アフターピル 値段。 【価格】アフターピルの値段は?どこで買えるの?|JGS

アフターピルの値段は?正しい使い方や相場について解説します!

アフターピル 値段

当院では、より多くの女性がピルによって充実したQOL(クォリティー・オブ・ライフ)を上げられるよう願っております。 そのため、患者様に出来るだけご安心頂けるような費用・値段設定を心がけております。 また自費のピルについては、指導料や自費診療における再診料も特に頂いておりません(保険適用の場合は初診料、再診料、薬剤情報提供料がかかります。 ) さらに、5000円以上のお支払いに限り、クレジットカードがご利用頂けます。 一度につき自費のピルについては最大6シートまで、保険適用のピルについては3シートまで同時に処方が可能となっております。 我慢できないような月経痛でお悩みの方は該当する可能性がありますので念のため保険証をご持参下さい。 お取り扱いピルの特徴 当院では、すべての患者様のご要望に応えることができるように、 自費・保険を含め、国内で現在販売されているすべての製品のお取り扱いを致しております。 ただし、日本の薬事法で未認可の海外からの輸入品のお取り扱いはしておりません。 取り扱いピル(自費) 一相性:デソゲストレル・エチニルエストラジオール配合錠• 一相性のピルでユーザーも多いです。 避妊効果がより高いと考える方もいます。 第3世代であるデソゲストレル・0. 15㎎とエチニルエストラジオール・0. 03㎎のホルモン合成剤です。 男性ホルモン(アンドロゲン)の影響が一番少ない第三世代のピルなので、ニキビにもいいとされています。 一相性のピルなので、受験や旅行などの時には連続投与をすることにより生理日の調整(月経移動)がしやすい。 三相性:レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合錠• ホルモン量(エストロゲン+プロゲストーゲンの合計)が少ない。 三相性なので製品によって変化のさせ方は違うが、自然のホルモンサイクルにより近いとされている。 三相性でホルモン量を変化させているので、月経血量の多い方は出血量が減りやすい。 その他、三相性のピルである「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール配合錠(シンフェーズ)」のお取り扱いもしております。 種類 費用(1シート・税別) シンフェーズ(先発医薬品) 2,300円 取り扱いピル(保険適用) ノルエチステロン・エチニルエストラジオール配合錠• 月経困難症と子宮内膜症の治療薬。 生理痛で苦しんでいる方には保険が効きます。 海外では避妊に使用されていますが、日本国内では避妊目的では処方できません。 周期投与薬で、21日の実薬投与。 その後7日間休薬。 月経に伴う痛みに対して有効です。 臨床的に長期の使用経験がある黄体ホルモンを使用。 LDとULDの2種類があります。 ULDはLDの超低容量バージョン• ULDはLDよりもエストロゲン量が6割以下と超低用量で、エストロゲンの含有量が0. 02mgと最も少ない薬剤のうちの1つです。 動脈血栓のリスクが低くなり、吐き気や頭痛の副作用も起きにくいのですが、LDに比べると不正出血が起きやすいとされています。 一方で、LDは不正出血は少ないですが、エストロゲン量が多くなるのでその分、血栓リスクや吐き気や頭痛がほんの若干ではあるが高くなるとされています。 種類 費用(1シート) フリウェル超低用量タイプ(ULD)(ジェネリック) 760円 フリウェル通常タイプ(LD)(ジェネリック) 820円 ルナベル通常タイプ(LD)(先発医薬品) 1,510円 ルナベル超低用量タイプ(ULD)(先発医薬品) 1,640円 ドロスピレノン・エチニルエストラジオール ベータデクス配合錠 周期投与薬・連続投与薬共通の特徴• 月経困難症や子宮内膜症の治療薬。 保険が効きます。 下腹部痛や腰痛の軽減に有効です。 エストロゲン量が0. 02mgと最も少ないピルのうちの1つなので吐き気や頭痛、浮腫などの副作用が少ないと思われます。 生体内の黄体ホルモン(プロゲステロン)に近い合成黄体ホルモン(ドロスピレノン)を使用しています。 周期投与薬と最長120日間の連続服用が可能な連続投与薬の2種類があります。 