ゆうちょ銀行 018。 【弁護士が回答】「ゆうちょ銀行 018支店」の相談3件

ゆうちょ銀行の支店名を調べる方法と口座番号を7桁にする方法

ゆうちょ銀行 018

平日 土曜日 日曜日・休日 郵便窓口 9:00〜18:00 お取り扱いしません お取り扱いしません 貯金窓口 9:00〜16:00 お取り扱いしません お取り扱いしません ATM 7:00〜23:00 8:00〜21:00 8:00〜20:00 保険窓口 9:00〜16:00 お取り扱いしません お取り扱いしません 現在、窓口営業時間を短縮しております。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 郵便 営業時間 平日 土曜日 日曜日・休日 郵便窓口 9:00〜18:00 お取り扱いしません お取り扱いしません 現在、窓口営業時間を短縮しております。 土曜日、日曜日、休日にご利用になる場合は、お手数ですが、事前に郵便局までご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 貯金・ATM ATMについてのお知らせ• 時間帯によっては、お取り扱いをしていないサービスがございます。 ・平日であっても、日曜日・休日の翌日の場合、7:00からお取り扱いを開始します。 ・連休の場合は、連休2日目から最終日までのお取扱時間は7:00〜21:00までとなります。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 保険サービスについて 八王子駅前郵便局 (日本郵便株式会社) 保険サービスについて : 0570-002-037 FAX番号 : 042-646-4410.

次の

ゆうちょ銀行の支店名・支店コードの簡単な調べ方を教えます!

ゆうちょ銀行 018

この場合は窓口に持っていくと対応してくれますよ。 ちなみに振り込むときの支店名の頭文字というのはカタカナの一文字目を使います。 ゼロではじまる場合は「セ」となります。 他の金融機関は支店での管理です。 これに合わせて相互取引するため記号と番号から自動的に変換させたのが、支店名に代わる店名と口座番号です。 他の銀行のように地域名でなく番号なのでとまどってしまいますよね。 ゆうちょ銀行の支店名は漢字三文字の店名というものが該当すると覚えておきましょう。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行の支店名はキャッシュカードでもわかるよ! 通帳が今手元にないけどキャッシュカードで支店名を知りたいってときありますよね。 でもゆうちょ銀行のキャッシュカードには5ケタと8ケタの記号番号のみしか書いてありません。 5桁が記号、8桁が番号となっています。 ですが実はこの記号と番号がわかれば、支店名もわかるんです。 ただしこのままでは使えないので記号と番号それぞれを変換します。 以下でやり方を説明していきますね。 ゆうちょ銀行の記号を支店に変換 まずは5桁の記号から支店名に変換していきます。 店名は記号5ケタの二、三番目の数字と、その次に8を付け足します。 例えば記号が12340なら二、三番目は23。 これで支店名がわかりました! ゆうちょの番号を7桁に変換 そして8ケタの番号から口座番号に変換します。 これは簡単で、最後のひと桁を取ったものが口座番号です。 一番右の数字は「1」のはずなので「1」を消せばOKです。 一般的にはこれで7桁になるので欄がぴったりになるはずです。 ゆうちょ銀行の支店名は検索できる 記号と番号を入力すると振込に必要な店名と口座番号を調べることができます。 記号と番号を入力するだけなので簡単ですよね。 左に記号、右に番号を入力します。 記号と番号の間にひとケタの数字がない場合は真ん中には何も入力しません。 間違いない?って聞かれるのでしっかり確認します。 店名と口座番号に変換されます。 下の2段ですね。 この調べ方をするときは入力ミスの可能性もあるので、上で紹介した別の確認方法も併用すると安心ですよ。 逆に店名や店番と口座番号から、記号と番号を調べることもできます。 これらを使う場合は入力ミスをしないように注意してくださいね。

