だかいち小説。 いちにちぶんぼうぐ

にぶんのいち夫婦ネタバレ小説版の結末!原作の2人の未来は?

だかいち小説

温故知新という言葉があるように、過去の歴史から学ぶことって多いですよね。 偉人の生き方や歴史の流れの中には、いまの時代を生き抜くヒントのようなものもたくさん隠されているものです。 というわけで今回は「死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめの歴史小説20選」と題して、これからの人生のために唸るような歴史小説をご紹介します。 1|『燃えよ剣』司馬遼太郎(新潮文庫) もはや説明不要の大歴史小説家 の、同じく説明不要の名作「燃えよ剣」。 幕末の江戸を舞台に繰り広げられる、数々の小説や舞台、映画で描き続けられてきた「新撰組」の熱く激しく、そして切ない青春群像劇です。 幕末ファン新撰組ファンはたくさんいますが、「これを読まずして新撰組を語ることなかれ。 」といっても過言ではない、時代と世代を超えた、必ず楽しめる日本が誇る歴史小説の大名著です。 2|『壬生義士伝』浅田次郎(文春文庫) 同じく幕末は新撰組の活躍を描いたの名著。 燃えよ剣があの土方歳三をメインにしているのならば、本作は名もなきある新撰組の隊員が目にした、幕末に咲いて散った新撰組の記録。 映画化され、日本アカデミー賞も受賞したことで、原作小説の質の高さも証明されました。 時代の変わり目に輝きを放った敗者の美学に酔いしれる一冊です。 3|『坂の上の雲』司馬遼太郎(文春文庫) 全8巻からなる大長編の歴史大作で、NHKのドラマが大人気を博した本著。 明治維新を終え、開国した日本が置かれた、西洋列強と肩を並べて戦っていかなければならないという過酷な状況。 そんな過酷な状況の中で、必死に西洋列強に追い付け追い越せを繰り広げてきた明治維新直後の人たちの活躍を描き切った傑作です。 司馬遼太郎が描く明治の国家観は賛否両論あるものの、一面の真実として、しっかりとした説得力を感じるあたり、司馬遼太郎という巨星のすさまじさを感じる一冊です。 4|『天平の甍』井上靖(新潮文庫) これもまた、説明不要の大名作。 時代は奈良時代、日本という国の発展という壮大な締めを背負って、当時の大国である唐にわたった遣唐使たちの並々ならぬ情熱を描いた歴史大作です。 これを原作に映画化もされ、その映画も大ヒットを記録した、日本の歴史文学を代表する作品ですので、一度読んでおいて損はない本であることは間違いありません。 5|『風林火山』井上靖(新潮文庫) 同じく井上靖が描いた戦国時代の英雄「武田信玄」の軍師「山本勘助」を描いた物語。 何度もドラマ化映画化され、NHKの大河ドラマとして大人気を博したことでもおなじみの物語です。 いまだに実在を疑う人もいる山本勘助の物語だけあって、事実に即したというよりも、その伝説をもとに描かれたエンタテインメント性の高い作品。 ですので、歴史小説になじみのない人の入門書としてもおすすめできる作品です。 6|『竜馬がゆく』司馬遼太郎(文春文庫) 何回司馬遼太郎の作品を紹介するのだ?とお思いかもしれませんが、それだけ司馬文学はすごいのです。 むしろ、日本においては歴史文学=司馬文学だという人もいるくらいで、本作「竜馬がゆく」もまさに日本の歴史文学を代表する作品の一つなのです。 紹介しないわけにはいきません。 この本が出るまではどこかマイナーな謎の人物だった坂本龍馬が、一気の幕末の英雄として世間に認知されるきっかけとなった一冊だといえば、そのすごさはお分かりかと思います。 7|『国銅』帚木蓬生(新潮文庫) いまや日本を代表する観光スポットである奈良の大仏。 重機も専門的な知識も何もなかった時代、あんな巨大な大仏の建造に携わった奈良時代の人たちの苦悩と生き抜く強さを表した静かな迷著です。 大仏の建造に携わりながらも、仏教の何たるかさえ知らなかった当時の人たちの熱い思い。 歴史を超えて共感できるその静謐でありながらも情熱に満ちた生きざまに、感動すること必至です。 8|『新選組血風録』司馬遼太郎(角川文庫) 司馬文学の傑作である「燃えよ剣」が土方歳三にスポットを当てた物なら、こちらは新撰組そのものにスポットを当てた傑作。 壬生狼と恐れられた新選組の隊士の面々が繰り広げる、人間臭い日常と死と隣り合わせの日常のコントラストを司馬遼太郎の精密かつ大胆な筆致で克明に浮かび上がらせた文句のない名作です。 まずは「燃えよ剣」から読んで新撰組に対する基礎知識を抑え、そしてこちら「新選組血風録」を読むことをお勧めします。 9|『和宮様御留』有吉佐和子(講談社文庫) いまだに歴史ミステリーとして根強い支持者を持つ「和宮替え玉説」。 幕末、公明天皇の妹でありながらも、時代背景の綾の中で将軍家茂の妻となった「悲劇の皇女」和宮内親王の波乱の生涯を描くこの作品こそが、その替え玉説をとる人たちのバイブル。 そんな歴史ミステリーに挑む作品としても楽しめますが、当時の宮廷や大奥の生活を克明に描くその内容は、歴史の事実を知るものとしても十分楽しめる作品です。 10|『むかし・あけぼの 小説枕草子』田辺聖子(文春文庫) 日本人なら知らない人のいない、古典の名作「枕草子」。 それこそ、清少納言の名前や枕草子という著作名を忘れていても「春はあけぼの」という有名な書き出しを知らない日本人はいませんよね。 そんな日本人の心に残る名著を生み出した清少納言の生涯に迫る作品がこの作品。 宮中の雅を感じながら、人間清少納言の魅力的な生き方を堪能できる作品です。 11|『新源氏物語』田辺聖子(新潮文庫) 同じく田辺聖子の描いた平安絵巻、新源氏物語。 