ワイ モバイル 機種。 Y!mobile(ワイモバイル)のバックアップは機種変更でもデータ移行不要

ワイモバイルで機種代が安い端末は?お手頃価格の機種をピックアップ

ワイ モバイル 機種

ワイモバイルで機種変更はできる?機種変更できる場所は? これから「ワイモバイルを契約したいけど、 機種変更できるの?」と思っている方もいるかもしれません。 格安SIMは従来の通信会社と異なるサービス展開をしているので、分かりにくいと感じている方もいるのではないでしょうか。 まず、ワイモバイルで機種変更できるかどうかについて解説していくので、気になった方はチェックしてみてください。 ワイモバイルで機種変更はできます! 結論から言うと、ワイモバイルで機種変更することは可能です。 機種変更の方法は 店舗と WEBの2種類があるので、機種変更する流れと機種変更の方法におけるメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。 機種変更の方法を解説 それでは、実際に機種変更する流れを解説していきます。 店舗で機種変更する場合とWEBで機種変更する流れは異なるので、どちらが自分に向いているかを確認しながら見てください。 店舗で機種変更する流れ 店舗で機種変更する場合は基本的には店舗側で行ってくれるため、 WEBでの機種変更と比較すると手間や負担は少ないです。 店舗で機種変更する場合の流れを解説するので、ぜひ参考にしてください。 契約に必要なものを用意する 店舗に行く前に契約に必要なものを用意します。 必要なものは以下の通りです。 本人確認書類 運転免許証、パスポートなど• 現在使っている機種• 手数料 上記に記載したものは契約する際に必ず必要になります。 忘れてしまうと契約できないので、注意しましょう。 店舗に行き、契約を行う 店舗に足を運んで、契約をします。 希望する端末があれば、ここで店員さんに伝えましょう。 端末に関する質問も店員さんに聞くことで答えてもらえます。 特に問題がなければ、スムーズに契約することができますよ。 機種変更した端末で使用開始 契約した後は設定してもらった端末で使用することが可能です。 契約に必要な書類を忘れなければスムーズに機種変更できるので、 書類は忘れないようにしましょう。 ワイモバイルはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。 WEBで機種変更する流れ 機種変更する流れと同時にWEBでの申込み方法も解説していくので、WEBで機種変更を検討している方はぜひチェックしてください。 機種変更を申し込む まず、にアクセスし、機種変更したい端末を決めていきます。 端末の種類を最初に決めていくので、画像の丸印で囲んであるところから機種の種類を選択します。 引用元: 次に機種変更したい機種を決めて、クリックします。 機種のページにアクセスすると、本体カラーの選択や契約方法などを選択できるので、自分に当てはまるものにチェックを入れていきます。 MNPを希望される方は「のりかえ」をチェックしましょう 機種代金は分割にしても金利がかからないので長くご利用されるのであれば36ヶ月をオススメします。 データ増量オプションは1年間無料なのでチェックは入れたままがオススメです。 引用元: 全てにチェックが付いたら明細を確認して、「ご購入手続きへ」を押します。 後は指定された通りに進めていけば、申し込み完了となります。 手続きを深夜に行った場合は、審査の完了に時間がかかる場合があります。 各種設定を行う 機種変更の申込みが終われば、端末が指定した住所に届きます。 端末と一緒に設定方法が記載されている書類が届くので、書類通りに進めていけばできるはずです。 分からなくなったら、カスタマーセンター連絡してみてください。 機種変更した端末で使用開始 設定を行った後は機種変更した端末で使用開始となります。 端末の不具合等があった場合はカスタマーセンターに連絡することで対応してもらえるので、気軽に連絡してください。 関連記事はこちら 店舗で機種変更するメリット・デメリット 機種変更は店舗とWEBで可能なことが分かりました。 ですが、「店舗とWEBのどっちで機種変更するか悩む」という方もいるかもしれませんね。 そこで、最初に店舗で機種変更するメリットとデメリットを解説します。 店舗・WEBでの機種変更にはどちらもメリット・デメリットがあるので、メリットが当てはまった方で検討してみてください。 