レクサス 認定 中古 車。 レクサスの中古車をCPO以外で購入するデメリットとは?

【購入体験談】420万円!認定中古車レクサスIS300h Fsports!サービスに感動!

レクサス 認定 中古 車

認定中古車とは自動車メーカー各社のディーラーが販売する中古車に対して、 メーカー独自の認定基準をクリアした中古車のことです。 メーカーの認定ですので一般的に普通の中古車よりもクオリティが良く、信頼性が高いことがメリットになっています。 しかし日本屈指の高級車ブランドであるレクサスの認定中古車にはさらに充実した認定基準があり、独自の認定中古車ブランドとして認定中古車を「CPO Certified Pre-Owned 」と呼んでいます。 そんなレクサスの認定中古車を購入するメリットは次の5つです。 高年式の中古車がそろっている まずレクサスの認定中古車の特徴は、高年式の中古車しか認定しないことにあります。 一般的な認定中古車はメーカーの基準さえ満たしていれば、新車後10年経過した車も認定中古車になります。 しかしレクサスでは独自の基準として、8年以上経過した車は認定中古車として認めていません。 現代の車は耐久性が昔と比べ物にならないほど上がっており、10年経過でも十分問題なく乗れるのですが、あえて レクサスは中古車のクオリティを保つため8年までとしています。 2019年1月現在ですと、8年落ちのレクサスにはIS250やLS460などがあります。 CT200hやRX450などはギリギリ8年以内です。 (現在のIS、LS、RX、の詳細は以下の記事をご参照ください。 ) なお8年以上経過した車は認定中古車にはなりませんが、その場合には一般の中古車として販売されます。 8年経過したからといって車としてのクオリティは十分残っており、中古車市場にそういった車が出てくれば結構お買い得です。 レクサスの一般の中古車は「ズバット」のサイトだと探しやすいですよ。 年式や予算も指定できるので目当ての車が見つかりやすいです。 詳細は「 」のサイトを以下のリンクからご参照ください。 認定中古車としての特別な点検整備がある 通常の中古車でも納車前には必ず点検整備が入りますが、レクサスの認定中古車には独自の点検整備項目があります。 また通常行われない部品交換サービスも含まれます。 点検整備項目は90項目以上 レクサスの認定中古車の点検整備項目は90項目以上に及び、それをレクサスの車に精通した整備士が点検整備を行います。 点検整備項目の中には一般の中古車でも行われていることもありますが、認定中古車はレクサス正規ディーラーの整備士が実施してくれますので信頼性が抜群です。 12項目の部品交換 レクサスの認定中古車は、部品の劣化度合によって事前に12項目の部品交換を行います。 12項目は次の通りです。 タイヤやバッテリー、ブレーキパッドなど消耗品の交換まで入っているところは、さすがレクサスと言えるでしょう。 無条件交換 エンジンオイル エンジンオイルフィルター ワイパーブレードゴム 年式、走行距離などの 条件により交換 タイヤ スペアタイヤも含む ブレーキフルード バッテリー Vベルト パワーステアリングベルト、ファンベルト、エアコンベルト タイミングベルト ブレーキパッド 点火プラグ エアクリーナエレメント ナビ地図ソフト この中でVベルトやタイミングベルトなどは、一般的に80,000km走行ぐらいで交換が必要な部品です。 