青梅 市 ハザード マップ。 府中市水害ハザードマップ 東京都府中市ホームページ

洪水ハザードマップ

青梅 市 ハザード マップ

一般に「1. 5」を超えれば要注意で、「2. 0」以上の場合は強い揺れへの備えが必要であるとされる。 防災科学技術研究所の分析では、1. 6以上で地盤が弱いことを示すとしている。 282• 1,704• 1,415• 6,284• 3,462•

次の

ハザードマップ(洪水・土砂災害)|宇都宮市公式Webサイト

青梅 市 ハザード マップ

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする氾濫が発生した場合に、浸水が想定される範囲とその程度、及び地域の避難場所を示した地図です。 近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27(2015)年に水防法が改正されました。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16(2004)年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29(2017)年5月に改定しました。 また、中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区についても平成30(2018)年3月に改定をしました。 これまでの洪水ハザードマップは河川整備において基本となる降雨量を想定した浸水区域や浸水深を明示しておりましたが、水防法改正を受け、想定し得る最大規模の降雨量を想定した浸水区域、浸水深、浸水継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸侵食)に更新しています。 (これまで) 多摩川 2日間の総雨量457mm(200年に1回程度の確率) 鶴見川 2日間の総雨量405mm(150年に1回程度の確率) (これから) 多摩川 2日間の総雨量588mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 鶴見川 2日間の総雨量792mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 洪水ハザードマップ.

次の

飯能市土砂災害ハザードマップ|飯能市

青梅 市 ハザード マップ

土砂災害ハザードマップとは、急傾斜地崩壊等の土砂災害の発生の恐れがある際の対応について記載したものであり、洪水ハザードマップとは、大雨等による河川の氾濫に対する対応について記載したものです。 自宅が土砂災害警戒区域や浸水危険がある区域にあるかどうかを必ず確認して、災害の備えに役立ててください。 ハザードマップは市役所防災課窓口および該当地区の市民センターに置いてありますので御利用ください。 なお、土砂災害ハザードマップで明示している区域は、土砂災害警戒区域のみとなります。 青梅市土砂災害ハザードマップ 第1支会• 第2支会• 第3支会 第4支会• 第5支会• 第6支会• 第7支会• 第8支会• なお、の地域別防災マップにも最大浸水深予想(ランク別)が表示されています。 問い合わせ 部署名:市民安全部防災課.

次の