コインランドリー 敷布団。 敷布団をコインランドリーで丸洗い|乾燥機の使い方や注意点は?

敷布団をコインランドリーで丸洗い|乾燥機の使い方や注意点は?

コインランドリー 敷布団

コインランドリーで洗えるか確認するには? 敷布団をコインランドリーで洗えるかどうかは、敷布団のタイプや利用するコインランドリーによって決まってきます。 まずチェックしておきたいのが、敷布団の厚みです。 厚手の敷布団は、洗濯槽に入り切らない可能性があります。 一般的にキルティング加工がされていない敷布団は、中身の詰め物が偏りやすいことから、洗濯機での洗濯は避けた方が良いと言われています。 洗濯表示を確認 また、布団についている品質表示タグも、見ておく必要があります。 タグに洗濯不可の表示があれば、クリーニングに出した方が安心でしょう。 手洗いの指示がある場合も、洗濯機での洗濯は通常は出来ません。 このようなポイントをチェックしてみて、洗えそうと判断した時には、コインランドリーの洗濯機のタイプを確認します。 敷布団の洗濯に対応しているコインランドリーは増えていますが、導入している洗濯機の種類はお店によって様々です。 布団専用の洗濯機などがあれば、最初に容量をチェックしておきましょう。 12キログラムから15キログラム前後の容量があれば、敷布団の洗濯にも対応が出来ます。 敷布団のコインランドリーでの洗い方 コインランドリーで敷布団を洗う時には、そのお店が推奨する方法を参考にしてみましょう。 各店舗では、洗濯機のタイプに適した洗濯の仕方をおすすめしています。 導入している洗濯機のタイプによって、最適な洗い方が違うということももちろんあり得ます。 紐でしばる コインランドリーで敷布団を洗う際に多くの方が取り入れているのが、布団を紐で縛るという方法。 この方法の場合、敷布団を丸めて、3カ所程度を紐で縛ります。 こうすることで布団のサイズが小さくなり、洗濯槽に入りやすくなります。 しかしながら、このように紐で縛ると、洗濯にムラが生じやすいという問題があります。 すすぎ残しが発生する可能性もあり、洗濯機の容量を確認してから試すのがベストです。 コインランドリーによっては、縛らずにそのまま折り畳んで洗濯槽に入れるという方法を紹介しています。 洗濯槽に十分なゆとりがある時には、こういった方法も試してみる価値があるでしょう。 敷布団の洗濯にかかる時間は、平均30分前後。 その後、乾燥機に入れて乾かし、中まで十分に乾いたら洗濯は完了です。 所要時間は、実のところ洗濯機や乾燥機の機種によっても多少前後することがあります。 コインランドリーで敷布団を洗う時の注意点は? 容量に注意 容量を超えている敷布団は、基本的にその洗濯機では洗えません。 容量オーバーをしてしまうと、洗濯が十分に出来ないだけでなく、機器の故障に繋がることも少なくありません。 洗濯機の内部がオーバーヒートしてしまうケースもあり、容量オーバーは色々なトラブルの原因になります。 洗濯槽にギリギリ布団が入っても、きちんと洗えるかどうかはまた別問題です。 容量を超えている敷布団は、例え洗濯槽に詰め込めた場合でも無理をして洗濯を進めるのは避けましょう。 品質表示タグを確認 また、品質表示タグなどをチェックしておかないと、洗濯した後に布団の縮みや型崩れが生じる場合も少なくありません。 元々洗濯が出来ない素材の場合は、乾いても元に戻らない可能性があります。 加熱しすぎに注意 乾燥機を使用して敷布団を乾かす時は、加熱しすぎないように注意をしましょう。 化繊などの合成繊維は乾燥機の中で熱くなるケースがあり、終了ブザーがなるまでの間にも、時々中の様子を見ておくことが大切です。 途中で開けてみて既に布団が乾いている時には、その時点で洗濯を終了した方が生地を傷める心配がありません。 必要以上に乾燥を続けるのも、避けたいところです。 宅配クリーニングを利用するという方法もあります! 近くに適当なコインランドリーが見つからない場合、宅配クリーニングを利用するのも1案です。 宅配クリーニングは、全国から利用が出来る便利なクリーニングサービスになります。 集荷の申し込みをすると、クリーニングに出したい品物を宅配業者が引き取りにきてくれます。 敷布団などの大きな品物は、クリーニング店まで持ち込むのにも手間暇がかかります。 その点、宅配クリーニングなら、持ち運びの労力は不要。 宅配専用のキットなどが届くこともあり、品物を発送する際にも負担が少ないのが宅配クリーニングの特徴です。 また、汗の汚れはもちろん、カビやダニを徹底的に除去出来るのが、宅配クリーニングの良さでもあります。 ダニの発生を抑える加工をオプションで提供しているお店もありますので、クリーニング後の敷布団はより快適に使えるような状態になっています。 布団クリーニングならカジタクがオススメ! カジタクでは布団クリーニングを行っています。 カジタクのオススメポイント!• 安心の イオングループが運営。 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!• たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!•