もし1年の走行距離が10,000㎞換算ですと、認定中古車の期限である8年経過までに80,000kmに近づきますので、あらかじめ交換されていればその後も長く乗り続けられるでしょう。 なお通常の中古車の場合、無条件交換のものは実施するところも多いですが、その他の部品については事前に交換はされておらず、中古車購入時に交換費用などが加算されます。 ここまで細部まで行き届いているレクサスはやはりすごいですね。 ちなみにそれは数字に現れていて、レクサスの故障率は驚異的ですよ。 詳細は以下の記事をご参照ください。 無償で2年の保証が付き、追加も可能 通常の中古車の場合、車の故障などの保証は新車時のメーカー保証が期限になりますが、 レクサスの認定中古車の場合には購入時に2年の保証が無償で付き、費用負担はありますが追加で1年増やすこともできます。 これは中古車としてはなかなか考えられない保証の長さで、まさにレクサスが認定した中古車ならではと言えるでしょう。 この保証の長さを実現できるのは前述した点検整備のおかげだといえます。 事前に点検整備で悪いところを発見して対処してあり、普通の中古車に比べて信頼性が高く故障率が少ないためです。 この保証期間中は故障が起こっても無料修理が可能で、さらに期間中は6か月点検,12か月点検も無料になります。 もし 7年経過した認定中古車を買った場合は、通常でも9年目まで、延長すれば10年目まで保証が継続でき、10年落ちの中古車に新車保証同様の保証がついてくるという、普通は考えられないサービスです。 MEMO もしレクサスの認定中古車を買おうと思っている方は、正しい値引き交渉のやり方も覚えておくといいですよ。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 しかしそれ以上に重要なのは、次に説明する「CPOハイブリッド保証」です。 ハイブリッド車はとくに保証のメリットが大きい ここ10年でハイブリッド車は大人気となり、毎年かなりの台数のハイブリッド車が販売されています。 レクサスの認定中古車では、ハイブリッド車に対しても独自の「CPOハイブリッド保証」が付いており、期間内はハイブリッド機構の故障にも無料修理が受けられます。 これはハイブリッド車の中古車を買ううえで非常に大きなメリットで、ハイブリッド機構が故障した際の高額な修理金額が無料となるのです。 ハイブリッド車はエンジンと電気モーターを組み合わせた車のことで、エンジン、モーターのどちらか、もしくは両方を使って駆動しています。 ハイブリッド機構にはモーターの他に大型バッテリーやインバーターなどの専用部品があるのですが、もしこれらが故障した場合には修理費用として100,000円~200,000円もかかる高額修理部品なのです。 (詳細はハイブリッド車のプリウスの記事をご参照ください。 ) とくにバッテリーについては、スマホの電池などと同じく長い間使っていると容量がどんどん低下していきます。 中古車でハイブリッド車を買う場合には、年式や走行距離によってはバッテリー容量が減っている車も多く、すぐに動かなくなるわけではありませんが乗り続けていると交換が必要となります。 レクサスを含めたトヨタではハイブリッド機構の保証は「5年または100,000㎞保証」となっており、これを越えたハイブリッド車は中古車であっても有償修理となります。 