清少納言の枕草子と対比されることの多い、日本が世界に誇る文学である源氏物語を田辺聖子が丁寧に現代語訳した作品です。 現代語訳ながら、平安時代のみやびやかでたおやかな雰囲気を壊さない作者の筆力はさすがの一言で、源氏物語に触れる最初の一冊としては最適な作品になっています。 ただ、それでも人物のわかりにくい源氏物語ですので、人物相関図を手元に読むことをお勧めしますよ。 12|『惜別』太宰治(新潮文庫) だれもが知るあの文豪太宰治の描いた、異色の歴史小説が本作。 とはいえやはり太宰らしく、そのモチーフに選んだのは、源氏三代将軍の源実朝。 壮大な戦いの末に手に入れた源氏の世を、たった三代で終わらせてしまったその最後の将軍を題材に選ぶ当たり、まさに太宰治らしいといえる作品になっています。 この作品は短編集「惜別」に収められてる一遍になりますが、読みごたえは長編に劣らないさすがの太宰文学です。 13|『楠木正成』北方謙三(中公文庫) 江戸時代には、どんな時代よりも最も人気のあった時代である南北朝時代。 日本国が二分され、歴史の舞台としては様々なドラマが生まれたこの時代は、今やあまりクローズアップされない時代となってしまいました。 しかし、そんな南北朝時代に光を当てた作品がこの作品です。 モチーフの楠木正成はそんな南北朝時代きっての英雄。 この時代を見直す一つのきっかけになる作品です。 14|『額田女王』井上靖(新潮文庫) 「飛鳥奈良時代を書かせたら右に出るものはいない。 」といってもいい井上靖の傑作。 天智天皇と天武天皇、飛鳥時代の激動を生き抜いた二人の兄弟天皇のどちらにも愛されたといわれる額田女王(額田王)の生涯を描いた本作はまさに天平ロマンの傑作。 あまり起伏を表に出さない淡白な書き味の井上靖の筆致だからこそ描ける、リアリスティックな時代描写。 時代知るという意味で、井上靖がいかに傑物なのかが窺い知れる作品です。 15|『家康、江戸を建てる』門井慶喜(祥伝社) 直木賞受賞作家門井慶喜の描く、ちょっと変わった歴史小説。 江戸300年の繁栄を謳歌し、そしてそののち日本の帝都・首都としていまだに輝きを放つ江戸・東京のその黎明期を描いた本作。 何もない荒れた湿地でしかなかった江戸の地が、いかにして日本史上最高の都市となったのか。 他の歴史小説とは一味違った、江戸の一大プロジェクトを克明に描写した地図好き土木好きにも納得の一冊です。 16|『曾根崎心中』角田光代(リトル・モア社) 日本文学史に燦然と輝く、近松門左衛門の代表的な戯作「曽根崎心中」。 江戸時代、庶民に一台心中ブームを巻き起こし、心中が流行したことで幕府が動くことになったといわれる、稀代の大ベストセラーを角田光代が小説化したのが本作。 当時の社会の風俗が克明に描かれているのはもちろんのこと、この作品を知り味わうということそのものが歴史体験とでもいうべき作品です。 17|『眩(くらら)』朝井かまて(新潮社) 日本が世界に誇る天才にして鬼才の芸術家「葛飾北斎」。 その娘であるお栄もまた「葛飾応為」と名乗る画家であり、日本の芸術史に名を刻む大家のひとりです。 そんな、破天荒で大天才の父親のもとに生まれた独りの少女が、父にあこがれ父を疎み父に振り回されながらも、それでも父と同じ絵の道に進んでいくその姿を浮かび上がらせる本作。 天才北斎とその娘の姿に、当時の絵師の生きざまを垣間見ることができます。 18|『会津執権の栄誉』佐藤巖太郎(文芸春秋) 東北の地に覇を唱え、会津執権とまでうたわれた蘆名氏のその最後を描いた作品。 弱肉強食の戦国時代が秀吉によって統一されかけていたその最後の瞬間、東北の覇を競って最後の炎を輝かせるかのごとく激しく戦った蘆名氏の滅亡までの道のり。 そこにある滅びに向かうものの美しさと滅びの美学。 戦国時代の武将の美意識を知るうえで傑作といえる、著者の処女作です。 19|『テンペスト』池上永一(角川文庫) NHKによってドラマ化されたこともある、琉球王朝を描く珍しい歴史小説。 史実や歴史的描写に正確な歴史小説というよりも、その時代を舞台にしたエンターテインメント小説の趣に近いものの、琉球王朝を舞台にした小説は少なく、その価値は低くありません。 沖縄という、ある意味異国情緒のある日本の歴史小説として、沖縄好きな人には特におすすめの作品となっています。 20|『陰陽師』夢枕獏(文春文庫) フィギュアスケートの羽生結弦君の演目でも注目を浴びた、大ヒット映画の原作。 この小説自体も、日本に陰陽師ブーム安倍晴明ブームを巻き起こし、一時期書店の平積みが陰陽師だらけになったほど大ヒットを記録したベストセラー小説です。 歴史小説というには少しファンタジー色が漂うものの、それがまた、平安期の怪しい雰囲気を醸し出していて、非常に楽しく読める作品です。 深く読めば日本人の死生観にも迫れる、そんな小説です。 あなたの好きな時代を見つけよう いかがでしたか。 歴史小説を読むと、きっとあなたの好きな時代というのが見えてきます。 ひとつの時代にこだわって、その時代の歴史小説を読みあさるというのも、歴史小説の素敵な楽しみ方の一つです。 ぜひ、好きな時代を見つけてみてくださいね。

次の

死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめの歴史小説20選【歴史から新たな知見を得よう!】

だかいち小説

