アイコス3 すぐ消える。 アイコスの電源がつかない時や充電できない時の連絡前チェックポイント|タバ研

iQOS(アイコス)が故障かな?と思った時に試して欲しい事!

アイコス3 すぐ消える

本記事では、加熱式たばこIQOS(アイコス)のホルダー、及びポケットチャージャーにおける ランプの点滅、点灯パターンについて詳しく解説しています。 アイコスには、主にヒートスティックを挿入する 「ホルダー」と、ホルダーを充電する 「ポケットチャージャー」の2つが存在します。 ホルダー、ポケットチャージャーは共に機械ですので、電源を入れるためには必ず充電が必要です。 アイコスを使い続けていくと、 必ずと言っても良いほど故障に遭遇することになると思いますので、ホルダーとポケットチャージャーに付いてるランプの点滅・点灯パターンを理解しておくことで、早い段階で故障を見極めることが可能です。 ホルダー充電時のステイタスライト• ポケットチャージャー充電時のステイタスライト• 自動加熱クリーニング起動時のステイタスライト ホルダー充電時のステイタスライト 緑色点滅【充電中】 主に、ホルダーを充電している時に、緑色のランプが点滅します。 緑色点灯【充電完了】 主に、ホルダーの充電が完了した際に、緑色のランプが数秒点灯します。 オレンジ色点滅【充電不備】 主に、ホルダーとポケットチャージャーの接触不良の際に、オレンジ色のランプが点滅します。 こうなるとホルダーの充電はできませんので、ホルダーを抜き差しするか、または保証期間内であればIQOSのカスタマーサポートに連絡の上、新品と交換してもらう必要があります。 赤色点滅、または点灯【故障の可能性大】 故障の可能性大 何らかの故障が原因で、赤色の点滅、または点灯します。 ただちに、IQOSのカスタマーサポートに連絡の上、新品と交換してもらう必要があります。 また、本体のをすることで直る可能性があります。 以下記事にて、赤点滅発生時の対処法や再起動(リセット)の方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。 ポケットチャージャー充電時のステイタスライト 緑色点滅【充電中】 主に、ポケットチャージャーを充電している時に、緑色に点滅します。 全てのランプが緑色点灯【充電完了】 主に、ポケットチャージャーの充電が完了した際に、緑色に数秒点灯します。 一つのランプだけ緑色点灯【要充電】 主に、ポケットチャージャーの充電が残り少ないことを意味します。 ただちに、ポケットチャージャーの充電をしてください。 自動クリーニング起動時のステイタスライト オレンジ色点灯【クリーニング待機中】 ホルダーの充電が完了次第、自動クリーニングが作動します。 特に異常があるわけではなく正常です。 緑色点滅【クリーニング中】 ホルダーのクリーニングをしている際に、緑色に点滅します。 クリーニングが完了次第、再度ホルダーの充電が始まります。 赤色点滅【故障の可能性大】 故障の可能性大 IQOSホルダー充電ステイタスライトと、自動加熱クリーニングステイタスライトの 両方が赤色で点滅している場合には故障している可能性があります。 ただちに、IQOSカスタマーサポートに連絡をして交換してもらう必要があります。 また、本体のをすることで直る可能性もあります。 以下記事にて、赤点滅発生時の対処法や再起動(リセット)の方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。 ホルダーのランプ点滅・点灯パターン 次に、IQOS(アイコス)の ホルダーに付いているランプの点滅、点灯パターンを解説していきます。 アイコスのホルダーには、一つのランプしか存在しませんが、全部で5通りの点滅、点灯パターンが存在します。 緑色点滅【加熱中】 主に、ヒートスティックを加熱している時に、緑色に点滅します。 (約20秒) 緑色点灯【加熱完了】 主に、ヒートスティックの加熱が完了した際に、緑色に点灯します。 最長6分間、または約14回吸引することが可能です。 オレンジ色点灯【残り30秒で充電が切れる】 主に、ヒートスティックの吸い終わりを意味していて、残り時間約30秒後にホルダーの充電が切れます。 赤色点滅【故障の可能性大】 故障の可能性大 ホルダーが故障している際に、赤色に点滅します。 ただちに、IQOSカスタマーサポートに連絡をして交換してもらう必要があります。 また、本体のをすることで直る可能性もあります。 以下記事にて、赤点滅発生時の対処法や再起動(リセット)の方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。 赤色点灯【要充電】 主に、ホルダーの充電がない時に、赤色に点灯します。 ホルダーをポケットチャージャーに入れて、充電してください。 故障がほぼ確定するランプの点滅・点灯パターン 続いて、IQOS(アイコス)のホルダーやポケットチャージャーが、 ほぼ故障していることが確定するランプの点滅、点灯パターンについてまとめてみました。 基本的に、アイコスの ランプの点滅は緑色が正常です。 オレンジ色や赤色に点滅、または点灯している場合には、 接触不良や故障している可能性があります。 特にオレンジ色は問題ないケースがほとんどですが、 赤色に点滅、または点灯した場合はほぼ故障していることが確定しますので、まずはをして、それでもダメな場合はカスタマーサポートに連絡するようにしましょう。 まとめ まとめになりますが、基本的にアイコスのランプは緑色のうちは何も問題ありませんが、 オレンジ色が頻繁に確認できたり、赤色の点滅、または点灯した場合は故障の可能性があります。 アイコスは 保証期間内であれば無償で新品と交換してもらえますので、早い段階で交換してもらうことをおすすめ致します。 ちなみに私は、アイコスを複数台所有していますが、いずれも故障をして交換してもらっています…汗 保証期間が過ぎた場合には無償で交換してもらうことが出来なくなってしまいますので、面倒でも購入後すぐに製品登録をして、 故障かなと感じたら早い段階で交換申し込みをするようにしましょう。 その他IQOS(アイコス)の故障に関する記事.

