松戸 ランチ。 【松戸】【ランチ】駅近でデカネタ海鮮丼!『お食事処 築地』で本まぐろ中トロ刺身定食を食べてきました

千葉県松戸市のランチ一覧

松戸 ランチ

常磐線、千代田線、新京成線と3つの電車が停車する松戸駅。 そのため多くの人が行き交います。 そんな松戸駅でおすすめのランチスポットを20店ご紹介します。 人気のお店ばかりですので、松戸駅にお立ち寄りの際はぜひおすすめのランチスポットに行ってみませんか。 (なお情報は記事掲載時点のものです。 詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします) 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の

しゃぶ源 ホームページ

松戸 ランチ

特徴 ラーメン 居酒屋・飲み屋 格安・安い おしゃれ 個室・接待・お祝い ディナー デート・女子会 レストラン ランチ 一人飯 焼肉 うどん カフェ・喫茶店 串カツ 鍋 もつ鍋 しゃぶしゃぶ 和食 洋食 焼き鳥 海鮮 イタリアン 鉄板 モーニング ホルモン 炭火焼き 中華 フレンチ アジア・エスニック カレー バー ハンバーガー つけ麺 餃子 お好み焼き そば 寿司 電源・Wi-Fi 食べ放題 穴場・静か スイーツ ステーキ パスタ・スパゲッティ 韓国料理 沖縄料理 天ぷら ビアガーデン おもしろい・コンセプト おもしろい 勉強・読書 定食屋 定食 喫茶店 昭和レトロ お子様ランチ 平均予算順 おでん 馬肉 牡蠣 コスパ 懐石 カワイイ スイーツビュッフェ 魚介 下町 せんべろ 酒場放浪記 アメリカン ちゃんこ ケーキバイキング いちご デザートビュッフェ 苺 お米 居酒屋 隠れ家 大人数 貸切り パーティー 宴会 打ち上げ 結婚式二次会 コース 学生 辛い ちょい飲み 空港グルメ 空グルメ 空港ランチ カクテル バル 中華街 神戸牛 ビジネスランチ コーヒー なごやめし 名古屋めし 名古屋グルメ きしめん 名古屋飯 八丁味噌 味噌カツ ひつまぶし うなぎ 鰻 ファミリー コスパランチ ワンコインランチ イニシエ系 美観地区 ままかり みそかつ デミカツ 懐石料理 会席料理 アジアン 多国籍料理 海鮮丼 町中華 ご当地グルメ スープカレー ジンギスカン 函館ラーメン 塩ラーメン 肉 日本酒 デカ盛り 食べ歩き カウンター15席のみで営業している「兎に角」は、お昼時には毎日行列ができる程の人気店だ。 ほぼ独学でラーメン作りを始めという店主だが、その生真面目さと丁寧な仕事ぶりはラーメンを一口食べればわかる。 動物系食材をじっくり煮込み、仕上げにカツオ節とサバ節を入れて完成されたパンチのある濃厚スープや、店内にある燻製釜で約4時間燻されているスモーキーな香り高いチャーシューも人気だ。 看板メニューは「油そばの兎に角」との代名詞ができるほど人気を集める油そば。 豚皮を使用し長時間煮込むタレはとろみと風味が増しまろやかな口当たり。 絡める自家製麺は軟水で茹でているモッチリ太麺だ。 麺の後半は、濃厚豚骨魚介の割スープをお願いすればラーメンで〆ることができ1度で2度美味しい。 2017年に移転&リニューアルした「富田食堂」。 立地はさらに駅近になり、店内は全28席と大幅拡張し、多くのお客さんに喜ばれている。 麺メニューは旧食堂時代からの「煮干そば160g」、「濃厚つけ麺220g」と新メニューの「中華そば160g(醤油・塩)」、「つけそば220g(醤油・塩)」、「純粋金華豚ワンタンそば(醤油・塩)」。 さらにサイドメニューも充実し全体的にパワーアップしている。 店主のオススメは醤油ラーメン。 スープには厳選された6種類の地鶏を使用し、小麦粉は北海道産の「春よ恋 特等粉」や「きたほなみ」、九州産の「チクゴイズミ」を使うこだわりよう。 鶏の旨みが凝縮された煌めくスープと麺のバランスも抜群!かえしに使用している醤油ももちろん一級品。 特別感溢れる至極の一杯だ。 駅から少し離れているが、どの時間帯も混雑している「中華そば まるき」。 店内は煮干しの香りが充満し、魚介系スープ好きならよだれが止まらなくなること必至。 麺は草村商店のちぢれ麺を使用。 7種類の煮干しのダシが効いたスープは深みとコクがあり、味はサラリとしていながらもかなり濃厚。 