コキア 栽培。 コキア(ホウキギ)の育て方|ヤサシイエンゲイ

コキアとは

コキア 栽培

コキアの育て方とは?栽培のコツと4大ステップを解説 1)コキアの紹介 (1)コキアとは ヒユ科の一年草で、コキアの枝で箒を作っていたことから、和名を「ホウキグサ」といいます。 こんもりとした樹形をしており、色は緑色です。 夏には茎に小花をたくさんつけますが、花びらはなく淡緑色の萼があります。 秋には鮮やかに紅葉するため、モミジのように紅葉を十分に楽しめる種類です。 また、紅葉時に実る果実は「とんぶり」といい、「畑のキャビア」として食用に親しまれています。 公園のように見晴らしの良い場所で育てられることも多いですが、家庭の庭でぽんと丸く愛らしい姿を目にすることも少なくはありません。 園芸種としても人気の高い種類です。 (2)科目・原産地 科目:ヒユ科バッシア属 原産地:南ヨーロッパやアジア (3)草丈・開花期 草丈:30cm~1.5m 開花期:8月 (4)名前の由来 和名の「ホウキギ」「ホウキグサ」はコキアを利用して箒を作っていたことから由来してます。 また、学名の「scoparia スコーパリア 」は、「ほうき状の」という意味があります。 (5)期待できる効果・効能 滋養強壮・利尿作用 (6)栽培の難易度・耐寒性・耐影性 難易度:初心者向け 耐寒性:弱い 耐影性:弱い 2)種類の違いはあるの?コキアの2つの種類と特徴 (1)アカプルコ・シルバー コキアと同じような樹形で、枝先が白く色づく特徴があります。 (2)ハナホウキギ コキア コキアの名前で出回っている種類です。 こんもりとした樹形をしており、秋には美しく紅葉します。 3)グッズを準備しよう!育てるのに用意するグッズ (1)グッズの名称 用土・肥料・鉢・シャベル・ジョウロ・支柱・剪定バサミなど (2)選ぶ基準 コキアは地植えが多いですが、鉢植えで育てることももちろん可能です。 その場合には大きめの鉢植えを用意しましょう。 (3)初期費用 2、000円~3、000円前後 (4)入手方法 園芸店やホームセンター、インターネットなどで入手出来ます。 4)正しい手順で栽培を!4つの栽培ステップとは (1)ステップ1:種まき時期 種まきの適期は4月~5月です。 種を巻く前に、予め適した土を用意しておきましょう。 地植えの場合は、植え穴を掘った土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、1週間程度寝かせておきます。 鉢植えの場合には、赤玉土(小粒)6~7:腐葉土3~4の割合で混ぜた土を用意します。 土が用意出来たら種を巻きましょう。 (2)ステップ2:苗植え時期 苗植えの適期も4月~5月です。 苗がすっぽりと入る程度の植え穴を掘ったら苗を植えましょう。 地植えでいくつも植える場合には、株同士の間隔を20cm~30cm程度空けておくと、風通しが良くなって元気に育ちます。 また、苗が幼いときには倒れやすいので、支柱を立てた方が良いでしょう。 (3)ステップ3:肥料 種まき、苗植えの際に緩効性の化成肥料を混ぜておきます。 その後は3ヶ月に1回同じ肥料を土にまきます。 または生育の様子を見て液体肥料を施しても良いでしょう。 (4)ステップ4:剪定 コキアは生長の過程で自然と綺麗な樹形に育ってくれますので、こまめな剪定は必要ありません。 枝が乱れている部分を見つけた時に軽く剪定する程度で大丈夫です。 5)ここが重要!コキアを効果的に育てる7つのコツ (1)土の種類・鉢植え コキアは水はけと水もちのバランスの良い土を好みます。 自分で配合しない場合は、園芸店やホームセンターなどに売られている市販の土を用意しましょう。 (2)苗の植え方 苗を植える際には、根についた土は落とさずにそのまま植えましょう。 (3)剪定・日常の手入れ 剪定を行う際は、秋の紅葉の時期までに終わらせておくようにしましょう。 8月下旬までの期間が剪定の目安です。 (4)肥料・水やり 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 地植えの場合は根が張るまでは水やりが必要ですが、その後は水やりの必要はありません。 (5)季節ごとの手入れ 一年草ですので、特別な手入れは必要ありません。 剪定や肥料等、必要があれば手入れを行いましょう。 (6)日当たり・置き場所 コキアは日当たりを好みますので、たっぷりと日の当たる場所で育てましょう。 十分に日が当たらないと枝が弱くなり、紅葉もしなくなってしまいます。 (7)虫対策・健康的に育てるコツ コキアは比較的害虫が付く心配の少ない種類です。 ただし、湿気の多い場所で育てるとうどんこ病にかかってしまう可能性がありますので、風通しの良い場所で育てましょう。 6)要注意・・育てる時に特に注意すべき2つのこと (1)植え替えはしない コキアは一年草ですので、植え替えは行いません。 (2)水の与え過ぎに注意 コキアは湿気が苦手な種類ですので、水の与えすぎには注意しましょう。 特に地植えで育てている場合は水やりは必要ありません。 また、コキアの実を収穫すれば食用にも出来ます。 さまざまな用途がありますので、自分の好みで楽しめます。 今回のまとめ 1)コキアの紹介 2)種類の違いはあるの?コキアの2つの種類と特徴 3)グッズを準備しよう!育てるのに用意するグッズ 4)正しい手順で栽培を!4つの栽培ステップとは 5)ここが重要!コキアを効果的に育てる7つのコツ 6)要注意・・育てる時に特に注意すべき2つのこと.