次の

iQOS(アイコス)を再起動の方法と再起動出来ない場合の対処法

アイコス3 すぐ消える

iQOS製品のリセット方法 iQOS:クリーニングボタンと電源ボタンを同時に約3秒押します。 iQOS2. 4:リセットボタンと電源ボタンの同時押しです。 この方法だけで使用時間が短いエラーが直ってしまう事もあるようですが、私の場合はエラー現象は直りませんでした。 空焚きしてみる 次に、 ヒートスティックを使わずに空焚きをしてみます。 これでもしも約6分もった場合には、 アイコスホルダーの異常ではなく別の原因で吸い時間が短くなっている事がわかります。 この時にタイマーを用意して空焚き実験を行ったのですが、本当に約6分間緑の点灯ができていたので、ホルダーの故障ではない可能性が大きくなりました。 もしもこの時に 6分もたなかった場合には故障や寿命が原因と考えられるのでコールセンターに連絡しましょう。 アイコスホルダーを掃除してみる 次にアイコスホルダーの掃除をしてみます。 まずはブレードについた汚れを落とします。 こちらもiQOSとiQOS2. 4で操作方法が若干違うので確認して下さい。 iQOS製品のブレードクリーニング方法 iQOS:クリーニングボタンの長押し iQOS2. 4:クリーニング機能なし iQOS2. 4のホルダーはクリーニング不要のコーティングがあるので、加熱クリーニングはそもそも存在しないようです。 今回検証のホルダーは旧型なので クリーニングを2回繰り返し行なって、残ったゴミを焼き切りました。 私は純正品の清掃具が手元になかったので、極細の綿棒を利用して細かい部分の掃除に利用しました。 アイコスキャップを掃除してみる 実はとても重要なのが アイコスキャップの掃除です。 アイコスは構造上、キャップの隙間から空気を取り入れていますが、汚れで目詰まりすると十分な空気が供給されません。 すると、高温エラーが原因になってしまうので「6分もたない」や「14回吸えない」という現象が起きてしまいます。 キャップ部分のみは水洗いできるので、チマチマ掃除をせずに思い切り洗ってしまいましょう。 ヒートスティックを深く挿しすぎている 次に、アイコスにヒートスティックを深く挿しすぎている場合も、キャップの理論と同じで空気の通りが制限される可能性があります。 特にヒートスティックは個体差が大きく、買う時期や店舗で タバコ葉の詰まり具合が変わる事もあります。 タバコ葉の密度が高いヒートスティックを深く挿してしまうとすぐに高温になってしまうので、高温エラーになりやすくなります。 私の場合はここまでの対処方法で正常動作させる事ができました! 吸い方を改善する 最後にカスタマーセンターから指摘されたのは、 アイコスの吸い方が強すぎる可能性があるという事です。 これは、急激な温度上昇になってしまうことで通常の吸引カウント前に終了してしまう事があるといった内容でした。 たしかにアイコスに慣れた頃から挿す時も深めで吸引も無意識に強くなってきていたと思うので、どうしても改善しない場合には 少しだけ意識してゆっくり吸ってみると良いかもしれません。 アイコスを長期的に使っていて気付いたのは、気候にも大きく左右される精密機械だという事です。 冬は寒さで異常終了する事もありますし、夏場では高温で異常終了する事もあります。 つまり、アイコスは温度に敏感だという事です。 ここまでやってもダメな場合 残念ですが、アイコスは消耗品なので、寿命の可能性が高いです。 自力で直す事はもう不可能なのでコールセンターに連絡しましょう。 アイコスの保証期間内ならば交換してもらえる可能性が高いので、アイコスホルダーに記載されている型番などの情報を用意してから連絡すると良いかもしれません。 アイコス故障修理中がきっかけで禁煙をする 私は禁煙に向けて先日からiQOSから ニコチンゼロ・タールゼロの禁煙具を併用しているのですが、アイコスの出番が減ったせいで 汚れが定着する速度が早まってしまったと考えています。 吸った直後の方が汚れは落ちやすいですので、放置期間が長くなるとアイコスホルダーのブレードにとってはダメージも大きいと思います。