乙一 (おついち) 乙一(おついち) 山白 朝子(やましろ あさこ) 中田 永一(なかた えいいち) 枕木 憂士(まくらぎ ゆうし) 誕生 安達 寛高(あだち ひろたか) 1978-10-21 (41歳) ・ 職業 言語 国籍 最終学歴 卒業 活動期間 - ジャンル 代表作 『』(2002年) 『』(2011年) 主な受賞歴 受賞(1996年) 受賞(2003年) (2012年) デビュー作 『』(1996年) 配偶者 押井友絵(妻) 親族 (義父) サイン 公式サイト 乙一(おついち、男性、 - )は、の 、。 会員 、会員。 山白朝子(やましろ あさこ)や 中田永一(なかた えいいち)の別名義でも小説をしている。 本名は 安達 寛高(あだち ひろたか)。 来歴 [ ] (昭和53年) 、(現・)に両親と2歳上の姉がいる4人家族の長男として生まれた。 田主丸町立川会小学校、田主丸町立田主丸中学校を卒業。 小学校高学年からは60kgを超す肥満児となり、周囲からはそのことを揶揄され、コンプレックスから独りでゲームに没頭するようになる。 14歳のときに一念発起してダイエットを成し遂げ、中学3年ではクラス委員に選ばれるようになったものの、依然として同級生たちのなかには溶け込めず劣等感は払拭されなかったという。 1994年(平成6年)、に入学。 高専の5年間を「人生で一番鬱屈した時代だった」と語るが 、15歳ごろの夏休み、友人から借りたの『』第1巻を読んだことで小説を読むことの楽しみを知り、ゲームや漫画だけでなくライトノベルにも手を出すようになった。 それから1年半ほどはライトノベルを読み漁り、また友人や姉から借りた『殺戮にいたる病』、『』、『』などでやにも出会った。 自分で小説を書くようになったのは16歳のとき。 に応募するための異世界ファンタジー長編を書き始めたものの上手くいかず、次に舞台を地元周辺の田舎町にして書いたものが、1996年(平成8年)に第6回を受賞してデビュー作となった『』である。 賞の選考では、審査員を務めたが強く推したという。 17歳(執筆時は16歳)での作家デビューであった。 1999年(平成11年)に久留米高専を卒業、工学部エコロジー工学課程に編入学 、愛知県で一人暮らしを始める。 大学では研究会所属。 2002年(平成14年)、豊橋技科大を卒業。 この年に出版された『』で翌年の第3回を受賞。 2003年(平成15年)、豊橋市から東京の付近に転居 、さらに数か月後にはの付近に転居。 ある時、編集者から監督作品『』(2004年公開)の整音現場の見学に誘われ、そこで押井の娘で、編集者・ライターをしていた押井友絵と出会い 、2006年(平成18年)に結婚した。 2007年(平成19年)2月に川崎市から転居。 2010年(平成22年)には第1子が誕生している。 作風・別名義 [ ] 初期は、奇抜なアイディアの短編小説 やハートフルなライトノベル が中心であったが、『GOTH リストカット事件』はミステリー小説として、を受賞するなど高く評価された。 また初期の作品はホラー小説寄りのものと切ないストーリーに大きく分かれていたため、それぞれ「黒乙一」「白乙一」と呼ばれていた。 乙一名義では主に、(現 KADOKAWA)、などで小説を執筆している。 2005年ごろから、(現 KADOKAWA)の怪談専門誌『』で山白朝子として、またの恋愛小説アンソロジーや恋愛小説専門誌『』で中田永一として、それぞれ別名義での執筆活動を開始した。 当初、同一人物だということは伏せられており、2007年発行『死者のための音楽 山白朝子短篇集』巻末(238ページ)には「1973年、大分県生まれ。 出版社勤務を経てフリーライターになる。 」という乙一本人のプロフィールとは異なる情報が記載されていた。 2011年6月30日に、山白朝子や中田永一の別名義で活動していたことを乙一(安達寛高)ので明らかにした。 2012年11月には、中田永一名義の『』が選ばれたの贈呈式に出席し、がこの別名義の件を報じた。 そのほか、8人の作家がそれぞれ名前を伏せ名義で1冊ずつ執筆する『』というシリーズの企画(2010年)にも参加している。 本名の安達寛高名義ではの制作を行っており、2015年までに4本の作品を発表している。 2004年には『ゴーストは小説家が好き』で第5回・映像コンクールに上位入選している。 2016年には乙一、中田永一、山白朝子、越前魔太郎による短編集(解説は安達寛高)という、5人分の名義が並んだ『メアリー・スーを殺して』を刊行、その巻末でさらに 枕木 憂士名義でも映画エッセイを寄稿していることを明かした。 『』2016年5月号では「奇跡の鼎談が実現」と銘打って乙一・中田永一・山白朝子という別名義同士の鼎談企画も実施した。 小説の執筆にあたっては、まずストーリー展開を決めたうえで、それにあったキャラクター設定を作る方法をとっている。 また、デビューからまもない頃に『シナリオ入門』という本で勉強した映画の脚本作りの技術を取り入れている。 特に、物語のちょうど真ん中で転換点を迎えるという手法(ミッドポイント)を多用し 、全体の構成が4分割、16分割までされているものも多い。 妻の押井友絵は乙一の制作への姿勢について「小説にも映画にも執着してないんじゃないか」といい 、本人も「作品が形になっていくのがとにかく楽しくてやっている感じ」だと述べている。 2012年にの優秀賞を受賞し作家デビューしたは、「重度の乙一ファン」だと自称しており、乙一作品を読み漁って勉強することで小説家になったと語っている。 乙一とライトノベル [ ] ライトノベルとは、出版界において特殊な位置づけがされている。 乙一自身「付き合いのある編集者の中でライトノベルを読んでいる人はいない」と述べている。 これは、乙一が出版界で活動をしてはじめて知った「ライトノベルの地位の低さ 差別 」にも繋がる事実である。 