次の

コキアの育て方【春の種まき】剪定なしでキレイ!丈夫で初心者向き

コキア 栽培

名称 [ ] 和名は、乾燥した茎をに使うので、「ホウキギ」の名がつけたものである。 地方により様々な呼び名があり、ハハキギ 、ニワクサ 、 などの地方名がある。 中国植物名()では地膚(じふ)とよばれる。 学名のスコーパリア( scoparia) は「ほうき状の」の意。 特徴 [ ] 、、などの原産といわれ 、へは古くに渡来し、されている。 のような細かいが特徴で、秋に、茎も同様に赤くなる。 耐塩性が高い。 茎は直立、もしくは枝分かれして、はじめのうちは緑色をしているが、後に赤くなり、全体が球形から楕円形になる。 8 - 9月頃に赤みを帯びた茎枝は、固くなる。 は線状披針形である。 夏から秋にかけて、から多数の淡緑色のが束のように生えてくる。 花はとに分かれており、雄花からは黄色いが出る。 一方、雌花は深緑色で目立たない。 は、宿存萼に包まれて、星形になる。 紅葉したホウキギ(日本) 栽培 [ ] 種子は極めて小さくて軽いため、前年に植えた周辺から生えたを移植する方法も採られている。 日本での栽培地は、・が主な産地である。 ツツミノガ類が主な害虫である。 利用 [ ] 果実は、薬用・食用にされ、若芽は食用にされる。 昔は夏から秋に固くなった茎を根元から切り採って乾燥し、束ねてとして利用した。 同時期には果実も成熟しており、ビニールを広げて天日で乾燥し、打ち落としてから、風を送って実とかすを選別する。 乾燥させた果実は 地膚子(じふし)と称されるになり、滋養や強壮のほか、、皮膚のかゆみ、、、に効果があるといわている。 では、1日量3 - 10を、水500 - 600 で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている。 に対して、50グラムほどを布袋に入れてとして使用してもよいとも言われているが、皮膚が冷えているときの使用はとされる。 また成熟果実はの郷土料理「」の材料となる。 実はその性状から「畑のキャビア」「陸のキャビア」ともいわれ、てやに加えて食べられる。