周期投与薬• 周期投与薬は24日の実薬投与と4日の休薬(プラセボ)が1シート。 連続投与薬• 国内で初めて連続服用が可能となったピル(最長120日間の連続服用が可能です)。 休薬期間に多くみられるホルモン関連症状(骨盤痛、頭痛、腹部膨満感、乳房痛など)の減少が期待できる。 従来のピルに比べ痛みを伴う出血日数の減少が期待できる。 種類 費用(1シート) ヤーズ(周期投与タイプ)(先発医薬品) 2,020円 ヤーズフレックス(連続投与タイプ)(先発医薬品) 2,350円 ノルエチステロン・エチニルエストラジオール配合錠(ルナベル、フリウェル)との違い エストロゲン量の低さでは、同じ0. 02mgですが、黄体ホルモンの種類が異なるので、ノルエチステロン・エチニルエストラジオール配合錠(ルナベル、フリウェル)で月経困難症の改善が見られなかった方がこちらのドロスピレノン・エチニルエストラジオール ベータデクス配合錠(ヤーズ)に変えて改善がみられることがあります。 また、周期投与薬の投薬期間が4日と少ないことを理由にこのピルを希望して服用する方もいらっしゃいます。 レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合錠• 合成黄体ホルモンのレボノルゲストレルと合成卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを配合した経口ホルモン製剤。 レボノルゲストレルを配合した初の月経困難症治療薬(レボノルゲストレルは避妊目的の三相性のピルであるアンジュやトリキュラー、ラベルフィーユで使われてきた成分であるが、月経困難症治療薬としてこの成分が配合されたのは国内初)• 海外におけるこれまでの研究では、レボノルゲストレル(LNG)含有製剤において、血栓症リスク が低いと報告されています。 エストロゲンの含有量が0. 02mgと最も少ない薬剤のうちの一つなので動脈血栓のリスクが低くなり、吐き気や頭痛の副作用も起きにくい。 ひとつの薬で周期投与と連続投与の2通りの投与方法が選択可能な薬剤です。 連続投与は28錠入り2シートを飲んだあとに、21錠入り1シートを服用してから7日間休薬 77日間服薬し7日間休薬する84日間周期)• 周期投与は21日連続投与し、その後7日間休薬。 国内におけるもうひとつの連続投与可能な月経困難症治療薬である、ヤーズフレックスとの違いは、不正出血が起きても77日間までならば連続投与が可能であること。 不正出血が起きても連続投与が可能であるということは、より計画的な連続投与が可能となると考えられます。 ピルの種類による違い 自費のピル(OC)と保険適用のピル(LEP)の違い 自費診療のピルは、避妊を目的としたもので、主な使用目的は避妊になりますが、その他にも、生理痛、PMS、生理前のつらいイライラ、ニキビが改善したり、月経周期が正しくなるなどの様々な副効用(良いメリット)があります。 保険診療のピルは月経困難症や子宮内膜症の治療薬で、海外では主に避妊薬として認可を受けているものですので、理論的には避妊効果はあるのですが、日本では月経困難症や子宮内膜症の治療以外の効能目的で処方することが出来ません。 また、生理の時に鎮痛薬を服用している人の4人に1人に子宮内膜症が見つかるともいわれていて、子宮内膜症であるのに受診せずに我慢している人もとても多いと言われています。 月経困難症とは、月経直前または月経開始とともに、月経痛(生理痛)や下腹痛や腰痛、眠気、頭痛、イライラ、憂鬱などが強く表れる状態を言います。 子宮内膜症は我慢して治療しないで放置してしまうと不妊症の原因となることもありえます。 このような症状で悩んでいる方は、まずはお気軽に医師までご相談下さい。 月経困難症や子宮内膜症の治療が目的であれば、避妊を兼ねることもできます。 どちらも薬ですので、服用できない人、併用してはならない薬など、服用にあたってはいくつかのきまりごとがあります。 開始にあたっては、医師によく相談し服用方法などを正しく理解していただくことが必要です。 まずは服用してみて頂いて、生理痛などの改善があまり少ない場合や不正出血が頻繁に起こる場合には、LDやシーズナルピル、または黄体ホルモンの成分が異なる他のピルへの変更を、患者様の症状をお伺いしながら行うことがあります。 