デジモン アドベンチャー 評価。 デジモンアドベンチャーtri見たやついる?:MAG速

デジモンアドベンチャー: 感想(評価/レビュー)[アニメ]

デジモン アドベンチャー 評価

「デジモン愛にあふれた作品!大人から子供まで楽しめる!」「デジモンと共に歩んだ全ての子どもたちに見て欲しい作品!」「戦闘シーンの作画もいいし、終盤はずっと泣いてた!」 上映中【2020年2月21日 金 公開】 デジモンシリーズ20周年作品となる劇場版アニメ。 太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれの道を歩み始めていた。 そんなある日、エオスモンと呼ばれるデジモンが原因で事件が起こり始める。 監督は、「PERSONA3 THE MOVIE」シリーズの田口智久。 声の出演は、「鬼滅の刃 兄妹の絆」の花江夏樹、「この世界の片隅に」の細谷佳正。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> 2010年、太一(声:花江夏樹)とアグモン(坂本千夏)たちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から10年以上が経過した。 太一たち選ばれし子どもたちは、事件解決のために再び集結する。 その様子を見たメノアは、選ばれし子どもが大人になると、パートナーデジモンは姿を消してしまうという衝撃の事実を告げる。 エオスモンの脅威は次第に太一の仲間たちにも及んでいくが、無理な戦闘はパートナーとの別れを早めることになる。 ほんとに泣けるから。 try. 叩かれがちだけど俺は面白いと思ったし 普通に繋がってる部分あるから見といてよかったわ。 ネタバレあり デジモンの集大成って感じです。 主人公は大学生となり、お酒飲んだり…と大人な感じ。 02や劇場版、triの伏線があったりファンには堪らない。 率直に言うと、面白かったです。 素直に。 素晴らしかった。 各映画を彷彿とさせる演出や キャラのカメオ出演など細かなところまでデジモン愛にあふれた作品。 を下回る大番狂わせだった。 過去作の続編は嬉しいけど、 薄いストーリーと演出で何となく良かったって思わせるのいい加減やめない? でもめちゃくちゃ評判良いみたい。 こればかりは世間との感性のズレなのかなぁ…。 同世代の人たちで溢れる劇場に流れる涙。 めっちゃ心地良かった。 大人になって忘れかけてた純粋な気持ち。 ずっと持ち続けたい。 『ぼくらのウォーゲーム!』へのオマージュもたくさん。 あのtri. の悲劇からよくぞここまで持ち直してくれた… 言いたいことはあるんだけどとりあえず言わせてください。 泣いた。 すごく良い出来だし、寂しいけど、02のラストへの伏線もちゃんと貼ってあって、 シリーズ最終作としてメチャクチャ良いと思った。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか... にも20代にも40代にもちゃんと見える!」「村川絵梨さんと平原テツさんが切なくて苦しい!」「頭の中で物語を組み立ながら、演技に引き込まれながらの150分! ….

