プルーム テック プラス 手入れ。 【非公開】プルームテックプラスのカウントをリセットする方法!

プルーム・テック・プラスの使い方

プルーム テック プラス 手入れ

新製品は、プルーム・テック・プラスにマグネットアダプターを取付けることで、マグネット給電ユニットに挿し込むだけで充電を開始。 片手操作でスムーズに充電ができる。 ケーブルのように端子の表裏を気にする必要がなく、ストレスフリーで簡単に充電可能。 充電中は、マグネット給電ユニットがプルーム・テック・プラスをしっかりホールドする。 マグネット給電ユニットは0~90度の無段階角度調整機能付きで、センターコンソールやダッシュボード、インパネなど場所を選ばず取付けることができるほか、どこに設置しても抜き差ししやすいよう、プルーム・テック・プラスを垂直にセッティングできる。 給電用microUSBケーブルは、使い勝手を考慮し、差し込み口を左右両方に用意。 USB電源に接続すると、差し込み口内部のホワイトLEDが点灯する、夜間でも見やすい設計とした。 また、別売りの追加用マグネット給電ユニットを使用することで、2台目以降のクルマや家でもプルーム・テック・プラスを充電できる。 価格はオープン。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

プルームテックプラスを1ヶ月使った感想|プルームテックとの違いと良い点悪い点

プルーム テック プラス 手入れ

こんばんは、戯言草々です。 嵐のような発売直後の争奪戦から間もなく1ヵ月。 購入直後はある種のバイアスがかかった状態でもあり、個人的には購入前の期待も大きかった為に、両デバイス共にも書きましたが、今では大分その印象が変わっております。 購入直後の感想を簡単にまとめると… ・ニオイはかなりある。 ・アイコスよりも味はタバコ感を感じる。 ・キック感はアイコスほどは感じられない。 ・旧プルームテックと味の方向性はまったく別。 ・加熱後から味の劣化が早い こんな感じです。 特に購入直後は「プルームテック=無臭」という図式が頭の中で成立していた為に、その初めて嗅ぐニオイにはかなりの拒否感がありました。 購入直後はその慣れないニオイにかなり不快感がありましたが、1ヵ月も使用すればそのニオイにも慣れます。 あれほど拒否感もあったのに、今では何も感じられないのが不思議なくらいに。 しかし何かもの足りない。 プルームテックプラスは限度こそありますが、基本的には吸いたいだけ吸えますから。 ・3種類あるフレーバーの1ヶ月後の評価 ちなみに、3種類ある専用タバコスティックを1ヵ月吸ってみた個別の感想はあまり変わりはありませんね。 ・レギュラー味…初期の印象のまま美味しくない。 ・メンソール味2種類…味の差は分かりづらい。 アイコスのメンソールよりもミント感はプルームエスの方があるかも。 プルームテックプラス購入直後の感想を簡単にまとめると… ・味は旧プルームテックとほぼ同様。 ・のどへのイガイガは旧型よりかはマシ。 こんな感じです。 購入直後の感想では「 旧プルームテックと味はそこまで変わらない」というのが特に強くありました。 しかし、プルームテックプラスに今思う率直な感想は… なんか…悪くないです 笑。 ・4種類あるフレーバーカプセルの1ヶ月後の評価 ちなみに、4種類あるプルームテックプラス専用タバコカプセルを1ヵ月吸ってみた個別の感想に少し変化がありました。 ・レギュラー味 2種類 …ローストブレンドは相変わらず私には合わないが、マイルドブレンドは意外と悪くなく慣れてきた。 ・メンソール味2種類…コールドミントも購入直後ほど悪くなく、クリアミントも変わらずクロレッツ感が面白い。 このマイルドブレンドの味をレギュラーと表現するのは何とも言えないところもありますが、私がレギュラー味を吸えるというだけでもプルームテックプラスの評価が逆転したという要因ですね。 新型プルームテック2個持ちはお金がかかる!? 本日のまとめ。 というわけで本日は「 1ヵ月使用した新型プルームテックの感想」についてご紹介させて頂きました。 ただ、この新型プルームテック2機種の評価が逆転したことよりも今強く感じていることがあります。 それは… 新型プルームテック2個持ちはお金がかかる! ということですね。 これがJTさんの裏の戦略だとしたら「ちょっと怖いなぁ…」と最近感じております 笑。 それでは。 無駄こそ楽しい人生。 戯言草々 たわごとそうそう と申します。 当ブログではIQOSやPloomtechなどの加熱式たばこ、最近購入した商品、そして旅行やグルメやニュースなどについての戯言を日々書いております。 いつのまにかブログを始めてから3年以上も続いております 半分以上さぼってましたが。 まさかこんなに沢山の方にご覧いただけるようになるとは思いもよりませんでした。 ありがとうございます。 2018年1月3日にツイッターも開始しました。 お気軽に「申請・解除」を。 カテゴリー• 月別の投稿 月別の投稿 このブログについて.