トロットロのチャーシューも一食の価値ありだ。 ラーメンもさることながらチャーハンの評価の高さにも驚く。 食通から「日本一のチャーハン」とも呼ばれるまるきのチャーハンは、オーソドックスながら一粒一粒に熱と油が行き渡り味も絶妙な加減で美味い。 中華鍋をカンカン鳴らしながらチャーハンを作る店主の手さばきも必見。 その技術と店主ご夫婦の人柄が美味さの秘訣なのかもしれない。 1968年創業の柏ボンベイの松戸店。 街の規模に対しカレー屋が少ない松戸で、こんなお店を待っていたというカレー好きも多いはず。 ビルの2階にあるボンベイはバーのようなオシャレな空間。 旬の野菜を大量に使った贅沢なボンベイカレー、トロトロの牛肉が楽しめるビーフカレー、その味わい深さが人気のインドカレーなど、メニューも豊富で何度来ても楽しめる。 そして、ボンベイと言えば45年間不動の人気メニューとして愛され続けてきた「カシミールカレー」。 辛いと噂のルーは恐ろしいほど漆黒で、食べる前からワクワク感が止まらない。 そのお味はというと、サラサラしたルーから徐々に辛さが襲ってくるが、玉ねぎの甘みと相まって心地良い旨みと辛みだ。 平日にはお得なプレートランチもありコスパも良い。 毛穴全開で汗を流しながら食べたい逸品。 コスパの高さで人気を集める「もちいち」。 なんと、全皿150円というから驚きだ。 さらに、ネタの新鮮さはそのあたりの回転寿司屋と比べ物にならない。 また、口コミでも好評なのがネタを自分好みにカスタマイズできること。 「ハーフ&ハーフ」といって、3貫セットのお得な限定皿を除き、2貫ずつの定番皿は1つずつ別ネタで握ってもらえる。 多くは食べられないがいろいろ食べたいという子どもや女性には嬉しいサービスだ。 寿司飯がうっすら色づいているのは「赤酢」を使用しているから。 長期熟成で丹念に仕込んだ赤酢を使うことで、濃厚なうま味と芳醇な香り、そして江戸前らしさを感じさせる。 店内では元気なスタッフたちが丁寧な接客と気遣いでもてなしてくれ、いつでも気持ちよく訪店できる店だ。 松戸市民会館向かい、レンガ色の壁に濃紺のテントが目印の「Masahiro」。 地元松戸の野菜を使い、その凝ったお料理で女性を中心に口コミで人気が広がっているお店。 現在ランチは、小さな一皿、パスタ、デザート、パン、コーヒーがセットのランチと、アミューズ2皿、スープ、前菜、本日の魚料理、パスタ、デザート 、パン、コーヒーのコースランチの2種類。 スープは、アボカドの冷製スープやかぼちゃ、人参スープが人気。 パスタは、アンチョビ、サーモンのクリームパスタ、きのこをふんだんに使ったパスタなど、旬の食材をその時一番美味しく頂ける調理法で提供している。 また、一つ一つ芸術作品のように美しく盛り付けられ、食べる前から目で楽しめるお料理たちだ。 小さなアーチをくぐり地下に降りると、天井の高い広々とした空間が広がる。 そこは「日本紅茶協会」が全国から厳選する『おいしい紅茶の店』として認定する老舗「Cafe de KAORI」だ。 パリ生まれのシェフパティシエのもてなす本格フレンチは多くの女性を虜にしている。 カフェとしてはもちろん、レストランとしての評価も高い。 軽いランチがお好みならスープ・サンドイッチ・サラダ・焼き菓子がセットになったスーププレートがオススメ。 しっかりランチなら、時間をかけて丁寧に作られたデミグラスソースとフワトロの卵がベストマッチなオムライス、香辛料の効いた野菜たっぷりのカレーも是非食べて欲しい。 インスタ映えを狙うなら、彩り豊かなフルーツがのったパンケーキも外せない。 ドールハウスのようなその外観から温かみが感じられる「フライング ピッグ」は、鹿児島県の銘柄豚「桜島美湯豚」を使った美味しいハンバーグのお店。 桜島美湯豚はミネラル豊富な天然温泉水で飼育され、クセがなく、上品な甘さの脂身、まろやかで程よい食感と香ばしい風味が特徴だ。 ランチではすべてのメニューに季節のスープ・選べるサラダ・ライスorパンがセットになる。 合鴨と桜島美湯豚を使用した看板メニューのプレーンハンバーグは、肉汁たっぷりで程よい弾力がクセになる。 女性に人気なのは3種チーズハンバーグ。 ナイフを入れた瞬間、中からトロリではなくドロドロネットリと大量のチーズが放出される。 チーズ好きにはこのネットリ感がたまらないようだ。 是非、ご体感あれ。