乙一がデビューした当時 17歳 、ライトノベルに授けられる賞はひとつもなかった。 自らがライトノベルで本を出すことによりライトノベルしか読んでいない人にもミステリーという形式を知ってもらい、いろんなジャンルの本を読んでもらおうと思った乙一は『GOTH』というミステリー小説を最初、ライトノベルというジャンルで出版した。 しかしその後ライトノベルという形式から一般書の形式に変更した。 本人はそれを「ライトノベルのままでは手にとってもらえない客層がいるという事実を覆せなかったという点では、ある種の敗北である」とハードカバー版の『失はれる物語』のあとがきの中で述べている。 人物 [ ] 趣味・嗜好 [ ] アニメ、ゲームや漫画、映画鑑賞が趣味。 最も好きな映画監督は。 作品のファンであることを公言しており、特に好きな作品は『』のようである。 また、作品のファンでもあり、『』(原作・アニメ版共に)からは多大な影響を受けており、『F先生のポケット』および『スモールライト・アドベンチャー』ではドラえもんの道具が登場する。 16歳の頃からとのを愛好しており、東京に移住したのもラジオの電波が入りやすいという理由からであった。 高専時代は友達がいなかった(なぜか人との接触を拒んでいた)ため、一人で本を読んでいる事が多く、「ダメでもいいんだ」というラジオの声に勇気付けられたと話す。 ちなみに出身地である福岡県はにてずっと伊集院光と爆笑問題のラジオを放送している数少ない地域でもあった(愛知県では放送がなく、東京などの放送波を遠距離受信する必要がある)。 また乙一は1人で遊べるという点からダンスゲーム『』を愛好しており、最高のレベル10まで踊れると述べている。 高校生の時85キロあった体重は大学での一人暮らしにおける肉体改造ともいえるダイエットと『Dance Dance Revolution』のおかげで現在65キロまで落ちている。 交流 [ ] 出身の作家ではとと特に仲が良く、3人でを旅行し2006年に3人の共著で『とるこ日記』を出版している。 また『』の若手執筆陣、、、らと交友がある。 家族 [ ] の押井友絵(安達友絵)はとして活動しており、乙一の監督映画で主演も務めている。 また友絵の父は『』などで知られるの押井守であり、乙一から見るとにあたる。 押井の監督映画『』には妻やファウストの小説家仲間と出演している。 受賞 [ ] 候補などを含む。 第6回(1996年)• 第3回(2003年)• 第5回 候補(2002年)• 2003年 2位• 2003年 5位• 2002年国内部門 7位• 第17回 候補(2004年)• 2003年国内部門 8位• 『銃とチョコレート』• 2007年 5位• 第23回(2007年)• 『』(中田永一名義)• 第61回(2012年)• 第3回 候補(2012年)• 第9回 4位(2012年)• 『宗像くんと万年筆事件』(中田永一名義)• 第66回候補作(2013年)• 『私は存在が空気』(中田永一名義)• 第29回 候補(2016年) 作品 [ ] 文芸誌掲載時から単行本・文庫本収録までのあいだに大幅な改稿が入っているものがいくつかある。 たとえば『ZOO』収録の「Closet」は細部や結末が変わっており 、同「カザリとヨーコ」もによれば「別作品といってもいいくらい」 、『天帝妖狐』にいたっては全面改稿によって「正真正銘別の作品」(友井)となっている。 単行本・文庫 [ ]• 表の順番は、出版年月順をもとに、文庫版やシリーズなどを前作の次に挿入したもの。 を押すと、書名の五十音順や出版年月での並び替えが可能。 備考欄の鉤括弧内は短編集の収録作 書名 レーベル名 名義 絵・共著 ・原作など 出版者 出版 年月 ISBN 備考 1 なつと 乙一 絵: 1996-10 「夏と花火と私の死体」「優子」 2 集英社文庫 - 2000-05 3 てんてい天帝妖狐 JUMP j BOOKS 乙一 絵: 集英社 1998-04 「A MASKED BALL ア マスクド ボール-及びトイレのタバコさんの出現と消失」「天帝妖狐」 ただし、「天帝妖狐」は文庫版で全面的に改稿され、ほぼ別の作品となっている 4 集英社文庫 - 2001-07 5 いしのめ石ノ目 - 乙一 - 集英社 2000-07 「石ノ目」「はじめ」「BLUE」「平面いぬ。 」 6 へいめん平面いぬ。 短編小説「毒殺天使」を収録 30 しゆうと銃とチョコレート 講談社ミステリーランド 乙一 - 講談社 2006-05 - 31 講談社ノベルス 2013-10 32 講談社文庫 2016-07 33 ししやの1死者のための音楽 山白朝子短篇集 - 山白朝子 - メディアファクトリー 2007-11 「長い旅のはじまり」「井戸を下りる」「黄金工場」「未完の像」「鬼物語」「鳥とファフロッキーズ現象について」「死者のための音楽」 34 ししやの2死者のための音楽 MF文庫ダ・ヴィンチ 2011-12 35 角川文庫 KADOKAWA 2013-11 36 さふつく - 乙一 原作: 集英社 2007-11 Part4・後日談のノベライズ 37 JUMP j BOOKS 2011-12 38 集英社文庫 2012-11 39 ももせこ - 中田永一 - 祥伝社 2008-05 「百瀬、こっちを向いて。 」「なみうちぎわ」「キャベツ畑に彼の声」「小梅が通る」 40 祥伝社文庫 2010-08 41 きちしよ - 中田永一 - 祥伝社 2009-11 「交換日記はじめました!」