セパ 順位。 順位表

順位表

セパ 順位

セパ各チームの順位予想です! 本記事では、前回までの記事で、12球団の打線と投手陣について考えてきたものを元にしつつ、順位予想をしていきたい。 私の2020年の予想はこうだ。 パリーグ 優勝 楽天 2位 ソフトバンク 3位 ロッテ 4位 西武 5位 日本ハム 6位 オリックス セリーグ 優勝 巨人 2位 DeNA 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト 順位予想の考え方 前回までの記事でレギュラー予想の打線、及び投手陣について考えてきた。 今回は、それをもとにしつつ、守備力や、層の厚さ等の要素も含め、総合的な順位予想をしていきたい。 様々な要素がある中、何を重視すべきか。 そこで私が考えたのは、「打線の得点力」である。 野球は点取りゲームだと考える私は、レギュラー陣の得点力に注目し、参考として、昨年成績中、打線の平均RC27を最も重視して、順位予想を行った。 もちろん、ペナントを制するには、様々な要素が必要である。 また、ほとんど差がない場合には、あまり優位性は発生していない。 そのため、単に平均RC27が高い順に順位づけしておらず、順位が逆転しているチームもある。 ただ、やはり昨年上位にあがったチームは平均RC27が高い傾向にあり(特にパリーグ)重要な要素ではないかと思っている。 「野球は打線」。 私はそう考える。 よく言われるのは「野球は投手」だが、短期決戦においてはそう言えるだろうが、長いペナントレースにおいては、得点力の高さが最終的な勝敗を大きく左右すると考えている。 昨年、一昨年の西武が良い例だ。 もちろん、投手が最低防御率で優勝というのはそうそうなく、投手陣が崩壊している状況では、他を圧倒する攻撃力を持っていなければ、難しい。 「投打のバランス」が良いチームが優勝の確率が高いのはもちろんだ。 しかし、「投打のバランス」のファクターには「打」が入っており、「打」が重要なことは間違いない。 過去20年ほど振り返ってみて、最少得点で優勝したチームは、おそらく2011年の中日、2007年の日本ハムくらいではないだろうか。 ちなみに、2011年の中日は、救援の浅尾、2007年の日本ハムは先発のダルビッシュと超がつく「エース」を擁している。 2020年に関しては、どのチームも現在のところ超がつくエースは見渡らないので、やはり「得点力」の高さがペナントの行方を左右するのではないか。 1.パリーグ まず、各チームのレギュラー予想した1番から9番まで打線の昨年の平均値は下記の通り。 得点力の寄与度は打順が多く回ってくる上位打線が高いと考えるため、1番から4番のRC27の平均値も出している。 続いて、同じように投手も予想布陣を、先発、中継ぎ、抑え、全体と分けて昨年の平均値を計算した。 それぞれ比重が異なり、例えば単打よりも、二塁打、二塁打よりも三塁打に価値がでるよう係数がかけられている。 打撃だけでなく盗塁も評価の対象になっているのが特徴。 0前後が標準、6. 0で強打者、9. 0あればMVP級 野手 投手 まとめ 野手 RC27平均値 楽天5. 45>ソフトバンク5. 44>西武5. 16> ロッテ4. 86>日本ハム4. 55>オリックス4. 42 1-4番RC27平均値 楽天6. 43>西武6. 38>ロッテ5. 77> 日本ハム5. 60>ソフトバンク5. 39>オリックス5. 32 投手 全体防御率 楽天3. 36>ソフトバンク3. 38>日本ハム3. 47> ロッテ3. 53>オリックス3. 86>西武3. 77 先発防御率 ソフトバンク3. 43>楽天3. 46>日本ハム3. 61> ロッテ3. 65>オリックス3. 93>西武4. 17 中継ぎ防御率 楽天2. 66>日本ハム3. 44>ソフトバンク3. 53> ロッテ3. 64>西武3. 76>オリックス3. 76 抑え防御率 西武1. 81>ロッテ2. 