キッチン カビキラー。 カビキラーとキッチンハイタ―の違い!効果的な使い方はコレ

カビキラーの使い方!洗面台、洗濯槽、キッチン、トイレ、畳、使える場所まとめ

キッチン カビキラー

カビキラーをお持ちの方、一度でもこんなことを思ったことはありませんか? 「これ、キッチンに使ってもいいかな…?」 わたしはお風呂掃除をした時、いつも思います。 ハイターを切らしているときは特にそうです。 お風呂のついでに、キッチンもきれいにしてしまいたい…そんな思いでいっぱいになります。 でも、浴室で使うのがカビキラーで、キッチンはやっぱりハイターだよね…と思われる方もいませんか? カビキラーでキッチンを掃除していいのか分かるだけで、そんな迷いが吹っ切れて家事が楽になることもあるはず…。 そこで、「キッチンにカビキラーはOKなのか、排水口やコンロ、食器にまで使えちゃうのか」を検証していきます! カビキラー片手に迷っている皆さん、ぜひ注目して読んでくださいね!• キッチンにお風呂のカビキラーを使ってもOK?ハイターとの違いは? ・カビキラーとハイターは何が違う? キッチン掃除と言えばハイターというイメージをお持ちの方も多いはず。 でもキッチンのしつこい汚れ、黒ずみ、生ゴミによるカビを見ていると、カビキラーでもイケるんじゃない?と思うことありますよね。 それでは何が違うのでしょうか。 当たり前ですがまずは会社が違います。 カビキラーはジョンソン、ハイターは花王から出されている製品です。 そして、気になる成分ですが…実はほとんど一緒。 次亜塩素酸ナトリウム・水酸化ナトリウム・界面活性剤の主に3つの成分より作られています。 「何だ、じゃあどっちを使ってもいいのか!」と思いますよね。 でも実は、微妙な違いにこそ使い分けた方がいい理由があるんです。 ・香料が使われているカビキラー お風呂場で使われることを想定しているのがカビキラー。 そのため、カビキラーには塩素臭を隠すための香料が使われています。 使ったことのある方は分かると思いますが、けっこう独特な香りが残りますよね。 そのため、あれがキッチンに香るということを想定して使う必要があります。 ・次亜塩素酸ナトリウムの濃度が違う 台所掃除にキッチン泡ハイターを使う方が多いと思いますが、カビキラーも同様に泡状のスプレーですよね。 この泡状タイプはスプレー時薬剤を人が吸い込んでも支障がないように、濃度が薄くなっていることがほとんど。 ですが、少しだけキッチン泡ハイターの方が次亜塩素酸ナトリウムの濃度が高めになっているようです。 最も強い洗浄力が得られるのは、液体タイプのハイター。 そのため、かなりしつこい汚れの場合は液体タイプが最もきれいになるんですよ。 ・結局カビキラーはキッチンに使っていいの? これらのことを見ていくと、カビキラーって結局キッチンに使っていいの?ダメなの?と思いますよね。 結論から言うと、使えます! ただし、上記で挙げた通り、香料が含まれていること、洗浄力の要となる次亜塩素酸ナトリウムの濃度はハイターに比べるとやや劣ることは充分理解した上で使うようにしてくださいね。 スポンサーリンク カビキラーはキッチン用排水口に使える? ・カビキラーで排水口がきれいになる! キッチンの排水口、覗いてみたらぬめりがすごい…ってこと経験された方も多いはず。 そんな汚れを見ると、カビキラーを使いたくなりますよね。 キッチンはステンレスなので、かなり長時間放置しない限りカビキラーを使ってOKです。 ステンレスは金属なのですが、カビキラーに対する耐性は高いため使えるんです。 実はカビキラーは金属と相性が悪いのですが…それはまた次の章でご説明します。 ・カビキラーで排水溝を掃除する方法 カビキラーの成分は水で薄まらない方がよく効くので、排水口の水気は雑巾などで拭き取っておきましょう。 そしてカビキラーをかけて、30分くらい放置してください。 その後水で洗い流せば完了ですが、この時柄が長いブラシを使って排水口の奥まで擦るとより汚れが落ちますよ。 使っている間は、換気扇をつけ、可能なら窓も開けて風の通りを良くしてくださいね。 また、食材を近くに置かないことも大事です。 相性が悪いと聞くと、有害物質が発生して人体に影響が…?と心配になるかもしれませんが、そういうわけではないのでご安心を。 ただ、金属部分がものすごく目立つ!というくらい色落ちしたり、錆びたりしてしまうので主婦の方にとってはショックが大きすぎるかもしれません。 実はわたしは昔、ガスコンロの取り外せる金属部分にカビキラーをかけてしまったことがあるのですが見事に錆びてしまいました。 「ちょっとくらい平気~。 」なんて思えないほどの錆び方だったので、絶対気を付けた方がいいです。 (放置時間が長かったのも原因かもしれません。 ) というか、基本コンロには使わない方がいいと思います。 面倒かもしれませんが、「毎週〇曜日はコンロ掃除の日」と決めておけば、あまり汚れもたまらずに済みます。 重曹やクエン酸なら100均にも売っていますし、キッチン周りにも安心なので、ぜひ一度試してみてください。 スポンサーリンク カビキラーは食器に使える? ・使い方には要注意! カビキラーとキッチン用ハイターの成分はほぼ一緒。 キッチン用ハイターは、湯のみの茶渋を取ったり、しつこい油汚れを取ったりするために使うことも多々ありますよね。 そのため、成分が同等なカビキラーは、食器に使っても基本的には問題ないと言えます。 食器が傷むとか、成分が中まで浸透してしまうとか、そんなことも無いので健康上の被害はそこまで心配しなくて大丈夫です。 ただ、気をつけて欲しいのはカビキラーの匂い。 香料が入っているので、食器に使うと匂いが気になる!ということも考えられます。 中には、旦那さんが良かれと思って勝手にカビキラーを食器に使っていた…なんてケースもあるみたいですね。 (こういう時って夫婦喧嘩になりやすいものです。 ) そんな時は、その食器をしっかり洗った後、熱湯にしばらく浸けておくと匂いもだいぶ落ちますよ。 また、お風呂に使うものを食器に使ってしまった…と気になる人にとっても熱湯に浸けておくことで安心感につながると思います。 食器に使う時も、必ず換気は忘れないようにしてくださいね。