「ラクガキをめぐる冒険」「三角形はこわさないでおく」「うるさいおなか」「吉祥寺の朝日奈くん」 42 祥伝社文庫 2012-12 43 まかいた ヴァイオリンのV 講談社ノベルス 絵:redjuice 講談社 2010-04 - 44 なみだめネズミ イグナートのぼうけん - 乙一 絵:小松田大全 集英社 2010-08 児童書 45 はこにわ箱庭図書館 - 乙一 原作: 備考参照 集英社 2011-03 「小説家のつくり方」(原作:黄兎『蝶と街灯』)、「コンビニ日和!」(原作:泰)、「青春絶縁体」(原作:イナミツ)、「ワンダーランド」(原作:岡谷『鍵』)、「王国の旗」(原作:怜人)、「ホワイト・ステップ」(原作:たなつ『積雪メッセージ』) 出典は集英社サイト「オツイチ小説再生工場」で書かれた短編。 一般公募された原稿を、乙一が選考し大胆にリメイクするという読者参加型企画。 表の順番は、初出タイトルの五十音順。 を押すと並び替えが可能。 作品名 著者名 初出・改題 1 Arknoah1 僕のつくった怪物 乙一 『Arknoah1 僕のつくった怪物』(集英社、2013年7月) 2 Arknoah2 ドラゴンファイア 乙一 プロローグから2章までは JUMP j BOOKSホームページ連載を加筆修正。 3章からエピローグまでは『Arknoah2 ドラゴンファイア』(集英社、2015年9月) 3 愛すべき猿の日記 乙一 『papyrus』2005年8月号(幻冬舎) 4 A MASKED BALL ア マスクド ボール-及びトイレのタバコさんの出現と消失 乙一 『jump novel』vol. 12(集英社、1997年5月) 5 ある印刷物の行方 山白朝子 『読楽』2014年8月号(徳間書店) 6 あるはずのない橋 山白朝子 『幽』vol. 12(メディア・ファクトリー) 7 乙一 『ザ・スニーカー』2001年12月号 8 暗黒童話 乙一 『暗黒童話』(集英社、2001年9月) 9 石ノ目 乙一 『jump novel』vol. 16 (1999年9月25日) 10 井戸を下りる 山白朝子 『幽』vol. 6 (2009年春) 16 エヴァ・マリー・クロス 『メアリー・スーを殺して』(朝日新聞出版、2016年2月) 17 F先生のポケット 乙一 『ファウスト』vol. 2 (2004年3月) 18 エムブリヲ奇譚 山白朝子 『幽』vol. 8 19 王国の旗 乙一 (原作:怜人) 集英社WEB文芸「RENZABURO」 20 黄金工場 山白朝子 『幽』vol. 6 (2006年12月) 21 おじいさんのひげのなか 乙一 『BALLAD』issue1 (2009年6月) 22 乙一 『ZOO』(集英社、2003年6月) 23 鬼物語 山白朝子 『幽』vol. 5 (2006年6月) 24 おやすみなさい子どもたち 山白朝子 『私の頭が正常であったなら』 25 カー・オブ・ザ・デッド 乙一 電子書籍『カー・オブ・ザ・デッド』(Kindle Single、2016年9月) 26 階段 乙一 『悪夢制御装置(角川文庫)』(角川書店、2002年11月) 27 顔無し峠 山白朝子 『幽』vol. 13 28 呵々の夜 山白朝子 『幽』vol. 20 29 乙一 『小説すばる』1998年12月号 30 河童の里 山白朝子 『幽』vol. 21 31 神隠し 乙一 『小説すばる』2000年8月号 32 乙一 『小説すばる』2001年2月号 33 乙一 『GOTH リストカット事件』(角川書店、2002年7月) 34 乙一 『ザ・スニーカー』2000年10月号 35 中田永一 『papyrus』vol. 24 (2009年6月) 36 きのぼりごはん 乙一 『BALLAD』issue2 (2010年12月) 37 中田永一 『Feel Love』vol. 2 (2007年) 38 櫛を拾ってはならぬ 山白朝子 『幽』vol. 15 39 鯨と煙の冒険 『百瀬、こっちを向いて。 』番外編 中田永一 『ダ・ヴィンチ』2014年4月号-10月号 および JTウェブサイト「ちょっと一服ひろば」に同時掲載 40 中田永一 『くちびるに歌を』(小学館、2011年11月) 41 くつしたをかくせ! 乙一 『くつしたをかくせ!』(光文社、2003年11月) 42 首なし鶏、夜をゆく 山白朝子 『Mei(冥)』vol. 2 43 乙一 『暗いところで待ち合わせ(幻冬舎文庫)』(幻冬舎、2002年4月) 44 乙一 『青春と読書』2001年1月号-3月号 45 乙一 『小説すばる』1999年12月号 46 恋する交差点 中田永一 『papyrus』vol. 14 (2007年10月) 47 中田永一 『Feel Love』vol. 5 (2009年冬) 48 中田永一 『百瀬、こっちを向いて。 4 (2004年12月) 53 子どもを沈める 山白朝子 『幽』vol. 27 54 この子の絵は未完成 乙一 『七つの黒い夢(新潮文庫)』(新潮社、2006年3月) 55 五分間の永遠 乙一 『5分間だけの彼氏』(偕成社、2016年3月) 56 コンビニ日和! 