次の

アイコス3マルチの口コミ評判!使い方や料金・他の加熱式タバコとの違いを徹底解説!

アイコス3 すぐ消える

iQOS アイコス の寿命を感じさせる症状 吸う前にホルダーの電源が切れる ホルダーにヒートスティックを挿し電源ボタンを押してLEDランプが点滅を始めると、3秒ほどでLEDランプが赤くなって消えます。 運よくLEDランプが点灯する状態 吸える状態 までいけても、ひと口吸うとLEDランプが赤色に変わって消えてしまいます。 マジで使い物になりません。 休憩のはずが、余計にストレスが溜まります。 ヒートスティックを吸える時間が短い たまーにすんなり吸える様にはなるのですが、吸える時間がやたらに短いです。 通常であれば6分間・14回吸えるはずなのですが、 3分程で電源が切れます。 3分以内であれば14回吸えますが、結構なペースです。 ぼーっと休憩すると言うよりは吸う事に集中しなければならないです。 iQOSのランプがオレンジ色 充電完了したホルダーを取り出してみると、 LEDランプがオレンジ色に点灯していることがしばしばあります。 使用に関しては緑色の状態と変わらずに使えます。 ボタンを長押しすると点滅を初めてヒートスティックを加熱しはじめます。 そしてこのLEDの色。 充電が完了していない場合の「赤」と「オレンジ」は似ていて、ほとんど見分けがつきません。 うーん。 画像じゃほとんど区別できませんね。 LEDランプがオレンジ点灯すると言うのは、ユーザーガイドによると オレンジ色ライト点灯 ヒートスティックの使い終わりが近づいています。 と書いてあります。 これは通常であれば、残り30秒orあと2回吸ったらお終いのサインです。 最初からこの状態と言う症状は、ユーザーガイドにも記述が見当たりません。 単純に電池が弱ってきている予感がします。 メーカー発表のiQOS アイコス ホルダーの寿命 アイコスの製品に同梱されているユーザーガイドには寿命に関する記述は一切ありません。 ところが、アイコスのウェブページでダウンロードできるユーザーガイドにはちょろっと書いてあります。 公式 ログイン必要 ユーザーガイドに従って使用した場合、ホルダーの充電可能回数は7,300回です。 1日20回使用した場合、1年間使える設計となっているため、使用開始から1年経過した際は買い替えを推奨します。 的な事が書いてあります。 せめて電池交換可能にすべきでしょ。 (でもeneloopが2,100回充電だから、7,300回充電できるアイコスの電池はちょっとは優秀なのか?容量の桁が違うから比較にならないか) 保証期間を1年間 アイコスサイトで製品登録をした場合 も用意しているのだから、それ以上使える様に作っておくのが基本ですよね。 IQOS アイコス チャージャーの寿命 IQOSチャージャーの寿命は公式マニュアルで見つける事ができませんでした。 しかし、ネット上に情報は流れていますね。 どこで見つけたんだろう。 IQOSチャージャーは約400回の充電が可能らしいです。 1回の充電でIQOSホルダーを20回充電できるので、1日1箱吸う人なら1日1回IQOSチャージャーを充電する必要があります。 なので、計算は簡単ですね。 IQOSチャージャーの寿命は約400日です。 1年と35日。 13ヶ月ほどです。 こっちも寿命1年くらいの設計なのですね。 僕のチャージャーはまだ元気なので、仕様通りに動いてくれているみたいです。 