うなぎ 藤枝。 割烹料理 うなぎや

丸天淡水魚株式会社/うなぎ丸天/本店 (藤枝市|持ち帰りうなぎ

うなぎ 藤枝

2018年夏、7月20日と8月1日はうなぎ屋が忙しくなる「土用の丑の日」である。 近年、価格が高騰していると言われているうなぎだが、親しみやすい価格設定でグッと身近な存在にしているのが、牛丼屋などをはじめとする大手外食チェーンだ。 そこで今回は、 「すき家」「吉野家」「なか卯」「ほっともっと」のうな丼(うな重)をテイクアウトして食べ比べ、どこが1番おいしいのかチェックしてみることにした。 ちなみにうなぎの産地は、いずれも中国産だった。 また、カロリーについては最大で約40kcalの差なので、全体の量に大きな違いはないと考えても良さそうだ。 それでは、筆者の個人的な意見にはなるが、各社のうなぎ弁当を食べ比べた感想をランキング形式でご紹介していくゾ! ・第4位:吉野家『鰻重 一枚盛』750円 4社のなかで、見た目も食感も明らかに残念だったのが「吉野家」だ。 商品の個体差を少なくするためか、3つの切り身を組み合わせて1枚にしてあり、 端がボソボソと崩れてしまっているのが印象に残った。 食べてみると、見た目と同じく食感もボソボソしており、タレの味も強すぎてうなぎの旨味がイマイチ感じられない。 ひつまぶし的な食べ方には合いそうだが……そういったメニューが無い点もまた残念だ。 牛丼に定評のある吉野家だけに、今後に期待したい。 ・第3位:ほっともっと『うな丼 並盛』780円 ボリュームがあって脂も乗っているが、 皮が厚く身も硬めだったのが「ほっともっと」である。 また、付属される小袋入りのタレの味にクセがあり、米発酵調味料からきていると思われるアルコールの匂いが少し気になった。 同商品に関しては、時間が経ってしまった場合はレンジで温めてから味わうのがベターだろう(弁当容器は電子レンジ不可)。 そして、好みにもよるが付属のタレは量が多めなので、かけすぎに注意した方がいいかもしれない。 ・第2位:すき家『うな丼 並盛』790円 前述の2社に比べてクセが少なかったのが「すき家」。 柔らくなめらかな舌触りのうなぎが甘めのタレで仕上げられていて食べやすかった。 今ひとつだった点として、皮のねっとりとした食感が挙げられるが、ご飯と一緒に食べればさほど気にならないレベルである。 すき家の情報によると、中国の福建省で養殖されたうなぎを使用。 養殖を始めるまえから店舗で販売されるまで11回にも渡る検査を実施しており、これは一般的な国内養殖うなぎよりも厳しいものだという。 もしかすると、そうしたこだわりが味に現れているのかもしれない。 ・第1位:なか卯『うな重』850円 そして、4社の中で最もおいしかったのが「なか卯」だ。 ふっくらとしたうなぎの食感に加えて、臭みやしつこさを感じさせないタレの濃さもまた絶妙。 本格専門店で食べるような焼きたての味には及ばないが、香ばしく仕上がっていて豊かな味わいが楽しめた。  ご存知の方も多いかと思うが「なか卯」は「すき家」と同じ 「ゼンショーグループ」が運営するチェーン店。 うなぎの質感や味の濃さはそれぞれ異なってはいるものの、今回の食べ比べで同グループのうなぎに対する強いこだわりを見たような気がする。 以上、食べ比べてみた結果、個人的な意見としては「なか卯」のうな重が最も美味しく感じた。 他の3社に比べてやや高価だが、うなぎの市場価格を考えれば高コスパといえる。 気になる方はぜひその味をご自身で確かめてみてはいかがだろうか。 参考リンク:、、、 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

