街コン ペット。 千葉県の街コンのメンバー募集|ジモティー

趣味コンの街コンパス 趣味コン開催レポート|大阪・神戸・京都の趣味コン

街コン ペット

今更なんですが、ぼく、 街コンに初参加します! 学生の頃よりも失恋するとダメージでかいってことを実感したので、すがる思いで街コンサイトを検索し、初心者の考えで翌日に開催される良さげなイベントを鬼の形相で探しました。 立食系のパーティー 公共施設で行う合コン 趣味コン 街コンって言うけど色々あるんだなぁと感心しながらも、毎日こんなにイベントがあって異性が集まるとか、人って出会いと恋を求めている生き物なんだなと改めて思ったのであった。 開催される街コンの詳細を見ると、募集要項に年齢やスペックなどが記載されていてお互いが求める相手が来るようになっていた。 確かにこれなら恋愛する相手に対して効率良く条件を満たすことが出来ると思った。 「でも街コンってコミュニケーション能力がないと楽しめないよな、、、」 もちろん喋るのが得意ではないので恐怖もあり、失敗したらどうしよう、拒絶されたらどうしようとかも考えてたけど行動しないと恋なんて始まらないルックスなので、勢いに身を任せて料金の高くなく参加しやすそうだった公園を散歩しながら話をするタイプの街コンに申し込みをした。 まぁなんとかなるっしょ!という気持ちでその日は眠りについた。 人生初となる街コン当日! 事前に調べた情報では、とりあえず男は清潔感が大事ということなので綺麗めな服装と、匂いにも気を配って少量のフレグランスをして家を出た。 出来る男は電車に揺られながらも会話のネタを用意しておく。 どこから着ましたかー? お仕事はー? 趣味とかってありますか?などなど。 初対面なら大体はこんな内容で質問して、共通する部分があれば話を広げていけばいいかなと完璧なイメトレで、ぼくに隙なんて微塵も感じさせなかった。 街コンの受付場所に到着! 電車から降りてお昼過ぎから開催されるお散歩街コンの会場に余裕を持って到着。 集合の予定時間よりも10分ばかし早く着いたけど誰もいない。 主催者のスタッフすらいない! どぞっ ささっと受け付けは終わり、その間にも他の参加者も集まってきた。 なるほど。 ピッタリに集まるとスタッフとかが分かりにくいから後から来た方が楽なんだなーと思った。 あと、街コンのスタッフを探すので変にキョロキョロするからその方がいいとも思った!笑 ちなみに今回参加した街コンの年齢層は25歳~40歳ぐらいだったんだけど、バランスよく来るのかなーと思っていたけど受付をしている人達を見ていると割と上限に近い人達が多いように見えた。 その時ぼくは思った。 これは失敗したのか、、、!? そんな不安は置いといて集まったのは男が一人多くて男女合わせて20人ぐらいだった。 一旦落ち着いて、男性を見てみると圧倒的優位な立場になれる「イケメン」と呼べるような人はいない。 では、女性はどうだろうか? 先ほどもお伝えしたように年齢層は高く、街中ですれ違うような可愛い・美人な人はいないように思えた。 可愛い人・かっこいい人には恋人がいるということなのか・・・という想いを抱きそうになったぼくだけど、まずは街コンとは何ぞや?というのを実際に体験してみないことには分からない。 受付終了。 いよいよ街コンスタート! 参加者の受付が終わると、スタッフがイベントのスケジュールをアナウンスしてくれた。 目的の公園に行ってそこで散歩しようね~ってことなんだけど、今いる集合場所から目的の公園まで男女列になって、前後交代しながらお話しながら向かいましょう!という内容でした。 その光景は学校の行事で生徒が列をなして歩いている姿を想像してもらえるといいと思います。 そのままスタッフの誘導で歩きながら異性同士の会話が始まり、ぼくはイメトレのように会話をする。 なんてお呼びすればいいですかー?などなど。 座って対面しながらの会話じゃないのでそんなに緊張することもなく、変にキョドったりすることなくそこそこ楽しく会話は出来てたと思います(自分の中では) 一人当たり大体5分ぐらい話をして男性が移動して入れ替わりながら会話する流れなので、時間も短く色んな人と話をするため、名前とか話していたことはほとんど忘れてしまいます笑 なのでいいなーと思った人には何か印象に残りやすいようにあだ名とか言った方がいいかもしれないです。 そうこうしている間に目的の公園に到着! この時点ですでに最初に話した人とか興味がなかった人の名前とか忘れてました、、、(恐らく女性も同じはずだ!) そこからスタッフの案内で、男女合わせて8名ぐらいのグループに分かれて公園散歩になりました。 ちなみにこのグループ分の作り方ですが、大体近くにいた人で、 「ここからここまでで1グループ!」というように分けられてしまうので、 グループ分けのメンバーになりたくない人の近くにはいない方が得策だと思います。 なぜなら、グループで行動する場合はイベント終了まで固定になり強制的に運命共同体となります。 男性は、、、グループ以外はほんとに接点ないのでわかりませんが、同じグループの人だと制作会社に薬剤師など。 会話はイメトレ通りで仕事や趣味の話! 他には街コンよく来ますかー?なんて話をしてグループ交代の時間に。 この流れを4回ほど繰り返して全てのグループとの会話も終わり、全員合流してから連絡先交換のフリータイムに。 いざ連絡先交換して~って言われても正直しにくいのでグループチェンジの寸前にするのが自然でしやすいと思ったので、もし気になった方がいた時はその時にすることをオススメします! 「せっかくなんで連絡先交換しません?」とかでいけると思います! コミュ力ある人がいれば率先してやってくれるのですが、、、笑 そして一通り交換タイムが終わったら解散となりますが、ここからいい感じになった人とかコミュ力高い人は二次会的なやつをするので行ってもいいかなと思う人は参加した方がいいです! 時間の縛りなんかもなくなり、街コンの感想も言えたりして参加してる時よりも仲良くなりやすい気がします! ぼくは同じグループの男性と割と盛り上がって話せた女性の6人ぐらいでちょっとお茶しに行きましたが、街コンよりも話せて楽しかったです。 そんなこんなでぼくの初の街コンは終わったのであった。

