な症状だけが表に出ることが少なくなく、注意しなくてはなりません。 さらに、動脈硬化が進んでいる場合が多いために心臓から送り出される血液が少なくなり、脳への血流も損なわれやすくなります。 このため、めまいや不穏(落ち着かない)、見当識障害(時間と場所など周囲を正しく認識する機能の障害)、錯乱などの精神・神経症状が出やすいことも高齢者の特徴です。 高齢者でうっ血性心不全を起こす病気は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、高血圧性心疾患、弁膜症、心筋症などさまざまですが、日本では高血圧性心疾患と虚血性心疾患が多いといわれています。 治療とケアのポイント 急に呼吸困難が生じた場合や、血圧や意識の低下を伴うような重い場合には、CCU(心臓集中治療ユニット)に入院します。 血圧や心電図、状態によっては心臓カテーテル検査を行い、酸素、利尿薬、心臓のポンプを強める強心薬などが使われ、重篤な状況を乗り切るために一時的に機械による呼吸(人工呼吸)が必要になることもあります。 比較的ゆっくり症状が進行する場合は、内服治療が中心になります。 以前から、余分な水分、塩分を排出するために利尿薬や、心臓のポンプ作用を強めて心拍を安定させるためにジゴキシンが使われてきました。 心不全の悪化を防ぐには、塩分の制限や体重の管理、激しい運動やお酒をひかえるなど、日常生活の管理が極めて重要であることはいうまでもありません。 若いころには心不全を起こさなかった心臓ポンプも、年を重ねるごとにその予備の力が少なくなり、ついには心不全を起こしてしまうこともあります。 そのなかには、血液を送り出す収縮能は保たれていても、心臓の筋肉が硬くなり、拡張する力が低下することによって起こる拡張性心不全があり、高齢者、とくに女性に多いことが知られています。 また、近年、飛躍的に治療法が進歩したために、心臓の病気を発症しても助かって、病気をもったまま高齢期を迎える人たちが増えています。 ただし、高齢者で注意しなければならないことは、安静を保つことで下肢の筋肉を使わなくなるために筋肉が萎縮を起こして、歩けなくなったり杖が必要になったりすることです。 医師と相談しながら、心臓の機能にあった日常生活を送ることが大切です。 その原因には、感染や不整脈が起こるといった避けられないものもありますが、薬を規則正しく服用できなかったり、食事の制限が不十分であったり、ひとり暮らしのために活動が十分に制限できなかったりなど、病気以外の日常生活上の問題が原因になって心不全が悪くなることが少なくありません。 したがって、心不全の高齢者は家族や地域のケアマネジャーといっしょに、とくに病気以外のこと、正確な服薬、食事、日常生活活動度などにも十分に気を配って、心不全という病気と付き合っていくことが大切です。 (東京大学高齢社会総合研究機構特任准教授 西永正典).

次の

うっ血性心不全の症状は?原因や診断・治療・予後・余命は?

き ょ けつ が 性 心不全 と は

ご質問ありがとうございます。 私は内科病棟に勤務する看護師です。 現職でも心不全の患者さんを担当させていただく機会が多いので、心不全患者の看護について一緒に考えていきましょう。 今回対象となる患者さんは、蜂窩織炎で入院されていた際に心不全が見つかったとのことですが、蜂窩織炎の症状について書かれていないのであくまでも推測の範囲でお話させていただきます。 蜂窩織炎とは、皮膚とそのすぐ下の組織に起こる感染症のことです。 症状としては皮膚の発赤、熱感、腫脹、痛みなどが生じます。 治療としては抗菌薬の点滴療法、必要時鎮痛剤の使用、患部のクーリングなどがあります。 抗菌薬の点滴が効いてくると徐々に発赤、痛みは軽減します。 対象となる患者さんの蜂窩織炎の治療は、順調に進んでいると仮定します。 併発した心不全への治療についてですが、現在行われている補液の減量と酸素投与の治療では、まだ尿量測定や飲水制限の必要性は少ないです。 では、どのような治療が行われると尿量測定や飲水制限が必要になるかというと、利尿剤の開始がインアウトバランスを計算する目安となります。 利尿剤が開始となる場合の患者さんの具体的な症状は、胸痛や呼吸困難感に加えて喘鳴や息切れが見られるようになったり、起坐呼吸(臥床している状態がつらく、起きているほうが呼吸が楽な状態)が見られるようになったり、下肢が中心となる浮腫が目立つようになります。 このような症状が見られるとともに、胸部レントゲンなどで肺うっ血の増強があるときに、利尿剤が開始されることが多いです。 利尿剤の使用目的は、肺うっ血を軽減させることです。 肺にうっ血している胸水を尿として体外に排泄させるために使用されます。 利尿剤の使用が開始されると、体内にどれだけの水分が入りどれだけの水分が排出されたのかを把握し、利尿剤の効果を確認するためにインアウトバランスの計算が必要です。 今回対象となる患者さんは利尿剤の使用が開始となっていません。 主治医がまずは点滴を減量し、肺うっ血の状況を観察して、利尿剤の使用の有無を検討しようとしているのはないでしょうか。 なので、点滴が減量となって以降、患者さんの呼吸状態の変化や浮腫の増強の有無、倦怠感の強さなどの観察を行い、必要時には医師に報告することが大切です。 おわりに.