次の

【みんなの口コミ】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』の感想評価評判

デジモン アドベンチャー 評価

今までのデジモンへの愛が昇華されたきもち。 ああ、これで本当にラストなのかあ………と、悲しいけど、これからもずっと一緒にデジモン達が背中を押してくれそうな安堵のようなきもち。 Butter-Flyが流れると、大人になっても胸がきゅっっとなります ストーリーも勿論良かったのですが、、、進化をスクリーンで観れたこと、成長した選ばれし子どもたちの葛藤、昔と全く変わらないデジモン達のかわいすぎる声、、、泣きポイント有り過ぎました。 小学生の頃、「デジヴァイスほしいーーー!デジタルワールド行きたいーーー!!」とわくわくしていた昔のわたしと、大人になった今の自分と、ふたりで一緒に鑑賞していました。 今日、大人のわたし、太一たちと、ちょっぴり成長したなあ。 【デジモンから僕らへのメッセージ】 90年代生まれの当時、小学生でデジモンアドベンチャーに出逢った人々に向けた、デジモンたちからのメッセージ。 世代もメッセージも本当に絞り込んでいたからこそ響くもの。 「太一、大きくなったね」というアグモンの台詞がすべて。 そう、僕らは大きくなった。 未来を選び、選択肢を選び、成長した。 でもデジモンたちは変わらない。 でも変化をしないということは成長ではない。 太一たち「選ばれし子供たち」は自分たちが成長し環境が変わるにつれ、パートナーデジモンとずっと一緒に居られるのかという疑問に薄々気づいていた。 そのことにこの映画で向き合うこととなる。 未来を選ぶことは「大人になる」こと。 それはかつてのパートナーとの離別を意味する。 でもアグモンたちはそれで良かったのだ。 成長した太一たちを見届けること。 そして、成長した「選ばれし子供たち」と同じく大人になった僕たち鑑賞者も、環境も昔とは変わり、未来を選んで生きている。 「大きくなったね」とスクリーン越しにアグモンが語りかけてくれたメッセージに、太一と大和のように涙せずにはいられなかった。 やはりぼくらのウォーゲームオマージュが素晴らしかった。 あとアグモンとガブモンが太一とヤマトの背中を押すところにまたグッときた。 デジモンアドベンチャーど真ん中世代の大人へメッセージ性も強い素晴らしい作品。 ただ気になった点もいくつか。 メノアの英語、「選ばれし」子ども300人も?、あっさりやられるオメガモン、ダサい最後の進化。 まあオメガモンの上位版とかが出てきたらそれはそれでオメガモンが最強で無くなってしまうので結果オーライ。 まあ最後の戦いからはとても良くて泣きっぱなしだったのでよしとするか!アグモンたちは本当にサヨナラなのかなぁ。 おれはアグモンのぬいぐるみとデジヴァイスどこにやってしまったのだろう。 何故だろうか、主に初期のキャラとデジモンの名前がスラスラ出てきて自分でも驚いた。 デジモンでこんな大号泣するとは。 というか今まで見た映画の中で最高レベルに泣いた。 「僕たちとデジモンたちの新たなアドベンチャーである」ってとこから「デジモンアドベンチャー」の文字だけ切り抜かれるとこからもう泣いた。 そしてボレロ、オープニングのButter-Flyで号泣。 光子郎の烏龍茶愛も変わらないね。 深刻なシーンでアグモンを筆頭にデジモンたちがみんなお気楽なの懐かしさと感動。 でも最後太一とヤマトの背中を押したのもアグモンとガブモンってのも涙腺崩壊。 「太一、大人になったね」「お前は変わらねえな」も号泣。 ホイッスルもハーモニカも。 うん、終始泣いてた。 アグモン最後にまた戻ってきてくれると信じてやまなかっただけに、寂しかった。 最後の太一の言葉はどういう意味なのだろう。 エンディングにもっかいButter-Flyがきてほしかった、アカペラの。 やっぱButter-Flyは和田光司さんです。 アグモーーーーーーン!おれも大人になったよーーー!!.

