新型 コロナ 熊本 県。 新型コロナ熊本県(熊本市)で21日感染者確認 │ 天草どっとこむ

新型コロナウイルス感染症の県内の感染者発生状況 / 熊本県

新型 コロナ 熊本 県

神奈川県内では27日、新たに4人の新型コロナウイルス感染が発表された。 県内で発表された感染者は延べ1455人になった。 内訳は横浜市2人、藤沢、秦野の2市が各1人。 いずれも軽症という。 横浜市の感染者のうち10代男性は市内の飲食店勤務で、22日に発熱やせきを発症。 25日に検査を受け、26日夕方に陽性が判明した。 男性は26日、検査結果を伝えられる前に電車と飛行機を乗り継いで、実家がある熊本県に移動した。 検査結果は熊本県内に到着後、電話で伝えられた。 市によると「結果が出るまで自宅待機するよう指示していた」という。 市は熊本県に対応を依頼した。 ほかに横浜市の20代男性会社員、秦野市の30代男性会社員、藤沢市の20代男子学生の感染が判明した。

次の

45日ぶり新型コロナの感染確認|NHK 熊本県のニュース

新型 コロナ 熊本 県

熊本県は18日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ中小企業や個人事業主を支える県独自の「事業継続支援金」の申請を26日から受け付けると発表した。 支給額は法人が最大20万円、個人事業主が最大10万円で県は2万5千件の支給を想定している。 県の支援金は、国の「持続化給付金」(最大200万円)を補完する目的。 国の給付金が前年同月比で50%以上の売り上げ減少を条件としているのに対し、県は売り上げ減少が「30~50%未満」の事業者に支給する。 創業時期の要件も国の給付金より幅広く設定し、今年1~4月に創業した事業者も対象となる。 国の給付金と重複受給はできない。 申請書は県ホームページで公開し、県庁の情報プラザでも配布する。 6月以降は地域振興局や市町村役場でも配る。 申請は郵送のみで期限は来年1月15日の予定。 書類に不備がなければ、受け付けから2週間程度で送金できるという。 県相談窓口TEL096(333)2828。 (野方信助).

次の

45日ぶり新型コロナの感染確認|NHK 熊本県のニュース

新型 コロナ 熊本 県

熊本県は、天草保健所管内に住む90代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが、新たに確認されたと発表しました。 県内での感染者の確認は45日ぶりで、感染者は49人となりました。 感染が確認されたのは、天草保健所管内に住む90代の無職の女性です。 この女性は21日、入居していた福岡県内の有料老人ホームを退居し、家族が運転する車で天草保健所管内の自宅に戻った際、せきの症状がありました。 このため22日、帰国者・接触者相談センターに家族が連絡し、医療機関で遺伝子検査をしたところ、陽性が確定したということです。 女性は、微熱がありますが、せきのみの軽症で、県内の感染症指定医療機関に入院しています。 県は、濃厚接触者として、家族2人と医療従事者2人の合わせて4人の検査を実施しましたが、いずれも陰性だったということです。 県内の感染者の確認は、5月8日以来45日ぶりで、感染者は49人となりました。 県は23日、5段階のリスクレベルについて、現在のレベル1の「注意」からレベル2の「警戒」に引き上げる方針です。 熊本県健康福祉部健康危機管理課の上野一宏課長は「落ち着いて行動していただくとともに、咳エチケットや手洗いのほか、新しい生活様式の実践を徹底してほしい」と呼びかけています。

次の