店舗で機種変更するメリット 最初に店舗で機種変更するメリットを解説します。 簡単に機種変更することができる 店舗で機種変更するメリットの1つが、 簡単に機種変更できる点です。 店舗に足を運んで機種変更をする場合は、初期設定等を店員さんにやってもらえるので簡単に機種変更ができるのが魅力になります。 初期設定のやり方が分からない方や、手間を省きたい方は店舗で機種変更するのがオススメですよ。 分からないことはすぐに聞ける スマホの機種変更したことがある方なら、新しい端末の使い方や操作に苦労したことがあるかもしれません。 同じメーカーのスマートフォンに機種変更すれば、操作方法は変わらないかもしれませんが、違うメーカーにしたら苦労したという話も良く耳にしますね。 そんな悩みも店舗で機種変更すれば、 すぐに疑問を解消できます。 カスタマーセンターでは、言葉でしか伝えることできないので直接教えてもらえるのは助かりますよね。 店舗で機種変更するデメリット 次に店舗で機種変更するデメリットを解説します。 店舗に足を運ばなければならない 店舗で機種変更するデメリットの1つは 店舗に足を運ばなければならないことです。 当然のことですが、店舗に足を運べない場合は店舗での機種変更ができません。 近くに店舗がない、店舗に行くのが大変な場合はWEBでの契約がオススメになります。 待ち時間がかかる場合もある 店舗に足を運んで機種変更をする場合では、 待ち時間がかかる場合もあります。 待ち時間は店舗の場所や時間帯によって異なりますが、平日の午後6時以降や土日に関しては仕事終わりや仕事が休みの方が来る可能性が高いので、待ち時間が発生する可能性が高くなります。 店舗で機種変更する際には、時間の余裕を持って行きましょう。 WEBで機種変更するメリット・デメリット 先程は店舗で機種変更するメリット・デメリットを解説しました。 対するWEBでの機種変更にもメリットとデメリットがあるので、それぞれ解説していきますね。 WEBで機種変更するメリット まず、WEBで機種変更するメリットを解説します。 店舗に足を運ぶ必要がない 店舗で機種変更するデメリットの反対にはなりますが、WEBで機種変更を申し込んだ場合は 店舗に足を運ぶ必要がない点がメリットになります。 外出できない場合にも機種変更できるのが、WEBで申し込む最大のメリットですね。 24時間どこでも申し込める WEBで機種変更する場合は、インターネットの接続環境と契約する際に必要な身分証明書などが揃っていれば 24時間どこでも申し込めるのがメリットですよね。 故障などで急にスマートフォンが動かなくなった場合にも安心できますよ。 WEBで機種変更するデメリット 次にWEBで機種変更するデメリットを解説します。 機種を体験することができない 店舗ではスマートフォンの端末が置いてあるので、機種変更する前に自分で触れてみて動作を確認することができますが、WEBで機種変更する場合は 端末を体験することができません。 端末を体験せずに契約すると、端末が届いた時に「思ったのと違う」と感じることがあるので、店舗に行けない場合でも、家電量販店等で端末の取り扱いがある場合は、端末を体験してみるといいかもしれませんね。 設定は自分でする必要がある WEBでの機種変更では、申込み後は自宅に端末が届きます。 その端末は電話回線等が設定されていないので、 自分で設定をする必要があります。 設定に関しては付属の資料に分かりやすく記載されてすぐ終わりますが、手間がかかるのが嫌な方は店舗で契約するのが良いかもしれませんね。 機種変更で迷うなら店舗がオススメです 先程は店舗での機種変更とWEBでの機種変更のメリット・デメリットを紹介しましたが、「どちらにすればいいのか分からない」という方もいるかもしれません。 どちらか迷った時には 店舗での契約がオススメです。 端末の情報や操作方法、設定なども詳しく教えてもらえるので、安心ですよね。 分からないことは対面で教えてもらえるのも店舗で機種変更するメリットになりますよ。 おすすめの機種を紹介します 「機種変更できるのは分かったけど、どの機種が良いの?」と思う方もいるかもしれませんね。 ワイモバイルでは機種変更できる端末の種類が多いので、迷う方も多いのが事実。 そこで、最新の機種や人気の機種を4つ紹介するので、契約する機種で迷っている方は参考にしてみてください。 最新機種が良い人はこちらをチェック 最初に紹介するのが、ワイモバイルで取り扱っている最新の機種です。 最新の機種として紹介するのは、「Xperia 10 II」と「Android One S7」です。 