次の

山梨恋活コミュニティ

街コン ペット

合コンは個人主催、街コンは団体主催 まず両者の大きな違いとして、個人主催か団体主催かが挙げられます。 個人が主催し、友人・知人を介して参加者を募る合コンに対し、街コンは企業や団体が主催します。 街コンは幹事役のスタッフが業務としてコンパ運営を行っており、席替えや時間配分などの段取りを全て行ってくれます。 参加者は 参加者同士の会話に集中できるというメリットがあります。 ですがその分 街コンの方が人件費がかかる為、参加費が割高になるケースが多いです。 そしてその割高になった参加費は男性側に降ってきます。 合コンは1軒、街コンは複数軒 合コンは居酒屋1軒で終わりますが、多くの街コンは複数軒の居酒屋やレストランをハシゴする形式になっています。 移動時間を煩わしく感じる人は合コン向き、色々なお店を楽しみたい方は街コンに向いていると思います。 合コンは小規模、街コンは中〜大規模 合コンと街コンの大きな違いのひとつとして、参加人数が挙げられます。 合コンは多くても10人程度の小規模開催ですが、街コンは50人、100人規模で開催されます。 人数が多い分、 街コンは席替えが頻繁に行われます。 気に入った異性がいても、15分・20分程度しか会話の時間が取れないなんてことも多々あります。 その為、短時間でできる限り多くの人と接したいのか、少人数でじっくり話をしたいのかで、どちらに参加するのかを決めると良いでしょう。 合コンは夜開催、街コンは昼開催 一般的に合コンは夜開催が多く、街コンは昼開催の場合が多いです。 (夜開催の街コンも最近増えてきていますが) こちらも一長一短で、夜開催は盛り上がれば朝まで飲み明かして相手との距離を縮められるかもしれませんし、 解散後に軽くお茶する程度であれば昼開催の街コンの後の方がスムーズにいくでしょう。 合コンは友達0人では参加不可、街コンは参加可 個人的にここはかなり大きな差だと思っています。 基本的に、合コンは誰かに誘われる必要があります。 その点街コンは1人でも参加可能です。 転勤や上京したての人など、 友達が少ない方でも参加しやすいのが街コンのメリットと言えます。 一方で、 性格上少々問題のある人が紛れ込みやすいのも街コンの特徴です。 自分の交友関係を想像してみて下さい。 「あの人は合コンには誘いたくないな」と思う人、何人かはいるはずです。 ですが、 街コンであれば自分で申し込んで1人参加できる為、そのような人でも参加することができます。 私が街コンで会った中で最もインパクトがあったのは「私、人を殺してみたいんですよ」って真顔で自己紹介してきた女性・・・流石に怖かったです。 合コンは友達・知人フィルターを通過した人が参加するため、街コンと比較するとそういった問題のある人の割合は減ると思われます。 合コンは受動的、街コンは能動的 前項と似ていますが、合コンは誘われて参加するもので、街コンは自分から申し込んで参加します。 その為、合コンに比べると 街コンの方が男女ともに積極的な人が多い傾向にあります。 その中で存在感を出していくのは簡単な事ではなく、街コンは積極的に異性に話しかけたり話題を振ったりできる人向きと言えるでしょう。 まとめ 合コンと街コンの違いを書き連ねてみました。 私は個人的に合コンの方が好みです。 短時間で席替えされる街コンだと、第一印象しか残らず、自己紹介だけで時間が終わってしまうことも多いので・・・ さて、ここまでの情報を表にまとめてみます。 どちらが自分に向いているかを考える参考になれば幸いです。