しかしレクサスの認定中古車にはハイブリッド車に対する「 3年間もしくは新車登録から10年間のうちどちらか長い方。 ただし200,000㎞まで」のサービスが付いており、中古車にもかかわらず非常に長い保証受けられます。 これは3年または10年の保証ではなくどちらか長い方に適用されるため、次のような場合でも新車登録10年まで保証が受けられるのです。 3年落ち認定中古車:認定中古車保証2年+ハイブリッド保証は10年まで• レクサスオーナーとしての特典がついてくる レクサスという車は、車としての性能が良いだけではなくオーナーへのさまざまなサービスがありますが、認定中古車の購入でもサポートプログラムへ加入ができます。 次のような特典があり、認定中古車では中古車であってもレクサスオーナーとしてのステータスの高さも実感できるでしょう。 レクサスオーナーズカードを入手できる レクサスオーナーズカードはレクサスオーナーの証であり、点検整備時にスムーズに手続きができるほか、専用のラウンジを活用することができます。 まさにレクサスを所有した喜びを感じられるカードを中古車でも入手できるのは、認定中古車ならではです。 G-Linkを2年間無料で活用できる G-Linkは車に乗りながらレクサス専用の緊急対応デスクと連絡が取れるサービスで、事故や故障などの連絡に加え、警察消防などへの緊急連絡もサポートできるサービスです。 認定中古車を購入すると、無条件で2年間無料で活用できます。 急な事故などでもG-Linkを使って連絡すれば、レクサスのスタッフによるサポートが24時間365日受けられます。 普段必要な機能ではありませんが、緊急時には心強いサービスです。 レクサスオーナーズデスク さきほどのG-Linkの機能を使って、緊急時以外でも専用のオーナーズデスクでサポートが受けられるサービス。 レクサスに関するさまざまな質問や相談、または車のナビゲーション、ホテルや飲食店の予約まで、幅広いサービスに対応しています。 中古車でこういった高級車向けのサービスが受けられるのも認定中古車だからです。 レクサスオーナーズデスクは、以下の記事で深く掘り下げています。 興味のある方はあわせてどうぞ。 レクサスの認定中古車のデメリット ここまでレクサスの認定中古車のメリットをご紹介してきましたが、それとは逆にデメリットもあります。 それは中古車価格が高いということです。 中古車としては価格が割高 レクサスの認定中古車は信頼性も高く保証内容も良いのですが、その分中古車としては割高なのです。 車種にもよりますが、同年式、同程度の中古車を購入する場合、 普通の中古車屋で購入する場合とレクサス認定中古車では500,000円程度の価格差がでることがあります。 たしかに認定中古車にはメリット多いのですが、費用面だけを考えると結構な価格差がでてしまいます。 しかし事前に部品交換なども行われていることを考えれば、整備費用、修理費用を先払いしていると考えることもできるでしょう。 特に前述したハイブリッド車に対する保証は重要ですので、7年落ちなどのハイブリッド車を長く乗りたいのであれば、認定中古車はおすすめでしょう。 認定中古車が割高なのか、そうでないのかは、車の使い方やこの先どのぐらい乗るのかなど、考え方次第です。 レクサスの一般の中古車は「ズバット」のサイトを使うと価格などが調べやすいですよ。 年式や予算も指定できるので目当ての車が見つかりやすいです。 詳細は「 」のサイトを以下のリンクからご参照ください。