どちらもワイモバイルで契約できる端末では新しいので、最新機種にこだわりたい方は要チェックですよ。 Xperia 10 II 「Xperia 10 II」はソニーが発売している人気シリーズの1つで、ワイモバイルで契約できる端末では1番新しい機種になります。 「Xperia 10 II」のオススメポイントは2つあります。 1つ目のポイントは カメラ性能が高いことです。 端末本体に「超広角レンズ」、「標準レンズ」、「望遠レンズ」の3種類レンズが搭載されており、レンズを切り替えて風景などを撮影することができます。 2つ目のポイントは 映像や画像をきれいに見ることができる点です。 ディスプレイに有機ELを採用しているので、色がきれいになっているので映画なども色彩豊かに感じますよ。 それ以外にも、防水防塵に対応していること、ソニーの強みである音質も体感できるので、音楽・映画などのエンタメを楽しみたい方にオススメの機種です。 Android One S7 シンプルで使いやすいスマートフォンを探している方は「Android One S7」がオススメです。 本体に初期からインストールされているアプリはかなり少なく、他の端末と比較して迷うことなく利用できます。 本体の性能に関しても大容量バッテリーを搭載、手ブレ補正付きのカメラ、防水防塵などもあるので、安心して使うことができますよ。 中でも、搭載されているバッテリーは劣化が少ないように設計されているので、長く端末を利用することができます。 シンプルで快適な操作を求めているなら「Android One S7」がオススメになります。 人気の機種が良い人はこちらをチェック 上記では最新機種を紹介しましたが、ワイモバイルで人気の機種も紹介していきます。 人気の機種として紹介するのは、人気シリーズの「iPhone7」と価格が魅力の「HUAWEI P30 lite」を紹介していくので、ぜひ確認してみてください。 iPhone7 ワイモバイルで取り扱っている端末で人気の1つが「iPhone7」。 アップル社が製造販売している、iPhoneシリーズの1つです。 「iPhone7」の1番の魅力が操作性。 iPhoneシリーズ全てに言えることですが、 スマホに詳しくない方でも簡単に操作することができる点が魅力となっています。 また、「iPhone7」はFelicaが搭載されているので、 おサイフケータイと同等の機能が利用できるのもポイントの1つになります。 モバイルSuicaにも対応しているので、「iPhone7」 1つで電車に乗車、買い物もできますよ。 ディスプレイサイズも最近のスマートフォンの中では小さい部類に入るので、女性にも扱いやすく大人気の機種となっています。 最新のiPhoneと比較すると少し前の端末になりますが、現役でも使える性能を持っているので、操作性を重視する方は「iPhone7」がオススメです。 HUAWEI P30 lite 「HUAWEI P30 lite」はスマートフォンの 価格を重視したい方にオススメの機種になります。 ワイモバイルで契約できる端末の中では安い価格で契約できるので、スマートフォンでゲームや画像処理など性能が必要になるアプリを使用しない方にオススメです。 「価格が安いから性能が悪いの?」と考える方もいるかもしれませんね。 しかし、「HUAWEI P30 lite」は価格以上に性能が良いです。 特にカメラに関してはAIが自動認識してくれる機能が付いているので、プロが撮るような写真が撮れることもあります。 本体のコストパフォーマンスを求めるなら、満足する機種となりますよ。 4機種のスペックを表にまとめました 先程紹介した4つの機種のスペックを表にまとめました。 比較も簡単にできるので、気になる方は確認してみてください。 5インチ 4. 7インチ 6. お得になる日は「5のつく日」と「ゾロ目の日」などでそれぞれ解説してきますね。 5のつく日 引用元: 最初に紹介するのが5のつく日に契約するとお得になるキャンペーンです。 5のつく日というのは 毎月5日、15日、25日が該当します。 毎月に3回もあるので、チャンスは多いですね。 5のつく日に行われるキャンペーンは最大で15,555円相当のPayPayボーナスライトがもらえるという内容になっています。 キャンペーンを使わず契約する場合にも、PayPayボーナスライトは付与されますが、 5のつく日に契約すると5,555円相当のPayPayボーナスライトが上乗せされるというかなりお得なキャンペーンです。 