ビットコイン おすすめ。 仮想通貨・ビットコインおすすめアプリ|投資家必見の人気アプリ一覧

【2020年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!|イケハヤ大学【ブログ版】

ビットコイン おすすめ

2020年に仮想通貨業界で大ブームを巻き起こしたを機に 「仮想通貨ってどうやって稼いだら良いんだろう?」「仮想通貨って何で稼いだら良い?」 といった質問を沢山いただいた為 今回は、いますぐ、簡単無料で比較的リスクの低い毎日稼げる方法を紹介します。 記事中盤でも出てきますが、 仮想通貨も結局はひと同士が絡んでいるお金の情報に過ぎないので メジャーではない通貨に自己資金で投資を行う場合、半年たたずで溶けることが多いです。 であれば、仮想通貨初心者がいちばん安定して簡単に稼ぐ方法は フォーセットサイトと呼ばれる広告収入を得ている企業が 一般ユーザーに還元できる分配布しているサービスを利用して 無から資金を増やした方が安心・安全と考え情報をまとめました。 フォーセットサイトのほとんどは、自己資金0でスタートすることができます。 比較的リスク低く仮想通貨を始めたい人におすすめです。 ビットコインを無料でもらえるおすすめアプリの種類 仮想通貨を持っていない段階で、自己資金を出費することなく 資産を増やす方法には下記のような種類のサービスがあります。 代表例には、やがあります。 ビットコインの為替の値動きをチャートで予想する他、 お買い物で還元されたり、アプリのダウンロードで報酬を貰うことができます。 いまのところ、cheeseのみですが、無料でアプリ内にある記事を読むだけで 毎日、ビットコインを稼ぐことができます。 ちなみに、アプリ内の記事自体が時事ネタも多く ラインでネットニュースを読むなら、稼ぎながら読んだ方が得かなといった感じです。 代表例は、です。 他にも、仮想通貨に縛らなければ自動で稼ぐ事ができるも実際使っています。 おなじ「ビットコインを無料で稼ぐ系の情報」でもいろんな種類があるので 登録やサービス形態・使い方でライフスタイルと合うものを使っていくと良いですね! ひとつずつ、実際に使ったり、複数人使っている人の声をまとめた情報を公開するので ぜひさいごまで読んでください👇 ビットコインを無料で稼げる方法を知りたい人が失敗せず仮想通貨で稼ぎ続ける方法 仮想通貨初心者をカモにしたアルトコインの詐欺が後を絶たないので 仮想通貨でこれから稼ぎたい人向けの超詳しい詐欺に合わない方法について 媒体でまとめています。 正直、マーケティングスキルが無い&為替の知識がまったくない状態で いきなり、数十万円大金を投資しても、 大体元本ロックされて運営に飛ばれることが多いので 一般ユーザーは90%の確立で参入するだけでギャンブル化します。 資金が溶けてから連絡を頂くことが多いので、 よく分からないものには投じないよう徹底しましょう。 簡単無料でビットコインをもらえるアプリおすすめ6選! 簡単無料で毎日ビットコインを稼ぐことができるアプリも 沢山ある訳ではないのですが、手軽にできる実際使っている情報をまとめているので ぜひ、利用してみてください。 相場予想の還元率しかり、案件を常に豊富に揃えていることで 出金手数料はあるものの、比較的出金しやすいサービスの1つです。 カスタマーサービスを利用したことがあり、数日内に運営から返信がある所も安心です。 ほかのアプリにも、たしかにまとめはあるのですが 業界用語を一覧でまとめてくれていて 初心者でもわかりやすいのはビットストックかなと思っています。 案件がある時と無い時があるので 案件が出ている日にダウンロードすると 20円分のビットコインを貰うことができます。 ビトカツは初期に、招待ボーナスを荒稼ぎするユーザーが多かったことで 現在は招待ボーナスが廃止& 元々、出金までのハードルが高かったことで いまは、コアなファンがSNSでの交流を楽しみながら利用しています。 Twitterで#ビトカツと検索すると 出金までのハードルは高いものの 利用ユーザーが多いがわかるので すぐサービスが終了するリスクが低く、使って損はないと考えています。 長く続くサービスになることを考えたら、すぐ溜まらない変わりに 出金する時は高額出金できる仕組みになっているので とても面白いサービスの1つと考えています。 長く続いているサービスの1つではあるので 期待値低めで取り組みましょう。 ふだんニュースを読む場所を変えるだけで収入がUPするので ぜひ、活用してみてください。 ほかでは喋ってくれないような、これをやれば、もっと無料でビットコインをもらえる! といった内容を20分程、詳しくお伝えしています。 1時間に1回ルーレットを文字入力で回して無料で 今回公開している情報の中では、いちばん長くサービスが運用されているので 時間をかけて出金することを考えれば、使って損はないサイトと考えています。 結構PC作業が多い人は1時間に1回タイマーをつけることで 作業時間を測ることが出来るので有料で時間を測ることが出来ます。 