次の

しゃぶ源 ホームページ

松戸 ランチ

特徴 ラーメン 居酒屋・飲み屋 格安・安い おしゃれ 個室・接待・お祝い ディナー デート・女子会 レストラン ランチ 一人飯 焼肉 うどん カフェ・喫茶店 串カツ 鍋 もつ鍋 しゃぶしゃぶ 和食 洋食 焼き鳥 海鮮 イタリアン 鉄板 モーニング ホルモン 炭火焼き 中華 フレンチ アジア・エスニック カレー バー ハンバーガー つけ麺 餃子 お好み焼き そば 寿司 電源・Wi-Fi 食べ放題 穴場・静か スイーツ ステーキ パスタ・スパゲッティ 韓国料理 沖縄料理 天ぷら ビアガーデン おもしろい・コンセプト おもしろい 勉強・読書 定食屋 定食 喫茶店 昭和レトロ お子様ランチ 平均予算順 おでん 馬肉 牡蠣 コスパ 懐石 カワイイ スイーツビュッフェ 魚介 下町 せんべろ 酒場放浪記 アメリカン ちゃんこ ケーキバイキング いちご デザートビュッフェ 苺 お米 居酒屋 隠れ家 大人数 貸切り パーティー 宴会 打ち上げ 結婚式二次会 コース 学生 辛い ちょい飲み 空港グルメ 空グルメ 空港ランチ カクテル バル 中華街 神戸牛 ビジネスランチ コーヒー なごやめし 名古屋めし 名古屋グルメ きしめん 名古屋飯 八丁味噌 味噌カツ ひつまぶし うなぎ 鰻 ファミリー コスパランチ ワンコインランチ イニシエ系 美観地区 ままかり みそかつ デミカツ 懐石料理 会席料理 アジアン 多国籍料理 海鮮丼 町中華 ご当地グルメ スープカレー ジンギスカン 函館ラーメン 塩ラーメン 肉 日本酒 デカ盛り 食べ歩き カウンター15席のみで営業している「兎に角」は、お昼時には毎日行列ができる程の人気店だ。 ほぼ独学でラーメン作りを始めという店主だが、その生真面目さと丁寧な仕事ぶりはラーメンを一口食べればわかる。 動物系食材をじっくり煮込み、仕上げにカツオ節とサバ節を入れて完成されたパンチのある濃厚スープや、店内にある燻製釜で約4時間燻されているスモーキーな香り高いチャーシューも人気だ。 看板メニューは「油そばの兎に角」との代名詞ができるほど人気を集める油そば。 豚皮を使用し長時間煮込むタレはとろみと風味が増しまろやかな口当たり。 絡める自家製麺は軟水で茹でているモッチリ太麺だ。 麺の後半は、濃厚豚骨魚介の割スープをお願いすればラーメンで〆ることができ1度で2度美味しい。 2017年に移転&リニューアルした「富田食堂」。 立地はさらに駅近になり、店内は全28席と大幅拡張し、多くのお客さんに喜ばれている。 麺メニューは旧食堂時代からの「煮干そば160g」、「濃厚つけ麺220g」と新メニューの「中華そば160g(醤油・塩)」、「つけそば220g(醤油・塩)」、「純粋金華豚ワンタンそば(醤油・塩)」。 さらにサイドメニューも充実し全体的にパワーアップしている。 店主のオススメは醤油ラーメン。 スープには厳選された6種類の地鶏を使用し、小麦粉は北海道産の「春よ恋 特等粉」や「きたほなみ」、九州産の「チクゴイズミ」を使うこだわりよう。 鶏の旨みが凝縮された煌めくスープと麺のバランスも抜群!かえしに使用している醤油ももちろん一級品。 特別感溢れる至極の一杯だ。 駅から少し離れているが、どの時間帯も混雑している「中華そば まるき」。 店内は煮干しの香りが充満し、魚介系スープ好きならよだれが止まらなくなること必至。 麺は草村商店のちぢれ麺を使用。 7種類の煮干しのダシが効いたスープは深みとコクがあり、味はサラリとしていながらもかなり濃厚。 トロットロのチャーシューも一食の価値ありだ。 ラーメンもさることながらチャーハンの評価の高さにも驚く。 食通から「日本一のチャーハン」とも呼ばれるまるきのチャーハンは、オーソドックスながら一粒一粒に熱と油が行き渡り味も絶妙な加減で美味い。 中華鍋をカンカン鳴らしながらチャーハンを作る店主の手さばきも必見。 その技術と店主ご夫婦の人柄が美味さの秘訣なのかもしれない。 