なお、これまでにピルの服用経験のある方で、体に合うピルが見つかっている方は、特にお薬を変える必要はありませんので、従来お使い頂いているピルを処方します。 先発医薬品と後発医薬品(ジェネリック)の違い ジェネリックというと、一般的には薬剤内容は同じであっても、使用しているコーティング剤や防腐剤が異なるため、まれにではありますが人によって、体に合わないということがあります。 先発品では体に合ったのに、ジェネリックに変えることによってお薬が合わなかったりということもありえます。 しかしながら、当院でお取り扱いをしているノルエチステロン・エチニルエストラジオール配合錠(フリウェル)はAG(オーソライズド・ジェネリック)であり、先発医薬品と同等の原薬・添加物・製造方法で作られているため、後発品に変えることによるリスクがより軽減されています。 ULDの後発品は、費用も保険適用のピルの中でも最も自己負担が安く抑えられています。 連続投与薬と周期投与薬の違い 連続投与薬の方は、発売から年月が浅いこともあり日本ではまだあまりなじみが少ないですが、私の経験ではその他のピルで休薬期間の頭痛、骨盤通などに苦しんでいた方が、連続投与薬に変更して改善が見られた例があります。 実際に服用された方からは、休薬期間がなくて出血が起こらないことの快適さの声もお聞きしますので、他のピルで月経困難症の改善が見られなかった方や、休薬期間を煩わしく感じている方にはおすすめ致します。 緊急避妊ピル(モーニングアフターピル) 性交後72時間以内に緊急避妊薬「ノルレボ」を2錠服用すると妊娠に似た状態を作り排卵抑制し、妊娠を防ぐ働きをします。 ドラックストアでは購入できない薬であるため、産婦人科での処方のみとなりますが、保険適応はなく、自費での扱いとなります。 かつては中用量ピル(ノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合錠)を使っての避妊が主な方法でした。 これに加えて、2011年5月より緊急避妊薬として、ノボノルゲストレル配合錠 ノルレボ)が認可され、発売にされました。 中容量ピルによる緊急避妊法の場合だと、金額はノボノルゲストレル配合錠(ノルレボ)の四分の一分以下で済みますが、色々なデータを調べると副作用の吐き気や嘔吐が多くなっており、当院でも嘔吐してしまった患者様がいらっしゃいました。 ノボノルゲストレル配合錠(ノルレボ)は少し吐き気がみられる方がいるようですが、実際に嘔吐する方はほとんどいらっしゃいません。 服用後に出血がみられるのですが、量やいつごろかは個人差があります。 名前は「緊急避妊」なんて付きますが、72時間以内なので時間を計算していただいて慌てずにご相談ください。 緊急避妊ピルはあくまで最後の手段です。 何度も服用を続けることは、身体にも負担になりますので、確実な避妊の習慣や低用量ピル(OC)の服用をお考えいただけると幸いです。 ピルの服用禁忌と併用禁忌 1. 以下のような方はピルを服用して頂くことができません。 重度の肥満(当院では80kg以上の方には処方しておりません。 乳がんの既往歴のある方やエストロゲン産生腫瘍の既往歴のある方(治っていてもNGです)• 子宮体癌の 既往歴のある方(治っていてもダメです)• ヘビースモーカーの方(35才以上は1日に15本以上、34才までは1日に20本以上)• 血栓症の既往歴のある方(治っていてもNGです)、血栓症の家族歴のある方• 重度高血圧(上が140以上、下が90以上。 特に下の拡張気圧が高い場合は注意が必要です)• 心筋梗塞、腎疾患、心疾患などの既往歴のある方• 40才以上の初回投与(血栓症の発症率が高いためNGです。 40歳以前から服用を開始している方の継続投与は可能です)• 妊娠中の方、授乳開始から6カ月未満の方(授乳開始から6カ月経過後から服用開始可とします)• 手術をする方は2週間前から服用禁止(服用開始は手術の主治医の許可によります) 2. 以下のお薬を服用中の方はピルを服用することができません• てんかん治療薬を服用中の方• セントジョーンズワートのサプリメント ピルの慎重投与 以下の方は、服用は認められますが、服用に当たってはリスクがあり慎重な検討が必要です。 リスクがあることをお話しし、リスクをご説明しご理解頂いたうえで投与を開始する方• 親族に乳がんの既往歴のある方がいる方• 子宮頚部のHPV(異形成)を指摘されたことがある方。 甲状腺の薬を内服している方• 子宮筋腫のある方• 糖尿病の方(状態による、重度は禁忌)• 肝機能障害のある方(状態による、重度は禁忌) 2. それぞれのお話を伺い、症状によっては超音波と子宮がん細胞検査、血液検査などの結果をふまえて服用を開始することのできる方• 診断の確定していない不正出血がある方。 ひどい片頭痛のある方。 以上は原則になります。 患者様のそれぞれの場合により総合的に判断を致しますので、ご不安なことがあれば来院の上ご相談下さい。