ひとつめは、チャート予想で稼ぐことが出来るリップルゲットに関する情報です。 サービス内容としては セッティングして月数回あるアップデートの再ダウンロードを行うだけで 地味地味、収入を増やすことが出来ます。 可愛いハチのモチームがデザインで、放置型自動収入の上 することが無いので、ある程度PCやケータイのスペックに余裕がある方は 設置しておくと便利です。 honeygainで稼ぐ方法・簡単無料登録で500円もらえるアプリ詳細・登録方法 わたしの場合は、初期にもらえるキャンペーンボーナスを受け取り損ねた為 地味地味、溜めていますが管理というほどすることが無いので 情報知っておくと便利かなと思っています。 海外サイトで全文英字ということもあって かなり、質問が多いサービスの1つです。 注意点をいっぱいまとめているので ぜひ、視聴してみてください👇 ビットコインを無料でもらえるアプリは 突如サービス停止したり、出金停止することがある 随時情報を追っていますが、またサービス停止や出金停止の例があれば追記します👇 ビットコインを無料で稼げるタダコインはサービス停止で出金できない 2020年04月13日にタダコインの運営側から突如 サービスの終了を告げるアナウンスがあり、現在はサービス停止しています。 SNSでは、いまでもかなり拡散され続けていますが、終了しているサービスの1つです。 チャート予想やニュースで簡単に稼ぐ方法! ビットコインを無料でもらえるアプリおすすめ3選まとめ 複数、ビットコインを中心に無料で稼ぐことができるアプリについてお伝えしました! メジャーなものから、最近始まったサービス、超古参の情報など 意外と知らなかった情報も多かったのではないか?と考えています。 ゆかもんの媒体では、上記のような低リスク系の仮想通貨の情報で 使い方や、入出金に関する情報などが分からない人が 1ヶ月月額でサポートを受けることができるオンラインサロンを開催しています。 仮想通貨初心者部屋なので、よかったら使ってみてください👇 あわせて読みたい では、現在出金出来るサービスか? より多く稼ぐ為にはどんな情報があるか?など 情報シェアリングしているので、使い方や登録で分からないことがあれば ぜひ、活用してください。 結構、出金出来なくなっているサービスも増えているので 情報シェアしながら、利用しています! チャート予想やニュースで簡単にビットコインを稼いで仮想通貨用デビットカードでお買い物しよう また、動画内の説明で取り上げている仮想通貨の入出金のやり方や Fiatbitウォレットの登録と使い方・仮想通貨を溜めてデビットカードで利用する方法は 下記の2つのページにまとめています👇 2020年6月時点では、Fiatbitウォレット以外の仮想通貨系カードが 実質使えなくなっていると情報が入っているので 今後、仮想通貨でも稼ぎたいと考えている人はぜひチェックしてください。

次の

ビットコインウォレットのおすすめランキング!作成手順や安全性も徹底解説。

ビットコイン おすすめ

この記事の目次• 日本円に対応している販売所一覧 日本国内における仮想通貨ビットコインの変遷については、 マウントゴックスが破綻したことによって一時縮小の動きがありました。 しかし、 時代の流れを止めることはできません。 この動きは今後も続くと思いますので、 取引所自体は増えてくると思います。 つまり、 ビットコイン取引所同士による競争の激化によって、 手数料が低く抑えられたりユーザーにとって有益なサービスが始まるとは思いますが、 販売所を選定する場合は目先の利益だけに踊らされてはいけません。 ということで、 日本円に対応しているビットコイン取引所をシェアします。 一時点での取引所である今後は変動する Zaif Exchange• 本社:日本• 特徴:手数料が驚愕のマイナス0. 1%! 上限あり btcbox• 本社:日本• 本社:日本• 本社:シンガポール• 特徴:信用取引によってビットコインの運用が出来る唯一の取引所 Bitbankwallet ビットバンクウォレット• 本社:日本• 特徴:クレジットカードでのビットコイン購入可能 coincheck 新規申し込み停止中• 本社:日本• 本社:アメリカ• 特徴:ドイツのFidor銀行と独占パートナー契約を結んでいる BITPOINT ビットポイント 今までノーケアでしたが、 ココに来て注目されているビットコイン/イーサリアム取引所がBITPOINT. 元楽天証券CTOがシステム開発したり手数料無料などメリットはたくさんあるのですが、 このBITPOINT ビットポイント 最大のおすすめポイントは日本初のMT4対応にあると思っています。 これはつまり何を意味するか?というと、 ドル円や日経先物のようにトレーダーのトレード対象となる。 ということです。 しかも、 金融市場における投資商品は、 基本的に土日は動いていませんが 仮想通貨のビットコインなどに休みはなく24時間365日動き続けています。 そして、 現在はものすごくボラティリティが高くなっています。 