ランディ サベージ。 ランディ・サベージ:東京を沸騰させた天龍との名勝負【レスラー列伝#12】

レッスルマニアVIII

ランディ サベージ

ランディ・サベージのような人はいましたか?彼のエントリーミュージックとして、その深くて荒々しい声と「華やかさ」の繁栄を覚えていますか? 「マッチョマン」サベージや、自分のキャッチフレーズを「うんうん」と同じくらいテノールで表現できる人なら誰もが、派手な空気を体現することはできなかったようです。 彼は彼の大胆なペルソナ、とんでもない衣装、そして彼がスリムジムにスナップするその思い出に残るラインでファンを誘惑する信じられないほどの能力を持っていました。 悲しいことに、彼の人生は短くなりました。 WWEの経歴によると、2011年5月20日、フロリダ州タンパでの自動車事故により、サベージが突然死にました。 彼の死後、 タイムマガジン サベージをパーソンオブザイヤーに挙げ、彼が亡くなったときの彼の年齢はわずか58歳であると述べた。 この時期が近づくにつれ、サベージの亡くなった記念日を記念しています。 だからここに「マッチョマン」ランディ・サベージの悲劇的で予期せぬ通過について私たちが知っているすべてがあります。 「マッチョマン」ランディ・サベージは、オハイオ州コロンバスでランディ・マリオ・ポフォが生まれたと発表された。 タイムマガジン。 彼は、アウトレットごとにセントルイスカージナルスの組織でマイナーリーグの野球選手としてスタートしたので、最初から明らかにアスレチックでした。 しかし、サベージは、レスラー兼レスリングのプロモーターでもあった父親のアンジェロポッフォの足跡をたどったという。 時間 マガジン。 サベージは、1985年にワールドレスリングエンターテイメント(旧称:ワールドレスリングフェデレーション)に参加しました。 サベージは「WWEチャンピオンシップ、4つのWCWワールドチャンピオンシップ、および14か月間の大陸間チャンピオン」に勝利したと彼のWWE経歴が言っているように、彼はレスリングで信じられないほどのキャリアを持っていました。 WWEの経歴によれば、サベージは1991年のサマースラム中に、「マッチメイドインヘブン」と呼ばれる特別な式典で、最初の妻であるエリザベスヒューレットと結婚しました。 彼らによると、彼らは1992年に離婚し、2003年に彼女は薬物の過剰摂取で悲劇的に亡くなりました ロサンゼルスタイムズ。 2010年5月、サベージは高校の恋人、バーバラリンペインと結婚しました。 ロサンゼルスタイムズ。 悲しいことに、彼らは彼が予期せずに亡くなる前に結婚したのは1年だけでした。 ランディサベージは、バーバラペインとの結婚1周年をちょうど祝ったばかりであり、彼は彼の新しい関係でどれほど幸せであるかについて非常に声高に言っていました。 による ロサンゼルスタイムズ、サベージは実際に何年も前にリドビーチでペインに会い、彼の結婚式について次のように述べています。 「私は幸運なことに、最初の恋人と結婚する機会が再びありました。 悲しいことに、2011年5月20日の朝、サベージは妻と一緒に2009年のジープラングラーを高速道路で運転していて、「私は気絶するつもりだ」と言いました。 ブリーチャーレポート。 サベージはその後意識を失ったが、リンは他の車を避けるために車両を操縦することができた。 彼らは結局、木にぶつかったが、アウトレットごとに「エアバッグが作動しなかったほどの影響は軽微だった」。 しかし、サベージはラルゴ医療センターで死んだと宣告された。 サベージの死因は「心室細動による心臓発作(略してVFまたはVFIB)、一種の重度の不整脈(異常な心調律)」によると ケージサイドシート、自動車事故が原因ではなかったことに注意してください。 アウトレットはまた、ステロイドの可能性のある要因としてのサベージの歴史や、レスリング業界全体で蔓延している薬物乱用の問題にも言及しています。 これは確認されていませんが、短すぎるライフカットの悲劇的な結末です。

次の

追悼 マッチョマン・ランディ・サベージ

ランディ サベージ