次の

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆

デジモン アドベンチャー 評価

こんにちは、青色申告です。 今回は デジモンアドベンチャー triを見たので考察しました。 ネットの口コミを見ると 超がっかり ストレス溜まる 駄作過ぎて、草からの竹生える など、 酷評が目立つ本作。 話の核心に迫るような ネタバレなしで書いていきたいと思います。 【目次】• 期待に満ちすぎたPV 僕はでこのPVが 完璧すぎたと書きました。 今見ても、完璧すぎたなと思いました。 あの懐かしい昔のことを思い出しました。 正直、このPVが一つの作品として完璧すぎたのではないかと思いました。 デジモンアドベンチャー triに感じた違和感 そして満を持してデジモンアドベンチャー triを見ることにしました。 しかし、見始めてから気づいたのです。 あれ?これは。。 以下違和感を書きます。 Butter-Flyが原曲と違う… あの花のときも違う感じではありましたが、あれはあれでかなりいい感じになっていたのに、本作では違和感を感じました。 なんか、 あの花風に作ればヒットするんでしょ!!的な。 お台場押しが強い ああ、なんか企業感強いなと感じました。 なんか 企業内での権力を感じました。 作画のあの花似せとけ感 おっしゃーーーー! 薄明で、線は細く、薄くしていくぜーーー!! っていうトレンドイケイケな雰囲気を感じました。 デザイナーのせいではありません。 企画者の意図を感じました。 演出のショボさ なんかもっとできたよね。。 もっと主人公たちにフォーカスできたよねって感じでした。 お台場冒険王のスペシャルアニメ映画を見ているような感じでした。 ほら、デジモン出しとけばいいんでしょ?というような サービス感でした。 進化の演出をそんなに簡単に… 進化ってデジモンではすごく大切だったんです。 主人公の心の力とモンスターの無力感から生まれる何かは、 金色のガッシュベル!!のように大事だったのです。 しかし、進行管理上、進化させとけ、 おっしゃオメガモン出しとけ。。 昇天しかけました。 戦闘シーンはかっこよかった。 きっと戦闘専門の制作会社に、なんとか あの花風にしてけろ!って頼んだような妄想をしました。 苦行かよ… 〇〇の提供で そんな企業の スポンサー臭が半端なく、しました 風呂場、異常な隠し 尋常ではなく隠されます。 女性キャラクターは 顔しか出てきません。 そこまで隠すなら、いらないのでは?と思いました。 どこの権力が動いたのでしょう… なぜ、ヒットできなかったか 以上の理由からとても違和感を感じました。 あれ?これみてて誰が楽しいの? って あの花風なら何でも良かったの? むしろ2時間だけの映画一本作って、ちゃんと練ったほうが良かったんじゃないの?? ぼくらのウォーゲーム見たほうが良くない?って思ってしまいました。 あの頃の「劇場版デジモンアドベンチャー」が最強すぎた 15年前は、デジモンと ポケモンって感じになってて、 ゲゲゲの鬼太郎とか ワンピースとか ぬ~べ~とかいろいろアニメやってましたよね。 僕は正直のところ、TV版デジモンはあまり好きではありませんでした。 僕らのウォーゲームもワンピースの確かチョッパーだったかなで、見た気がしました。 調べたらこの作品でした。 きっとレンタルで見た気がしますね。 デジモンってのがあまり好きじゃなかったのは、 TVシリーズのストーリー展開が微妙だったからだったなとなんとなく覚えています。 主人公たちはそんなに弱くもなければ、瀕死にもならない。 太一はよくある熱血漢で、別に 感情も移入できない。 でも 進化シーンに流れるバタフライがかっこよくて見てた感じです。 人型のデジモンが出てくる第3世代とかはロッテリアとコラボなんかしてましたよね。 懐かしい。 そういってもなんだかんだ好きだったなと思いました。 様々なレビューをみると、 デジモンはもっと面白いはず もっと面白くなれる脚本があるはず っていうコメントがたくさんありました。 きっと、なんかつまんないなあと思いつつ、 きっと面白くなるはず!!って変な期待感から見続けていた人もたくさんいるのかもなと思いました。 だって、 なぜか面白かった記憶があるから!! そして今検索しまくってやっと気が付きました。 昔の劇場版デジモンアドベンチャーが本当に良かった と思い出しました。 先程、細田守版「劇場版デジモンアドベンチャー」を見ました。 当時は遊戯王との同時上映で 20分しかない映画です。 この作品も僕らのウォーゲーム同様に「 細田守」が監督をしていて、ああ、やっぱりすごい人なんだなと今思いました。 その続編として今回レビューしたtriになってしまうのですが、少し残念な気がしました。 正確には続編ではありませんが、体感としては あの頃の続きとしてみたのだから、比較対象になるのは仕方がありません。 それにしても、さっき初代劇場版デジモンアドベンチャーのアニメ見て、 ちっこい光が笛を吹いて意思表示をしているのをみて ボレロが戦闘シーンで使われているのを見て また少し元気が出ました。 これ、もうこれよ。 この、始まるぞ!始まるぞ!ワクワクがーーーーー!! ってのがほしいのよ。 シャーマンキング始まるぜーーーー!!っていう感じわかるかな。 それがほしいのよ。 コラム:劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)(2020年春)への期待感は? 正直、 期待半分、不安な半分です。 プロディーサー 木下陽介氏の参加作品だけを見ると、素晴らしい作品になるとは思えません。 triの二の舞になるのではないか?というのが正直なところです。 しかし、唯一の希望がスーパーバイザーで参加されている、氏の存在です。 ガッシュベルやおジャ魔女どれみ、デジモンを担当されてきた方です。 あくまでも過去の参加作品を見てきた経験からだけで評価すると、とても 期待はできます。 また、圧倒的な画力をもつアニメーター氏も参加しています。 中鶴氏は 初代デジモンの頃から担当されていた方です。 初代デジモンのスタッフが揃えられ、本当のデジモンが返ってくるのでしょうか。 (ただTV版も微妙だった筆者にとっては、さらなる進化を求めたいところ) 細田守版の20分の映画を超えることができるのでしょうか。 ただの サマーウォーズの劣化版にならないことをぼくは期待してやみません。 最後に あれから、僕は15年以上も年を取りました。 あの頃のような純粋な気持ちも 休日の朝が待ち遠しくなることも 心をワクワクさせるような瞬間も 大人になってなくなってしまいました。 きっと、大人になれば楽しいことが きっと大きくなれば嬉しいことが そんな期待感も僕らにはもうありません。 僕らに残されているのは、ただの 消化試合。 そんな人がどれくらいいるのでしょうか。 勇気や希望、友情や正義 正しくて眩しくて、遠いもの。 デジモンのようなパートナーがいてくれたら良かったのに。 以上です。 【 初代細田守の神作品】.

次の