次の

敷布団をコインランドリーで丸洗い|乾燥機の使い方や注意点は?

コインランドリー 敷布団

敷布団の洗濯方法 それでは次に、敷布団の洗濯方法を自宅でのやり方と、コインランドリーでのやり方に分けてご紹介します。 自宅で洗濯するならお湯で押し洗い 敷布団を自宅で洗濯するなら、中材のわたを劣化させないように優しく押し洗いをするようにしましょう(ウレタンが水に弱いものだとひどく劣化する可能性あり)。 以下の手順で洗濯します。 浴槽にお湯を貯める• 三つ折りにした敷布団を浴槽に沈める• 押し洗いをする(足で踏むと楽)• 汚れやシミが目立つなら洗剤を使う• 押して水気を切る• 乾燥させる 洗剤は天然素材に優しい中性洗剤を推奨します。 しかしもし、おねしょ汚れで敷布団にニオイが残っているのなら、クエン酸やレモン汁のような酸性の力でニオイを中和させましょう。 また、敷布団を乾かす時、直射日光に当て過ぎないように気をつけましょう。 側生地が日焼けをして傷んでしまう恐れがあります。 予め時間に余裕を持たせて、日陰干しメインでゆっくり乾かしましょう。 コインランドリーで洗濯するなら敷布団を紐で縛る コインランドリーでの洗濯は敷布団にとって過酷なため、使用感の悪化はさらに激しいです。 そのため、あまりおすすめできる方法ではありません。 そもそも、コインランドリーの店側が、敷布団の洗濯を受け付けていないこともあります。 しかし、何らかの事情で敷布団を自宅で洗濯できないのなら、以下のように敷布団を紐で縛ってから洗うことで劣化を抑えられます(洗浄力も若干落ちますが)。 紐で縛った布団 紐は天然繊維のものをおすすめします。 ビニール紐だと洗濯中にツルッと取れてしまいやすいです。 また、洗濯時間と乾燥時間は、機械ごとに変わりますので店側と相談して決めることをおすすめします。 おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか? 汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも 約10,000円の負担になります。 しかし、これら 液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。 それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「 プロテクト・ア・ベッド」です。 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。 マットレスの使用感を損なわない極薄0. 025mmの防水膜。 もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。 創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。 睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