ランディ・サベージ プロフィール リングネーム ランディ・サベージ ランディ・ポッフォ ザ・スパイダー ジ・エクスキューショナー 本名 ランドル・マリオ・ポッフォ ニックネーム マッチョマン マッチョ・キング ミスター・マッドネス 身長 186cm 体重 111kg 誕生日 1952-11-15 死亡日 2011-05-20 (58歳没) 出身地 スポーツ歴 トレーナー デビュー 引退 テンプレートを表示 "マッチョマン" ランディ・サベージ( "Macho Man" Randy Savage、本名: Randall Mario Poffo、 - )は、の。 出身の。 キャリア全盛時は、当時の居住地である出身と紹介されていた。 、、などのローカル・テリトリーを経て、やで活躍した。 父の、弟のもプロレスラーである。 来歴 [編集 ] 初期 [編集 ] になる以前は野球選手で、前半まで、、のでキャッチャーとしてプレイしていた。 11月、野球のオフシーズンにプロレスラーとしてデビューを果たす。 その後、肩の故障で野球を引退してプロレスに専念。 の ザ・スパイダーや本名の ランディ・ポッフォの名義でや、などの傘下テリトリーを転戦してキャリアを積む。 海外修行時代の日本の若手レスラーとも試合を行っており、フロリダではにミツオ・ヨシダこと 、ミッドアトランティックではにドクター・フジナミことと対戦。 父も主戦場としていた地区ではのUSヘビー級王座に挑戦した。 下期より ランディ・サベージのを用い 、からはアンジェロが設立したの独立団体ICW()に弟のと共に参画。 、、、らとタイトルを争った。 しかし、経営の悪化によりICWは解散。 からは同じくケンタッキーをサーキット・エリアとしていた、(後の創設者)が主宰するの(後の)に転出した。 CWAではと南部ヘビー級王座を巡って対戦を繰り広げ、ともインターナショナル・ヘビー級王座を賭けた抗争を展開。 タッグ戦線でもラニーと組んでとのとの抗争で活躍した。 12月30日には、後にとなる ミス・エリザベスこと エリザベス・ヒューレット ()と結婚した。 WWF時代 [編集 ] 試合中のランディ・サベージ(右) 6月8日、ジェリー・ローラーとのに敗れてCWAを去り、妻のエリザベスをマネージャーにに登場。 若手時代にデトロイトで邂逅したを模した "Oooh Yeah!! " を決め台詞にの主力として頭角を現し、翌2月8日にはから(以下IC王座)を奪取した。 3月29日にで開催されたでは、と歴史に残るIC王座戦を展開。 この試合でIC王座から転落するとに転向して、エリザベスとの二人三脚で人気をさらに高める。 3月27日にで開催されたのWWF世界王者決定トーナメントでは、俳優活動も始めたを抑えメインイベントに抜擢された。 ホーガンとエリザベスのサポートもあり、決勝でを破りを獲得、名実共にWWFのトップスターまで登りつめた。 にとの「 メガ・パワーズ( The Mega Powers)」を結成。 しかしながら、エリザベスを巡る三角関係のでコンビは解散し、ホーガンとの抗争に発展していく。 4月2日のでホーガンに敗れ、WWE世界王座とエリザベスを同時に失う。 その後はエリザベスに代わる新しい女性マネージャーとしてを帯同し、再びヒールに戻ってホーガンとの抗争を継続させる。 キングを名乗っていたを破ったことでリングネームもマッチョマンから「 マッチョ・キング」に変更し、からはやとの抗争に入った。 3月24日のでは、ウォリアーとの敗者引退マッチにて30分以上の死闘を繰り広げるも敗退。 試合後、敗北をマネージャーのシェリーに責められ攻撃される。 そのとき客席からエリザベスが救出に駆けつけ、2人は復縁することになる。 その後は再びベビーフェイスとなり、リングネームをマッチョマンに戻すと、同年8月26日にで行われたにてエリザベスと結婚式を挙げた(実際には2人は1984年に結婚しているが、ストーリー上では恋人同士の関係ということになっていた)。 以降は2人へのにを送りつけたとの抗争を経て、4月5日にで開催されたではを破り再びWWF世界ヘビー級王座を奪取、9月1日にフレアーに奪回されるまで約半年間保持した。 しかし、私生活において同年9月18日にエリザベスと離婚すると、彼女はテレビから姿を消し、サベージもからはが主体となり試合数は減少する。 にホーガンがに移籍すると、同年10月に後を追うようにWCWに転出した。 WCW時代 [編集 ] 1994年に契約金600万ドル(約7億5千万円)でWCWに移籍すると、11月26日と1月22日にそれぞれフレアーを破りを獲得。 フレアーとホーガンに次ぐWWEとWCWの両メジャーにて世界王者になったレスラーの1人となった。 にホーガンが、と共に を結成すると、後にサベージもメンバーとなり、nWo内でエリザベスと復縁(実生活上の復縁ではない)、と抗争を繰り広げた。 4月19日には当時のWCWのトップスター、からWCW世界ヘビー級王座を奪取するが、翌日にホーガンに敗れ1日で王座から転落した。 