度々のご連絡失礼いたします。 「謝罪メール」お詫びの書き方とビジネス例文!社内やお客様へ

重ね重ねの正しい使い方|ビジネスメールにおける重ね重ねの例文

度々のご連絡失礼いたします

度々のご連絡を失礼いたします。 私毎の悩みに時間をさいて読んで頂くだけでも恐縮に思っております。 その後のご報告を勝手にさせていただく事をお許しください。 よって質問ではございませ んので、ご返答は結構でございます。 私を支えてくれる周りの人、物事を大事にする。 喜んでもらえるよう尽くそう。 今はそれだけを思おうと過ごしました。 でもどうしても彼の事が頭から離れず、迷惑をかける結果の一日でした。 まともではないと自分でもわかっていても、随分前から睡眠と食欲の不信で仕事に集中出来ず、度々席を立ち、ケータイを持って出て何度も彼に電話をかけてしまうんです。 「何の話しもしてくれずこのままでは終われない、解決にもケジメもつけられないから、どうか連絡ください。 会社のみんなが変に思おうと止められません。 「まだ出来ていなかったの?」と迷惑をかけては残業になる。 友人は「それじゃあストーカーだよ」と付き合ってくれますが、気は紛れずただ逃避したくて毎日酔いつぶれるまでお酒を飲んでしまいます。 でも彼の夢で直ぐに目が覚めて毎日頭痛の繰り返しで抜けられません。 追いかけたくなくても四六時中彼を求めている。 早く帰り、内観をしました。 何が私を苦しめているのか? 彼?彼が何をした? 嘘をついて離れて行った。 なぜ嘘をついたの? 私が疑うから嫌になったから。 なぜそうなったの? 優しくされずに会ってくれなくなった。 私は優しかった? 忙しいとばかりを言って今後の相談にのってくれないから不満を言っていた。 でも優しくしていれば違ったのでは? 彼は優しくしてくれる人に心が移ったのでは? 彼に精一杯優しくあれば戻ってくれるかもしれない。 それでも駄目ならもう諦められるのでは。 ずっと泣きながら問いかけに行き詰まる度に、元に戻りながら繰り返し問いかけた結果です。 彼に謝り一切を責めずに、ただ優しくもう一度彼に連絡をして待ちます。 どんな結果になっても現状から一歩進める気がします。 ありがとうございました。 ご連絡ありとうございます。 私も返事ではなく、貴方に平和とやすらぎが訪れるように、祈りの気持ちで書き込みさせて頂きます。 貴方が出された結論は、あなたにとってベストです。 それがどんな結果であってもベストです。 「自分を許します」「自分を愛します」、声に出してもいいし、心で唱えてもいいし、不安になったら、辛さかこみ上げたら、繰り返し言ってみてください。 今回の書き込みを拝見すると、一つ峠を越えたように感じました。 貴方が変わったのですから彼も変わります。 (何のことか判らないと思いますが、事実です) 貴方の元に戻る可能性は十分にあると私は思いますし、貴方にとってそれが良いことであればそうなるよう私も祈っております。 貴方に平和とやすらぎが訪れますように。

