オネエ フィギュアスケート。 スケート・フィギュアスケート 人気ブログランキングとブログ検索

全日本フィギュアは長野に決定!スケ連の強化指定人選は妥当なのか?

オネエ フィギュアスケート

【CONTENTS】• プロフィール 名前:高橋 大輔(たかはし だいすけ) 生年月日:1986年3月16日 (現在33歳) 出身地:岡山県倉敷市 血液型:A型 身長:165cm 職業:フィギュアスケート選手 所属:関大KFSC 【経 歴】 当時8歳の時にフィギュアスケートを始めた高橋大輔さんは、2002年の 「世界ジュニアフィギュアスケート選手権」での優勝を皮切りに、各大会で上位ランクに名を挙げるようになります。 そして高橋大輔さんの名前を世界に轟かせたのが2010年の 「バンクーバーオリンピック」ですね。 男子シングルで日本人初のメダルとなる銅メダルを獲得し、一躍時の人となりました。 バンクーバーオリンピックから1ヶ月後の 「世界フィギュアスケート選手権」でも完全優勝を果たすなど、もはや無双モードに突入していた高橋大輔さんですが、ケガの影響もあり、以降は思うような成績を残すことができずに2014年に現役引退をしています。 現役引退後はアイスショーに出演したりと精力的に活動していた高橋大輔さんですが、2018年7月に再び現役復帰を発表しています。 フィギュアスケートへの未練や、国際舞台での 「勝負」ではなく、自分の納得できる滑りにこだわりたいとの想いを胸に、フィギュアスケーターとして第二のスタートを切っていますね。 オネエ&バイをカミングアウト? 2018年に電撃の現役復帰を発表した高橋大輔さんですが、ネットではなんと 「オネエ」や 「バイ」であることをカミングアウトしたという噂が飛び交っていました。 また、そうした疑惑が浮上してしまったことには一連の流れと証拠があるようでした。 調査してみると、そもそもこうした 「オネエ」や 「バイ」という噂が浮上した理由としては、インタビュー中にうっかりオネエ言葉が出てしまったことが原因で一部のファンの間で疑惑に繋がったことが始まりだということが判明しました。 さらにアメリカ・ニューヨークで開催された世界最大のゲイの祭典 『NY・ゲイ・プライド・パレード』に参加したことが公となり、疑惑がさらに深まったようですね。 そして追い討ちをかけたのが、テレビ番組でメンタリストの DaiGo(だいご)さんとの 『心理カードバトル』での質疑応答により、 「どこを探しても、女子力が高いところしか出てこない。 」、 「不自然なほど女子力高い。 っていうか、女子って感じ。 」とDaiGoさんに指摘されたことが決め手となったようです。 DaiGoさんの観察眼は怖いほど鋭く、不本意ながら真相を掴む手掛かりとなってしまったようですね。 実際に高橋大輔さんが 「オネエ」や 「バイ」であることを直接認めたわけではないのですが、そうした言動や仕草など、総合的に判断して 「もはや、カミングアウトしているも同然。 」という反応を持つ方が多くいらっしゃることは事実のようですね 酒癖悪い噂! 様々な疑惑が浮上している高橋大輔さんですが、お酒の席においてもあまり良い話がないようですね。 大のお酒好きであるという高橋大輔さん。 アスリートとして食事制限だけでなくアルコールも制限して体型維持に努めているそうなのですが、試合が終わるとお酒を解禁し、ベロベロ状態になると語っていました。 また お酒を飲むと性格が変わるようで、甘えたがりになり、ボディータッチも多くなるようです。 こうした酒癖についてファンを始め周囲の人からは一歩距離を置かれてしまっているのかもしれませんね。 ところが結論から言うと、高橋大輔さんはご結婚もされていませんし、当然ながら子供さんもいらっしゃいません。 では、なぜこのような話題がでているのか・・・。 まずはその発端となった画像をチェックしてみましょう。 皆さん、お気づきでしょうか? 高橋大輔さんの手に注目していただきたいのですが、 左手の薬指に指輪がはめられています。 一般的には左手の薬指にはめる指輪は 「永遠の愛を誓う」など、結婚したことを証明する意味合いが強いことから、高橋大輔さんの結婚疑惑が浮上したようですね。 ところが、実際にはご結婚はされていない高橋大輔さん。 一部ではこの左手の薬指の指輪の意味は、前述した 「オネエ」や 「バイ」という疑惑から高橋大輔さんが彼氏との愛の証としてはめているという説もありました。 真相は未だ謎のままですが、いつか高橋大輔さん本人の口からその意図が語られる日が来るかもしれませんね。 まとめ いかがでしたか? 電撃の現役復帰をしたことで再び注目を集めている中で、これまで語られることのなかった高橋大輔さんの素顔について調査してみましたが、本当の意味で今後その真相を掴むことはできるのでしょうか。