乙一 (原作:泰) 集英社WEB文芸「RENZABURO」 57 「さあ、行こう」と少年が言った 山白朝子 『幽』vol. 19 63 地獄 山白朝子 『幽』vol. 18 69 〆 山白朝子 『幽』vol. 11 70 銃とチョコレート 乙一 『銃とチョコレート』(講談社、2006年5月) 71 祝福された水 乙一 『ダ・ヴィンチ』2002年11月号 72 小生物語 乙一 著者のホームページおよびWebマガジン『幻冬舎』 73 小説家のつくり方 乙一 (原作:黄兎) 集英社WEB文芸「RENZABURO」 74 小説『フィルム』 乙一 『ダ・ヴィンチ』2017年5月号 75 少年ジャンパー 中田永一 『Feel Love』vol. 17 (2012年12月) 76 テュルプ博士の解剖学講義 乙一 (原作:) 『読むジャンプ』(集英社、2002年10月) 77 乙一 『キネマ・キネマ(光文社文庫)』(光文社、2002年9月) 78 スモールライト・アドベンチャー 中田永一 『Fライフ03』(2014年11月) 79 青春絶縁体 乙一 (原作:イナミツ) 集英社WEB文芸「RENZABURO」 80 世界で一番、みじかい小説 山白朝子 『幽』vol. 25 81 乙一 『殺人鬼の放課後(角川文庫)』(角川書店、2002年2月) 82 乙一 『小説すばる』2001年7月号 83 ダイアログ・イン・ザ・ダーク 乙一 『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』(星海社、2012年10月) 84 誰にも続かない 乙一・・・・ 『ファウスト』vol. 4 (2004年12月) 85 ダンデライオン 中田永一 『ダンデライオン』(小学館、2018年10月) 86 地球に磔にされた男 中田永一 『yom yom』vol. 13 (1997年9月15日) 93 東京 乙一 文鳥文庫 第三弾『謎』 94 毒殺天使 乙一 『とるこ日記』(集英社、2006年3月) 95 トランシーバー 山白朝子 『Mei(冥)』vol. 4 (2014年4月) 96 鳥とファフロッキーズ現象について 山白朝子 『幽』vol. 2 (2004年12月) 99 乙一 『ダ・ヴィンチ』2016年5月号 100 乙一 『jump novel』vol. 11 (1996年8月18日) 101 中田永一 『LOVE or LIKE』(祥伝社、2006年7月) 102 なみだめネズミ イグナートのぼうけん 乙一 『なみだめネズミ イグナートのぼうけん』(集英社、2010年8月) 103 はじめ 乙一 『jump novel』vol. 14 (1998年5月3日) 104 乙一 『きみにしか聞こえない(角川スニーカー文庫)』(角川書店、2001年5月) 105 鼻削ぎ寺 山白朝子 『幽』vol. 24 106 乙一 (原作:) 『花とアリス殺人事件』(小学館、2015年2月) 107 ハユタラスの翡翠 山白朝子 『幽』vol. 23 108 パン、買ってこい 乙一 『Number Do』vol. 27 109 乙一 『小説すばる』2002年6月号 110 ファイアスターター湯川さん 中田永一 電子書籍『ファイアスターター湯川さん』(Kindle Single、2015年4月) 111 フィルムの中の少女 乙一 『ザ・スニーカー』2002年8月号 112 布団の中の宇宙 山白朝子 『幽』vol. 28 113 BLUE 乙一 『jump novel』vol. 15 (1999年5月1日) 114 平面いぬ。 6 SIDE-A (2005年11月) 122 マリアの指 乙一 『失はれる物語』(角川書店、2003年12月) 123 未完の像 山白朝子 『幽』vol. 4 (2005年12月) 124 水汲み木箱の行方 山白朝子 『幽』vol. 17 125 未来予報 あした、晴れればいい。 乙一 『ザ・スニーカー』2001年10月号 126 むかし夕日の公園で 乙一 『ダ・ヴィンチ』2001年12月号 127 無人島と一冊の本 中田永一 『き・まま』No. 6 128 宗像くんと万年筆事件 中田永一 『小説すばる』2012年2月号 129 メアリー・スーを殺して 中田永一 『ダ・ヴィンチ』2013年4月号 130 酩酊SF 山白朝子 『文芸カドカワ』2017年11月号 131 もしもし、いいえ、ちがいます 中田永一 『Feel Love』vol. 4, 5, 6 SIDE-A, 6 SIDE-B、『コミックファウスト』連載 133 物語製造装置 乙一 『2027 ボヤボヤしてたら、すぐやってくる。 2027年のお話。 』(ブルース・インターアクションズ、2007年4月) 134 中田永一 『I LOVE YOU』(祥伝社、2005年7月) 135 乙一 『ファウスト』vol. 8 (2011年9月) 136 乙一 『夏と花火と私の死体』(集英社、1996年10月) 137 UTOPIA 乙一 『ライトノベルを書く!』(小学館、2006年9月) 138 湯煙事変 山白朝子 『幽』vol. 10 139 ラピスラズリ幻想 山白朝子 『幽』vol. 9 140 乙一 『ザ・スニーカー』2002年2月号 141 私の頭が正常であったなら 山白朝子 『幽』vol. 26 142 私のサイクロプス 山白朝子 『Mei(冥)』vol. 1 143 私は存在が空気 中田永一 『Feel Love』vol. 20 (2013年12月) 144 ワンダーランド 乙一 (原作:岡谷) 集英社WEB文芸「RENZABURO」 145 転生勇者が実体験をもとに異世界小説を書いてみた 乙一 第2回ジャンプ恋愛小説大賞(描き下ろし短編小説) 原作・原案 [ ]• 密室彼女(2006年、)• 出版はされていないが、上演時に会場において、乙一本人による小説形式のプロットが無料で配布された。 少年少女漂流記()• 単行本は、2007年2月26日発売(集英社)。 映像作品 [ ] 映像作品においては、本名の「安達寛高」名義で作品を発表することが多い。 二花子の瞳 〜にかこ、の、ひとみ〜(2002年)• 佐藤圭作監督作品。 