平成31年硬貨 価値。 令和元年の硬貨の価値はどれくらい?プレミアム価格になる?

💰現行硬貨(1円玉〜500円玉)の年別発行枚数一覧【〜令和2年】

平成31年硬貨 価値

プレミアの付く硬貨の年号と種類、時々テレビでも紹介されていますよね。 今回はそんなプレミアの付く硬貨の年号と種類を知りたいということですので、ご紹介したいと思います。 是非、自分の硬化を確かめてみてくださいね! まずは、プレミア硬貨にはどのようなものが種類が存在するのかを簡単にご紹介しましょう。 【1円玉】(昭和23年〜24年)400円〜 (平成13年)20円〜 (平成14年)10円〜 (平成22年)18円〜 【5円玉】(昭和24年~33年)50円~ (昭和32年)400円〜 (昭和32年・未使用 1万5000円〜 (昭和42年)24円〜 (平成12年)100円位 (平成17年〜20年)100円位 (平成21年)500円〜 (平成22年〜25年)800円〜2000円ほど 【10円玉】(昭和32年)25円〜 (昭和33年)60円〜 (昭和34年)22円〜 【50円玉】(昭和12年)90円〜100円ほど (昭和62年・未使用 1万円以上 (昭和62年)3000円〜8000円 (平成12年)400円ほど (平成14年〜21年)100円〜200円位 (平成22年〜25年)1400円〜 (平成26年)200円ほど 【100円玉】(平成13年)130円~700円位 (平成14年)110円〜 【500円玉】(昭和62年)1400円〜 (昭和64年)500円〜1000円ほど 因みに、昭和生まれの方は経験があるとは思いますが、大量にギザ10を集めていた方も多いと思います。 ギザ10は未使用のものでは1000円~5000円ほどの価値がありますが、使用済みのギザ10は、ほぼ価値がなくただの10円のようです。 ですがプレミアと呼ばれる年号があります。 それは、昭和32年と昭和33年。 昭和32年のギザ10は、20円〜、昭和33年のギザ10は、100円〜。 是非、探してみましょう。 一般的に発行枚数が少ない年の硬貨やエラー硬貨は価値が高いと言われていますね。 まずプレミアがつく硬貨の種類は以下となります。 ・発行枚数の少ない硬貨 ・何らかのエラーがある硬貨 ・発行枚数限定で作られた記念硬貨 そして年号は発行枚数が少ないものより以下のようになります。 硬貨別に記載いたしますね。 古いものが価値が高いような気が一般的な感覚としてありますが、最近の硬貨も意外と価値があるようです。 中でも最も価値が高いのは昭和62年の50円玉ですが、これは当時多すぎる流通量が問題となり発行に制限がかかったためです。 また1円玉硬貨、5円玉硬貨、10円玉硬貨、50円玉硬貨はおしなべて平成21年〜平成25年の間は価値が高いですが、これも流通量が制限されていた影響です。 さて、次は年別に影響されず価値があるエラー硬貨に関して説明します。 穴なし 読んで字のごとく、50円玉や5円玉など本来穴が空いている硬貨の穴が空いていない硬貨です。 買取相場は約20万円ほどと非常に価値が高いです。 穴ずれ 穴の位置がずれている硬貨です。 買取相場は50000円ほどです。 影打ち 全硬貨に対して存在しうるエラー硬貨です。 裏表が同じデザインとなった硬貨。 買取相場は200000円ほどと非常に価値のあるエラー硬貨。 刻印ずれ デザインが中央からずれている硬貨です。 買取相場は2000円ほど。 裏移り 裏表のデザインが透けて見える硬貨。 買取相場は20000円ほどです。 ヘゲ 一部に欠損があるエラー硬貨。 買取相場は約2000円。 以上がエラー硬貨で価値があるものとなります。 さて、では最後に発行枚数限定で作られ、持っているだけで単純に価値がある記念硬貨に関して説明します。 中でも最も価値が高いものをご紹介しました。 第5回アジア冬季競技大会の1000円銀貨幣は150000円と実に15倍の価値がありますね。 理由としては日本で初めて発行されたカラーコインであることが挙げられるようです。 ぜひお持ちではないか確認してみてください。 以上がプレミアのつく硬貨の年号と種類となります。 ご参考いただけますと幸いです。 こんにちは。 プレミアがつく硬貨の年号と種類ですね。 硬貨にプレミアのつくパターンとしては、大きく分けて以下の3パターンがあります。 ・発行枚数が少ないもの ・何らかの製造エラーがあるもの ・発行枚数限定のもの ここでは、「発行枚数が少ない硬貨」について詳しくご回答いたします。 