次の

アダムリッポン(フィギュア)オネエカミングアウトにワグナーがフォロー!

オネエ フィギュアスケート

ゲイであるからといって、僕がどんな人間か決まるわけじゃない。 僕を定義づけているのは、 僕が母にいつも言われていたこと。 どんな人にも尊敬をもって接し、いつも努力家であり親切であること。 それが僕という人間なんだ。 ー引用:SKATINGより お母様の言葉、素敵ですよね。 自由の国アメリカといえど、 カミングアウトするにはかなり勇気がいるものです。 特にフィギュア界では2014年ソチ五輪の前に 「反ゲイ法」が施行される場面がありました。 しかし、アダムリッポン選手が所属している米スケート連盟は、 カミングアウトしようとする彼をサポート。 そして同じくアメリカ代表のアシュリー・ワグナー選手も、 彼のスタイルを応援しフォローしていました。 そんな後押しを受けてのカミングアウト。 アダム選手は さん adaripp がシェアした投稿 — 4月 20, 2016 at 1:36午後 PDT このように素敵すぎるアダムとワグナーのツーショットが たくさんアップされているんです。 これらの写真から、 もしかして二人は付き合ってるの?と噂が立っているようです。 しかし、真相は恋人ではなく大親友! アダムがカミングアウトした時も、 彼のことを一番にサポートしフォローしたのはワグナー選手でした。 性別を超えた友情でしっかりと繋がっているんです。 カミングアウトの後には、 多少なりとも差別を受けることになったようですが、 こうして近しい人たちがサポートしてくれたのは 大きな支えだったでしょうね。 カミングアウトの後に待ち構えていた苦難。 しかしアダム選手はその後も活躍し成績を伸ばしていきます。 そして、平昌オリンピックの代表に! 個人的には応援しているので オリンピックでの戦績も気になります。 次の章では、最新のスコアをご紹介いたします! アダムリッポンのまとめ1. 2015年にアダムリッポン選手はゲイであることをカミングアウト 2. ワグナー選手はアダム選手の大親友 3. 平昌オリンピックではアダムらしい色気のある滑りに期待! とっても魅力的なアダムリッポン選手。 そのイケメンなビジュアルと色気のあるスケーティングに大注目。 しかし、 その魅力の裏には葛藤や勇気がある ということがわかりました。

次の

ジェイソンブラウンの彼女は?親日家説とオネエコーチを調査!

