まこ さま 結婚 破談。 眞子さまが破談したら…宮内庁が慰謝料よりも恐れること

佳子さま、とうとう眞子さまに「破談」を説得 「もう圭さんのことは忘れましょう!」|菊ノ紋ニュース

まこ さま 結婚 破談

画像は、『 』毎日新聞出版 皇室にとって重要行事が目白押しの今年は重要な1年。 そんななか泥沼化しているのが 秋篠宮眞子さまと 小室圭さんの結婚問題だ。 昨年11月、秋篠宮殿下が恒例の誕生日会見で、借金問題を抱える小室さんに対し「それ相応の対応をするべきだと思います。 (そうでなければ)婚約にあたる納采の儀は行えません」と異例の苦言をなされても、当人には全く響かず。 宮内庁関係者は「あれだけ殿下が踏み込んだ発言をしたのだから、普通の親子なら慌てて皇居にはせ参じるもの。 しかし、本人から連絡はなく、一連の借金問題も放置したままだ」と不快な表情を見せる。 それでも徐々に小室親子が思い描くシナリオが見えてきているという。 小室さんは昨年8月に弁護士資格取得のため米フォーダム大に留学。 しかも年間660万円と言われる同大の授業料全額免除の特待生扱いだった。 これは昨年入学した新入生では小室さんだけの離れ業。 これには教育業界関係者も「全米から集まった優秀な学生を差し置いて、小室さんだけが特別待遇というのは…」と首を傾げる。 そんな疑問が渦巻く中、同大ホームページには「ミスター・コムロとプリンセス・マコは、2017年9月、結婚を計画していると発表した」と記され、その後宮内庁が「婚約内定者に過ぎない」とクレームを入れる騒動となった。 小室さん本人は否定しているが、同大の出願書類に「眞子さまと結婚予定」と記し「アピールしたのではないか?」と勘繰られても仕方がない。 皇室担当記者の話。 「宮内庁が抗議してフォーダム大HPの文言は撤回されましたが、小室さんの授業料免除は現在も続いています。 なぜなら眞子さまと正式に破局したわけではないからです。 裏を返せば、破局した時点で特別待遇は抹消され、小室さんは高額な授業料を支払わねばならない。 そう考えると、弁護士資格を取得して卒業するまで破局という選択は何がなんでもしないでしょう」 来月には天皇皇后両陛下のご在位30年記念式典が催され、そこから先は改元や新天皇即位など重要行事が続く。 当然、皇室にマイナスな話は御法度。 前出宮内庁関係者は「眞子さまと小室さんの結婚は代替わりに関する皇室行事がすべて終わる2020年まで延期されましたが、その翌年は小室さんの留学最終年。 順調に弁護士資格を取得すれば、もう眞子さまに固執する必要はないので、あっさり破局するかもしれません」と話す。 そんなことをすれば、方々から批判を招きかねないが、小室さんの弁護士資格は米国限定。 日本に帰国するつもりは毛頭ない。 音信不通を装い、2020年に弁護士資格を取得したあと、こっそり現れ、破局を宣言。 (文=田中けん).

次の

眞子さまと小室圭さん「結婚延期報道」の舞台裏と宮内庁の思惑(現代ビジネス編集部)

まこ さま 結婚 破談

小室さんは弁護士資格取得のため、米ニューヨークのフォーダム大ロースクールに3年間留学。 今月13日には、早速同大のオリエンテーションに参加したという。 他方で、小室さんが渡米した翌日、一般紙では秋篠宮ご夫妻が「このままでは納采の儀は行えない」と伝えたとするニュースが報じられた。 事情を知る関係者によると「留学前の4日に小室さんが秋篠宮邸を訪問した際に、殿下から直接告げられたそうです。 ただ、彼としてはすんなり結婚を諦めるわけにはいかない。 米国留学は前者を解消するためで、国際弁護士の資格を取得し「小室法律事務所」を立ち上げる気だという。 むしろ難題は2つ目の佳代さんの借金トラブル。 元婚約者男性が週刊誌で暴露したもので、小室さんの学費や生活費など約430万円の返済を迫ったところ、小室親子は「(お金は)贈与にあたる」という主張を繰り返したという。 「法的にはそれでOKかもしれませんが、皇室ではそうはいかない。 返済しなければ永遠に借金問題がマスコミで報じられ、皇室の品位を下げることに繋がる。 何より借金トラブルが解決されない限り、小室さんと眞子さまの結婚は絶対にありえません」とは皇室担当記者。 そんななか、ついに佳代さんが借金返済のために動き出したという情報が入ってきた。 週刊誌記者によると「息子の留学でマスコミのマークが甘くなっている間にこの問題を解決しようと動いているそうだ。 本当ならば、すぐにでも海を渡って息子に会いに行きたいだろうが、それも封印。 留学中の3年間に何とか返済にメドをつけたいようだ」という。 佳代さんは都内の洋菓子店でアルバイトとして働くが、それだけでは430万円という大金はすぐに用意できない。 また親族を頼ろうにも、夫と祖父が過去に自殺しており、関係は疎遠になっている。 「お金を貸してくれる友人、知人もいないため、新たにアルバイトを掛け持ちすることも考えているようです」とは女性誌記者。

次の

眞子さまの結婚を破談にできない理由。秋篠宮さまが恐れている小室親子の切り札とは…?

まこ さま 結婚 破談

2019年7月18日、ボリビア日本人移住120周年記念式典のため、現地を訪ねられていた秋篠宮家の長女眞子さま。 「2年目も学費免除の資格を受けた」との報道 拝啓 小室圭殿 突然、このようなお手紙を差し上げる無礼をお許しください。 日本は厳しい暑さも少し和らぎ、秋の気配を感じられるようになりました。 秋のニューヨークには一度だけ行ったことがあります。 少し紅葉し始めたセントラルパークで見上げた青空の美しさを、今でも忘れられません。 貴方は学業に忙しくて、マンハッタンをぶらぶら散歩する時間などはないでしょうね。 フォーダム大学のLLMコースを卒業されたそうですね、おめでとうございます。 週刊誌報道によると、「極めて優秀」な14人には入れなかったが、「優秀」とされた23人の中には入ったと伝えられています。 学年で37番以内、上位4分の1に入ったとのことですから、大したものです。 さぞ、眞子さんもお喜びでしょう。 9月からは2年間のJD(法務博士)コースに進学するそうですね。 8月27日の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)では、貴方が「2年目も学費免除の資格を受けた」と報じていました。 もしそうなら、楽ではないでしょうが、学費の心配をせずに、これまで以上に勉学に励むことができると思い、ひとごとながら 嬉 うれしく思っております。 ところで、今回お手紙を差し上げたのは、気になる報道が最近続けてあったからです。

次の