次の

【R20指定】プルームテックプラスの使い方から特徴、ニコチンの量など全部まとめ!知られざる秘密から裏技まで一挙公開です。

プルーム テック プラス 手入れ

じゃあ1パフあたり2. 4秒以上吸引したらどうなるの? 答えは「 リキッドが足りなくなる」です。 パフごとの秒数で、どのように過不足が発生するかをまとめました。 1パフあたりの平均吸引時間 タバコカプセルとリキッド残量のズレ 1秒 5カプセル全てを使い切っても リキッドが6割ほど余る 2. 4秒 5カプセル全て使い切った時にちょうどリキッドも無くなる 3秒 3カプセル目を吸いきった時にちょうどリキッドも無くなる これはタバコカプセルにおいても同じ話で、1パフあたりの吸引時間が短すぎると、5個分のタバコカプセルを吸引後であっても、リキッドが余る=タバコカプセルが足りなくなります。 このような過不足発生時に便利なのが、プルームテックプラスのリセット機能なんですよね。 プルームテックプラスのリセットの方法• 本体の電源がONの状態で電源ボタンを20回連打する。 以上です!これで動画のように20回連打後に ボタン周りのLEDが長時間点灯すれば、リセットが完了しているということになります。 超簡単ですね! リセット機能を使うべきタイミング3種類! 途中で新しいカプセルに変えたい時 これが一番リセットを使うべきタイミングですよね。 久々に利用するため、以前利用していた時に何パフまで吸引したか覚えていないのも仕方ありません。。 そこで50パフに到達せずに新しいカプセルで吸引を始めてしまうと、前回のカウントが継続されて、まだ新しいカプセルでは10パフしかしていないのに早い段階で吸引ができない〜!!なんてことが起こることがあります。 1パフあたりの平均吸引時間が短くリキッドが余ってしまっている時 たばこカプセルの中身を確認してみた 1パフあたりの吸引時間が短く、リキッドが余ってしまう方は残念ながら、言葉を選ばないで表現すると「 一番勿体無い」タイプのユーザーになります。 というのも、タバコカプセルが足りなくなった場合は公式製品でしか補充ができないからです。 ですので、 もしリキッドが余ってしまいもったいないという方は、タバコカプセルを再利用してみるのも手です。 プルームテックは互換機の種類も豊富でどれを選んだらいいか分からない。。 と言う方も多いです。 これらの互換機の多くは中国発で安全性や保証面で心配も多いですが、実はあまり有名ではないですが、 国産の爆煙プルーム互換機が存在します。 それが「 」です。 SAROMEは安全面に限らず、機能面でも 本家のPloomTECH+がパワーアップしたデバイスです。 VAPE規格で爆煙仕様• 「液跳ね問題」対策済み• 自分でリキッド補充可能なのでタバコカプセルが余る心配なし• 簡単リキッド自己補充でタバコ代を節約。 純正カートリッジは不要ならタバコ製品ではないのでメルカリ等で簡単に販売可能• の安全基準をクリア 特にこのSAROMEはリキッドがそもそも自分で簡単に補充できるように設計されているので、リキッド不足やカプセル不足で悩まれている方には非常におすすめです。 プルームテックには同様の機能は無い(途中でカプセル買えたら) リセット機能に関してですが、なぜか 通常のプルームテックには搭載されていないようです。 プルームテックもプラス同様に久々にカートリッジを交換したい時など、普通にリセット機能を使いたいタイミングって結構ありますよね。。 でも利用できないので、プルームテックは一旦長期で使わないという時はパフ数をいずれかの方法で覚えておいた方がいいですね。 まとめ ということで今回はプルームテックプラスのリセット機能およびその利用方法について解説しました。 正直プルームテックはリセット方法を知っているのと知らないのでは、特にサブ端末として利用している人にとっては本機の利便性はかなり変わってくるので、ぜひ今後活用してみるようにしてみてください。

次の