オネエ フィギュアスケート

順位 名前 大会ごとの得点 得点 合計 最高 順位 スコア 合計 USA CAN FRA CHN RUS JPN 1 コストルナヤ 15 15 30 1 476. 00 2 トゥルソワ 15 15 30 1 475. 49 3 シェルバコワ 15 15 30 1 453. 80 4 紀平梨花 13 13 26 2 462. 17 5 ザギトワ 13 11 24 2 434. 05 6 テネル 13 9 22 2 427. 45 ファイナル進出はここまで 7 宮原知子 13 9 22 2 403. 60 8 マライア 11 11 22 3 418. 56 9 エロス 11 11 22 3 415. 07 大会結果を基準に考えるのなら、ノミネートされたメンバーを見てみると、あれ?ってなる。 男子のメッシングや昌磨が入っているのはなぜ? 女子ではテネルが入っていなくて、メドべが入っているのはなぜ?ってなる。 新人賞と同じく競技の成績で決めればいいじゃない。 自分達でいつも競技で選手に優劣つけてるんだから。 ここでアリ氏のインタビューを思い出してみて。 私が同じ質問をした10人中10人全員が「チェン」と答えました。 2年前ならジェーニャ・メドヴェデワだったでしょう。 平昌五輪シーズンなら間違いなくアリオナ・サフチェンコ このような称号を獲る選手には一定の利益があるはずです。 まず、エキシビジョンでの選手の価値が違うものになるはずです。 フィギュアスケートが好きな人たちは、自分の目の前にいあるのは単なる世界選手権の金メダリストではなく、最高の中の最高なのだとわかってくれるはずです。 私たちには、フィギュアスケートの歴史に多大な貢献をした人々を称える機会がないのです。 表向きはファンによる人気投票でした!なんて言うのでしょうね。 だって、アリやISU副会長ラケルニクが審査員を務める選考委員が最終的に選ぶんですもの。 でもそれだとまた物議を醸す。 唯一この賞はノミネートがない。 もちろん一般やメディアの投票もなし。 当日発表するだけ。 ここでアリ氏のインタビューを。 ー日本のフィギュアスケートは羽生一人だけにかかっているのでしょうか? 私はビジネスマンとして、羽生結弦に、出来るだけ長く滑り続けてほしいと強く願っています。 ユヅルがグランプリシリーズのロステレコム杯に来ると、約5000人の日本人ファンが彼のあとを追って、日本からやってきます。 この人数でさえ少なく抑えられたと言われました。 このような日本人たちがホテルを予約し、チケットを買い、自費で通訳さえも雇うのです。 ここまでの商業的人気を集める日本人選手は他にはいませんし、これまでにいたこともありません。 浅田真央でさえ。 ですから、羽生結弦に健康と繁栄を強く願うのです。 このことを、世界のショー・マネージャー全員が祈っています。 羽生と日本に。 本当に嫌な予感しかしないのよ。 結局はアリの魂胆て、スケーターを利用して、ファンの心理さえも利用して、 マネージメントの力をISUを使って世に示して、自分の権威を高めていきたいだけなんでしょうね。 項目名 評価内容 スケート技術(Skating Skills) プログラム全体の、スケーティングの質やスピード、その変化など。 エッジやステップ、ターンなどを使用し、エッジコントロールができているか。 要素のつなぎ(Transitions) 要素と要素の間の、ステップなどのつなぎに多様性があるか。 要素への出入りの特所など。 演技(Performance) 音楽に合った身のこなし、スピードの変化、演技をしているか。 感情、知性を使って伝えているか。 構成(Composition) 調和のとれたプログラム構成、またハイライトの分布になっているか。 動作とプログラムの部分部分が音楽のフレーズとマッチしているか。 音楽の解釈(Interpretation of the Music) 音楽を理解し、それに合った動き・表現がされているか。 音楽の性質と感情の表現ができているか。 