次の

お詫びのフレーズ

度々のご連絡失礼いたします

度々のご連絡を失礼いたします。 私毎の悩みに時間をさいて読んで頂くだけでも恐縮に思っております。 その後のご報告を勝手にさせていただく事をお許しください。 よって質問ではございませ んので、ご返答は結構でございます。 私を支えてくれる周りの人、物事を大事にする。 喜んでもらえるよう尽くそう。 今はそれだけを思おうと過ごしました。 でもどうしても彼の事が頭から離れず、迷惑をかける結果の一日でした。 まともではないと自分でもわかっていても、随分前から睡眠と食欲の不信で仕事に集中出来ず、度々席を立ち、ケータイを持って出て何度も彼に電話をかけてしまうんです。 「何の話しもしてくれずこのままでは終われない、解決にもケジメもつけられないから、どうか連絡ください。 会社のみんなが変に思おうと止められません。 「まだ出来ていなかったの?」と迷惑をかけては残業になる。 友人は「それじゃあストーカーだよ」と付き合ってくれますが、気は紛れずただ逃避したくて毎日酔いつぶれるまでお酒を飲んでしまいます。 でも彼の夢で直ぐに目が覚めて毎日頭痛の繰り返しで抜けられません。 追いかけたくなくても四六時中彼を求めている。 早く帰り、内観をしました。 何が私を苦しめているのか? 彼?彼が何をした? 嘘をついて離れて行った。 なぜ嘘をついたの? 私が疑うから嫌になったから。 なぜそうなったの? 優しくされずに会ってくれなくなった。 私は優しかった? 忙しいとばかりを言って今後の相談にのってくれないから不満を言っていた。 でも優しくしていれば違ったのでは? 彼は優しくしてくれる人に心が移ったのでは? 彼に精一杯優しくあれば戻ってくれるかもしれない。 それでも駄目ならもう諦められるのでは。 ずっと泣きながら問いかけに行き詰まる度に、元に戻りながら繰り返し問いかけた結果です。 彼に謝り一切を責めずに、ただ優しくもう一度彼に連絡をして待ちます。 どんな結果になっても現状から一歩進める気がします。 ありがとうございました。 ご連絡ありとうございます。 私も返事ではなく、貴方に平和とやすらぎが訪れるように、祈りの気持ちで書き込みさせて頂きます。 貴方が出された結論は、あなたにとってベストです。 それがどんな結果であってもベストです。 「自分を許します」「自分を愛します」、声に出してもいいし、心で唱えてもいいし、不安になったら、辛さかこみ上げたら、繰り返し言ってみてください。 今回の書き込みを拝見すると、一つ峠を越えたように感じました。 貴方が変わったのですから彼も変わります。 (何のことか判らないと思いますが、事実です) 貴方の元に戻る可能性は十分にあると私は思いますし、貴方にとってそれが良いことであればそうなるよう私も祈っております。 貴方に平和とやすらぎが訪れますように。