うなぎ 藤枝

2018年夏、7月20日と8月1日はうなぎ屋が忙しくなる「土用の丑の日」である。 近年、価格が高騰していると言われているうなぎだが、親しみやすい価格設定でグッと身近な存在にしているのが、牛丼屋などをはじめとする大手外食チェーンだ。 そこで今回は、 「すき家」「吉野家」「なか卯」「ほっともっと」のうな丼(うな重)をテイクアウトして食べ比べ、どこが1番おいしいのかチェックしてみることにした。 ちなみにうなぎの産地は、いずれも中国産だった。 また、カロリーについては最大で約40kcalの差なので、全体の量に大きな違いはないと考えても良さそうだ。 それでは、筆者の個人的な意見にはなるが、各社のうなぎ弁当を食べ比べた感想をランキング形式でご紹介していくゾ! ・第4位:吉野家『鰻重 一枚盛』750円 4社のなかで、見た目も食感も明らかに残念だったのが「吉野家」だ。 商品の個体差を少なくするためか、3つの切り身を組み合わせて1枚にしてあり、 端がボソボソと崩れてしまっているのが印象に残った。 食べてみると、見た目と同じく食感もボソボソしており、タレの味も強すぎてうなぎの旨味がイマイチ感じられない。 ひつまぶし的な食べ方には合いそうだが……そういったメニューが無い点もまた残念だ。 牛丼に定評のある吉野家だけに、今後に期待したい。 ・第3位:ほっともっと『うな丼 並盛』780円 ボリュームがあって脂も乗っているが、 皮が厚く身も硬めだったのが「ほっともっと」である。 また、付属される小袋入りのタレの味にクセがあり、米発酵調味料からきていると思われるアルコールの匂いが少し気になった。 同商品に関しては、時間が経ってしまった場合はレンジで温めてから味わうのがベターだろう(弁当容器は電子レンジ不可)。 そして、好みにもよるが付属のタレは量が多めなので、かけすぎに注意した方がいいかもしれない。 ・第2位:すき家『うな丼 並盛』790円 前述の2社に比べてクセが少なかったのが「すき家」。 柔らくなめらかな舌触りのうなぎが甘めのタレで仕上げられていて食べやすかった。 今ひとつだった点として、皮のねっとりとした食感が挙げられるが、ご飯と一緒に食べればさほど気にならないレベルである。 すき家の情報によると、中国の福建省で養殖されたうなぎを使用。 養殖を始めるまえから店舗で販売されるまで11回にも渡る検査を実施しており、これは一般的な国内養殖うなぎよりも厳しいものだという。 もしかすると、そうしたこだわりが味に現れているのかもしれない。 ・第1位:なか卯『うな重』850円 そして、4社の中で最もおいしかったのが「なか卯」だ。 ふっくらとしたうなぎの食感に加えて、臭みやしつこさを感じさせないタレの濃さもまた絶妙。 本格専門店で食べるような焼きたての味には及ばないが、香ばしく仕上がっていて豊かな味わいが楽しめた。  ご存知の方も多いかと思うが「なか卯」は「すき家」と同じ 「ゼンショーグループ」が運営するチェーン店。 うなぎの質感や味の濃さはそれぞれ異なってはいるものの、今回の食べ比べで同グループのうなぎに対する強いこだわりを見たような気がする。 以上、食べ比べてみた結果、個人的な意見としては「なか卯」のうな重が最も美味しく感じた。 他の3社に比べてやや高価だが、うなぎの市場価格を考えれば高コスパといえる。 気になる方はぜひその味をご自身で確かめてみてはいかがだろうか。 参考リンク:、、、 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

うなぎ 藤枝

「高級食材であるうなぎを、より多くの方に食べてもらいたい」そんな社長の想いを実現させたのが「うな政」です。 旨くて、安くて、早く提供できる、三拍子そろった「うな丼」の開発に力を注いできました。 様々な課題・問題点を乗り越え、お客様の反応を伺い、改善に改善を重ね、ようやく自信の持てる味・商品価値・運営スタイルを構築することができました。 うな丼を低価格で、本格炭火焼きの老舗に負けない味を短時間で待たすことなく提供する。 まさに、うなぎ革命! まずは一度、焼きたての「うな丼」を、ご賞味ください。 必ず満足して頂けることと思います。 店名 うな政 藤枝店• 住所 〒426-0029 藤枝市益津330-1• 営業時間 11:00~21:00(ラストオーダー20:30)• 定休日 無休• 車 東名焼津I. Cより約15分• 駐車場 18台(無料)• 外部サイト• 支払い方法 現金のみ• 席数 テーブル席28名、カウンター席13名(店内禁煙)• アルコール ビール 日本酒• テイクアウト うな丼弁当各種(950円~)• 子連れ 可• うなぎについて 焼き方/関東風• 特徴・サービス 子供連れ歓迎 気取らず おひとり様歓迎 ランチ営業あり 店内禁煙 魚料理が自慢 この情報は、2020年6月25日現在のものです。 価格は一部を除き、税込価格(掲載時の消費税率適用)です。 営業時間、価格など掲載内容は変更されている場合があります。 ご利用前にお店・施設にご確認ください。 記載内容が異なる場合はまでご連絡ください。

次の