1968年創業の柏ボンベイの松戸店。 街の規模に対しカレー屋が少ない松戸で、こんなお店を待っていたというカレー好きも多いはず。 ビルの2階にあるボンベイはバーのようなオシャレな空間。 旬の野菜を大量に使った贅沢なボンベイカレー、トロトロの牛肉が楽しめるビーフカレー、その味わい深さが人気のインドカレーなど、メニューも豊富で何度来ても楽しめる。 そして、ボンベイと言えば45年間不動の人気メニューとして愛され続けてきた「カシミールカレー」。 辛いと噂のルーは恐ろしいほど漆黒で、食べる前からワクワク感が止まらない。 そのお味はというと、サラサラしたルーから徐々に辛さが襲ってくるが、玉ねぎの甘みと相まって心地良い旨みと辛みだ。 平日にはお得なプレートランチもありコスパも良い。 毛穴全開で汗を流しながら食べたい逸品。 コスパの高さで人気を集める「もちいち」。 なんと、全皿150円というから驚きだ。 さらに、ネタの新鮮さはそのあたりの回転寿司屋と比べ物にならない。 また、口コミでも好評なのがネタを自分好みにカスタマイズできること。 「ハーフ&ハーフ」といって、3貫セットのお得な限定皿を除き、2貫ずつの定番皿は1つずつ別ネタで握ってもらえる。 多くは食べられないがいろいろ食べたいという子どもや女性には嬉しいサービスだ。 寿司飯がうっすら色づいているのは「赤酢」を使用しているから。 長期熟成で丹念に仕込んだ赤酢を使うことで、濃厚なうま味と芳醇な香り、そして江戸前らしさを感じさせる。 店内では元気なスタッフたちが丁寧な接客と気遣いでもてなしてくれ、いつでも気持ちよく訪店できる店だ。 松戸市民会館向かい、レンガ色の壁に濃紺のテントが目印の「Masahiro」。 地元松戸の野菜を使い、その凝ったお料理で女性を中心に口コミで人気が広がっているお店。 現在ランチは、小さな一皿、パスタ、デザート、パン、コーヒーがセットのランチと、アミューズ2皿、スープ、前菜、本日の魚料理、パスタ、デザート 、パン、コーヒーのコースランチの2種類。 スープは、アボカドの冷製スープやかぼちゃ、人参スープが人気。 パスタは、アンチョビ、サーモンのクリームパスタ、きのこをふんだんに使ったパスタなど、旬の食材をその時一番美味しく頂ける調理法で提供している。 また、一つ一つ芸術作品のように美しく盛り付けられ、食べる前から目で楽しめるお料理たちだ。 小さなアーチをくぐり地下に降りると、天井の高い広々とした空間が広がる。 そこは「日本紅茶協会」が全国から厳選する『おいしい紅茶の店』として認定する老舗「Cafe de KAORI」だ。 パリ生まれのシェフパティシエのもてなす本格フレンチは多くの女性を虜にしている。 カフェとしてはもちろん、レストランとしての評価も高い。 軽いランチがお好みならスープ・サンドイッチ・サラダ・焼き菓子がセットになったスーププレートがオススメ。 しっかりランチなら、時間をかけて丁寧に作られたデミグラスソースとフワトロの卵がベストマッチなオムライス、香辛料の効いた野菜たっぷりのカレーも是非食べて欲しい。 インスタ映えを狙うなら、彩り豊かなフルーツがのったパンケーキも外せない。 ドールハウスのようなその外観から温かみが感じられる「フライング ピッグ」は、鹿児島県の銘柄豚「桜島美湯豚」を使った美味しいハンバーグのお店。 桜島美湯豚はミネラル豊富な天然温泉水で飼育され、クセがなく、上品な甘さの脂身、まろやかで程よい食感と香ばしい風味が特徴だ。 ランチではすべてのメニューに季節のスープ・選べるサラダ・ライスorパンがセットになる。 合鴨と桜島美湯豚を使用した看板メニューのプレーンハンバーグは、肉汁たっぷりで程よい弾力がクセになる。 女性に人気なのは3種チーズハンバーグ。 ナイフを入れた瞬間、中からトロリではなくドロドロネットリと大量のチーズが放出される。 チーズ好きにはこのネットリ感がたまらないようだ。 是非、ご体感あれ。

次の