次の

「横から失礼します」の意味や使い方・例文・注意点や対処法

度々のご連絡失礼いたします

「度々」の意味と読み方 「度々」の読み方は「たびたび」が基本で、稀に「どど」「よりより」とも 「度々」の基本的な読み方は「 たびたび」です。 「たびたび」の他にも「 とど」や「 よりより」と読まれることもあります。 「 度々〈とど〉」は、「たびたび・しばしば」という意味合いで使用される言葉 「 度々〈よりより〉」は、「時々・おりおり」という副詞として使用される言葉です。 「度々」の意味は「何度同じことが繰返される様子」で、具体的な頻度の定義はなし 「度々」は、「 同じことが何度も繰り返される様子」を言い表した言葉です。 主に、相手に対して何度も同じことを繰り返してしまったということに対して申し訳ないという気持ちや、感謝の気持を伝える場面で使用され、 繰り返される頻度について具体的な定義はありません。 日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンなど幅広い場で使用される言葉です。 「度々」は、「度度」と表現されることもありますが、一般的には「度々」が使用されています。 「度々」の使い方と例文 「度々すいません」は「何度も繰り返し申し訳ありません」 「度々すいません」は、「 何度も繰り返し申し訳ありません」という意味で、同じ人に対して何度も迷惑をかけることを予め伝えたり、相手にお詫びをする場面でし使用されます。 例えば、「確認をしてほしい」いうお願いを一度したにもかかわらず、まだ確認をしてもらえていないという場合に、「度々すいませんが書類の確認をお願いいたします」というように使用すると、「繰り返し確認することをお願いして申し訳ないのですが」というニュアンスで謝罪の意味を込めたうえでお願いをすることができます。 つまり、「大変恐縮なのですが〜」といった クッション言葉と同じ使われ方をするということがわかります。 「すいません」は少々くだけた表現であるため、とくに目上の人に対して使用する場合など敬意を示すべき相手に対して使用する場合は、「度々申し訳ありません」というようにより丁寧な表現をするほうが適しています。 例文 「度々すいません。 もう1枚確認していただきたい資料があるのですがよろしいでしょうか」 「度々すいませんが、もう一度連絡をいただくようお願いしてもらえますか?」 「度々すいません、予算案に関する資料をもう一度見せていただけますか?」 「度々すいませんが、やはりハンドルの調子が悪いのでもう一度見てもらいたいのですが」 「度々お手数をおかけして」は「度々手間をかけさせてしまい」 「度々お手数をおけして」は「度々手間をかけさせてしまい〜…」というニアンスで使用されます。 「手数」は、「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指し、「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 つまり、「度々お手数をおかけして」は、 相手に何度も時間や費用・労力といった手間をかけさせてしまうことにたいするお詫びの気持ちを伝える表現です。 例文 「度々お手数をおかけしてしまいますが、新しい決定事項については郵送していただけますか?」 「度々お手数をおかけしてしまいますが、今一度お間違えがないか、ご確認いただいてよろしいでしょうか」 「度々お手数をおかけして申し訳ありません、もう一度ご希望の日程をお伝えいただけるとありがたいです。 」 「度々恐れ入ります」は「何度も迷惑をかけ申し訳ありません」 「度々恐れ入ります」は、「 何度も迷惑をかけてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した表現です。 「恐れ入る」には「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」という意味があります。 相手に対して何度も繰り返し迷惑をかけることを申し訳なく感じ、恐縮している気持ちを「度々恐れ入ります」というような言い回しで依頼やお願いごとをする場面などで使用することができます。 「度々のご連絡失礼いたします/申し訳ございません」は「何度も連絡をしてしまい申し訳ありません」 「 失礼いたします」は、自分が何かをする場合に相手に断りを入れる意味で使用される言葉で、「失礼する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 「 申し訳ございません」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 「度々ありがとうございます」は「何度も繰り返しありがとうございます」 「度々ありがとうございます」は、「何度もありがとうございます」 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々ありがとうございます」は、「 何度もありがとうございます」という意味合いで、 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々……〜ありがとうございます」というような使い方をすることが多く、さらに丁寧な表現をする場合は「度々……〜いただきお礼申し上げます」といった表現を使用しましょう。 「度々の質問」は、 相手に何度も繰り返し質問をする場面で使用される言葉です。 同じ質問ではなくとも、同じ人に対して何度も何度も質問をすることは、相手にとって負担をかけてしまうことですし、うっとおしいと思われてしま可能性もあります。 例えば、新しい仕事を任されたばかりでわからないことがあるけれど、何度も先輩に質問するのは申し訳ないという場面で、「度々の質問で申し訳ないのですが・・・」というように使用することができます。 「度々の質問」は「何度も繰り返し質問をすること」 「度々」の類語 「度重なる」は、「 たびかさなる」と読みます。 「度重なる」の意味は「 何度も同じようなことが続いて起こる」です。 例文 ・度重なる失言が原因で、彼に対しての批判の意見が増えた。 ・度重なる失態をどうぞお許しください。 度重なる 「しばしば」は、 ある程度の期間をおいて、同じ行動や状態が何度も繰り返される様子を表現した言葉です。 「しばしば」は「度々」と同じように頻度にこれといった定義はありませんが、毎回ではなく時としてというような頻度で繰り返され事に対して使用します。 例文 ・彼は歌唱力があり、しばしばミュージカルに出演することもあった。 ・主人は基本的に定時で帰宅することができる職業ですが、しばしば帰りが遅くなることがある。 しばしば 「幾度となく」は、「 いくどとなく」と読みます。 「幾度」とは、「どのくらいの回数・何度・いくたび」という意味でのある言葉で、「幾度となく」で「何度も」という意味の表現になります、 例文 ・彼を説得するための話し合いが幾度となく繰り返されていた。 ・彼女は幾度となく私を助けてくれた大切な友人です。 「度々」の使用上の注意点 当たり前だが一回目では使えない 「度々」は、年度も繰り返される様子を言い表した言葉であるため、当たり前ではありますが 一回目で使えません。 例えば、初対面の人に対して「度々ありがとうございます」「度々失礼します」というような表現を突然使用すると「前に何かあったのだろうか・・・?」と思わせてしまうのです。 むやみやたらに使用できる言葉ではなので注意しましょう。 重ね言葉なので結婚式・葬儀などでは使えない 「度々」は、同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」という言われる表現です。 「重ね言葉」は、 同じ言葉を重ねるといったことから「再婚」や「悲しい出来事の再来」を連想させてしまうため結婚式や葬儀で使用することは避けられています。 うっかり使用してしまうと、非常識だと思われかねませんので頭に入れておきましょう。

次の