次の

ゆうちょ銀行の支店名を調べる方法と口座番号を7桁にする方法

ゆうちょ銀行 018

はじめに:振込・振替・払込みの違い まず、「振込」「振替」「払込み」の違いを整理しておきます。 いずれも、ゆうちょ銀行公式サイトに載っている、送金サービスの名前です。 意味を知らないと、混乱しやすいです(私も混乱しました)。 意味がわかる人は読み飛ばしてOKです。 「振込」は、 自分の銀行口座から他の銀行口座へ、資金移動する取引です。 ただし、現金を銀行口座へ送金する方法を「 現金振込」と呼ぶケースも多くあります。 相手の銀行口座にお金を送る方法として、広い意味で使うことも多くあります。 なかでも、 同じ銀行・同じ支店の口座に送金する取引は、「振替(ふりかえ)」といいます。 ゆうちょ銀行から三菱UFJ銀行への送金は、振込です。 ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への送金は、振替です。 一般的に、振込には振込手数料がかかります。 振替には、手数料がかからないケースが多いです。 口座振替とは、税金やクレジットカードの利用代金などの定額料金を、銀行口座から引き落として払うサービスです。 自分の銀行口座から相手に送金する、というお金の流れは同じです。 「払込み」は、ゆうちょ銀行の現金振込サービスの名称です。 他の銀行で「現金振込」と呼ぶサービスを、ゆうちょ銀行では「払込み」と呼びます。 ゆうちょ銀行に現金で振り込む方法 ゆうちょ銀行口座へ、現金で振り込む方法は、以下の2通りあります。 通常払込み• 電信払込み どちらも、支店窓口やATMで手続きするのは共通です。 しかし、手数料や入金反映のタイミングは異なります。 通常払込み:主に法人宛 振替口座か総合口座かは、ゆうちょ銀行の口座番号を見るとわかります。 口座番号の記号が「0」から始まるのは、振替口座です。 「1」から始まるものは、総合口座です。 通常払込みには、「払込取扱票(振込用紙)」が必要です。 振込相手から、口座番号などが印刷された振込用紙を受け取っていれば、その用紙と代金を窓口に持っていくだけでOKです。 払込取扱票を読み取れるATMがあれば、ATMでも手続きできます(10万円まで)。 振込用紙がないときは、ゆうちょ銀行窓口にある白紙の払込取扱票に、自分で記入します。 口座番号などを記入し、窓口で払い込みます。 通常払込みの手数料は、振込先が負担する場合と、自分が負担する場合があります。 振込相手が手数料負担するなら、「赤色」の振込用紙を使います。 自己負担では、「青色」の振込用紙です。 自分で振込用紙を書くときは、窓口で取り違えないよう要注意です。 どちらの負担でも、手数料は同じです。 ただし、手続き方法と送金額によって、料金は異なります。 MTサービスとは、大量の入出金を効率化する法人向けシステムです。 振込相手が渡した振込用紙に「MT」と書いてあれば、振込手数料が少し安くなると思えばOKです。 通常払込みでの振込は、入金から3営業日ほどで着金となります。 相手への着金確認は、数日後に行うのがおすすめです。 電信払込み:主に個人宛• 総合口座宛でも利用可• 手数料は高い• 入金は即時反映 振込先が総合口座なら、電信払込みで現金振込します。 「電信払込み請求書・電信振替請求書」を記入し、窓口で手続きすれば、 即時入金できます。 ATMでは手続きできません。 振込の反映スピードは早いですが、手数料はかなり高めです。 相手が振替口座(口座番号が「0」始まり)なら、なるべく通常払込みを利用するほうが、手数料を節約できます。 急いで入金したいときは、振替口座宛でも電信払込みがおすすめです。 法人によっては、「電信払込みは利用しないでください。 通常払込みで入金してください」と指定するケースもあります。 振込前の確認をおすすめします。 ゆうちょ口座を持っていない人への送金 ゆうちょ銀行の口座を持つ人が、ゆうちょ銀行の口座を持たない人へ送金する方法もあります。 