15>ソフトバンク2. 21> 日本ハム2. 96>オリックス3. 03>楽天6. 33 改めて、私のパリーグ順位予想 優勝 楽天 2位 ソフトバンク 3位 ロッテ 4位 西武 5位 日本ハム 6位 オリックス 特に目を引いたのが、各チーム野手平均RC27で、昨年の上位チーム3チームと下位3チームで大きく差がついている。 そのなかで楽天の戦力UP、西武の戦力ダウンにより楽天が1位となったものと思われる。 総合的な攻撃力、安定度は西武がやや優勢、ついで、ソフトバンク、やや遅れて、楽天と考えている。 (ソフトバンクは平均1-4番RC27値が最下位だが、1番の極端な低さが原因で、6番としたグラシアル、7番の松田らが下位におり控え層も厚い)楽天は、西武、ソフトバンクに比べ1番茂木、2番鈴木の安定性に疑問府がつくが、期待値は非常に大きい。 さらに 楽天は、中継ぎ陣の層が厚く、新戦力の加入や先発に則本が本格復帰することもあり、投手陣は今シーズン成績を上げるのではと思われる。 (抑えの防御率が悪いのは新戦力シャギワのMLBの成績のため)全体防御率はリーグトップであり、これら投打のバランスの良さに加え、新戦力の多さによる勢いを加味し、 優勝を予想した。 2位としたソフトバンクは上述の通り、野手陣のレベルが高い。 投手陣に関しても先発を中心に非常に充実しており、バランスではNO1だろう。 故障者の多さはあるものの層が厚く、大崩れはしないものと思われる。 ただ、ベテランが多く、毎年故障者が多い。 ここ数年はあと一歩のところで優勝を逃しており、フレッシュさ、勢いという観点で、楽天を上位とした。 3位に関しては、西武、ロッテで迷ったが、ロッテとした。 ロッテは目立った特徴がないものの、弱点も少なく、安定した成績を残すと予想した。 その中で、目を引いたのが1-4番の平均RC27の高さで3位の5. 77だ。 これは1番荻野、2番福田の並びが平均を押し上げていて、両選手とも足が使えるので、機能すれば、非常に面白い。 そして、投手陣にブレイクが期待される若手がいるのも好印象。 特に種市は昨年の成績から、球界のエースとなる可能性があるように思う。 4位とした西武は打撃力はいまだリーグ上位で特に上位打線は他球団を圧倒 するだけの力をキープしている。 しかし、昨シーズンから比べると絶対的とまでは言えなくなってきているように思う。 そうなってくると、貧弱な投手陣がある程度支えないと厳しいが、今シーズンに目立った補強はなく、若手の伸びがどれほどあるかに関しても、今の状況では3人以上の底上げが必要で、今シーズンで平均レベルまで持ってこれるかは疑問府。 5位の日本ハムはとにかく野手の攻撃力次第。 救援陣の質、層の厚さはトップレベルで投手陣は大崩れしないだろう。 最下位としたオリックスは、まず攻撃は仮にジョーンズが期待通り活躍しても、あと2人は強打者が出てこないと勝負できない状況。 若くて伸び盛りの選手が多い先発も去年の防御率が西武についで悪く、1年を通した実績がない選手が多い。 投打とも大幅な上積みがないと上位進出は非常に厳しいように思う。 2.セリーグ 各チームのレギュラー予想した1番から8番まで打線の平均値は下記の通り。 (セリーグの野手に関しては、昨年NPBの成績のない 新外国人 選手が主軸を打つ球団が多かったため、予想平均値で比較している。 )得点力への寄与度は打順が多く回ってくる上位打線が高いと考えるため、1番から4番のRC27の平均値も出している。 続いて、 同じように投手も予想布陣を、先発、中継ぎ、抑え、全体と分けて平均値を計算した。 それぞれ比重が異なり、例えば単打よりも、二塁打、二塁打よりも三塁打に価値がでるよう係数がかけられている。 打撃だけでなく盗塁も評価の対象になっているのが特徴。 0前後が標準、6. 0で強打者、9. 0あればMVP級 野手 投手 まとめ 野手 RC27平均値 ヤクルト 5. 13 =DeNA 5. 02 1-4番RC27平均値 巨人 6. 