次の

レクサスの認定中古車「CPO」で購入するメリットとデメリット

レクサス 認定 中古 車

レクサスの新車はちょっと手が出せないから中古車を検討したい。 そこで、どのぐらいの価格で販売しているのか調べていたところ レクサス認定中古車「CPO サーティファイド・プリオウンド 」の存在を知りました。 そもそも認定中古車とは、販売店が定める厳しい基準をクリアした「メーカーに認められた中古車」のこと。 もしあなたが、中古車に対して不安を感じているなら「CPO」で購入すると安心かもしれません。 そこで本日の記事テーマに移ります。 ・レクサス店が販売する「CPO」のメリットとデメリットについて。 ・レクサスの中古車を買うなら「CPO」と「中古車販売店」にメリットが多いのか。 私なりの、超個人的な意見も含めて解説します(笑)• エンジンオイル• オイルフィルター• タイヤ• バッテリー• ブレーキオイル• ワイパーブレードゴム• タイミングベルト• 点火プラグ• エアクリーナーエレメント• ファン・パワステ・エアコンベルト• ブレーキパッド• ナビディスク を指します。 その中でも、エンジンオイルやオイルエレメント、さらにはワイパーブレードゴムなどは無条件で交換。 もちろん高額商品である「タイヤ」「バッテリー」なども走行距離や年式に応じて交換を積極的に実施します。 利益を上げるため、現状販売が多い中古車販売業界の中で他の業者と一線を画するサービスを実施しているとも言えるでしょう。 ただその一方で、これぐらいの消耗部品の交換作業は他の販売店でもおこなっているので「CPO」だけが特別ってわけではないでしょう。 たとえば「トヨタ」「日産」「ホンダ」「ダイハツ」などディーラーは当然、「ガリバー」や「ビッグモーター」など中古車販売店でも納車前点検はしっかり実施されています。 いずれにせよ、 メーカーで納車前点検が受けられるのはやっぱり安心ですよね。 レクサス認定中古車「CPO」は最大で3年間の保証がある。 そもそもレクサスには新車から「 5年間・走行距離100000km」のメーカー保証がついています。 CPOで購入した中古車は無条件に「 2年間・走行距離無制限」の保証がつけられます(CPO保証) 具体的には、オイルやブレーキパッドなど消耗部品、オイルなど油脂を除き、またはバンパーやドアなど内外装部品を除く全部品が保証の対象となります。 もちろん「走る・曲がる・止まる」を含めたエンジンやブレーキ、ステアリングなど重要なパーツも当然保証されます。 またCPOの中古車では独自に有料で 1年間の延長保証を受けられるようになります。 出典:レクサス じゃあ「中古車をレクサス以外で購入すると、保証は受けられないの?」と疑問に思うかもしれません。 でもそこは安心してもらってもいいです。 違う場所で購入しても「5年間・100000km」のメーカー保証範囲内であれば、 レクサスで12ヶ月点検 有償 を受けることにより新車保証は継承することができます。 つまりレクサスが定期点検をして現状に問題がないと確認できれば保証対象車として認められることになります。 一方で、保証だけなら「 レクサスだけ」にこだわる必要はありません。 なぜなら大手の中古車販売店では、ディーラーよりも保証制度が充実しているからです。 たとえば、中古車販売店のでは、なんと 最大10年間の特別保証があるため、レクサスの保証期間よりも長期にわたります。 そもそも故障自体が他のメーカーよりも圧倒的に少ない「レクサス」 どの保証タイプを選ぶかの判断については、自分が「 レクサス店で買うことにこだわりがある」のか。 それとも、自分が単純に「 レクサス車に乗りたいのか」で購入先を選ぶといいのかもしれませんよ。 まあ一部、コアなレクサスファンじゃない限り、「RXが欲しい!」「LSの乗りたい!」など「車種指名買い」がほどんどなんですけどね。 購入から2年間は定期点検が無料で受けられる。 CPOで購入すると、 2年間は定期点検が無条件で実施されます。 かんたんにいうと、ディーラーのメンテナンスパックのようなものと考えればいいでしょう。 車検の時期を基準として、半年間隔で6ヶ月点検を2回、12ヶ月定期点検を1回無料で実施されます。 半年に1度レクサス店で点検を受けられるので、最低でも購入から2年間は整備品質が保たれます。 あまり自主的に点検を受けないユーザーなどには便利かもしれません。 でも1点だけ注意があり、 車検は有償になります。 サービス期間中に車検をまたいでしまうとここだけ有償になります。 出典:レクサス もちろん車検なのでどこで受けても構いません。 レクサスでも、トヨタ店でも、あえて車検費用が安くなるなどを利用してもいいでしょう。 「車内」でネットワークサービスが受けられる。 CPOで購入したユーザーには、新車購入者が受けられるサービス「Gリンク」「レクサスオーナーズデスク」をサービスの恩恵を受けることができます。 Gリンクとは車内にネットワークサービスを用いるサービスのことで、緊急時のトラブルに対応する「緊急サポート24」や「ヘルプネット」などのサービスです。 