もう何を言いたいかわかりますよね? 仮想通貨のトレーディングこそ、 大きく儲けるチャンスである!ということです。 そういう意味でも、 BITPOINTの口座開設は必須でしょう!! >> 各ビットコイン取引所の簡単な特徴を一言で書きましたが、 それぞれにそれぞれの特徴が他にもたくさんあります。 まずビットコイン取引所の口座を開設するにあたって、 アナタが最初に気になるであろう手数料について 次の項目でシェアしたいと思います。 キャンペーンを打ち出しており一時的に手数料ゼロで販売している取引所もありますので、 変更は把握次第反映させるようにいたします。 01% btcbox 0% キャンペーンの為、変動の可能性あり 0. 5%+0. 0004BTC Quoine 0% bitbankwallet 不明 0% オープン記念の為、変動の可能性あり kraken 0. 1%~ 出来高により変動 0% 日本初!MT4取引に対応! おすすめ この表を見る限り、 ビットコイン取引所における手数料は、 【】がナンバーワンですよね! 何と言っても、 手数料はマイナスの0. 01%ですから。 つまり、 買えば買う程、キャッシュバックがあるわけです。 まぁ、上限はあるわけですが、、、 おすすめ販売所はココ! セキュリティー含む ここまでは、 と仮想通貨であるビットコインについての知識がほとんどない初心者の方を対象に話を進めて来ました。 それは、、、 BitFlyer ビットフライヤー です。 まず、 日本人であるのであれば気になってくるのがいざという時のサポート体制。 海外の取引所でよく聞くのが手数料は安くてよいのですが、 サポートやいざという時の問い合わせの回答が来ない。 なんと言っても問い合わせが英語。。。 ちょっとレベルが高いのですよね。。。。 そういう意味での日本経営は安心ですね。 そして、 このが最近力を入れているのがセキュリティー面の充実です。 海外の企業が取り入れているMulti-signatureを国内でいち早く取り入れており、 セキュリティー面では国内販売所の中で一歩抜け出ているかもしれません。 ビットコインに悪いイメージがついてしまったのも、 ビットコインを盗まれてしまったことによりますもんね。 ということで、 は確かに他の販売所に比べると、 多少手数料が高いのですが、その手数料で安全を買っていると考えると逆に割安なわけです。 リクルートやGMOが出資しており豊富な資金ゆえ、 様々なキャンペーンを定期的に打ち出しているので 多くのユーザーを獲得しているようです。 つまりbitFlyerの取引高が多くなってくる。 そうなると、 bitFlyerが益々盛り上がってくるわけです。 ということで、 リクルートやGMO、海外企業からの資金調達に成功しているので、 今後大注目のビットコイン取引所であることは間違いありません。

次の

初心者におすすめの仮想通貨取引所を手数料や通貨の種類などで比較!

ビットコイン おすすめ

ビットコインfxとは 仮想通貨取引には主に「現物取引」と「仮想通貨fx ビットコインfx 」の2つがあり、ビットコインなどの仮想通貨を売買する点や365日24時間取引という点で共通しています。 しかし、現物取引と仮想通貨fx ビットコインfx 取引は大きく異なる取引になるため、事前に現物取引とfx取引について理解しておく必要があります。 ビットコインfxを始める前には基本的に現物取引で仮想通貨を購入しますので、まずは現物取引から説明していきます。 現物取引って? 現物取引とは、取引所に預けている現物で仮想通貨の購入や売却をする取引です。 そのため、取引所開設後は仮想通貨を保有していないため売却を行うためにも仮想通貨をまずは購入しなくてはなりません。 つまり、現物取引では取引所に預けている資金以上の仮想通貨を購入することはできません。 そのため、国内取引所で法定通貨の日本円で仮想通貨を購入し売買するところから始まります。 また、仮想通貨を売買できる事業者は「取引所形式」と「販売所形式」の2種類に分かれて分かれています。 取引所形式:ユーザーとユーザーが売買を行う。 販売所形式:ユーザーと事業所が売買を行う。 販売所を介さない取引所で購入した方が手数料が安く済みますが、初心者の方はとても簡単に購入ができる販売所から始められる方が多いです。 ビットコインfx取引って? 仮想通貨fx ビットコインfx 取引とは、現物取引と異なり取引所に預けている仮想通貨「現物」で売買する取引ではありません。 ビットコインfxの注文には「買い注文」と「売り注文」の2つがあり、価格が上がっても下がっても大きな利益の獲得を狙える取引手法です。 例えば、ビットコインfxでは「仮想通貨相場の下落を想定し価格が高いときに売り注文を出して、価格が下落して安くなったら買い戻す」というような取引も可能です。 現物取引では価格が上がれば儲かるけど、下落時には損しかしないのね。 その分、ビットコインfxは価格が上がっても下がっても利益が出るから魅力的ね。 