次の

敷布団の洗濯方法(自宅&コインランドリー)とリスク

コインランドリー 敷布団

この記事のコンテンツ• コインランドリーで敷布団は洗濯できるの? 最近のコインランドリーって進化していますよね。 そうなると洗ってみたいのが「敷布団」。 でも3層構造の敷布団については、中心部にある固綿が偏ってしまうかもしれないので、洗わない方がいいようです。 私の友人のところは、子供がダブルの敷布団におねしょをしてしまったので、コインランドリーで洗ってみたと言っていました。 コインランドリーにはいろいろな大きさの洗濯機が並んでいますが、ダブルの敷布団は22KGの洗濯機で洗えたそうです。 その時にかかったお金は、洗濯機で1200円、30分乾燥機を使って400円だったようです。 30分で乾くの?と言ったのですが、持って帰る分には問題ないようです(ただし、寝るには天日干しが必要だとか)。 コインランドリーによっては布団専用のものもあるといいます。 ぜひチェックしてみて下さい! 敷布団をコインランドリーで洗濯する時にはこんなところに注意! 敷布団をコインランドリーで洗う場合、気を付けなくてはいけないことがあります。 まずキルティングのない布団は洗えません。 中身がバラバラになってしまうからです。 そして素材が綿や毛100%素材のものも洗えません。 洗う前に敷布団の洗濯表示を必ず確認するようにしましょう。 実際に洗う時に注意することは、中身がかたよらないようにするため布団を丸めて、さらに2〜3カ所ひもで縛っておく方がいいようです。 今回私が洗ってみた敷布団は10年以上使っているものですが、簡単に洗うことができました。 しかもクリーニングを利用するよりも安く洗うことができます。 毛布や夏用の掛布団であれば自宅の洗濯機でも洗えるけど、大きいものはコインランドリーを使った方が断然便利です!でも高価な布団は注意!コインランドリーで洗うことによって、痛む可能性があります。 お金はかかりますが、高級布団はクリーニング店に出した方が良いでしょう。 敷布団をコインランドリーで洗濯するとやっぱり料金は安いの? 最近のコインランドリーには靴専用・布団専用乾燥機・真綿専用まであるといいます。 そして洗濯料金も安くなっているとか。 クリーニング屋に掛け布団 羽毛 ・敷布団 綿 を出そうとしたら9000円かかると言われたのですが、近所のコインランドリーでは羽毛布団1,200円(大型)+1,000円(大型乾燥70分)=2,200円・敷布団900円(中型)+900円(大型乾燥63分)=1,800円、なんと合計4,000円!クリーニング屋に出す金額の半額以下になってしまうのです。 でも布団を洗う時には注意した方がいい点ももちろんあります。 ある人は掛布団はいいけど、敷布団はやめた方がいいといいます。 敷布団を洗う時に丸めて洗うことになりますが、そのせいで型崩れして寝心地が悪くなることもあるとか。 敷布団に関しては、クリーニング屋さんに頼むか、思い切って買い直した方が良いと言います。 もし洗って問題なかったとしても、干すのも大変。 大きな乾燥機があったとしても時間がかかるし、だからといって天日干ししたとしても天気によっては生乾きになってしまう可能性も。 そんな問題をクリアできれば、掛布団をコインランドリーで洗っても問題ないと考えられます。 コインランドリーで布団を洗う前に気を付けるポイントは? 掛布団をコインランドリーで洗う時にはいろいろ注意すべきことがありますが、洗えない敷布団の種類をチェックすることも大切です。 キルティング加工されていないものはNGだと話しましたが、旅館にあるような綿の和布団もNGです。 和布団に含まれている綿は洗濯すると固まりになってしまうのです。 家にある布団が和布団だったらコインランドリーで洗濯するのはあきらめましょう。 羊毛布団は洗うと縮むと言われています。 ただ、ポリエステルなどの化学繊維との混合素材であれば縮むのは少しなので、そのくらいなら・・・という方だったら洗ってみてもよいかもしれません。 実際に布団をコインランドリーで洗う時には、その大きさ選びにも注意が必要です。 値段が高くなるからと、ギリギリ入るくらいのものを選んでしまうと、脱水がうまくいかず、乾燥機を利用する時間が長くなってしまう場合もあるからです。 あとのことを考えて大きめの洗濯機を選ぶようにしましょう。 洗濯槽の3分の2以上の空間に余裕があった方が良いでしょう。 布団を洗濯する時には「乾燥」にも気を付けよう! 布団を洗う時に大切になることは 「乾燥」です。 布団の表面が暖かくなっていれば、もう乾いている・・・と思いがちですが、思ったより布団の中は乾いていないもの。 もし生乾きだったら、悪臭の原因にもなってしまいますし、カビも発生してしまいます。 布団を乾燥機に入れる場合は、大きさにもよりますが最低でも1時間は入れておくようにしましょう。 もし夏で日差しが強い日であれば、30分乾燥機を利用して、その後天日干しにしても大丈夫でしょう。 コインランドリーで洗えない布団があることはお話ししましたが、綿布団をどうしても洗いたい場合は、布団専用機があるコインランドリーを探しましょう。 布団専用の洗濯機であれば、プログラムの選択でドラムの回転を変えられる機能があったあり、乾燥機は回転せず、例えば物干しにつるした状態で乾燥出来るようなものも最近ではあるようです。 とはいえ、なかなか布団専用機のあるコインランドリーはまだまだ少ないといいます。 綿の敷布団はクリーニング業者に出した方がいいかもしれません。 そして洗濯につかう洗剤ですが、中性液体洗剤を2分の1に薄め使うのがおすすめです。 必ず水にとかしてから使うようにしましょう。

次の