次の

ペットコン!ペット好きな異性と出会える婚活・お見合いパーティー

街コン ペット

猫カフェ街コンイベントのコンセプト 猫好き・動物好きの20代〜30代を集める、 というコンセプトでの開催でした。 ペットを飼ったことがある方、無い方、現在飼っている方など、 動物との触れ合いは人それぞれという印象でした。 猫カフェ街コンの開催場所 JR目黒駅近くの猫カフェでの開催でした。 1店舗のみでの開催で、 男女合わせて20人前後が参加していました。 猫カフェ街コンはどんなプログラムだった? まずは二つのグループに別れて自己紹介。 その後男性が移動して再び自己紹介。 最初のグループに戻って一度目の猫の撮影会。 一押しの一枚を決めて、プロのカメラマンの方に どちらのグループの写真が素敵か決めてもらいます。 その後、また男性が入れ替わって二回目の撮影会。 一枚決める、評価。 最後にフリータイムという流れでした。 猫カフェ街コンで出会った方とどんな会話をした? いままでどんな動物を飼ってきたか、これから飼いたいかはよく話題になりました。 それから猫好きが集まり猫の写真をとっていたので、 すぐ隠れちゃいますねー、とか、おもちゃで遊んでくれないですね、 とか、寝顔がかわいいですね。 と猫の話題がメインでした。 立ち止まって自分たちの話をする時間はあまり少なかったかもしれません。 今回参加した猫カフェ街コンの感想 男女の出会いの場というより、猫好きの集まり。 という印象でした。 肉食の方がリードするか、主催者側で二次会を用意してくれていたら また違ったかもしれません。 ドリンク一杯では、なかなか話が盛り上がらず。 動物好きで、自分だけじゃなくペットも愛してくれる人としか結婚できない! という方には、いい出会いの場になる可能性があります。 スポンサー リンク• 東京・池袋で街コンにお一人さま参加してみた感想 池袋おひとりさま街コンイベントのコンセプト 年齢は20~30代まで限定で、20代後半~30代前半が一番多かったように思いますが、 40歳手前ほどの方もちらほらいらっしゃいました。 参加人数はペアでも1人でも可能なイベントで、2人ペアで来ている方と 私のように1人で来ている方が半々くらいでしたが、女性はペア、 男性は1人のほうが多かったように感じました。 池袋おひとりさま街コンの開催場所 最寄り駅は池袋駅で、会場までは大体徒歩10分くらいでした。 店舗は1店舗型のゆっくり楽しめるタイプを選びました。 会場はダーツが4つ程用意されているダイニングバーのようなところでした。 池袋おひとりさま街コンはどんなプログラムだった? まず、到着してからは受付で言われた番号のテーブルに行って (立席型と着席型の両方のテーブルがありました。 ) 用意されているカードに自分の名前を書き名札を作りました。 1つのテーブルにつき、男性4名、女性4名の計8名でした。 始まるまでの間に早く着いた方たちはかなり話をして仲良くなっている感じがしました。 食事や飲み物は自由に取ってきて自分のテーブルで食べる、といった感じです。 開始してからは、1テーブル約5分で会話タイムがあり (大体自己紹介をしてなんとなく話をして終わる程度です。 )、 その後は男性だけが各テーブルを移動し、女性は同じテーブルで次の男性陣を待つ、 という感じでローテーションがありました。 全テーブルとの会話が終わった後はフリータイムが約2時間30分あり、 それまでに気になった人と各々自由に(ゆっくり話をしたり、ダーツをしたり)過ごす事ができました。 また、私は参加していませんが、フリータイムには自由参加式のゲームもありました。 池袋おひとりさま街コンで出会った方とどんな会話をした? 始めのほうにある全員との会話タイムは、テーブルごとに誰かが仕切らないと 割とグダグダした感じになるので自己紹介のみ、 もしくはうまくいけば他の話題も少し話せる程度でした。 フリータイムでは、同じテーブルにいた1人で来ていた女性と仲良くなり、 その方と、1番最初に同じテーブルだった男性2人ペアと 4人でダーツをして対決をしながら話していました。 どういう仕事をしているのか、好きなアーティストなどを同じテーブルということもあり 開始前に話していたので、フリータイムではどんな人がタイプか、 好きになった人へのアプローチの仕方、 今までに(男性が)頑張ったデートなど恋愛系の話ばかりしていました。 今回参加した池袋おひとりさま街コンの感想 池袋の街コンが私の初街コンでしたが、まずひとりでも楽しめるひとなら 相手を気にせず男性を選べるし話せるので結構楽しめますが、 女性はペアのほうが多かったので緊張する、 とか誰かがいないと不安な方は2人のほうが良いのかなと思いました。 (圧倒的にペア参加の街コンが多かったように感じましたし、 中にはしつこくて嫌な男性などもいたので相手がいると守りあえるし愚痴も言えるし安心かな、と思います。 ) この街コンではその後には繋がりませんでしたが、久しぶりにいろんな方と 出会うことができてときめくこともあったので充実した時間になりました。 スポンサー リンク.

次の