78 投手 全体防御率 巨人3. 35>中日3. 39>広島3. 42> 阪神3. 46>DeNA3. 74>ヤクルト4. 64 先発防御率 広島3. 26>中日3. 50>DeNA3. 53> 阪神3. 76>巨人3. 81>ヤクルト4. 93 中継ぎ防御率 巨人3. 10>中日3. 28>阪神3. 48> 広島3. 63>DeNA4. 18>ヤクルト4. 71 抑え防御率 阪神1. 77>DeNA1. 95>巨人2. 25> ヤクルト2. 73>広島2. 76>中日3. 58 改めて、私のセリーグ順位予想 優勝 巨人 2位 DeNA 3位 広島 4位 中日 5位 阪神 6位 ヤクルト セリーグはパリーグに比べて、非常に迷った。 やはり昨年大接戦になっただけあって、数字を並べてみてもどのチームも一長一短で飛びぬけたものがない。 しかもほとんどのチームで戦力ダウンがあったうえ、新戦力は外国人選手中心とあって、予想が難しかった。 その中でも、 巨人の優位性は揺るがず、優勝予想とした。 巨人の強みは打線の厚さ。 特に上位打線の破壊力、安定感は他球団と比べて頭一つ抜けている。 1-4番RC27平均値の高さからも見て取れるように思う。 懸念されるのは山口が退団した投手陣だが、コマはそこそこあり、崩壊しているとまではいえない。 この攻撃陣が維持されれば、仮に平均レベルの投手陣でも、勝ち星は重ねられるだろう。 今シーズンも打線が引っ張り、優勝する確率は高いように思う。 2位予想はDeNA。 長年の課題である1番と今年は4番が未知数なので、安定感は巨人に比べ劣る。 一方、投手陣をみると、先発は、全体防御率はランクが低いもののほとんど各チーム間の差はなく、中身をみると、実績をあげた若い選手が多く強みになりえる。 また抑えはリーグ1安定していると思われ、中継ぎ陣もコマはあると思う。 以上から、3位以下の球団よりも上位に来ると思われる。 3位予想は、広島。 攻撃陣はいまだ健在で、鈴木誠也や會澤といった他球団に比べて優位となる主軸がいる。 ただ、優位性を築くまでに至っていないように思う。 投手陣に目を向けると、先発の安定感はリーグ1だが、救援陣に不安が残るように思う。 攻撃力はDeNAとほぼ互角とみており、救援陣の不安定さからDeNAより順位を下にした。 4位予想は、中日。 上位予想3球団に比べて長打力のある選手がおらず、怪我がちな選手もいるため、対抗するには難しいと感じる。 また打線全体をみると、7番8番の極端な攻撃力の低さは弱点だろう。 また、捕手が固定されていないのも弱みである。 投手陣は全体防御率2位と数字は良いが、抑えが定まっておらず、本当に計算できるのは、先発の大野だけで、未知数である。 5位予想は、阪神。 一にも二にも攻撃力を向上できるかだろう。 昨年は中継ぎでカバーしたが、本年も強みではあるものの同じ成績を残せるかは疑問府。 最下位予想は、ヤクルト。 攻撃力はいまだあるものの、バレンティンの退団はやはり痛く、上位球団にやや及ばないように感じる。 一方の投手陣は、エースがいないのが大きく、本年も大幅な向上は難しいだろう。 新戦力の活躍次第だが、最低でも3人程度は活躍する必要があり、今シーズンの上位進出は厳しいように思う。 最後に 全5回に渡り、戦力分析を行ってきた。 昨年の数字を並べたのでイメージに概ねあっていたが、それでもいくつか驚きや、気づきが多く、新鮮であった。 また、パリーグが長年にわたり、セリーグに対して交流戦で大幅に勝ち越しているのも理解できた。 パリーグは軒並み、野手の平均RC27が高いことや、投手では奪三振率の高いチームが多かったのである。 さらに、パリーグでは、昨年下位球団も、何らかの強みとなりえる部分を多く持っており、なるほどレベルが高いと思った。 こうした漠然としたイメージを映し出せるのが、データで考える面白さだなとつくづく感じた。 初めてこのような考察をしてみたが、また時間があればやってみたい。