IQOS アイコス ホルダーの電池が持たない時の対処法 「電池が持たなくてイライラするけど、とにかく吸いたい!」って時の僕なりの対処法をご紹介します。 ちなみに、僕のIQOSホルダーに出ている症状 「吸う前に赤ランプになって消える」対策です。 電池がヘタレているだけなら、とりあえず吸える状態にはすんなりなるはずなんですよね。 なので、電池だけの問題ではないのではないか?最初からヒートスティックを挿して加熱を始めるとLEDランプが赤くなって消えてしまうのは、アイコスが異常な熱を感知して動作を停止しているのでは!?と考えました。 簡単に言うと、ぶっ壊れてやがるってことです。 なので、事前にIQOSホルダーのブレードをあたためれば通常使用出来るはず!と思い、やってみたら意外とイケました! 1. 事前にIQOSホルダーのブレードをあたためる ブレードをあたためるにはアイコスのクリーニング機能を利用します。 自動加熱クリーニングボタンを長押ししてIQOSホルダーのブレードをあたためます。 クリーニングステイタスランプが点滅すればあたため中って事です。 あたためが終わったら更にIQOSホルダーの充電が完了するのを待ちます。 普通に吸う 予めブレードを温める事によって、ヒートスティックを挿してから加熱を始めるよりも、吸える状態にたどり着ける可能性が高くなります。 ですが、吸える状態になる確率は100%じゃありません。 途中で電源が落ちる事も有ります。 なので根気よく。 それでも、加熱中にIQOSホルダーの電源が落ちたら 事前にIQOSホルダーをあたためていても、吸える状態になる前に電源が落ちてしまう事はあります。 そんな時は充電のやり直しで対処します。 ヒートスティック挿しちゃったし、抜くのは面倒だなーと感じたらこの方法です。 僕は電源が切れたらこの状態で充電しなおします。 ある程度の力で押さえつけなければならないので、こりゃ面倒です。 こんな感じでなんとか乗り切っています。 しかし、これでも吸えるのは3分間です。 3分間しか吸えないのは、対策のしようがないです。 中身をバラシてみない事には解決できない気がします。 IQOS アイコス が故障したときは 結局、今の段階では電池がヘタレてきたのか内部回路やらセンサーやらが壊れたのか不明ですが、どうやら次のアイコスに乗り換える時が来た様です。 保証期間内なので、まずは交換を目指してIQOSカスタマーセンターに連絡してみました。 アイコス公式サイトからオンライン診断をしてみました。 HMさん 最近暖かくなってきましたが、やはり電池の劣化は仕方ないのですね。 保障期間は切れちゃった感じですか?保証期間内だったらすぐに交換できるんですけどね。。。 4購入しました!なぜかIQOSphereから購入できて、1週間ほどで届きました! そもそも2. 4はIQOSストアでしか購入できないみたいなので、ある程度の在庫は確保できているのかもしれません。 早く届くと良いですね!!! 恐らく、フィリップモリスの予想以上にIQOS売れ過ぎた感じがしますね。 IQOS人気に会社がついていけていない印象です。 製品のクオリティやサービスなど。 これから良くなっていく事を僕は願っています。 Ploomtechも試してみたいですね!恥ずかしながら、まだお目にかかった事すら無いのですが。 しかし、加熱式タバコは本当にお金とストレスがかかりますね^^;.

次の