次の

知っていますか!?カビキラーとキッチンハイターの違い!! │ みるぺぺ

キッチン カビキラー

ドラッグストアやホームセンター等で手軽に購入できる「カビキラー」。 あなたも手に取る機会は多いのではないでしょうか? このカビキラーは、お風呂で使うものと思われがちですが、実はキッチンで使用する事もできるのです。 そこで今回は、お風呂用カビキラーをキッチンでも使用できる理由についてご紹介していきます。 又、キッチンにはキッチン用のカビ取り剤を使いたいという方の為に、キッチンカビキラーという商品と、その使い方についても記載しています。 「塩素系漂白剤はいつもの生活に必須!」という方は、ぜひ最後までご覧下さいね! お風呂用のカビキラーはキッチンで使えるの?? 「カビキラー」と言えば、お風呂用のものを一番に思いつく方が多いのではないでしょうか。 実は、このお風呂用カビキラーはキッチンで使用する事も可能なのです。 カビキラーと市販のキッチン用のカビ取り剤は、成分がほとんど一緒で「次亜塩素酸ナトリウム」「水酸化ナトリウム」「界面活性剤」等が含まれています。 しかし、カビキラーは浴室で使われる事が多いので、塩素臭を軽減させる為に香料も含まれています。 又、直接スプレーするタイプのカビキラーは、吹き付ける際に薬剤が飛び散っても人体に大きな悪影響を与えないようにする為、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄いのです。 違いは上記のような点のみですので、キッチンでお風呂用のカビキラーも使う事ができるのですよ。 「でも、食べ物を扱うキッチンで、お風呂用のカビキラーを使うのは嫌だな・・・」という方にオススメしたいのが、下記でご紹介する「キッチンカビキラー」です! では、キッチンカビキラーについて詳しく記載していきますので、ぜひご覧下さいね。 キッチンにはキッチンカビキラーがオススメ!その使い方とは!? キッチンカビキラーとは、排水溝・ゴミ受け・三角コーナー等に付着したカビや雑菌を除去してくれるアイテムです。 それだけでなく、まな板やカップ等の漂白と除菌も行ってくれる優れものなのですよ。 使い方はとても簡単で、 対象物に直接スプレーして、5分~数十分放置し洗い流すだけです。 これだけでキッチン周りのカビ除去・ヌメリ除去・嫌な臭い防止・除菌を行えますので、一本あれば大助かりですね。 お風呂用のカビキラーをキッチンで使用する事に抵抗がある方は、ぜひキッチンカビキラーを使ってみて下さいね。 キッチンカビキラーを使う際の注意点とは!? キッチンカビキラーはとても便利なアイテムですが、塩素系漂白剤ですので使用の際は注意が必要です。 注意点を下記で記載していきますので、きちんと知っておきましょうね! 1:体調が優れない方や心臓病・呼吸器疾患等をお持ちの方は使用しない 2:キッチンカビキラーを使用する際は、必ず換気を行う 3:ゴム手袋・マスク・メガネ等を着用し、キッチンカビキラーを使用する 4:酸性の洗剤・排水溝のヌメリ取り剤・アルコール・アンモニア・食酢・生ゴミ等とキッチンカビキラーが混ざると、有毒ガスが発生する為、必ず単独で使用する 5:一度に大量にスプレーせず、長時間の使用も避ける これらの注意点が挙げられます。 使用の際は、上記の注意点を必ず守って下さいね! キッチンカビキラーでいつも清潔な水回りを! 今回は、キッチンでお風呂用のカビキラーは使えるのか、キッチンカビキラーはどういった商品なのかについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか? お風呂用のカビキラーは、キッチン用のカビ取り剤と成分がほぼ同じですので、排水溝・三角コーナー・ゴムパッキン等のカビ汚れを落とす事ができるのですよ。 しかし、香料が含まれている点や、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄い事を考えると、キッチンカビキラーを使用した方が使いやすいかもしれません。 あなたの取り入れやすい方を選んでみると良いでしょう。 又、塩素系漂白剤を使用する際は、上記で記載した注意点を必ず守って下さいね。 カビキラーやキッチンカビキラーを上手に利用し、ピカピカのキッチンを目指しましょう!•