もらえるPayPayボーナスライトは契約するプランによって付与額が異なり、スマホベーシックプランLで15,555円相当、スマホベーシックプランMで12,555円相当、スマホベーシックプランSで10,555円相当となっています。 追加で付与されるポイントの量がすごいですよね。 そんなお得なキャンペーンですが、注意点が2点あります。 1つ目は ソフトバンクからの乗り換え、ソフトバンク回線を使用した他社格安SIMサービスからの乗り換えの場合はキャンペーンの対象外となる点です。 2つ目は PayPayボーナスライトの有効日が付与日から60日であることです。 60日を超えた場合はキャンペーンでもらえたPayPayボーナスライトが使えなくなるので、期限には注意してください。 同時にPayPayボーナスライトの出金・譲渡もできないので、気をつけたい点です。 PayPayボーナスライトはヤフオクやヤフーショッピングなどのインターネットサービスでも使えるので、ネットショッピングをよくする方にも嬉しいキャンペーンですね。 関連記事はこちら ゾロ目の日 月の日付がゾロ目の日にもワイモバイルで契約するとお得になります。 お得に契約できるゾロ目の曜日は月に2回あり、毎月11日と22日が該当します。 7月であれば、7月11日と7月22日ですね。 ゾロ目の日に契約するとスマホの端末本体を、下の画像のように安く契約することができるので、ゾロ目の日を狙って契約するのも良いのではないでしょうか。 引用元: 注意点としては5のつく日と同じく、 ソフトバンクからの乗り換え、ソフトバンク回線を使用した他社格安SIMサービスからの乗り換えの場合、ゾロ目の日に行われるセールの対象外となることです。 「契約したけどキャンペーンの対象外だった」という方が多いので、間違えないようにしましょう。 セールで契約できる端末については、随時変わる可能性もあるので、気になった方はぜひで確認してみてください。 まとめ 最後に店舗で機種変更するメリット・デメリットをまとめました。 店舗 WEB メリット 簡単に機種変更することができる 分からないことはすぐに聞ける 店舗に足を運ぶ必要がない 24時間どこでも申し込める デメリット 店舗に足を運ばなければならない 待ち時間がかかる場合もある 機種を体験することができない 設定は自分でする必要がある ワイモバイルは新規契約・乗り換えだけでなく、機種変更できることが分かりました。 契約できる機種もたくさんあり、行っているお得なキャンペーンもたくさんあるので、ぜひこの記事を参考にして、自分の気に入った機種をお得に契約してください。 ワイモバイルはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。

次の

Yahoo!モバイル

ワイ モバイル 機種

ワイモバイルおすすめスマホ11機種 ワイモバイルで機種変更できる、おすすめiPhone・Androidスマホを集めました。 キャンペーンを使って、ワイモバイルでお得にスマホを買い替えましょう。 iPhone 7 Apple 出典: 格安SIMでもやっぱりiPhoneが欲しいという方も少なくないはず。 現在格安SIMブランドで手に入るiPhoneの最新型がiPhone 7。 2016年に発売された端末ではありますが、今でもその性能は決して見劣りしません。 先にハイスペックスマホとして紹介したAndroid One X5と、同等のベンチマークスコアを記録しています。 おサイフケータイと防水機能を搭載した初めてのiPhoneで、日本人にとっては使い勝手が一段と高まった作品といえるでしょう。 端末自体はコンパクトながらも、4. 7インチの大画面を実現しているので、ワイモバイルでiPhoneを検討しているのであれば、まず検討したい端末です。 iPhone 6s Apple 出典: iPhone 7の登場で、価格が一気に落ちたiPhone 6s。 お得にiPhoneを手に入れたいと思っていた方にとっては狙い目の端末です。 性能はiPhone 7に比べればもちろん見劣りしますが、基本的な機能を使うのであれば、全く問題のない端末でもあります。 おサイフケータイや防水機能はついていないながらも画面はiPhone 7と同じ4. 7インチを実現しています。 「画面サイズが大きいiPhoneがほしいけど、価格は抑えたい」という方にとってはおすすめの一台です。 Android One S7 出典: 「Android One S7」は「Android One S6」と同じく「Android One」シリーズの最新スマホ。 