脚本:佐藤圭作・ 安達寛高。 プールで泳いだ帰り道(2002年)• 上映時間5分間の自主製作作品。 監督・脚本: 安達寛高。 立体東京(2007年)• 赤緑メガネ()を用いた3D作品。 ゆうばり応援映画祭にて上映。 その後、との上映イベント「東京小説〜乙桜学園祭〜」としてレイトショー公開。 監督: 安達寛高。 (2009年)• 監督作品。 脚本: 安達寛高、佐藤信介。 一周忌物語(2009年)• 桜井亜美との上映イベント「天体小説〜乙桜学園祭2〜」で公開。 監督・脚本: 安達寛高。 (2017年)• シリーズ構成は 乙一名義、脚本は 安達寛高名義。 (2018年)• 監督作品。 脚本協力: 安達寛高。 (2018年)• 安達寛高名義で脚本参加。 (2020年)• 監督・脚本: 安達寛高。 出演:、、、、、 作品のメディア展開 [ ] 映画 [ ]• 手を握る泥棒の物語(2004年)• 監督:、主演:、• 劇場公開ではなくのコンテンツサイトで公開された。 (2005年)• 全国の劇場で公開された初の映画化作品。 単行本収録作のうち「カザリとヨーコ」「SEVEN ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」「陽だまりの詩」「ZOO」の5作品を映画化。 「陽だまりの詩」のみアニメーション。 作品ごとに監督が異なる。 (2006年)• 監督:、主演:、• 2006年11月25日公開。 (2007年)• 監督:、主演:、• (2008年)• 監督:荻島達也、出演:、• (2008年)• 監督:、出演:• (2008年)• 原作:『GOTH リストカット事件』• 監督:、出演:、• (2011年)• 監督:、主演:、• (2014年)• 監督:、主演:。 (2015年)• 監督:、脚本:持地佑季子・登米裕一、主演:、配給: 漫画 [ ]• はじめ(作画:、)• 週刊少年ジャンプ2003年5号(前編)と6・7合併号(後編)に掲載された読み切り漫画。 GOTH(作画:、)• 単行本(、カドカワコミックス・エース)として出版されている。 きみにしか聞こえない CALLING YOU()• きみにしか聞こえない(作画:、)• 単行本(、カドカワコミックス・エース)として出版されている。 死にぞこないの青(作画:、)• 単行本(、)。 「死にぞこないの青」「暗いところで待ち合わせ」「しあわせは子猫のかたち」の3作を収録。 ZOO(作画:、増刊『』)• 単行本()には「カザリとヨーコ」「神の言葉」「陽だまりの詩」「ZOO」が収録されている。 失踪HOLIDAY(作画:清原紘、ビーンズエース)• 単行本(、エースコミックス)が2006年11月25日に発売された。 (作画:、)• 単行本1巻()2巻(、共にゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)が発売されている。 (作画:、)• 単行本(、)が2015年6月4日に発売された。 エムブリヲ奇譚(作画:屋乃啓人)• 単行本(、カドカワコミックス)が2017年6月23日に発売された。 絵本 [ ]• ボクのかしこいパンツくん(2012年9月、)• 絵:、原作:『ボクの賢いパンツくん』 ドラマCD [ ]• きみにしか聞こえない CALLING YOU(2003年)• 監督:、脚本: 乙一・、主演:、• 装画: ラジオドラマ [ ]• しあわせは子猫のかたち• 19時00分〜20時00分にで特別番組として放送された。 脚色:高田勝博、出演:・・、技術:とみさわよしみつ、演出:飯島和明• 本作はTBSラジオとして4年ぶりのラジオドラマである。 テレビドラマ [ ]• 失踪HOLIDAY(2007年、テレビ朝日) 脚注 [ ]• 1198. 日本推理作家協会. 2016年5月23日閲覧。 本格ミステリ作家クラブ. 2016年5月23日閲覧。 2012年6月12日閲覧。 , pp. 49-50. , p. 『夏と花火と私の死体 JUMP j BOOKS 』, p. 228. , p. 『小生物語(幻冬舎文庫)』, p. 117. 『小生物語(幻冬舎文庫)』, p. 171. 『小生物語(幻冬舎文庫)』, p. 263. 『小生物語(幻冬舎文庫)』, pp. 262-263. , p. 『メアリー・スーを殺して』, p. 350. , p. , p. , p. , p. 『失はれる物語』 角川文庫 あとがきより• 『GOTH 夜の章』『GOTH 僕の章』 角川文庫 あとがきより• 『暗いところで待ち合わせ』 2001年、幻冬舎文庫 あとがきより• 参考文献 [ ]• 「現代の肖像 作家 乙一 すべては行間にある」『』第28巻第50号、朝日新聞出版、2015年、 48-52頁。 「インタビュー 乙一 ライトノベルと、ガラスのコップ 特集 ポストライトノベルの時代へ 」『小説TRIPPER』2005年春号、朝日新聞出版、2005年、 44-51頁。 「ぼくは乙一作品を教科書に、作家になった。 特集 乙一スペシャル : それでも作家志望の君へ。 」『小説TRIPPER』2014年冬号、朝日新聞出版、2014年、 44-48頁。 小山田桐子「フロント・インタビュー No. 133 安達寛高 乙一 」『』第1484号、キネマ旬報社、2007年、 6-8頁。 」『文蔵』第21巻、PHP研究所、2007年、 25-35頁。 外部リンク [ ]• - 集英社の公式サイト• 単行本未収録作品「祝福された水」が公開されている。 - インタビュー• - 乙一(安達寛高)が所属する映像制作ユニット.