次の

交流戦の過去の12球団の順位や通算成績とMVPや表彰選手は?

セパ 順位

2020年度セ・リーグ順位表 球団 試 勝 負 分 率 差 差計 防御率 打率 本塁打 盗塁 得点 失点 犠打 犠打率 QS率 得点圏 UC打率 代打率 失策 1:巨人 24 16 7 1. 696 3. 268 31 17 129 76 14 77. 311. 296. 273 4 2:ヤクルト 25 13 10 2. 565 3. 0 4. 262 21 19 122 124 12 66. 276. 314. 250 10 3:阪神 24 12 12 0. 500 1. 5 4. 5 4. 248 24 15 90 104 13 72. 255. 239. 150 15 4:DeNA 26 12 14 0. 462 1. 0 5. 5 3. 277 22 4 103 95 7 87. 272. 271. 178 11 5:広島 24 9 13 2. 409 1. 0 6. 5 4. 289 24 11 115 116 19 67. 291. 296. 279 16 6:中日 27 10 16 1. 385 1. 0 7. 5 4. 255 15 5 93 137 15 57. 250. 231. 242 17 打撃成績 球 団 打 率 打 点 本 塁 打 安 打 数 単 打 2 塁 打 3 塁 打 出 塁 率 長 打 率 O P S 得 点 圏 打 数 得 点 圏 安 打 得 点 圏 打 率 U C 打 数 U C 安 打 U C 率 U C 本 塁 打 試 合 数 打 席 数 打 数 得 点 四 球 死 球 企 盗 塁 盗 塁 盗 塁 成 功 率 企 犠 打 犠 打 犠 打 成 功 率 犠 飛 代 打 数 代 打 安 打 代 打 率 併 殺 失 策 三 振. 268 121 31 212 143 36 2. 350. 437. 787 193 60. 311 318 94. 296 12 24 905 790 129 96 4 26 17. 654 18 14. 778 1 55 15. 273 20 4 205. 262 120 21 222 160 38 3. 348. 388. 737 217 60. 276 347 109. 314 12 25 982 847 122 104 12 31 19. 613 18 12. 667 7 60 15. 250 14 10 192. 248 88 24 188 130 31 3. 320. 392. 712 153 39. 255 322 77. 239 14 24 863 758 90 78 6 21 15. 714 18 13. 722 8 40 6. 150 19 15 154. 277 101 22 236 170 43 1. 344. 407. 751 202 55. 272 451 122. 271 9 26 957 852 103 83 8 8 4. 500 8 7. 875 7 45 8. 178 27 11 187. 289 113 24 248 167 53 4. 350. 445. 794 234 68. 291 331 98. 296 6 24 957 857 115 72 8 16 11. 688 28 19. 679 1 43 12. 279 17 16 177. 255 90 15 232 173 41 3. 317. 356. 673 220 55. 250 415 96. 231 6 27 1,018 909 93 79 7 10 5. 500 26 15. 577 8 62 15. 242 24 17 200 投手成績 球団 防 御 率 先 発 防 御 率 救 援 防 御 率 勝 負 S 奪 三 振 試 合 数 投 球 回 奪 三 振 率 投 球 数 打 者 数 被 安 打 被 本 塁 打 与 四 球 与 死 球 敬 遠 失 点 自 責 点 完 投 完 封 無 四 球 被 打 率 Q S 率 援 護 点 援 護 率 W H I P U C 打 数 U C 被 安 打 U C 被 打 率 U C 被 本 塁 打 3. 14 2. 72 3. 89 16 7 7 172 24 212 0. 09 3,521 874 182 22 73 9 0 76 74 1 1 0. 230 45. 74 1. 20 322 72. 224 9 4. 58 4. 84 4. 24 13 10 4 185 25 226 0. 09 3,962 1,001 264 25 83 4 0 124 115 0 0 0. 289 36. 13 1. 54 457 134. 293 10 4. 26 3. 37 6. 09 3,401 882 201 17 83 8 0 104 96 2 0 0. 254 58. 05 1. 40 328 85. 259 8 3. 62 3. 01 4. 71 12 14 6 194 26 219 0. 10 3,699 929 209 21 81 9 0 95 88 1 0 0. 249 53. 47 1. 32 404 114. 282 11 4. 51 4. 30 4. 10 3,824 946 230 25 92 6 0 116 107 2 0 0. 271 41. 53 1. 51 326 98. 301 11 4. 73 4. 99 4. 36 10 16 5 209 27 238 0. 10 4,208 1,050 252 27 100 9 0 137 125 0 0 0. 268 33. 08 1. 48 346 93. 269 10 対戦成績 勝-負-分 球団 巨 ヤ 阪 D 広 中 楽 ソ ロ 西 日 オ ホーム ビジター デーゲーム ナイター --- 2-3-0 3-1-0 5-1-0 4-1-1 2-1-0 --- --- --- --- --- --- 8-5-1 8-2-0 4-2-0 12-5-1 3-2-0 --- 3-3-0 1-2-0 3-1-1 3-2-1 --- --- --- --- --- --- 7-7-0 6-3-2 2-3-0 11-7-2 1-3-0 3-3-0 --- 3-3-0 2-0-0 3-3-0 --- --- --- --- --- --- 8-2-0 4-10-0 2-2-0 10-10-0 1-5-0 2-1-0 3-3-0 --- 2-3-0 4-2-0 --- --- --- --- --- --- 6-6-0 6-8-0 2-1-0 10-13-0 1-4-1 1-3-1 0-2-0 3-2-0 --- 4-2-0 --- --- --- --- --- --- 2-7-1 7-6-1 4-4-0 5-9-2 1-2-0 2-3-1 3-3-0 2-4-0 2-4-0 --- --- --- --- --- --- --- 7-7-1 3-9-0 3-5-0 7-11-1 --- --- --- --- --- --- --- 2-4-0 5-1-0 3-2-0 4-2-0 2-1-0 12-5-0 4-5-0 5-4-0 11-6-0 --- --- --- --- --- --- 4-2-0 --- 1-2-0 2-4-0 3-2-1 5-1-0 5-4-0 10-7-1 3-5-0 12-6-1 --- --- --- --- --- --- 1-5-0 2-1-0 --- 2-3-0 3-3-0 6-0-0 8-3-0 6-9-0 6-4-0 8-8-0 --- --- --- --- --- --- 2-3-0 4-2-0 3-2-0 --- 1-2-0 2-3-1 7-7-1 5-5-0 4-4-0 8-8-1 --- --- --- --- --- --- 2-4-0 2-3-1 3-3-0 2-1-0 --- 1-4-1 5-6-1 5-9-1 5-5-0 5-10-2 --- --- --- --- --- --- 1-2-0 1-5-0 0-6-0 3-2-1 4-1-1 --- 6-8-1 3-8-1 3-4-0 6-12-2 データで楽しむプロ野球について データで楽しむプロ野球は、NPBの試合データを独自集計したものが閲覧可能になっております。 特にVDUCP 勝敗更新機会点 率という独自の指標を設け、選手の試合貢献度を図る検証をしています(UCと短縮しています。 投手の最高球速や、犠打成功率、球種別成績、イニング別成績といった他にはない指標もございますのでぜひご覧ください。 データについて 当サイトはデータの正確性を保証していません。 当サイトの情報を元に何かしらのデータを作成して損害が発生しても一切の責任を負いません。 VDUCP UC (勝敗更新機会点)とは 当サイトの独自指標で、ホームランが出れば勝敗要素が変動する場面 広い意味での勝負どころ においての打率、被打率を算出しています。 VDUCP UC 算出方法.