4000mAhのバッテリーと高性能ディスプレイが売りのスマホです。 画面サイズは5. 5インチ。 シャープが量産化に成功した半導体「IGZO」を使用したディスプレイは通常の液晶モニタと比較し伝達速度が早く、かつ解像度が高くなります。 高品質なディスプレイと1週間持つというバッテリー。 そんなAndroid One S7もS6と同様12月中旬以降の発売になるということです。 9mm 画面サイズ 5. 「超広角撮影」というと、が頭に浮かぶ人も多いはず。 格安SIMサービスでもカメラ機能が進化した端末が続々現れるようになってきました。 また、こちらの端末もLibero S10と同じく背面に指紋認証が搭載されている他、 おサイフケータイにも対応しています。 発売開始は12月中旬以降になるということです。 9mm 画面サイズ 5. 背面には指紋センサーを搭載しているので、スマホの開閉もカンタン。 また、デュアルカメラを搭載しており、 ポートレートモードやビューティーモードも利用可能。 一眼レフで撮影したような写真を撮ることができます。 容量はこの価格帯としては文句なしの3,100mAh。 3G環境下であれば約450時間の連続待受時間を誇ります。 発売は11月上旬以降となる予定とのこと。 機種名 Libero S10 価格 2万8800円 本体サイズ 73. 4mm 画面サイズ 5. 細長いボディを活かした快適な映画鑑賞や、PCのようにデュアルディスプレイとして使えるのが大きな魅力です。 1mm 画面サイズ 6. 21:9というのは、映画館のスクリーンの比率を再現しているそう。 そのため、スマホで動画視聴や映画鑑賞をする際、画面上下に黒帯が入りません。 黒帯が入らないということは、画面いっぱいに映像を楽しめるということです。 Xperia 8なら、映画館さながらの大迫力で快適に動画視聴ができます。 大きなディスプレイに加え、カメラ性能も向上しています。 アウトカメラは1200万画素の広角レンズと800万画素の望遠レンズの2種類を搭載。 また、「ポートレートセルフィー」機能も使用可能に。 撮影後に露出の調整(背景のぼかし)や肌、目の大きさを加工できるようになっています。 画面を2つに分けて別々の作業ができるので、以下のような使い方ができます。 ショッピングアプリ+ショッピングアプリ:2つのショッピングアプリで価格比較• 資料+メール:資料を確認しながらメールに返信• 地図アプリ+メッセージアプリ:場所を確認しながら会話• ニュースサイト+辞書アプリ:英語の記事を読みながら知らない単語を調べる タブレットやPCのデュアルディスプレイのように、 1つのスマホで2つの作業を同時に行うことができます。 面倒だったアプリを交互に開く作業が一切不要なため、それだけでかなりありがたいですよね。 加えて、マルチウィンドウが使えるスマホはほとんどないので、最も便利なスマホといっても過言ではないでしょう。 Android One X5 LG 出典: 最近話題になっている「Android One」シリーズ。 同じシリーズなのに違うメーカーが手がけていたりと、他のシリーズとはやや異なるシリーズもあります。 ご存知の通り、AndroidはiPhoneとは違い様々なメーカーがスマホを製造し、自社の端末に合わせてOSをカスタマイズさせています。 そのため新しいOSが誕生しても、メーカーによってカスタマイズが必要だったため、アップデートにタイムラグが生じていました。 Googleは様々なメーカーと協力し、最新のOSを利用できるスマホを開発したのがAndroid Oneです。 18ヶ月間は最新OSのアップデートが保障されており、Android標準のシンプルで使いやすいインターフェースが使われています。 そのため、メーカーが違っても使用感が似ているのです。 これまで手に入れやすい低価格帯が主流だったAndroid Oneですが、 初めてハイスペックな機種として登場したのがAndroid One X5です。 例えばカメラは基本的なスペックが高い上に、AIカメラが搭載されています。 被写体を判別した上で9つの撮影モードから自動で最適な撮影モードを選んでくれる機能となります。 自分で撮影モードを選んで切り替えるのが面倒だという人も、ベストな状態で撮影をすることができます。 そしてCPUという、スマホの処理能力を決める部分には「Snapdragon 835」が使われています。 