nWoとホーガンに不満を持ったサベージは、ナッシュが新しく結成したnWoウルフパックに加わるが、怪我のためほとんど試合に出場することはなくテレビから姿を消した。 にニュールックで復帰すると、新しいガールフレンドの ゴージャス・ジョージ ()をマネージャーに迎え、、、らと「 チーム・マッドネス( Team Madness)」なるユニットを結成。 7月11日にナッシュを破って4度目のWCW世界ヘビー級王座戴冠を果たし 、8月にはの問題児とのシングルマッチを制すなど、健在ぶりをアピールした。 に入るとホーガンやフレアーなど他の大御所レスラー達と共に「 ミリオネアーズ・クラブ( The Millionaire's Club)」のメンバーとなるも、nWoほどのブレイクには至らず、契約の満了に伴いWCWを離脱した。 WCW以降 [編集 ] しばらくフェードアウトした後の12月5日、のに登場。 6月にはDVD『Macho Madness:The Randy Savage Ultimate Collection』がWWEからリリースされている。 死去 [編集 ] 朝、のハイウェイで自動車を運転中、心臓発作を起こしてコントロールを失い木に衝突、ラルゴ・メディカル・センターに運ばれたものの容体が悪化し死亡が確認された。 58歳没。 没後の、に迎えられた(インダクターはホーガン)。 日本でのファイト [編集 ]• WWF入りする以前は日本マットと提携関係のない独立団体を主戦場としていたため、WWF時代のライバル、ホーガンやと比べ来日は遅い。 1990年のWWF・・の3団体合同で開催されたにおける『』で初来日。 サベージはと対戦。 典型的なアメリカン・プロレスのショーマン派レスラー(と思われていた)のサベージと、無骨なタイプの天龍の試合はミスマッチかと思われたが、試合巧者であるサベージ、アメリカ遠征時代にアメリカン・プロレスに触れていた天龍という、互いの秘めた持ち味が存分に引き出された好勝負となり、サベージの日本での評価を大きく高めた試合であった。 天龍とは、彼がのちに移籍したとWWFが提携していたため、SWSマットでも対戦している。 また、同マット上でタッグも結成した。 WCWに移籍後は、WCWと提携関係にあったの大会に数回来日している。 得意技 [編集 ] トップロープからの。 フォームの美しさ・破壊力ともに優れ、では5メートルものケージの上から放つこともあった。 後にギミックと共にが継承し、またサベージの死後、が技のみ継承した。 ロープを使っての 相手の首や髪を掴みながら走り、自らは場外へジャンプし相手の喉をトップロープに押しつけダメージを与える。 合わせた両握り拳を相手に叩きつける技。 試合では非常に多用され、通常のトップロープから放つもの以外にも、ランニング式や場外の相手にトップロープから投下する場合もある。 しかし着地の際の衝撃が原因で後年は膝を悪化させた。 いわゆる。 走りこんで相手の首に腕を巻きつけ、自らも背中から倒れ込みながら、相手の後頭部をマットに叩きつける。 背後から相手の背中・腰に膝を打ち当てる。 相手はその勢いで顔面からターンバックルに激突するか、場外に転落するまでが流れである。 見た目の派手さからショーマンレスラーと思われがちだが本来は試合巧者であり、リングを隅々まで使うそのファイトスタイルは、や等にも大きな影響を与えている。 獲得タイトル [編集 ]• : 2回• : 1回• 優勝 : 1987年• : 2015年• : 4回• NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座 : 1回• AWA南部ヘビー級王座 : 2回• CWAインターナショナル・ヘビー級王座 : 1回• USWA統一世界ヘビー級王座 : 1回• WWC北米ヘビー級王座 : 1回 インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング• ICW世界ヘビー級王座 : 3回• AGPWインターナショナル・ヘビー級王座 : 2回 エピソード [編集 ]• 妻であったエリザベスはサベージと別れた後、と交際していたが、5月1日、ルガーの自宅で死去しているところを発見された。 死因は鎮痛剤とアルコールの過剰摂取。 ホーガンとは何度となく試合をしてきたが、カウントアウトや反則裁定以外では勝利したことがない。 視聴者数は全米で1440万人を記録。 公開の映画『』に " Bone Saw McGraw" として出演し、スパイダーマンことと劇中でプロレスの試合をした。 