次の

プロ野球

セパ 順位

野球 ヤクルト原415日ぶり白星「厳しい試練だった」 []• プロ野球 [7月21日 23:23]• プロ野球 [7月21日 23:06]• プロ野球 [7月21日 23:05]• プロ野球 [7月21日 22:56]• プロ野球 [7月21日 22:53]• プロ野球 [7月21日 22:50]• プロ野球 [7月21日 22:48]• プロ野球 [7月21日 22:47]• プロ野球 [7月21日 22:44]• プロ野球 [7月21日 22:43]• プロ野球 ヤクルト原415日ぶり白星「厳しい試練だった」 []• プロ野球 [7月21日 23:23]• プロ野球 [7月21日 23:06]• プロ野球 [7月21日 23:05]• プロ野球 [7月21日 22:56]• プロ野球 [7月21日 22:53]• プロ野球 [7月21日 22:50]• プロ野球 [7月21日 22:48]• プロ野球 [7月21日 22:47]• プロ野球 [7月21日 22:44]• プロ野球 [7月21日 22:43]• 高校野球 高田25年ぶり4強 ノーステップ打法で一気/岩手 []• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:26]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:24]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:20]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 20:11]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:38]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:37]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:31]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:28]• 高校野球夏の地方大会 [7月21日 19:21]• 大学・社会人 プロ注目の大商大・吉川貴大が好救援、スカウト評価 []• アマ野球 [7月21日 13:19]• アマ野球 [7月21日 7:53]• アマ野球 [7月20日 21:40]• アマ野球 [7月20日 20:29]• アマ野球 [7月20日 18:20]• アマ野球 [7月20日 17:57]• アマ野球 [7月19日 17:15]• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]•

次の