以下がそれぞれの硬貨について、多少のプレミアがつく代表的な年の買取り相場の一覧になります。 未使用品であれば、さらに買取り価格が上がります。 ・500円硬貨 昭和62年 1987年 約1,400円 昭和64年 1989年 約550円 ・100円硬貨 平成13年 2001年 約130円 平成14年 2002年 約110円 ・50円硬貨 昭和62年 1987年 約4,000円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約1,400円 *穴の位置がずれているエラー硬貨は非常に高額になります ・10円硬貨 昭和33年 1958年 約80円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約1,400円 *いわゆるギザ10は、そこまで大きなプレミアはつかないようです ・5円硬貨 平成12年 2000年 約25円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約1,000円 ・1円硬貨 平成13年 2001年 約20円 平成21年 2009年 -平成25年 2013年 約400円 発行年が古い=発行枚数が少ないと考えがちですが、そうとも限りません。 実際には、流通量の調整のために発行に制限がかかり、発行枚数が少なくなる年がある、という理由が多いです。 例えば、昭和62 1987 年の50円玉が4,000円となっています。 額面の80倍です。 意外だったのは、1週間しかなかった昭和64年の製造のものに、それほどプレミアがついていないことです。 500円硬貨でも、550円にしかなっていません。 平成時代、しかも比較的最近に製造された硬貨でも、プレミアがついているものがあります。 50円硬貨以下、10円硬貨、5円硬貨、1円硬貨で、平成21 2009 年~平成25 2013 年に発行されたものに大きなプレミアがついています。 この平成の5年間に製造された硬貨が少なかったため、希少性が高くなりました。 1円硬貨では、なんと額面の400倍の買取り価格にもなっています。 1枚でも額面をはるかに越える価値が期待できるプレミア硬貨。 プレミア硬貨は知らず知らず意外なところに紛れこんでいる可能性がありますので、ときどきお財布の中の硬貨をチェックしてみるといいかもしれません。 以上、ご参考にしていただけましたら幸いです。 プレミア付き硬貨ということですと、まず普通の硬貨の場合は、単純に発行枚数が少なかった年数のものがプレミアが付きます。 代表的なものですと「昭和62年発行の50円玉」となりまして買取相場が4000円となります。 これはそれ以前の流通量が多すぎてこの年に制限を加えたもので、それゆえに数が少ないのです。 同じような理由で同じ年の500円玉も高額となっています。 このようにプレミアの付く貨幣というのは単純に古いというだけではなく、流通量が少ない貨幣に付くので、昭和の後半や平成以降のものでも探せばプレミアが付いていることがあります。 最近のものでは、平成21~25年までの四年間に発行された貨幣が高額となっていまして、五円玉の買取相場が2000円になることもあります。 続きまして、エラー硬貨というものもプレミア価値が高いです。 これは単に流通量の少ない希少硬貨よりもさらにレアなため高額が期待できます。 例えば穴のついていない五円玉や五十円玉、穴のずれた硬貨に、裏表が同じ印刷の硬貨、とミスプリントやずれのある硬貨が高額なものが期待できます。 主なものを一覧にします。 よく誤解されるのですが、ギザ十はエラー硬貨ではなくてただ単にギザギザをつけている年に流通した十円玉です。 なのでエラーと一緒でない限り高額取引は期待できません。 二千円札も流通量は実際には多かったのでまだ高値で売るのは難しいと思います。 最後に、記念硬貨をご紹介します。 オリンピック、ワールドカップ、万博など各種のイベントを記念して作られた限定硬貨です。 硬貨なものですと、第五回アジア冬競技大会記念の、千円玉硬貨が150000円と凄まじい値段の買取相場となっています。 記念硬貨のたぐいは普通に使うことも少なく家に置いてあることが多いため、もしも見つかりましたら気軽に査定してみてください。 また、今年は平成最後の年に、来年にはオリンピックが控えていることもありまして記念硬貨や流通量の少ない硬貨が期待できると思います。 もし今年印刷のものがあったら保存しておくのも悪くないかもしれませんね。