次に仮想通貨で大きく稼いでいる人の多くが行なっているビットコインfx取引のレバレッジ取引について理解を深めていきましょう。 ビットコインfxのレバレッジ取引とは 仮想通貨fx ビットコインfx ではレバレッジを利用できます。 ビットコインfxのレバレッジとは、 取引所に預けている自己資金以上の何倍もの資金で取引することができる取引手法で、元手が少額しかない人でもレバレッジをかければ大きな資金で取引が可能になります。 例えば、資金1万円にレバレッジを100倍かければ実質100万円の資金を運用することができるようになります。 しかし、レバレッジ取引はレバレッジをかければかけるほどハイリスクハイリターンになる取引ですので、レバレッジの倍率には注意が必要です。 レバレッジをかけたときのリスクが大きい• レバレッジ取引手数料の負担がある• 初心者には難易度が高い ビットコインfxではレバレッジをかけて元手資金以上の金額で売買することができますが、相場の値動きを見誤ったときには大きく損失を出してしまう可能性もあります。 また、レバレッジ手数料やポジションを保有しているだけで取られる手数料などもあり、現物取引よりも手数料負担が大きいです。 大きく儲けるためには、レバレッジ倍率の取り扱いや相場の値動きを読む力などの多くの経験があってこそ身につく要素が多いためビットコインfxは初心者には少し難易度が高い取引手法です。 ビットコインfxの取引所を選ぶ基準 仮想通貨fx ビットコインfx の取引所を選ぶ基準は以下の通りです。 大切な資金を守るためにもセキュリティや信用度が高い取引所を利用すべきです。 また、ビットコインfxをしていると注文が通りにくかったりサーバーがダウンして取引所の機能自体が利用できなくなることがあります。 この場合、 取引所に預けている資金を自分で操作できない状態ですので高いリスクを伴います。 直近のネットの口コミ・評判をチェックしてサーバーダウンで問題になっていないか、注文が通りやすいかなどは都度チェックするようにしましょう。 その他、取り扱い通貨が多いことやサイトやアプリの使いやすさなどはご自身の利用状況に合わし、手数料は他の取引所と比べて安い取引所にするとよりスムーズにストレスなく取引することができます。 アルトコインのレバレッジ取引が可能• 土日祝を含めた365日LINEでカスタマーサポート• クイック入金手数料が無料 順に解説します。 アルトコインのレバレッジ取引が可能 DMM Bitcoin取引所では、 国内最多で7種類のレバレッジ取引をすることが可能です。 アルトコインを含めたレバレッジ取引ができる取引所としてGMOコインも横に並びますが、GMOコインは5種類のため、DMM Bitcoinの方が多くの通貨を取り扱えます。 365日LINEでカスタマーサポート DMM Bitcoinは 土日を含めた365日LINEでカスタマー対応をしているので、何か緊急で困ったときでも片手間で簡単に相談することができます。 LINE対応の取引所は少ないため、DMM Bitcoin利用時のお問い合わせはストレスいらずですね。 クイック入金手数料が無料 DMM Bitcoinはクイック入金に対応しています。 取引所によってはクイック入金に対応していない取引所もあり、DMM bicoinの場合は「無料」でもあるので大変お得です。 頻繁に取引・入出金する方にとっては使い勝手が良いでしょう。 DMM Bitcoin取引所のデメリット DMM Bitcoin取引所のデメリットは以下の3点です。 ロスカットの基準が厳しい• 現物取引はBTC・ETH・XRPの取り扱いのみ• やや注文画面が使いにくい 順に解説します。 「追証なし 借金になることはない 」があるものの、 証拠金維持率が80%以下になってしまうと強制的に取引が終了させられてしまします。 これを強制ロスカットと言います。 ロスカットはユーザーの資産を守るためでもありますが、取引を制限されてしまうデメリットがあります。 現物取引はBTC・ETH・XRPの取り扱いのみ DMM Bitcoinの仮想通貨fxでは全部で7種類の仮想通貨を利用することができますが、 現物取引ではBTC・ETH・XRPの3種類のみしか取引することができません。 主要な通貨ではあるものの通貨の選択肢が制限されてしまうため、利便性には欠けてしまいます。 やや注文画面が使いにくい DMM Bitcoinのサイトやアプリは「使いやすい」という評判もありますが、CoincheckやBitFlyer、bitbankなどと比べるとグラフィカルで優しい雰囲気のあるデザインではないため、初心者の方は少し使いにくく感じるかもしれません。 「使いやすさ」は機能面や操作感などで意見が分かれますので、 使いやすさを重視する方にはいろんな取引所を触ってみることをおすすめします。 国内取引所の中で最も出来高が大きい• スプレッド幅がとても狭い• 多数の法定通貨に対応している 順に解説します。 独自トークンQASHを発行している 仮想通貨QASH キャッシュ を購入できるのはLiquid by Quioineのみです。 