次の

おすすめのアフターピルはアイピルです!

アフターピル 値段

安さの秘密は海外ではアフターピルが薬局などで売られている薬だからです! 日本では考えられませんが、 海外は国全体が避妊に協力的です。 避妊に対する教育も進んでいるので、 緊急時に女性が手に取りやすい価格でピルが販売されています。 【カナダの薬局、緊急避妊薬2500円🇨🇦】カナダの薬局でも見つけました!緊急避妊薬、約2500円!日本では医師の受診が必要で、価格は1. 5万円前後。 72時間以内には飲むべき薬なのに😱この差はなに。。。 日本でもアクセス改善しますように。 ですが、 病院は最悪の事態が起こる前にアフターピルの処方をしてくれません。 自分で自分の身を守るためにも、 アフターピルは通販であらかじめ準備しておくと安全です。 通販で購入できるアフターピルの種類 通販人気No. 避妊率No. 商品 ナイピル エラ アイピル ノルレボ オススメ 初心者向け 5日以内の服用で 避妊率85%以上 通常3日以内服用 処方薬と同成分を 安く買いたい人向け 病院処方薬と同じもの が欲しい人向け 価格 2,980円 4,950円 1,200円 3,320円 内容量 4錠入り (1錠745円) 1錠入り 1錠入り 1錠入り 特徴 ・4錠入りでお得 ・日本人向けに開発 副作用が起こりにくい ・通常3日以内 の避妊効果が 5日間ある ・1錠売り最安 ・病院処方の ノルレボの ジェネリック ・病院が処方している アフターピル もくじ [閉じる] [開く]• アフターピル正規品取り扱いサイト紹介 アフターピルを種類別で、正規品最安値取り扱いサイトを紹介します。 ナイピル最安値サイト! ナイピルは避妊に失敗してしまった場合や望まない妊娠を避けたい場合に服用する1錠タイプの アフターピルです。 行為から 72時間以内の服用で避妊成功率80%以上の高い効果が期待できます。 自宅やかばんに常備しておけば病院に行くことができない場合でも服用することが可能です。 ナイピルは1箱4錠入りで2,980円と 1錠あたりの値段が安いので緊急用に持っておく薬として人気があります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび お薬ラボ メデマート 内容量 4錠 4錠 4錠 1箱 2,980円 2,980円 2,980円 2箱 5,660円 1箱単価:2,830円 5,660円 1箱単価:2,830円 5,660円 1箱単価:2,830円 3箱 8,050円 1箱単価:2,013円 8,050円 1箱単価:2,013円 8,050円 1箱単価:2,013円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし アイピル最安値サイト! アイピルは 日本の病院処方でも一般的なアフターピル「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。 行為後 24時間以内に服用することで避妊成功率98%の高確率で望まない妊娠を防いでくれます。 1箱1錠入り1,200円と買い求めやすい金額なので、今すぐ使用しない人でも自宅保管用として人気があります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび 6箱まとめ買い 最安値! お薬ラボ メデマート 内容量 1錠 1錠 1錠 1箱 1,200円 1,250円 なし 3箱 3,510円 1箱単価:1,170円 3,450円 1箱単価:1,150円 3,640円 1箱単価:1,213円 6箱 6,840円 1箱単価:1,140円 6,000円 1箱単価:1,000円 6,480円 1箱単価:1,080円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし ノルレボ最安値サイト! 