次の

平成31年硬貨の価値はプレミアが付く?1円や500円玉の入手方法も紹介 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

平成31年硬貨 価値

平成31年の100円玉の製造枚数は3億200万枚で、昭和44年と同じ位の製造枚数で、昭和44年の100円玉は製造後51年が経過していますが、価値は100円のままで、希少性は有りません。 平成31年の500円玉の製造枚数は1憶2600万枚で、昭和63年と同じ位の製造枚数で、昭和63年の500円玉は製造後32年が経過していますが、価値は500円のままで、希少性は有りません。 令和元年の100円玉の製造枚数は5800万枚で、昭和60年と同じ位の製造枚数で、昭和60年の100円玉は製造後35年が経過していますが、価値は100円のままで、希少性は有りません。 令和元年の500円玉の製造枚数は7600万枚で、平成4年と同じ位の製造枚数で、平成4年の500円玉は製造後28年が経過していますが、価値は500円のままで、希少性は有りません。 上記の事例により、平成31年と令和元年の100円と500円硬貨は希少価値は無く、何年か後に記載金額の倍の値段になることはありません。 価値は、需要と希少性によって決まります。 平成31年と令和元年の硬貨が欲しいけどなかなか見つからないって状況になれば需要が高まって記載金額より高い価値になるかもしれません。 でも需要は、硬貨集めが趣味の数百年後の人達の間だけでしょうね。 仮に需要が生まれても、1年が12ヶ月なのには変わりないのでその年の硬貨は必ず「平成31年」か「令和元年」のどちらかです。 その確率の合計は他の年と同じです。 もし、平成31年が1月とかで終わってたら、平成31年発行の硬貨だけは希少価値が生まれるでしょうね。 その分、令和元年の硬貨はよく見つかるので希少価値は生まれません。 実際には「平成31年は12分の4、令和元年は12分の8」なので、どちらも珍しくないです。

次の

【この差って何ですか】プレミア硬貨まとめ。昭和&平成の激アツ硬貨を紹介(4月14日)