QASH キャッシュ はQUOINEX社が発行している通貨で、 2017年11月に行われたICOではわずか3日間でおよそ112億円もの資金を調達しており、大変注目された通貨です。 2019年2月27日にはQASHのリブランディングが実施され、現在QASHは「Liquid Coin LQC になっています。 スプレッド幅がとても狭い Liquid by Quioineのスプレッド幅は非常に狭いことで有名で、他の国内取引所よりも格安で利用することができます。 取り扱い通貨が少ない• 入金・出金の際に依頼が必要 順に解説します。 取り扱い通貨がやや少ない Liquid by Quioine取引所は BTC・ETH・BCH・Liquid coin 元QASH ・XRPの5種類しか取り扱っていません。 国内ではCoincheck取引所のように10種類以上の通貨を取り扱っている取引所もありますし、独自通貨を除けば主要通貨は4種類のみですので、比較的取り扱い通貨数が少なく、利便性に欠けます。 入金・出金の際に依頼が必要 Liquid by Quioineでは、 入出金の際に「入金依頼」や「出金依頼」を行う必要があります。 通常、他の取引所では依頼する必要がないため、セキュリティのためとはいえ毎回取引所に依頼をしないといけないのは非常に手間と言えます。 また、ロスカットの基準が高いので注意しましょう。 仮想通貨アプリ「ビットレ君」が使いやすい• 取引所形式と販売所形式がある。 アルトコインのレバレッジ取引ができる。 順に解説します。 仮想通貨アプリ「ビットレ君」が使いやすい GMOコインはインターネット事業や金融事業のノウハウを活かし、自社開発の仮想通貨アプリ「ビットレ君」を提供しています。 ビットレ君の使いやすさはスマホ一つでチャートを簡単に確認できることや、すぐに注文を行えること、注文方法が多数あることなどトレーダーの間では必須のツールとなっています。 取引所形式と販売所形式がある GMOコイン取引所は、当初販売所がメインで取引所ではBTCしか取り扱っていませんでしたが、 現在BTC・ETH・XRP・LTC・BCHの5種類の仮想通貨を取引所・販売所・仮想通貨fx取引所でも取り扱えるようになっており、非常に利便性が向上しています。 そのため、多少手数料が高くなっても簡単に確実に売買を行いたい方は販売所を利用し、手数料を最小限に抑えたい方は取引所を利用すると良いでしょう。 アルトコインのレバレッジ取引ができる 国内でアルトコインのレバレッジ取引ができる有名な取引所は「DMM bitcoin取引所」と「GMOコイン取引所」のみで、 GMOコイン取引所では「BTC・ETH・XRP・LTC・BCH」の5種類の通貨でレバレッジ取引をすることが可能です。 ビットレ君で簡単に操作もできますし、現物取引でも同じ通貨を利用することができますので、国内取引所の中では「使いやすい」ことで定評があります。 実質的追証が発生する• 取り扱い通貨がやや少ない• 買い規制とスプレッド拡大に注意 順に解説します。 実質的追証が発生する GMOコインは「仮想通貨FXにおきまして、「追加証拠金」制度はございません。 」と公式ページで公表しているものの、本文には赤文字で以下のように記されています。 お客様の証拠金維持率が上記の数値を下回ったとしても、直ちにお客様の建玉が決済されるわけでは無く、相場が急激に変動した場合には、証拠金の額を上回る損失が生じる可能性があります。 証拠金の額を上回る損失が生じた場合には、その超過額を不足金としてお支払いただきます。 追証とは、売買をした際に資金がマイナスになってしまったときに「借金」という負担が課されるかどうかというものですが、 GMOコインでは実質的に「追証あり」と言えます。 取扱い通貨がやや少ない GMOコインではBTC・ETH・XRP・LTC・BCHの5種類の通貨しか取り扱っていません。 Coincheck社は10種類、bitFlyerやDMM Bitcoinは7種類の通貨を取り扱っているため、他の取引所に比べるとやや少ないと言えるでしょう。 買い規制とスプレッド拡大に注意 GMOコイン取引所では、2017年以降から頻繁に買い規制やスプレッドを広げられるといった処置がされています。 これは、大きく価格変動が起こった際に取引所の利益が損なわれる可能性があるためで、ネット上ではネガティブな意見が多く散見されています。 大きく価格変動が起こった際には注意するようにしましょう。 取引手数料が安い• AirFX取引25倍、信用取引7. 77倍のレバレッジで追証なし• Zaifコイン積立サービスがある 順に解説します。 取引手数料が安い Zaifは取引所形式を採用しており 取引手数料が「0円」ですので、頻繁に取引を行いたい方はお得に取引することが可能です。 また、国内で人気のリップル XRP も取り扱っていますので、リップラーの方はこの機会に利用をしてみてはどうでしょうか。 AirFX取引25倍、信用取引7. 