今のジャッジの傾向って、ジャンプに比例させて、演技構成点がどんどん高くなっていってるでしょ? ここにシリアスエラーなんて不可解なものを作り、演技構成点に上限を付けてること自体おかしいのよ! なんでジャンプミスと音の解釈が連動しているの??? そんなの関係ないじゃない! 正しい技術や、心揺さぶる表現力をきちんと評価せずに、アワードでエンターテインメント賞!なんて順番違くない? 自分達がおざなりにしているジャッジングがおかしなことになってるから、フィギュアって人気低迷してるのよ。 それどころかファンをも困惑させて、いろいろな物議を醸す火種の原因を作ってるだけ。 本当は違う楽しいお話をしたかったのだけど、昨晩のアリインタビュー記事を読んでから、 怒りしかなくて、ずっとこのような内容になって申し訳ないです。 また楽しい記事も書いていきますね。 最後までお読み頂き、ありがとうございます。 共感して頂けることがあれば、ぜひ 下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります! ちょび助 2020年5月23日 9:55 PM オネエ様、こんばんわ。 オネエ様が連投でこの話題を取り上げてらっしゃるということは、相当腹に据えかねてらっしゃるのですね。 わたし、急にもっといやな予感してきたんですけど、ひょっとして最優秀も特別功労賞もどこにもゆづは入ってないんじゃないでしょうか?だってオネエ様、2年前ならメドべ、3〜4年前ならパパ&シゼ、平昌ならアリオナ・サフチェンコですよ。 怪我を乗り越え66年ぶり連覇も、GAOTと称されるきっかけとなった2017年ヘルシンキも、神演技の2015年GPFも全て完全スルーです。 ゆづを特別功労にしといて最優秀はどうせネイサンでしょ、て思ってたけど、それですらもないんじゃないでしょうか?つまりゆづは利用されるだけなのでは…。 選手たちはどう思っているのでしょう。 公正公平にジャッジされメダルを手にする以上の名誉なんてあるんでしょうか。 ちなみにネイサンファンや宇野ファンは楽しみにしているようです。 羽生ファンの人で「アワード見ないように呼びかけ拡散します」という人見ました。 オネエ様、本当にどうしたらいいのでしょう。 ちょび助 2020年5月24日 11:14 AM MAOファン様 とりわけ羽生ファンがこのアワードを快く思っていない理由は、このアリという男が自分の金儲けためと、自分の贔屓の選手や関係者にだけ利益をもたらすためにゆづ人気を利用しているということだと思うんですよ。 そういう意味では宇野選手もネイサン選手も利用されるほどの経済効果はないわけで、だから何も考えることなく楽しむことができるのだと思います。 特にラファはアリと昵懇の仲らしいので、ネイサンファンがアワードを否定する理由はありませんよね。 しかし賞はほぼほぼ出来レースで、ゆづの票はそのままネイサンのものとして発表されるのでしょうね。 もしライブで投票が行われたならネイサンが最優秀に選ばれることは間違ってもないでしょう。 でもその一方で自分のこういう妄想・ある意味うがった見方が否定されてくれればとも思うのです。 ジゼル 2020年5月24日 12:21 PM MAOファン様 私は羽生君と昌磨両方のファンです。 そしてアリ氏の発言には煮えくり返る思いですよ。 ていうかスケートを愛するファンなら羽生君昌磨ネイサンファン誰のファンだってこのアワードの趣旨には違和感だと思いますよ! ついでに言えばアリ氏が同じ写真に収まっているからってあれこれ言われるラファだっていい迷惑です アリ氏が発言し写真一緒にとったからって同じ考えとみなすのは違うし。 連盟のお偉いさんが来たら表面的にはお付き合いをするのは社会的マナーです。 私達だって勤めてれば社長が嫌いだろうが首相がトンチンカンだろうが オッと 求められれば握手をしそれなりの対応するのと同じ事。 ラファ自身の発言昌磨やネイサン自身の発言が本人の真意で、そこしかないのです。 羽生君が連盟のお偉いさんと写真撮影や社会的な付き合いしたからってその人とまとめられたくないのと同じ。 それぞれの発言と行動から判断しようよ、て感じです。 