個人から送る際は、 普通為替と 定額小為替というサービスを利用します。 ゆうちょ銀行の窓口で、送金したい金額の小為替を買い、郵送で送ります。 受取相手は、ゆうちょ銀行で小為替を換金し、現金を受け取る仕組みです。 主な利用シーンは、住民票や戸籍謄本など、公的な書類の郵送取り寄せです。 申請用紙と一緒に、手数料分の定額小為替を同封すれば、申請と送金を同時に行えます。 あわせて読みたい: ゆうちょ銀行へ無料で振込む方法 ゆうちょ銀行へ現金振込すると、高い手数料が必要です。 しかし、銀行口座を持っていれば、ゆうちょ銀行へ無料で振り込めます。 もっとも簡単な方法は、 ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への振替です。 今後もゆうちょ銀行宛に振込の機会がありそうなら、口座開設をおすすめします。 また、ゆうちょ銀行「以外」の銀行口座から、無料で振り込む方法もあります。 それぞれ解説します。 ゆうちょ銀行口座からの電信振替 ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への振込は、 電信振替といいます。 電信振替を、ゆうちょ銀行のネットバンキング「ゆうちょダイレクト」から利用すると、 月5回まで手数料が無料です。 入金は即時反映で、急ぎの振込にも使えます。 ATMでの振込も、月1回は無料です。 窓口で手続きすると、回数に関係なく必ず手数料がかかります。 ゆうちょダイレクト 月5回無料、6回め以降は100円 ATM 月1回無料、2回め以降は125円 窓口 一律146円 「ゆうちょダイレクト」とは、スマホやパソコンから振込や取引履歴の確認などができるサービスです。 銀行マイページのようなイメージです。 銀行窓口に行く手間を省き、手数料も節約できます。 ゆうちょ銀行の口座を持っていれば、誰でも無料で登録可能です。 また、紙の通帳を発行しない「 ゆうちょダイレクトプラス」というネットバンキングもあります。 ゆうちょダイレクトプラスに切り替えると、入金履歴を確認できる期間が長くなります。 紙通帳をあまり使わない人や、記帳が面倒に感じる人は、ゆうちょダイレクトプラスへの切り替えがおすすめです。 振込手数料無料の銀行から振込 一部の銀行では、 他行宛振込手数料が月数回無料になります。 この優遇を使えば、ゆうちょ銀行口座への振込を無料にできます。 メガバンクのなかでは、三菱UFJ銀行とみずほ銀行が、振込手数料の優遇サービスを扱っています。 みずほ銀行のほうが、簡単に取引条件を満たせます。 参考記事: 振込手数料の無料回数が多いのは、ネット銀行です。 最大で 月15回まで他行宛振込手数料を無料にできる銀行もあります。 しかし、振込手数料の無料回数を大きく増やすには、まとまった取引が必要です。 銀行振込をあまり使わない人は、 住信SBIネット銀行がおすすめです。 住信SBIネット銀行は、 誰でも月1回は無料で他行宛振込が利用できます。 手数料優遇のために、無理に取引を増やす必要がありません。 もう一つおすすめの方法は、 楽天銀行の口座を使うやり方です。 ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金は、同じ口座名義なら 無料です。 意外と知る人が少ないメリットです。 楽天銀行への振込は、ゆうちょ銀行から楽天銀行へ資金移動してから行えば、無料になります。 楽天銀行同士の振込は、手数料無料だからです。 ゆうちょ銀行が「日本国内の口座数No. 1」なのに対し、楽天銀行は「ネット銀行の口座開設数No. 1」です。 利用者が多い口座を2つ持っておけば、振込手数料を節約できる機会も多くなります。 また、楽天銀行に10万円以上の預金残高があると、月1回から3回まで、他行宛振込手数料が無料になります。 定期預金に10万円を預け続けておけば、月1回は振込手数料がずっと無料です。

次の