平成31年硬貨 価値

新元号「令和」発表に伴って、平成最後の記念にと買い求める人が続出し、異例のスピードで売り切れた平成31年銘記念日貨幣セット。 「売ったらどれくらいになるんだろう?」 お手元にある方は、こんな疑問をお持ちではございませんか。 なかには、 「もう少し手元に置いておいた方が高くなるんじゃないかな…」 と思っている方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、そのまま置いておくのは とてももったいないです! 平成31年銘記念日貨幣セットは、 販売価格の3~4倍の値段で取引されています。 今は元号改元で盛り上がっていますが、 それが落ち着くと少し安くなってしまう可能性が…。 市場価値が上がっている今売れば、 お持ちの平成31年銘記念日貨幣セットも販売価格の3~4倍になりますよ。 今回は、平成31年銘記念日貨幣セットの価格相場をご紹介。 平成31年の貨幣セットは他にもあるので、あわせてお伝えします。 高値で買い取ってくれる買取業者もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 どの商品も、販売価格よりかなり高い値段で取引されていることがわかりますね。 平成31年貨幣セットの相場を把握したら、あとはどこに買い取ってもらうか。 オークションで売る方法もありますが、個人間の取引だと 思っていたより高値がつかなかったりトラブルが起きたりする可能性も…。 平成31年貨幣セットを売るなら、状態や現在の市場相場をしっかり理解した査定員が鑑定してくれる、 買取業者の利用がオススメ。 買取業者は鑑定料がかからないですし、査定額に満足できればそのまま買取も可能なため、面倒なやりとりや発送作業の手間もありません。 ただ、一口に買取業者といってもそれぞれ得意な商品分野があり、査定額が変わってきます。 買取プレミアムは、記念硬貨の買取に力を入れている業者で、 豊富な実績にもとづいた査定額の高さが評判です。 当サイトのでも 第1位に輝いており、実際に利用した 8割以上の方から満足の声をいただいています。 記念硬貨の豊富な査定実績をもつ買取プレミアムなら、お手元の平成31年貨幣セットも、 現在の市場価値をきちんと踏まえた価格をつけてくれますよ。 さらに買取プレミアムには、他社にはないサービスやメリットが沢山あるので、少しだけご紹介しますね。 買取プレミアム:平成31年貨幣セットを高く買い取ってほしいならココ 買取プレミアムのオススメポイント• 記念硬貨の買取実績が豊富!市場の動向も踏まえた査定で価格UP• 日本全国どこでも出張買取可能!住まいに関係なく利用できる• 女性査定員指名サービスあり!一人暮らしや女性の方に好評• 査定料・出張料・手数料・キャンセル料などすべて無料• 買取後8日以内であれば返品OK!万が一の場合も電話一本で対応• 買取額が他社より1円でも安ければ全品返却OK 買取プレミアムは、記念硬貨の買取に強いだけでなく、 お客さまの気持ちに寄り添ったサービスを提供しています。 「売りたい!」と思ったときにすぐ連絡できるよう、 24時間365日査定申し込みを受付。 しかも、日本全国どこでも出張してくれるので、査定を申し込んで日時を決めたら、 あとは家で待っているだけでいいんです。 わざわざ買取してくれる店舗に行ったり、ネットオークションのように自分で発送・梱包をしたりしなくてもいいのはうれしいですね。 また、 「男性を家に上げるのはちょっと…」という方のために、 女性査定員の指名サービスも。 ほかの大手買取業者と比較して女性査定員が多く在籍しているので、指定もスムーズに行えると好評です。 なにより、買取プレミアムは、 査定料・出張料・キャンセル料などすべて無料。 買取後の返品保証もありますし、 買取額が他社より1円でも安ければ全品返却もしてもらえるので、平成31年貨幣セットの買取をお考えなら一度査定に出してみて損はありません。 査定額の高さと手厚いサービスのそろった買取プレミアムなら、きっと満足いく買取をしてもらえますよ。 平成31年銘記念日貨幣セットをすでにお持ちで、手放すことをお考えの方は、 ぜひ買取プレミアムを利用してみてくださいね。 最後に平成31年貨幣セットの買取をご検討中の皆様へ… 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 ここまで、平成31年貨幣セットの価格相場と高額買取が期待できるオススメの買取業者をご紹介しました。 「このまま手元に置いておいたらもっと高くなるかも…」 「手に入れたばかりだからしばらく保管しておきたいなぁ」 ここまで読んでいる方は、こんな風にお考えかもしれません。 たしかに、できるだけ高い値段で売りたいからこそ、価値がまだ上がるかもしれないと思うと 手放そうか迷ってしまいますね。 ただ過去の例を考えると、 平成31年貨幣セットの価値は上がり続けない可能性が高いです。 たとえば、昭和最後の年である昭和64年に発売された硬貨には、現在そこまでのプレミアはついていません。 効果本来の値段と、ほぼ同じ値段で取引されているケースがほとんど。 はっきりとは言い切れませんが、 需要が高く確実に高値で売れるいま手放すのが得策ですよ。 記念硬貨の買取に力を入れている買取プレミアムなら、お手持ちの平成31年貨幣セットにきっと満足いく価格をつけてくれます。 もちろん、 査定料・出張料・キャンセル料などはすべて無料。 買取プレミアムに査定を依頼して損をするリスクはないので、ぜひ一度査定してもらうことをオススメします。

次の