77倍のレバレッジで追証なし Zaifの信用取引ではAirFX取引のレバレッジ倍率が25倍、信用取引のレバレッジ倍率が7. 77倍となっており、比較的高い倍率で取引をすることができます。 2019年には国内取引所のbitFlyerやDMM Bitcoin、GMOコインなどがレバレッジを最大4倍にしていますので、大きなレバレッジで取引したい方はZaifを利用すると良いでしょう。 Zaifコイン積立 Z aifコイン積立サービスは現在停止中です。 しかし、2017〜2018年で非常に人気のあったサービスなので、今後再開された場合、多くのユーザーが利用する可能性があります。 Zaifがハッキング被害に遭ってから月日が経っていますがサイトからは削除されておらず、サービス終了のアナウンスもありませんので、今後の再開に期待しましょう。 Zaif取引所のデメリット Zaif取引所のデメリットは以下の3点です。 元々、国内取引所の中で最も悪い評判を浴びていたのがZaifで、ハッキング後の対応も悪かったため大きな信用を失ったと言えます。 サーバーが遅い ザイフのサーバーが遅いというネガティブな評判があります。 「サーバーが遅い」または「サーバーが頻繁にダウンする」という場合、ユーザーは取引所に注文を出せない状態になるため、仮想通貨fxで売買をするには非常にリスクがあります。 サーバー状況については各種取引所で異なるため、定期的にネットの評判などを参考にしましょう。 ハッキング被害を受けて一部サービスを停止中 Zaifはハッキング被害を受けてから一部サービスを停止しているため、2017〜2018年で人気のあった積立サービスなどを利用できません。 国内にたくさんの取引所が増えてきている中で、差別化できる独自サービスを停止しているのは大きな痛手です。 取り扱い通貨が多い• ビットコインの取引手数料「無料」• 貸仮想通貨サービスがある 順に解説します。 取り扱い通貨が多い Coincheck取引所は、 国内取引所の中でトップクラスの取り扱い通貨数を誇る取引所で10種類もの通貨を備えています。 BITPointやGMOコインなどは取り扱い通貨が5種類しかないのに対し、Coincheckは2倍もの通貨を取り扱っているため様々な通貨を取り扱いたい人におすすめです。 ビットコインの取引手数料が「無料」 Coincheckの取引所ではBTCだけ取り扱っており取引手数料は「無料」です。 アルトコインは販売所でしか売買できないので少し割高ではありますが、BTCに関してはお得に売買することが可能です。 貸仮想通貨サービスがある 貸仮想通貨サービスは、 取引所に一定の期間資金を預けることで期間終了後に預け入れた資金と一定の料率で計算した利用料を受け取れるサービスです。 最大で1年間預けることができ、トレードをしなくてもコインをコツコツ増やすことができるひとつの手段です。 Coincheck取引所のデメリット Coincheck取引所のデメリットは以下の3点です。 スプレッドは仮想通貨の価格が大きく変動する際に、大きく広くなることがあるのでスプレッドが開きすぎていないか注意しながら取引をするようにしましょう。 アルトコインが購入できるのは販売所のみ Coincheckでは日本円で仮想通貨を購入する際、BTCは取引所で安く売買できてもその他のアルトコインは販売所を利用しなければならないため、取引所を使って売買したい方は不便に感じるかもしれません。 しかし、Coincheckは国内トップの取り扱い通貨数を誇るため、様々な通貨を購入したい方、頻繁に取引せずに長期保有したい方にとっては、販売所を利用する価値はあるでしょう。 仮想通貨fx ビットコインfx を停止中 Coincheckはハッキング事件が起きてから 2019年9月時点まで仮想通貨fx ビットコインfx のサービスを停止しています。 仮想通貨の現物取引だけで資金を多く増やすには限度がありますので、ビットコインfxができないことは大きなでデメリットです。 bitFlyerの取り扱い通貨がそこそこ豊富• 仮想通貨fxができる「ビットフライヤー ライトニング」がある• 取引量・ユーザー数・資本金でNO1になった実績 順に解説します。 bitFlyerの取り扱い通貨がそこそこ豊富 bitFlyerは BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LISKの合計7種類の通貨を取り扱っています。 国内の新興取引所で3種類の取引所やGMOコインで5種類、Coincheckは10種類ですので取り扱い通貨数には大きく差があります。 それを踏まえるとbitFlyerはそこそこ豊富に揃えられています。 仮想通貨fxができる「ビットフライヤー ライトニング」がある bitFlyer取引所は仮想通貨fxができる「ビットフライヤーライトニング」という取引サイトを提供しています。 度々問題になりネット上でネガティブな意見をよく見かけますが、2017年から多くの利用者が利用している国内を代表する仮想通貨fxのサービスです。 