そのスパイダーマンとの試合の前にはと対戦しを放った。 なお、サベージはルーキー時代にザ・スパイダーというとして闘っていた時期がある。 晩年はプロレスはセミリタイア状態となり、としても活動していた。 ハイスクール卒業後の1971年、傘下のルーキー級のチームで、のちに日本のなどでプレーすることになるとチームメートだった。 脚注 [編集 ] []• Wrestlingdata. com. 2013年12月17日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2018年10月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2013年12月17日閲覧。 Kayfabe Memories. com. 2015年4月30日閲覧。 Memphis Wrestling History. 2010年10月4日閲覧。 Cleveland. com. 2015年8月17日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2019年1月19日閲覧。 Online World of Wrestling. 2019年1月19日閲覧。 UPI. com. 2011年5月20日閲覧。 WWE. com. 2011年5月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2011年5月21日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2014年7月27日閲覧。 Online World of Wrestling. 2011年5月21日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の

ランディ・サベージ:東京を沸騰させた天龍との名勝負【レスラー列伝#12】

ランディ サベージ

ランディ・サベージ プロフィール リングネーム ランディ・サベージ ランディ・ポッフォ ザ・スパイダー ジ・エクスキューショナー 本名 ランドル・マリオ・ポッフォ ニックネーム マッチョマン マッチョ・キング ミスター・マッドネス 身長 186cm 体重 111kg 誕生日 1952-11-15 死亡日 2011-05-20 (58歳没) 出身地 スポーツ歴 トレーナー デビュー 引退 テンプレートを表示 "マッチョマン" ランディ・サベージ( "Macho Man" Randy Savage、本名: Randall Mario Poffo、 - )は、の。 出身の。 キャリア全盛時は、当時の居住地である出身と紹介されていた。 、、などのローカル・テリトリーを経て、やで活躍した。 父の、弟のもプロレスラーである。 来歴 [編集 ] 初期 [編集 ] になる以前は野球選手で、前半まで、、のでキャッチャーとしてプレイしていた。 11月、野球のオフシーズンにプロレスラーとしてデビューを果たす。 その後、肩の故障で野球を引退してプロレスに専念。 の ザ・スパイダーや本名の ランディ・ポッフォの名義でや、などの傘下テリトリーを転戦してキャリアを積む。 海外修行時代の日本の若手レスラーとも試合を行っており、フロリダではにミツオ・ヨシダこと 、ミッドアトランティックではにドクター・フジナミことと対戦。 父も主戦場としていた地区ではのUSヘビー級王座に挑戦した。 下期より ランディ・サベージのを用い 、からはアンジェロが設立したの独立団体ICW()に弟のと共に参画。 、、、らとタイトルを争った。 しかし、経営の悪化によりICWは解散。 からは同じくケンタッキーをサーキット・エリアとしていた、(後の創設者)が主宰するの(後の)に転出した。 CWAではと南部ヘビー級王座を巡って対戦を繰り広げ、ともインターナショナル・ヘビー級王座を賭けた抗争を展開。 タッグ戦線でもラニーと組んでとのとの抗争で活躍した。 12月30日には、後にとなる ミス・エリザベスこと エリザベス・ヒューレット ()と結婚した。 WWF時代 [編集 ] 試合中のランディ・サベージ(右) 6月8日、ジェリー・ローラーとのに敗れてCWAを去り、妻のエリザベスをマネージャーにに登場。 若手時代にデトロイトで邂逅したを模した "Oooh Yeah!! " を決め台詞にの主力として頭角を現し、翌2月8日にはから(以下IC王座)を奪取した。 3月29日にで開催されたでは、と歴史に残るIC王座戦を展開。 