次の

虚血性心疾患

き ょ けつ が 性 心不全 と は

声優のあきやまるなさんの 訃報で 虚血性心不全と具体的にどんなものなのか。 気になって調べ始めてやっと理解しました^^; あきやまるなさんは59歳で亡くなられました。 まだ若いのに・・。 そう思うと残念でなりません。 虚血性心不全とは 「心筋梗塞」や 「狭心症」をまとめていうそうです。 心筋梗塞も狭心症も 身近な病気ですね。 「 虚血」は血が無い状態を指します。 ようするに 心臓に血液がいかなくなる状態を 「虚血性心疾患」というそうです。 突然死と虚血性心不全患 突然死とは瞬間死と急性症状の発現後 24時間以内の死亡で 外因子を除いた自然死のことをいいます。 突然死の中で最も多い死因が、 急性心臓病だそうです。 そして 急性心臓病の中の大半が 虚血性心不全だといいます。 突然襲ってくる症状なのか。 前兆の症状はあるものなのか? 気になったので調べてみました。 虚血性心不全の症状 急性心筋梗塞の場合は 前兆の症状がほとんどない場合が多いそうです。 狭心症の発症の場合は 前兆として感じるものがいくつかあります。 動いたときに胸が痛くなる• 喉が詰まるような感じがする• 左腕や左胸がだるく感じる しかし狭心症の場合は 安静にしていると この症状も 治まってしまうようです。 この時点で病院で検査を受けて 狭心症と診断されていると 多少なりと も生活習慣等の改善と治療で 心筋梗塞になりにくくなるそうです。 心筋梗塞の症状は ・胸やみぞおちを圧迫するような痛み ・背中の中心部や左肩から背中にかけての痛み ・吐き気をもよおす ・奥歯や下あごの痛み ・左手の小指の痛み ・冷や汗をかく ・呼吸困難や息切れ 簡単に羅列していますが、相当辛い症状だと思います。 本人若しくは家族にこのような症状が見えたら 迷わずに 救急車を呼んだほうがいいでしょう。 虚血性心不全の原因 狭心症と心筋梗塞では 血管の状態が違います。 狭心症の場合は 冠動脈の狭窄のため 血液が流れにくくなっている状態です。 運動などをしたときに このような症状が出やすく しばらくすると治るのが特徴です。 心筋梗塞は 血栓で 冠動脈が完全に 詰まっている状態です。 狭心症も悪化すると 心筋梗塞を起こしやすくなります。 また心筋梗塞では 心筋そのものが 壊死します。 壊死した心筋は元に戻りませんし 心不全や不整脈などを伴うと 致死的になり 死亡率も40%と高く危険な病気でもあります。 私の直接の知り合いではないのですが つい最近、こんな話を聞きました。 「奥さんと二人暮らしの70代の男性が 廊下で倒れているのを奥さんが発見し 救急車を呼んだのだけれども そのまま亡くなってしまった。 死因は心筋梗塞だったけど 今まで高血圧を注意されたくらいで まだ高血圧の薬も処方されず 普段からとても元気な人だった。 」 これは私が親しくしている 年配の方の近所の方で 実際に起きた不幸なのですが まさに突然死でした。 虚血性心不全の原因(体質・生活習慣・病気) どのような人が狭心症や心筋梗塞になりやすいのか。 やはり血管に問題が起きることから想像はついていたのですが 生活習慣病を持っている人に 虚血性心疾患は多いようです。 高血圧、糖尿病、脂質異常 たばこ、飲酒、動物性食品の過剰摂取 家族に心疾患の患者がいる。 虚血性心疾患は 現在は 40代、50代でも 起こりやすい病気になっているそうです。 働き盛りの時期に突如 帰らぬ人となることもあるということですね。 走った直後に胸が苦しくなるなどの 前兆を感じている人などを含め 生活習慣病を持っている可能性がある人は このような人は 心臓の検査は 1年に1度は受けた方が良いようです。 スポンサードリンク• カテゴリー•

次の