2020年現在、 日本の病院で処方されるアフターピルがこのノルレボです。 避妊効果を確かめる臨床試験では、行為から 24時間以内の服用で妊娠阻止率98. 2%と高確率。 74時間以内の服用でも84%の妊娠阻止率を持っているので、行為から少し時間が空いてしまっていても安心です。 病院処方の医薬品として信頼度の高いノルレボは通販でも購入することが可能です。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび メデマート お薬ラボ 内容量 1錠 1錠 1錠 2箱 6,300円 1箱単価:3,150円 6,300円 1箱単価:3,150円 6,300円 1箱単価:3,150円 3箱 8,920円 1箱単価:2,973円 8,900円 1箱単価:2,967円 8,920円 1箱単価:2,973円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし エラ最安値サイト! エラは従来のアフターピルに比べて 行為後の避妊可能な日数が120時間(約5日)に増えた新しい薬です。 今までは行為の後から72時間以内の服用で80%程度の避妊成功率でしたが、 エラは72時間以内の服用で95%、 120時間以内の服用でも85%以上の避妊成功率です。 エラを手元に置いておくことで、避妊失敗から時間が経っても不安な思いをしなくて済むようになります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび お薬ラボ ベストケンコー 内容量 1錠 1錠 1錠 1箱 4,950円 4,950円 6,674円 2箱 8,910円 1箱単価:4,455円 8,910円 1箱単価:4,455円 10,794円 1箱単価:5,397円 3箱 11,880円 1箱単価:3,960円 11,880円 1箱単価:3,960円 14,913円 1箱単価:4,971円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし 会計時に入力! 500円OFFクーポン GOLD コードをコピー アフターピルを通販で安全に購入するためのポイント アフターピルを通販できると聞いて、「 薬を通販で手軽に購入するなんて安全なのかな?」と不安に思う人も少なくないのではないでしょうか。 実際、通販サイトを利用することで、薬が届かなかったり、偽物が届いたりしたというトラブルが起こる可能性も少なからずあります。 今回は、そういった トラブルを避けるべく、安全に購入するためのポイントを紹介します。 通販で安全に購入するためのポイント ・個人輸入のルールを守る ・安全なサイトから購入する 個人輸入のルールを守る Amazonや楽天といった通販サイトでは、アフターピルは販売されていません。 通常、アフターピルを購入するには、医師による処方箋が必要です。 しかし、下記のようなルールを守ることで、 個人でも海外から医薬品を手軽に輸入することが出来ます。 薬を注文した人のみが薬を使用する(譲渡・転売は禁止)• このサイトで紹介している通販サイトは 個人輸入代行サイトと呼ばれています。 本来、個人輸入では海外との手続きがとても面倒。 個人輸入代行サイトでは面倒な手続きを代わりにやってくれるので、利用者は普通の通販サイトと同じように商品を注文できるのです。 安全なサイトから購入する 利用しようとしているサイトが安全なサイトか判断したい時は、コチラを参考にしてください。 【運営者の所在地は記載されているか】 本当に存在している運営業者であれば、通販サイト内に所在地(住所)が記載されています。 問い合わせ先(電話番号やメールアドレス)の記載があるかもチェック! 【価格は安すぎないか】 他の通販サイトと比較してあまりにも安いピルが売られている場合、偽物を販売している可能性があります。 注意しましょう。 【配送期間に注意】 通常、個人輸入の配送にかかる日数は1週間~2週間です。 それよりも早い日数で到着すると書かれている通販サイトは、国内から発送している詐欺サイトの可能性があります。 