最後の数値の値が大きいほど新しく性能もいいのですが、Android One X5はAndroid Oneシリーズで、最初に800番代を搭載したスマホとなります。 通常であれば10万円台のスマホに搭載されるCPUですが、それに匹敵する性能を持っていることになります。 決して安いスマホではありませんが、その性能を考えればコスパが良い端末だといえるでしょう。 Android One S5 SHARP 出典: Android One X5 と同じAndroid OneシリーズのAndroid One S5。 名前も一字違いのため、何が違うのか疑問に思っている方もいるかもしれません。 一言で比較するなら、Android One X5が料金も高めのハイスペックモデルなのに対して、Android One S5は最低限の機能を搭載して、それだけ手に入れやすくしたローエンドモデルと言えます。 Android One X5が8万円台もするのに対して、Android One S5は3万円台。 機能を比較すればもちろん見劣りはしますが、その価格差を考慮すれば決して買って損な端末ではありません。 内蔵RAMも3GBですが、SNSや動画を視聴するには全く問題ありません。 本格的なスマホゲームを楽しみたい方などを除けば、決して不便のない端末と言えるでしょう。 またSHARPが製造しているだけあって、液晶には力が入っています。 AQUOSの技術の後継である『リッチカラーテクノロジーモバイル』を搭載しているのも魅力の一つです。 スマホでは基本的な機能しか利用しないと言う方にとってはお得な端末と言えるでしょう。 サブ端末がほしいという方にもおすすめです。 HUAWEI P20 lite スマホはコスパ重視で選びたいという方におすすめなのが、HUAWEI P20 lite。 現在ワイモバイルで発売されているスマホの中では、最もコスパの高い端末です。 3万円台で購入できてこれだけスペックの高いスマホはなかなかありません。 もちろん10万円もするスマホと比べたら見劣りする点もありますが、値段を考えると十分すぎるスペックなのです。 ちなみに2018年に最も売れたスマホでもあります。 例えば顔認証。 iPhoneが搭載したことでメジャーになった 顔認証ですが、3万円台のP20 liteに搭載されているのですから驚きです。 同じ価格帯で顔認証を搭載している端末は他にありません。 その性能も決して悪くなく、目をつぶったり変顔では認識されませんが、メガネをかけた状態でもロックを解除してくれるのは便利です。 顔認証に加えて指紋認証も搭載しているので、どちらでもロック解除ができます。 さらにダブルレンズを搭載しているため、写真がとにかくきれいに撮れる上に、自動で背景をぼかす機能もついています。 それでいてRAMも4GBを搭載しているので、ゲームを楽しみたい方でも満足の一台です。 バッテリーも3,000mAhの大容量バッテリーな上に 高速充電にも対応しているので、時間がない時でも大助かりです。 ハイスペックなスマホがほしいけど、今はお金がないという方に十分おすすめできる端末になっています。 Android One X4 SHARP 出典: Android One S5 と同じく、SHARPが開発したAndroid OneシリーズのAndroid One X4。 Android One X5に比べれば性能は見劣りしますが、低価格帯を狙ったS5に比べればスペックは高めです。 Android One S5が2018年12月に発売でしたが、X4が発売されたのは同年の6月。 半年前に発売されたX4ですが、CPUやカメラなど比較してもS5よりも高いスペックを誇っています。 かんたんスマホ 京セラ 最後に紹介するのがシニア向けのかんたんスマホ「705KC」。 2019年3月発売に新色が発売された最新スマホです。 実はシニア向けのスマホというのはキャリアからは発売されていましたが、サブキャリアから発売されるのはこれが初めてとなります。 シニア向けスマホならではの機能が、ホーム画面に4件まで連絡先を登録しておけること。 普段よく電話をかける人を登録しておけば、ホーム画面からワンタップで電話がかけられるので迷うことがありません。 また最近のスマホボタンにはない物理ボタンがあるのも、シニアにとっては嬉しいポイント。 物理ボタンがあるのは「電話」「ホーム」「メール」の3つ。 人によってはこの3つの機能で十分という方も少なくないかもしれませんね。 LINEも既にインストールしてあるので、登録するだけで家族と連絡がとることも可能です。 