取引量・ユーザー数・資本金でNO1になった実績 2017年の仮想通貨バブル時にはbitFlyerは 取引所の取引量・ユーザー数・資本金で国内NO. 1になっています。 2018年は新規アカウント作成を停止したため1年ほど停滞していましたが、2019年になって新規アカウント作成および口座開設を再開させています。 すでに登録しているユーザーが多くいますので、今後の展開に注目です。 bitFlyer取引所のデメリット bitFlyer取引所のデメリットは以下の3点です。 仮想通貨の盗難補償がない• アルトコインは販売所のみしか取引できない• レバレッジは最大で4倍 順に解説します。 仮想通貨の盗難補償がない bitFlyerは取引所から資産が流出した際に「盗難補償がある」と一部で広まっておりましたが、実際は 日本円が流出した時のみで、仮想通貨に対する盗難補償の明記はありません。 国内トップクラスの資本金を保有していますので補償される可能性もありますが、確証がないため不安が残ります。 アルトコインは販売所のみしか取引できない bitFlyerで取り扱われている アルトコインは販売所でしか売買ができないためスプレッドによる実質の手数料で負担が大きくなります。 ちなみに、取引所で売買できるのはBTCのみです。 レバレッジは最大で4倍 bitFlyerに続きGMOコインやDMM Bitcoinもレバレッジ倍率は 最大で4倍になりました。 海外取引所ではレバレッジ倍率が最大200倍まで備わっているので、それに比べると売買はしにくいでしょう。 高機能ツールが搭載されている• 取引コストが安い• 被害補償が充実 初心者の人からすると難しい画面ですが、自由に設定変更やテーマ変更などができるので、カスタマイズ性があります。 テクニカル16種、描画ツール、チャット機能などが搭載されており、売り買いの分析も詳細に、バランスよくこなせます。 スワップは0. おおよそ0. 三井住友海上火災保険株式会社とも提携しており、何かあった際の補償も「サイバー補償」で補償額に確証があります。 ビットフライヤー はこうした補償も充実していますし、資本力も日本でトップクラスです。 各種手数料がとても安い• アプリが使いやすい• 有名なトレードツール「MT4」 順に解説します。 各種手数料がとても安い BITPointは 入出金手数料、取引手数料、レバレッジ手数料、送金手数料といった各種手数料が「無料」になっており、国内取引所の中では比較的お得に利用することができます。 国内では、bitbankが長年取引手数料が安い取引所として有名ですが 有名なトレードツール「MT4」 「MT4」はトレーダーの間で知らない人はいないほど有名で、 MetaTrader4 メタトレーダー4 という仮想通貨fxの取引で使われるプラットフォームのことです。 MT4は「自動売買が可能」「スマホ対応」「チャートも簡単にチェックできて見やすい」といった特徴を持っており、取引画面を自分好みにカスタマイズできるため多くのユーザーに愛用されています。 アプリが使いやすい BITPointはアプリを提供しており、 BITPointはのアプリ画面は見やすく使いやすいため初心者の方にもおすすめです。 また、アプリもパソコンサイトも同様のデザインになっており、ユーザーが直感的に操作しやすい設計がなされています。 BITPoint取引所のデメリット BITPoint取引所のデメリットは以下の2点です。 BITPointは大手企業の運営下にある取引所でしたのでセキュリティ面に関しては安心していたユーザーも多くいたはずです。 ちなみに、取引所は再開される見通しです。 強制ロスカットはユーザーが想定外の損失を出して大きく資産を失わないようにするための機能ですが、取引をする上ではロスカットの数値が高ければ高いほど厳しく制限されるため、取引がしにくいです。 以下、ビットコインFXを選ぶ上での比較表をご用意しておきましたので、取引所を選んで取引を行う上での参考にしてみてください。 海外のビットコインFXおすすめ取引所 国内の仮想通貨fx ビットコインfx ができる取引所だけではなく、海外取引所についても紹介していきます。 ビットコインfxでおすすめの取引所は以下の3つです。 取引手数料が安い• レバレッジ100倍• サーバーダウンが滅多に発生しない 順に解説します。 取引手数料が安い BitMEXのメイカー手数料は「-0. 取引をすればするほど手数料をもらうことができるため、他の取引所と比較してもお得と言えます。 ただし、テイカー手数料は「0. レバレッジ100倍 BitMEXでは レバレッジ倍率を「100倍」まで設定できます。 例えば、資金が10万円であればレバレッジを100倍かければ1000万円を運用するのと同じように取引ができるのです。 一方、国内取引所のbitFlyerやDMM Bitcoin、GMOコインなどはレバレッジが最大4倍までとなっており、元手が少なければ大きな資金を運用することができません。 