だからこその「自分のこういう妄想・ある意味うがった見方が否定されてくれれば」なのです。 ちなみに私は宇野選手のアンチじゃないですよ(笑)。 でもぶっちゃけて言うとラファとネイサンは好きではありません。 これはこれまでの彼らの発言と行動から判断した個人的な感想ですけど。 その感じたものからアリとラファやネイサンは気が合うだろうなと思ったのです。 別にラファとネイサンが金の亡者ってことじゃないですよ(笑)なんと言うか…うまく言えないんですけど、価値観みたいなものが似てるように思ったんです。 ただどれだけ彼らの発言や行動から判断したとしても実際に会ったこともない以上結局、妄想の域を脱しないんですけどね。 (笑)本当はなるべくポジティブなことを言いたいんだけど、このアワードのような話題になるとついつい吐き出してしまいます。 長くてすみません…。 昌磨が好きでも 誰のファンでも アリ氏のアワードの趣旨を知り、ノミネートや受賞が嬉しくない人もいるよ~と言いたかったのです。 又、アリ氏の企みやアワードの趣旨を知らない人も多いので「楽しみ」とほんわか言っている人もいるかも知れませんよね。 あれこれ情報を詳細に仕入れている人の方が少ないので、羽生君ファンでも「アワード?楽しそう。 いつ?」と言う人もいる位なので。 みんなアリ氏に振り回されずに頑張って欲しいですね。 なんだかとりとめのない事を書いてしまい済みません。 このところ、アリ氏への怒りがおさまらないようですね。 まあそれはワタシ達ファンも同じなので、オネエ様の更新記事を読むたび、ウンウンと深~く頷いております。 まったくもって、こんな詐欺師まがいの男がイニシアチブを握っているISUに、存在価値ってあるのでしょうか。 こうなったら、もっと志の高く、フィギュアスケート愛の大きいOBや有志ファンで新しい組織を作るしかないのかな、と思います。 いや、マジで。 スポンサー 日本企業が多いですよね も、このあたりISUにきちんとモノ申さないと。 こんなでたらめな男を野放しにして、一方では意味不明のルール変更を強行して。 こんな愚策を見直さないなら、日本企業全体で協賛金引き上げます、くらい言わないと。 なんだか近頃の、WHOにケンカ売っている米大統領みたい。 本来はね、こんなこと言いたくはないんですけど。 アリ氏の顔見ていたらイベント屋始めたぺてん師、って印象しかないです。 つまり、ISU=ぺてん師に成り下がっているって事です。 スポーツビジネスって、何でしょう? ワタシ達は、多くのアスリートの競技から、勇気や元気そして感動をもらっています。 そして、そのアスリート達には競技を続ける為の、一定の費用が必須です。 それを調達するためのビジネスは必然ではあります。 ただ利益は本来、実費を除いた他がアスリート達に還元されるべきなんですよね。 でも、その利益に謎の項目をつけて一握りの関係者が懐をあたためている。 フィギュアにかぎらずこうしたシステムは、おそらくロス五輪から公認になったのですが、もうそれ以前に戻す事は難しいかもしれません。 ひとは既得権を手放さないですから。 それにしても今一度立ち止まり、アスリートもファンも多くの賛同を得られるような新たなシステムを構築すべき時期に来ているのだと思うのです。 本当に、とてもとても困難ではあるのですが。 ここでのワタシの発言なんて、取るに足らないんですけど…。 Nozi 2020年5月24日 1:15 AM オネエ様こんにちは! アリ氏が心からスケートを愛していれば、それが言動に出そうなものですが、残念ながら彼からは一切の愛を感じないわ。 今年はコロナで スポンサー企業などが今まで通りスケーターに支援が出来るかどうかわかりませんし、活動費用をまかなえずにスケートを続けるのが難しくなる選手もいるんじゃないかって心配です。 大会の開催だって、企業の支援が期待出来るのか不透明です。 そこで、アワードの興行収入をピンハネ無しでスケーターの支援に充てるのであればそれも少しは納得出来る部分があるけれど… ISUも、みんなで仲良くプーケット行く資金あるならジャッジの徹底教育とスケーターの支援を拡充して欲しいです!

次の