ただレクサスってびっくりするぐらい故障のない車なので、どこまでこのサービスをフル活用できるかは正直微妙。 個人的には「あったら便利だよね」レベルで、 絶対に必須なわけではありません。 そもそも車に乗っていて故障した場合には、自動車保険のロードサービスに頼るので必要はありませんけどね。 中古車なのに残価設定型プランで購入できる。 出典:レクサス CPOは中古車なのですが、新車と同様に「スマートバリュープラン」と呼ぼれる残価設定型プランで購入できます。 あらかじめ車両価格の一部を据え置き価格に設定して、それ以外の金額をローンで支払っていくサービスです。 そしてローンが最終回になった時点で残りの残債に対して再ローンを組むか、車両を一括返済または買い取りするかを選べるサービス。 関連 通常のローンも組めますが、 残価設定型プラン最大のメリットは4. そのためにも残価設定型の「スマートバリュープラン」は積極的に活用するべきでしょう。 レクサス「CPO」を購入するデメリット メリットばかり言っていてもフェアじゃないので、ここではしっかりとデメリットにも目を向けましょう。 レクサス認定中古車だから「高い」 CPOはレクサス認定中古車という看板を背負っているせいもあり、中古車としては値が張ります。 たとえば、2014年から2016年モデルの「RX」をと比較した場合。 レクサスCPOは、 400万円から高いもので700万円近くします。 出典:レクサス その一方で、ガリバーの場合には 300万円ぐらいからと約100万円ぐらいの差があるのです。 100万円の価格差だけを切り取ってしまうと、CPOは割高に感じてしまうがこの判断は難しいところ。 たとえば100万円高い金額で購入するのを、「レクサスで買う安心料」ととればその価格差も保険のようなものと考えればいいでしょう。 でもその一方で、そもそもレクサスは故障しない・故障しにくいので割高になるという考え方もあります。 私の場合は後者で、CPOはメーカーの看板や広告料なども含まれているので正直割高に感じてますけどね。 レクサスでしかサービスを受けられない CPOを含むレクサスの整備はレクサス店での対応になります(一部トヨタディーラーでも受けられるが) これが一定数のユーザーにとっては、最大のデメリットになるかもしれません。 なぜなら、レクサス店に近くに住んでいない方がほとんどだからです。 地域にもよりますが、2017年の時点全国182店舗しかないのは大きなマイナス要素になります。 北海道なんてこれだけ広大なのに8店舗しかない・・・ 私は地方都市に住んでいますが、自分の住んでいる地域にレクサスは「1店舗」しか存在していません。 ほとんどのユーザーにとって状況は同じのはず。 もちろん一部のトヨタディーラーでも保証は受けられますが、レクサスで整備を受けられない店舗のほうが圧倒的に多いのです。 家の近所にレクサス店があるなら苦労はしませんが、近くになければ本当に不便で仕方ありません。 それならCPOにこだわらず、自分の好きな車種を中古車販売店にて購入してその販売店の保証なりに加入するべきでしょう。 レクサス「CPO」のメリット・デメリットまとめ 品質という意味では、たとえば新車で700万だとするとCPOだと650万はします。 その他中古車販売店で購入した場合には、500万円といったところでしょうか? 本当にレクサスオーナーになりたいのなら新車かCPOを買うべきです。 あなたはレクサス車を購入すると同時に、レクサス店とも付き合いを始めていくのですから。 でも勘違いしてほしくないのは、どこでレクサス車を購入してもレクサスオーナーであることに代わりはありません。 それなら、状態がよくお手頃かつ保証が充実した販売店で購入するべきだというのが私の持論でもあります。 だった買う場所によって約100万円も違うんですよ? それなら答えはもうすでに出ていると思うんですけど、どうでしょうか? ガリバーは中古車の不安要素でもある 全車修復歴(事故歴)をチェック済みです。 また、条件次第(有償)で最大「 10年の長期保証」があるので、他の中古車販売店よりも圧倒的にアフターサービスが充実しています。 しかも、中古車としては異例ともいえる 100日間の返品制度もあるので安心して購入することができます。 これから、あなたと長い時間を共にする「最高の相棒」を探している方にもおすすめ。 私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、 予想してたよりもはるかに低い査定額でした。 そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、 最大で234,000円の価格差がついたのです。 しかも、はじめに 「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の 「相場価格」もかんたんに知ることができる。 無料一括査定なら 最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも 1分程度で終わるのでおすすめ。