【クレジットカードが利用できるか】 カード会社の審査をクリアした通販サイトだけがクレジットカードを利用することが出来ます。 クレジットカードを利用できないということは、何らかの理由でその審査をパスできなかったサイトということになるので注意が必要です。 支払い方法が銀行振込しかない場合はさらに注意! 個人名講座だと詐欺を疑った方がいいかも... 参考 管理人オススメの通販サイト 安全なサイトの基準を考えた上で、管理人がオススメしたい通販サイトが「お薬なび」です。 基準をしっかりとクリアし、口コミ評判がいいこともあって利用し始めたお薬なび。 現在に至るまでしっかり本物のピルを購入することが出来ていることが何よりも信頼がおけます。 そんなお薬なびでアフターピル「ナイピル」を購入した時の流れをまとめてみました。 お薬なびでナイピルを購入してみた! アフターピル「ナイピル」を最安値サイトお薬なびで実際に購入してみました。 注文から到着までの流れをまとめて、注文してみてどうだったかの感想を紹介します! 注文内容 購入した商品:ナイピル1箱 届くまでにかかった日数:9日間 合計金額:3,480円 薬代:2,980円+送料1,000円-割引500円 お薬なびでナイピルを注文 まずはお薬なびでナイピル1箱 4錠入り を注文。 楽天やAmazonなどの有名な通販サイトと変わらず、発送先の住所や氏名などの入力を行います。 注文完了までにかかる時間としては1分半ほどです。 ナイピルを注文した後、支払い情報のメールが届く 商品を注文後、すぐに商品代金の支払い情報がメールで届きました。 今回、管理人は銀行振込を選択していたので、振込先の口座情報が届きました。 入金が完了してすぐに商品発送完了のメールが届く 入金したその日の内で商品発送完了のメールが届きました。 他通販サイトと比べても入金から発送までとても早いと思います! 商品発送のお知らせと、追跡情報番号も送られてきました。 商品を追跡してみた! 追跡情報番号が届いて約1週後に商品を追跡してみました。 商品が今どこにいるのかが見れることで、後どれくらいで着くのかのある程度の目安となるので便利でした。 届いたダンボールは、気のせいかもしれませんが少し古びた感じを受けました… また、乳製品のような酸っぱいニオイがしたので気になる方もいるかもしれません… プラスチック箱の中にナイピルが入ってました! ダンボールの箱を開けると、プラスチックの箱の中にナイピルが入っていました。 商品の状態 商品の状態も良好です。 商品に問題は無かったのですが、商品が入っていたピンクの箱の梱包が少し雑な感じがしたので、気になる方は気にかも…という感じです。 とはいえ、お薬なびで注文してみて 全体的に受けた印象は良く、注文するごとに ポイントも貯まるし、 また利用したいと思える良いサイトだなと思いました。 病院 約10,000~20,000円(薬の料金+処方料・診察料など) 通販 約4,000円前後(送料込み) 少なくとも 6000円、高いところだと 16000円以上の差がつくことが分かりました。 病院処方のアフターピルは保険が適用されず、値段も病院側が自由に決めることが出来ます。 その為、このような高額な費用を請求されてしまうのです。 継続して避妊をしたいなら低用量ピルがオススメ アフターピルは、短期間内で強制的に排卵をストップさせて避妊を行うため、副作用が出る可能性が高いという所がデメリットとして挙げられます。 そのため、アフターピルを常用することは体にかかる負担が大きくなってしまうため危険です。 あくまで やむを得ない場合に服用するのがアフターピル。 継続して避妊を行いたい場合は低用量ピルの服用がオススメです。 低用量ピルは、避妊を行うだけでなく、ホルモンバランスを安定させる作用があるため下記のような症状を改善する効果が期待できます。 生理痛を解消• 肌荒れ改善• 生理前後の気分の落ち込みを解消 また、低用量ピルはアフターピルと同じく、医薬品通販サイトを利用して購入することができます。 アフターピルの常備には通販が便利! アフターピルは、避妊に失敗してしまった後からでも服用することで望まない妊娠を防ぐことができます。 避妊に失敗した後72時間以内に服用しなければいけないというタイムリミットがあるため、通販サイトを利用して事前に購入しておくと すぐに対処ができてより避妊成功率が高くなるので安心です。