次の

乙一

だかいち小説

1ヶ月もやもやしながら過ごしていたが、「クリスマスは一緒にディナーを」との和真の言葉に、「クリスマスを一緒に過ごすってことは、浮気は勘違いだったんだ」と一安心。 しかし、結婚記念日は24日なのに、和真は「25日は空けといてね」と。 「結婚記念日は24日だよ?」と言う文に、「24日は会社の納会で、しかも終電にも間に合いそうにない」と説明する和真。 結婚記念日の24日、和真は帰ってこなかった。 浮気相手の情報収集 文は夫の浮気疑惑について友人達に相談。 友人の一人が、「立川さとみ」のSNSアカウントを特定する。 浮氣の証拠をみつけるために、立川さとみのSNSをチェックする文。 「イブに会社の納会最悪」という投稿を見つけ、「イブに納会はほんとだったんだ」とホッとするも、「その後彼氏とデート」「相手は既婚者」という投稿を見て青ざめる。 結末 結論から言うと、和真の浮気相手は立川さとみではなかった。 というか、和真は浮気なんてしていなかった。 和真の浮気騒動の 黒幕は、文の友人さやかだった。 一連の騒動の後、文は「一人になりたい」と和真に別居を申し出て実母のところに転がり込むが、数日後に和真の元へ戻る。 子どもができたかもしれない発言もあり、ハッピーエンド。 感想 いやさやか怖いわ! 文とさやかは学生時代からの友人で、10年以上の付き合いがあるっていうのに、文を傷つけようとするさやかの執念が怖い。 さやかは文のことが嫌いだったみたいなんだけど、嫌いなのに10年も友人として付き合ってるのがすごいわ。 私は「この人嫌いだわ」「この人とはなんか合わないな」と思ったらなるべく会わない様にします。 「合わない人とは会わない」のが、こっちにとっても相手にとってもいいと思うから。 皆平和。 なので、今回のさやかみたいな人の行動や考えがまったく理解できない。 嫌いなんだったら関わるなよ!っていう。 そして和真。 いもしない子どものために慰謝料まで払おうとすなよ!! とにかく文にばれたくなかったんでしょうね…さやかとのゴタゴタを。 でもまさか、妻の友人に薬を盛られるとは思ってもいなかったでしょうね。 フツー想像もしないし、できないよね。 飲み会で薬盛られるって。 以前ツイッターで見かけた、「お酒の席で身を守る方法」を思い出したわ。 「トイレ行く前に飲み物を全部飲み切ること」ってやつ。 【参考】 しかしながら、「あなたの子どもができました」「すでに堕胎済です」って言われても、「なにそれほんとに俺の子?」ってなるじゃんね。 「自分の子だという証拠がない限りお金なんて払わない」って突っぱねてほしかったー。 だって慰謝料払っちゃったら、自分の子だって認めたことになっちゃうじゃない。 「払う金などない!」って突っぱねてほしかったー。 あと、立川さとみ。 これはこれで怖くないですか? いや社会人よ?社会人がさ、会社の先輩にさ、飲み会終わりにハート付きのタメ口のメッセージ送るか? めっちゃバカ。 バカすぎ怖い。 さやかとは別の意味でこの人も怖い。 小説の方で、和真視点の物語もありまして、それも読むと、和真がどれだけ文に惚れてるかがわかってウフフってなります。 最近 2020年7月 、この作品の広告を見たんですけど、なんか全然違う感じで編集されてた! 和真が文の相手するのを「はぁ~疲れる」みたいにかかれてたけど、そんなんじゃないから!和真、文のこと大好きだから!しかも広告画像の下に「夫の携帯を見てしまった」とかって書かれてて、それがタイトルかと思ったし。 まぎらわしかった。 この作品、漫画版はマンガボックスにて無料で読めます。 無料で読めるのは期限付きなので、早めに読むとより多くの話数が読めます。 アプリインストールしなくても読めます。 和真は浮気していなかったのになんで結婚記念日に帰ってこなかったの?なんでさやかの言うこときいてたの?さやかへの制裁はどうなったの?樋口くんと文はどうなったの?などなど、詳細が気になる方はぜひ原作か漫画で確認してみて! ちなみにさやかへの制裁についてチラっと言うと、やってることヤバすぎて警察案件になってっから。 名前:春夏冬中 あきないちゅう マンガ好きな30代。 小学生の頃は『ちゃお』派で、『りぼん』派と『なかよし』派の友だちと、毎月回し読みしてました。 上記作品タイトルに「なつかし~」と反応した方、きっと同世代です。 人気記事 カテゴリー• アーカイブ アーカイブ.

次の