60歳以上の方であれば「シニア割」を使って、国内通話を制限なしで0円にすることも可能です。 ワイモバイルの最新キャンペーン情報 をまとめました。 ワイモバ学割• 2019年11月29日 金 ~2020年6月1日 月 ワイモバ学割は、スマホの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーンです。 学割対象者は5歳~18以下のユーザーで、学生以外も対象です。 ワイモバイルでスマホの新規契約や乗り換えを考えている方は、ぜひとも活用したいキャンペーンとなっています。 データ増量無料キャンペーン2 出典: 新規契約や乗り換え MNP 、契約変更でスマホベーシックプランを契約すると、データ増量オプション料が1年間無料になるキャンペーンです。 つまり、 1年間通常よりも多いデータ容量を使うことができるということです。 増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。 mobileのSIMカードを挿したスマートフォン・タブレットからに申し込むと、 3ヶ月無料でYouTube Premiumを楽しむことができます。 Youtube Premiumの通常月額料金は1,180円。 通常申込でも1ヶ月無料トライアルが可能なことを考慮すると、 2ヶ月分の料金である2,360円がお得になります。 Youtubeを見る際に邪魔な広告が消える他、オフライン再生、バックグラウンド再生も可能に。 Youtube Musicも利用可能になります。 頻繁にYouTubeを視聴するという方にとってはかなり嬉しいキャンペーンなのではないでしょうか。 最大9回線まで割引が適用されるので、最大で毎月合計5,000円お得になります。 家族でなくても、1人で複数回線申し込む場合も適用されます。 さらに離れて暮らす家族や、同居中の恋人も適用されるので、家族割引サービスの範囲はかなり広いです。 家族で同じ携帯会社を使っている場合は、全員でワイモバイルに乗り換えるとお得ですね。 おうち割 光セット A 出典: 自宅のネット回線を「SoftBank Air」もしくは「SoftBank光」で申し込むと、スマホの料金が割引になるキャンペーンです。 Sプランなら500円、M・Rプランなら700円とプランによって割引額も異なります。 まだ家のネット環境もない状態であれば、ワイモバイルとSoftBankのネット回線を一緒に申し込んだ方がお得ですね。

次の

【2020年最新】ワイモバイルのおすすめ端末・スマホ8機種まとめ!お得なキャンペーンも解説

ワイ モバイル 機種

SIMフリー版iPhoneならほとんどがワイモバイルで持ち込み利用可 ではSIMフリー版iPhoneの動作確認を独自に行っており、2013年に発売されたiPhone 5sから最新機種のiPhone XR、XS Max、XSまで対応しています。 そのため、 近年発売されたSIMフリー版のiPhoneならほとんどが利用可能です。 ワイモバイルに対応したSIMフリー版のiPhone iPhone XR iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus iPhone 8 iPhone 7 Plus iPhone 7 iPhone SE iPhone 6s Plus iPhone 6s iPhone 6 Plus iPhone 6 iPhone 5s docomo、au、SoftBankで販売されたキャリア版端末とは異なり、SIMロックがかかっていません。 SIMフリー版iPhoneなら、 SIMロック解除手続きは不要で使えます。 キャリア版iPhoneはSIMフリー化が必要 docomo、au、SoftBankで販売されたiPhoneは SIMロックをかけた状態で販売されているで、そのままの状態ではワイモバイルで使えません。 SIMロックがかかった状態のiPhoneをワイモバイルで使うには、他社回線のSIMカード利用制限をはずすの手続きが必要となります。 上記リストのiPhoneはキャリア版もSIMロック解除さえすればほとんどがワイモバイルのSIMカードで使えるようになりますが、 iPhone 6、6 Plus、5sは大手3キャリアでSIMロック解除手続きに対応していないため注意してください。 SoftBank版のiPhoneはワイモバイルと同じエリアなのでワイモバイルでもそのまま使えると思いがちですが、ワイモバイルで使うにはSIMロック解除が必要です。 