この試合でIC王座から転落するとに転向して、エリザベスとの二人三脚で人気をさらに高める。 3月27日にで開催されたのWWF世界王者決定トーナメントでは、俳優活動も始めたを抑えメインイベントに抜擢された。 ホーガンとエリザベスのサポートもあり、決勝でを破りを獲得、名実共にWWFのトップスターまで登りつめた。 にとの「 メガ・パワーズ( The Mega Powers)」を結成。 しかしながら、エリザベスを巡る三角関係のでコンビは解散し、ホーガンとの抗争に発展していく。 4月2日のでホーガンに敗れ、WWE世界王座とエリザベスを同時に失う。 その後はエリザベスに代わる新しい女性マネージャーとしてを帯同し、再びヒールに戻ってホーガンとの抗争を継続させる。 キングを名乗っていたを破ったことでリングネームもマッチョマンから「 マッチョ・キング」に変更し、からはやとの抗争に入った。 3月24日のでは、ウォリアーとの敗者引退マッチにて30分以上の死闘を繰り広げるも敗退。 試合後、敗北をマネージャーのシェリーに責められ攻撃される。 そのとき客席からエリザベスが救出に駆けつけ、2人は復縁することになる。 その後は再びベビーフェイスとなり、リングネームをマッチョマンに戻すと、同年8月26日にで行われたにてエリザベスと結婚式を挙げた(実際には2人は1984年に結婚しているが、ストーリー上では恋人同士の関係ということになっていた)。 以降は2人へのにを送りつけたとの抗争を経て、4月5日にで開催されたではを破り再びWWF世界ヘビー級王座を奪取、9月1日にフレアーに奪回されるまで約半年間保持した。 しかし、私生活において同年9月18日にエリザベスと離婚すると、彼女はテレビから姿を消し、サベージもからはが主体となり試合数は減少する。 にホーガンがに移籍すると、同年10月に後を追うようにWCWに転出した。 WCW時代 [編集 ] 1994年に契約金600万ドル(約7億5千万円)でWCWに移籍すると、11月26日と1月22日にそれぞれフレアーを破りを獲得。 フレアーとホーガンに次ぐWWEとWCWの両メジャーにて世界王者になったレスラーの1人となった。 にホーガンが、と共に を結成すると、後にサベージもメンバーとなり、nWo内でエリザベスと復縁(実生活上の復縁ではない)、と抗争を繰り広げた。 4月19日には当時のWCWのトップスター、からWCW世界ヘビー級王座を奪取するが、翌日にホーガンに敗れ1日で王座から転落した。 nWoとホーガンに不満を持ったサベージは、ナッシュが新しく結成したnWoウルフパックに加わるが、怪我のためほとんど試合に出場することはなくテレビから姿を消した。 にニュールックで復帰すると、新しいガールフレンドの ゴージャス・ジョージ ()をマネージャーに迎え、、、らと「 チーム・マッドネス( Team Madness)」なるユニットを結成。 7月11日にナッシュを破って4度目のWCW世界ヘビー級王座戴冠を果たし 、8月にはの問題児とのシングルマッチを制すなど、健在ぶりをアピールした。 に入るとホーガンやフレアーなど他の大御所レスラー達と共に「 ミリオネアーズ・クラブ( The Millionaire's Club)」のメンバーとなるも、nWoほどのブレイクには至らず、契約の満了に伴いWCWを離脱した。 WCW以降 [編集 ] しばらくフェードアウトした後の12月5日、のに登場。 6月にはDVD『Macho Madness:The Randy Savage Ultimate Collection』がWWEからリリースされている。 死去 [編集 ] 朝、のハイウェイで自動車を運転中、心臓発作を起こしてコントロールを失い木に衝突、ラルゴ・メディカル・センターに運ばれたものの容体が悪化し死亡が確認された。 58歳没。 没後の、に迎えられた(インダクターはホーガン)。 日本でのファイト [編集 ]• WWF入りする以前は日本マットと提携関係のない独立団体を主戦場としていたため、WWF時代のライバル、ホーガンやと比べ来日は遅い。 1990年のWWF・・の3団体合同で開催されたにおける『』で初来日。 サベージはと対戦。 典型的なアメリカン・プロレスのショーマン派レスラー(と思われていた)のサベージと、無骨なタイプの天龍の試合はミスマッチかと思われたが、試合巧者であるサベージ、アメリカ遠征時代にアメリカン・プロレスに触れていた天龍という、互いの秘めた持ち味が存分に引き出された好勝負となり、サベージの日本での評価を大きく高めた試合であった。 