次の

カビキラーとカビハイターの違いは?効果や使用時間を比較!使い分けと注意点も

キッチン カビキラー

気になるところにサッと吹き掛けるだけで、カビをキレイに除去してくれる「カビキラー」。 しかし、このカビキラーを使用しても、完全に落ちない頑固なカビはいます。 ゴムパッキンやタイルの目地の、しつこいカビに悩まされている人も多いのでは? そんな頑固なカビをキレイに落とす方法を3つ、ご紹介します。 方法1:カビキラーを正しく使う カビキラーのパッケージには、下記の使い方が記載されています。 カビ汚れから約15cm 離して、直接スプレーします。 数分後、水で充分に洗い流します。 しかし、 説明書通りの使い方では、効果を十分に発揮しません。 カビキラーの効果を高めるには、表面が乾いた状態でスプレーしてください。 カビの周りが濡れていると、水分がカビキラーの濃度を薄めてしまい、浸透力が落ちます。 しっかりと水分を拭き取ってから、カビキラーを使用しましょう。 また、スプレーしたら5~10分ではなく、20~30分くらい放置すると、効果が高まりますよ。 我が家のカビは、これで落ちました。 カビの水分を拭く• カビキラーを吹き掛ける• その上にキッチンペーパーを当てる• またカビキラーを吹き掛ける• ラップで覆う• 通常、カビキラーは30分ほどで完全に蒸発してしまい、それ以上の効果を発揮しません。 しかし、 キッチンペーパーやラップで表面を覆うことで、カビキラーを長時間ゆっくり浸透させることができます。 1時間したら、水で流して終わりです。 方法3:超強力なカビ取り剤を使う 上記2つの方法でもカビが落ちないのなら、より強力なカビ取り剤を試してください。 おすすめのカビ取り剤は、強力密着ジェルタイプの「カビトルデス」。 価格はちょっと高めですが、効果の高さは購入者の評価を見ればお分かりいただけるでしょう。 多くのユーザーから、絶大な高評価を得ています。 一度、ご覧ください。 「カビキラーではもうムリ」と、あきらめているあなたにおすすめします。 まとめ カビキラーでカビが落ちないときの3つの解決策を紹介しました。 カビキラーが手元にあるなら、まずは、カビの周りの水分を拭き取ってからスプレーしてください。 その上から、キッチンペーパーやティッシュを当て、さらにスプレーをすると効果的です。 それでもカビが取れない場合は、強力なカビ取り剤「 」を試してみてください。

次の