サーバーダウンが滅多に発生しない BitMEXのサーバーは他の国内外の取引所と比べてサーバーがダウンすることがないため「保有しているポジションを操作できない」というような状況を避けることができます。 その他にも、取引所ごとに行なっているメンテナンス中も注文を操作することはできませんので、ご注意ください。 重要な場面で注文が出せなくなるとせっかく利益を得られるチャンスも見逃してしまいますし、最悪の場合、大きく資産を失ってしまうかもしれません。 買い注文・売り注文を同時に出せない BitMEXでは買い注文と売り注文を同じタイミングで出すことができません。 例えば、売りポジションを持っていたとしても長期的には買い注文を持つべきだと判断した場合に、両方の注文をすることができないのです。 もし、売りポジションを保有している間に買いポジションを保有してしまえば、そのポジションは相殺されてしまいます。 出金できる時間が決まっている BitMEXでは入金時間に指定はありませんが出金時間が22時前後と決まっています。 そのため、運用している資金を移動させたいときやお金を引き出したいときには、通常よりも少し時間がかかってしまいます。 証拠金維持率は厳しめになっているので、レバレッジの取り扱いには十分注意しましょう。 cryptoGT取引所のメリット cryptoGT取引所のメリットは以下の3点です。 最大レバレッジ200倍• 取引手数料が無料• 通貨ペアが48種類と豊富 順に解説します。 最大レバレッジ200倍 cryptoGTはレバレッジ倍率が200倍まで設定することができます。 海外取引所の中でも200倍という高いレバレッジに対応している取引所は少数ですので、大きなレバレッジで取引したい方にはcryptoGTはぴったりでしょう。 取引手数料が無料 cryptoGTでの 取引手数料は「無料」です。 また、スプレッドにおいても、国内取引所のDMM bitcoinやGMOコインよりもやや狭いため、お得に利用できます。 頻繁に売買をする場合は、取引手数料やスプレッドが狭い取引所を利用することが重要になりますので、仮想通貨fxを積極的に行いたい方におすすめです。 通貨ペアが48種類と豊富 cryptoGTは世界トップレベルの通貨ペア数を誇り2019年9月時点での 通貨ペア数は48種類になっています。 通貨ペアは今後も増えていくとされているため、より便利な取引が可能になります。 cryptoGT取引所のデメリット cryptoGT取引所のデメリットは以下の2点です。 レバレッジ取引しかできない• 日本円で入金・出金が出来ない 順に解説します。 レバレッジ取引しかできない cryptoGTではレバレッジ取引しかありませんので現物取引をしたくてもできません。 そのため、仮想通貨取引を始めたばかりの初心者の方にとっては難易度が高くなります。 しかし、レバレッジが最大で200倍で非常に大きな資産を運用できるため厳しくて当然です。 他の取引所のBinanceは「0. レバレッジが最大100倍まで可能 レバレッジにおいてもbybitはBitMEXと同様にレバレッジを100倍まで設定することが可能です。 国内取引所でレバレッジ倍率が最大4倍に規制されたため、運用資金が少なくなってしまった方もいるのではないでしょうか。 海外取引所であれば100〜200倍といった高い倍率でレバレッジをかけることが可能です。 注文が通りやすいと話題 BitMEXの注文が通りにくくなったことから取引手数料が同じで注文がサクサク通ることで話題になっているbybitが注目を集めています。 仮想通貨トレーダーのカズマックス氏も当初はBitMEXを推奨していましたが、最近ではbybitをユーザーにおすすめするようになっています。 bybit取引所のデメリット bybit取引所のデメリットは以下の2点です。 ・取り扱い通貨が4種類だけ ・注文が通らなくなる可能性がある 順に解説します。 取り扱い通貨が4種類だけ bybitでは BTC、ETH、XRP、EOSの4種類しか通貨を取り扱っていません。 後に、LTCが追加されるとの話もありますが、現状の4種類だけでは比較的少ないと言えます。 まとめ• 国内取引所よりも海外取引所の方が取り扱い通貨やレバレッジ倍率が大きい。 ただし、規制が日本よりも緩いため売買をする際には注意が必要。 取引所によって強みや弱みは異なるため、どの取引所を選ぶかはご自身が何を重視して取引するかで決める。 国内外の取引所ではハッキングが絶えませんので、セキュリティが高いとはいえ、自己資産の管理は分散するか専用デバイスのウォレットに保管するなどして対策をする必要がある。 ・ビットコインfxは、元手資金の何倍も大きな資産を動かすことができる取引手法である。 各種取引所のメリット・デメリットを中心に紹介しましたが、参考にしていただけましたでしょうか?それぞれの取引所に強みと弱みがあることをご理解いただけたと思います。 仮想通貨fx ビットコインfx を今後したいとお考えの方は、最後に案内したBitMEX、cryptoGT、bybitの3つの取引所がおすすめですので、ぜひ利用してみてください。

次の