次の

コキアを増やしたい! 最適な時期や方法、注意点を知っておきましょう

コキア 栽培

コキア(ほうき草)とは コキアは、アカザ科ホウキギ属の 一年草の植物です。 一年草ですので、春に種をまき晩秋には枯れてしまいます。 コキアの原産は西アジア~中央アジアで、観賞期間が長いのが特徴です。 和名は「 ホウキギ」で、他にも「イソボウキ」「ホウキグサ」「バーニングブッシュ」などと呼ばれています。 手入れをほとんどしなくても、自然にほうきを逆さまにしたような円錐の整った形になります。 コキアには丸っこい形になるものと、細長い形になるものがあります。 細長いタイプのコキアを束ねて、ほうきにすることもできます。 草丈は50~100cmほどで、繊細な茎葉が密に茂ります。 秋には紅葉し、ピンクから濃い紅色へときれいに色を変えていきます。 初心者でも簡単なコキア(ほうき草)の育て方 初心者の方でも簡単に育てられるコキア(ほうき草)の育て方を見ていきたいと思います。 コキアを植えるときは、まず 日当たりの良いところに植えるようにしましょう。 夏の直射日光には弱いので、半日陰の軒下などもおすすめです。 種からでも苗からでも育てることはできますが、初心者の方は 苗から育てるのがおすすめです。 苗を購入してきた場合は、 なるべく早く植え付けるようにしましょう。 根についている 土は崩さずに植え付けをおこないます。 時期は 4~5月頃におこないましょう。 何株か植え付ける場合は、30~50cmくらいの間隔をあけるようにしましょう。 土は弱酸性~中性になるように、植え付けをする1週間ほど前に 腐葉土や堆肥を2~3割ほど混ぜ込んでおきましょう。 この時に緩効性の化成肥料を一緒に混ぜ込んでおくのもよいでしょう。 植え付けをして根が張るまでは 土の表面が乾いたら水やりをおこないましょう。 根が張ってからは庭植にしたコキアに水やりは不要です。 夏は土が乾きすぎているときには、朝か夕方の涼しい時間帯に水やりをおこなうようにしましょう。 コキアが水切れを起こしてしまわないように気を付けます。 種から育てる場合は、 4月中旬~5月初旬に種まきをおこないます。 育苗ポット1つにつき2~5個の種をまくか、庭に筋蒔きかばら蒔きでまいていきます。 種をまいた後は、 薄く覆土をおこないましょう。 そして、土の表面が乾かないように管理していきます。 育苗ポットで育てていたときは、苗が小さいうちに植え替えます。 コキアは植え替えに弱い植物なので、根を傷つけないように気を付けましょう。 育苗ポットからの植え替え以外は、コキアは 植え替えをしないようにしましょう。 8月までに形を軽く整える程度の剪定をおこないます。 9月頃になると、種が熟して回収することができます。 紅葉が終わってからつく実から種を採取できます。 茶色くなったら今シーズンのコキアは終わりです。 刈り取って廃棄にするかほうきを作ってみましょう。 コキア(ほうき草)は鉢植えでも育つ? コキアは庭植えで育てるイメージが強いかもしれませんが、鉢植えでも育てることができます。 しかし、鉢植えだと庭植えほどこんもりと育たない場合もあるということを、注意しておきましょう。 鉢植えでコキアを育てる場合は、 6号鉢や8号鉢に1株を目安に植え付けましょう。 用土は、草花用の培養土や赤玉土(小粒):腐葉土を7:3であわせて緩効性の化成肥料を混ぜたものを使うのがおすすめです。 植え付けは庭植絵と同じように4~5月頃におこないます。 鉢を用意したら、鉢底網、軽石2~3cm、用土を入れ根鉢を崩さないようにコキアの株を置きます。 周りに用土を入れていき用土がいっぱいになったら、水を鉢底から流れ出てくるまでたっぷりとやります。 植え付けてからは、用土が乾いたらたっぷりと水やりをおこないましょう。 夏は直射日光の当たらない半日陰で管理するようにしましょう。 6~8月には 月に1回置き肥をするか、 月に3回ほど薄めた液体肥料をやるようにしましょう。

次の