次の

レクサスの認定中古車は普通の中古車とどう違う?メリット・デメリットから値引き情報まで

レクサス 認定 中古 車

毎週のように100キロ以上高速道路を運転するため、乗り心地がよい車で、加速も十分なものがよいと思っていました。 また、貯金もあったため、この機会にベンツ、BMW、アウディ、レクサスのいずれかにしようと決めていました。 排気量については2000㏄以上がよいと思っていたので、Dクラス、Cクラスのセダンか同等排気量のSUVがターゲットでした。 その中でもまずレクサスブランドを選んだのは店舗のサービスが良かったことに加え、部品のほとんどが純粋な日本製であるということでした。 日本のハイエンドブランドを応援したいという気持ちもありました。 車種は、GS、IS、NXで悩んでいましたが、それまで乗っていた車がフォルクスワーゲンのゴルフであったことから、GSでは大きすぎると思い、ISとNXで悩み、走行安定性の良さからISに絞られました。 個人的に外観も一番かっこよいと思い満足しています。 正規ディーラーのサービスに感動! 家から近い正規ディーラー店で購入しました。 この店舗では認定中古も取り扱っていました。 購入店舗の対応は非常に良かったです。 アポなしで訪問しましたが、いきなり試乗してみますか?と聞かれました。 この店舗は駅から近かったため、徒歩で訪問したのですが、帰りは店のレクサスで自宅まで送迎してくれました。 その後、店舗を訪問するときは、自宅まで迎えに来てくれ、往復の移動は常にレクサスでした。 このサービスには感動しました。 店舗内でのサービスは毎回コーヒーやジュース、お菓子が提供され、キッズスペースも充実しているため、子供を気にすることなく商談できました。 女性スタッフが子供の相手をしてくれることもありました。 私はほかにBMW、フォルクスワーゲン、アウディにもアポなしで訪問しましたが、買うか買わないかわからない段階でのサービスでは、レクサスが最も良かったと思います。 一方で、値引きについては新車はもとより、中古車でも基本的に提示された価格から引くことはありませんでした。 これは 「レクサスのルールで値引き自体を禁じているため」とのことです。 しかし、下取りがある場合には、下取り価格を高めにして、実質値引きを行うことはできるという話でした。 また、特にドイツ御三家などの外車からの乗り換えだとより下取り価格を高くしてくれると話していました。 中古車でも車両・サービス共に大満足! ディーラー車で走行距離12000kmのものを購入しましたが、感覚としては新車とかわらないと思います。 シートのすわり心地がよく、長時間乗っていても疲れません。 シートにホールドがついているのでカーブを高速で曲がってもしっかり保持してくれます。 認定中古車で購入しましたが、サービスは新品と変わらないようです。 レクサスオーナーズデスクが使え、全国レクサス店のラウンジが無料で使えます。 また、新車が出るたびに案内が届き、買う意思がなくても容易に試乗させてもらえます。 カーケアについては、半年ごとに点検があります。 その他、アフターケアで特筆すべきなのが、 洗車無料サービスです。 担当営業マンが空いていれば、いつでも洗車を無料で行ってくれます。 これはかなりありがたいです。 レクサスに試乗にいく前に!! レクサスは値引きが無いことで有名。 それでも交渉次第では値引きを頑張ってくれたという事例もあります。 ですが、レクサスのディーラーとはアフターサービスを通して長い付き合いになることが多いので、 過度に値引きの交渉をすると担当者とのその後の付き合いに影響が出ることは想像できますよね? そこでおすすめなのが現在の愛車を下取りではなく、 中古車販売店に売却することです。 「下取り」と「売却」どちらが高く売れるのかは需要と供給ですので、一概には言えません。 ですが、他社の車を下取りすることはディーラーにとっても利益が少なく面倒な作業。 購入の商談だけの方が担当者にも喜ばれるのです。 試乗、商談までに愛車を売却するなら を使用する方が多くなっています。

次の