天龍とは、彼がのちに移籍したとWWFが提携していたため、SWSマットでも対戦している。 また、同マット上でタッグも結成した。 WCWに移籍後は、WCWと提携関係にあったの大会に数回来日している。 得意技 [編集 ] トップロープからの。 フォームの美しさ・破壊力ともに優れ、では5メートルものケージの上から放つこともあった。 後にギミックと共にが継承し、またサベージの死後、が技のみ継承した。 ロープを使っての 相手の首や髪を掴みながら走り、自らは場外へジャンプし相手の喉をトップロープに押しつけダメージを与える。 合わせた両握り拳を相手に叩きつける技。 試合では非常に多用され、通常のトップロープから放つもの以外にも、ランニング式や場外の相手にトップロープから投下する場合もある。 しかし着地の際の衝撃が原因で後年は膝を悪化させた。 いわゆる。 走りこんで相手の首に腕を巻きつけ、自らも背中から倒れ込みながら、相手の後頭部をマットに叩きつける。 背後から相手の背中・腰に膝を打ち当てる。 相手はその勢いで顔面からターンバックルに激突するか、場外に転落するまでが流れである。 見た目の派手さからショーマンレスラーと思われがちだが本来は試合巧者であり、リングを隅々まで使うそのファイトスタイルは、や等にも大きな影響を与えている。 獲得タイトル [編集 ]• : 2回• : 1回• 優勝 : 1987年• : 2015年• : 4回• NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座 : 1回• AWA南部ヘビー級王座 : 2回• CWAインターナショナル・ヘビー級王座 : 1回• USWA統一世界ヘビー級王座 : 1回• WWC北米ヘビー級王座 : 1回 インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング• ICW世界ヘビー級王座 : 3回• AGPWインターナショナル・ヘビー級王座 : 2回 エピソード [編集 ]• 妻であったエリザベスはサベージと別れた後、と交際していたが、5月1日、ルガーの自宅で死去しているところを発見された。 死因は鎮痛剤とアルコールの過剰摂取。 ホーガンとは何度となく試合をしてきたが、カウントアウトや反則裁定以外では勝利したことがない。 視聴者数は全米で1440万人を記録。 公開の映画『』に " Bone Saw McGraw" として出演し、スパイダーマンことと劇中でプロレスの試合をした。 そのスパイダーマンとの試合の前にはと対戦しを放った。 なお、サベージはルーキー時代にザ・スパイダーというとして闘っていた時期がある。 晩年はプロレスはセミリタイア状態となり、としても活動していた。 ハイスクール卒業後の1971年、傘下のルーキー級のチームで、のちに日本のなどでプレーすることになるとチームメートだった。 脚注 [編集 ] []• Wrestlingdata. com. 2013年12月17日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2018年10月4日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2013年12月17日閲覧。 Kayfabe Memories. com. 2015年4月30日閲覧。 Memphis Wrestling History. 2010年10月4日閲覧。 Cleveland. com. 2015年8月17日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2019年1月19日閲覧。 Online World of Wrestling. 2019年1月19日閲覧。 UPI. com. 2011年5月20日閲覧。 WWE. com. 2011年5月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2011年5月21日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年4月30日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2014年7月27日閲覧。 Online World of Wrestling. 2011年5月21日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の