次の

ピルの料金・費用|横浜の婦人科【的野ウィメンズクリニック】

アフターピル 値段

アフターピル 緊急避妊薬 とは? アフターピルは、緊急避妊薬やモーニングアフターピルなどと呼ばれており、下記のような場合に使用されます。 性交渉の時にコンドームを使用しなかった• 性交渉の時にコンドームが破れたor途中で外れた• 性交渉の時にコンドームを着けずに膣外射精をした このような状況が思いあたり、さらに妊娠を望まない場合には緊急避妊薬の服用が必要になってきます。 またレイプなど性交渉を強要され避妊ができなかったというケースにも、この緊急避妊薬が用いられます。 また、服用方法が間違っていたりきちんとした用量が服用できなかったりすると、避妊効果が得られない可能性があります。 出典元:• えな大通クリニック「緊急避妊(アフターピル)って? 」(,2017年10月10日最終閲覧)• そねクリニック「緊急避妊(モーニングアフターピル)」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) アフターピルの効果と服用するタイミング 性交渉後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、緊急避妊薬に含まれる女性ホルモンが排卵を遅らせ、子宮内膜への着床を阻害することで避妊効果が期待できます。 緊急避妊薬の服用による避妊率は約80%と言われています。 緊急避妊薬は定期的に飲む事で徐々に排卵を抑制する低用量ピルとは違います。 ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する薬のため、あくまで緊急用の薬ということを覚えておきましょう。 また、緊急避妊薬は中絶薬ではないため、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。 出典元:• ジャスミンレディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) アフターピルの入手方法と平均価格 避妊に失敗してしまった場合、緊急避妊薬の入手先は婦人科やレディースクリニック等の病院で入手が可能です。 まずは、緊急避妊薬の取り扱いがあるかどうか確認しましょう。 緊急避妊薬の処方に年齢制限はなく、生殖可能な年代であれば処方してくれる病院がほとんどです。 未成年の場合も通常は本人の受診だけで処方してもらえます。 薬の平均価格は各病院によって異なりますが、ノルレボ錠の場合約10,000円~15,000円のところが多いようです。 出典元:• ジャスミンレディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック新宿「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) アフターピルに対する正しい知識を身につけよう 緊急避妊薬は、望まない妊娠を避けるための最終手段ですが、実際にはこの避妊方法が失敗する可能性もあります。 緊急避妊薬を服用することがないように、日頃からピルや子宮内避妊具による確実な避妊方法を選択するようにしましょう。 避妊に対する正しい知識を身につけ、自分の身は自分で守ることが大切です。 出典元一覧• えな大通クリニック「緊急避妊(アフターピル)って? 」(,2017年10月10日最終閲覧)• そねクリニック「緊急避妊(モーニングアフターピル)」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ジャスミンレディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• 新宿レディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• エナ大通クリニック「緊急避妊(アフターピル)」(,2017年10月10日最終閲覧)• 渋谷文化村通りレディスクリニック「アフターピル処方外来」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック新宿「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の