ワイモバイルではiPhoneのセット購入もできる ワイモバイルのSIMカードのみを契約してSIMフリー版・キャリア版のiPhoneを持ち込み利用するほかにも、iPhoneを使う方法があります。 それが、スマホセットで申し込む方法です。 ワイモバイルで購入可能なiPhone iPhone 7 iPhone 6s iPhone SE iPhone 7、6s、SEの3モデルを取り扱っています。 一括払いだけでなく分割払いも申し込み可能で、端末購入の初期費用を抑えて格安SIMを契約できる点もメリットです。 条件を満たしてスマホセットを申し込むと、 最大24カ月間月額料金が割引される点もおすすめ。 これから使うiPhoneの新規購入を検討している方は、ワイモバイルのスマホセットも検討しておくと良いでしょう。 ちなみにワイモバイルのスマホセットで取り扱っているiPhoneも、docomo、au、SoftBankのキャリア版と同じようにSIMロックをかけた状態で販売されています。 将来的にワイモバイル回線以外のSIMカードで使いたい場合は、ワイモバイルにてSIMロック解除の手続きが必要です。 SIMフリー版iPadの対応機種は? ワイモバイルに対応したSIMフリー版のiPad 11インチiPad Pro 12. 9インチiPad Pro 第3世代 iPad 第6世代 iPad 第5世代 10. 5インチ iPad Pro 12. 新しいモデルはもちろん、古いモデルでは2015年に販売開始したiPad mini 4のSIMフリー版もワイモバイルの対応機種です。 キャリア版のiPadも上記モデルであればdocomo、au、SoftBankでのSIMロック解除手続きに対応しているので、解除後にワイモバイルのSIMカードで運用可能です。 簡単にいえば、通信するために必要な設定ですね。 手順は3ステップで簡単です。 iOS用APN設定方法 1. WiFiに接続してインターネットが使える環境にする 2. 各モデルに対応したAPN構成プロファイルをダウンロード 3. 手順に沿ってAPN構成プロファイルを本体にインストール 他社のAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、先に削除してからワイモバイル用のものを設定する 各iPhone・iPadに対応したAPN構成プロファイルは、ワイモバイルの公式サイト動作確認済みページのリンクから辿れます。 iOSに標準搭載されている Safariブラウザを起動して対象URLを開くか、 QRコードをカメラで読み込んで対象ページへアクセスしましょう。 SIMロックがかかった状態の端末はSIMロック解除が必要なので気を付けてください。 製造メーカー別・ワイモバイルで動作確認済みのAndroidスマホ ASUS ZenFone Max Pro M2 ZenFone Max M2 ROG Phone ZenFone Max M1 ZenFone 5Z ZenFone 5 ZenFone 5Q ZenFone 4 Max Pro ZenFone 4 Max ZenFone 4 Pro ZenFone 4 ZenFone 4 Selfie Pro ZenFone Live ZB501KL ZenFone AR ZS571KL ZenFone ZoomS ZE553KL ZenFone 3 Max 5. 今後発売されたSIMフリースマホも対応機種として接続検証後に追加される可能性があります。 動作確認済みの公式ページに掲載されていないスマホであってもワイモバイルのSIMカードで使えることがあります。 ただし、公式で動作確認が行われていない機種は試してみないとわからず、自己責任になります。 できれば動作確認済みとなっているスマホを選ぶのが無難でしょう。 ワイモバイルで購入できるSIMフリー対応機種のスマホセット はじめからSIMフリー仕様のAndroidスマホも、ワイモバイルではセット販売を行っています。 ワイモバイルでセット申し込みが可能なSIMフリースマホ HUAWEI nova3 HUAWEI Mate20 Pro HUAWEI P20 HUAWEI nova lite2 HUAWEI P10 Plus HUAWEI Mate10 Pro HUAWEI Mate10 lite HUAWEI P20 lite はじめからSIMフリー仕様のスマホであれば、将来的に他社回線の格安SIMへ乗り換える際にSIMロック解除をする手間が省けます。 また、 ネットワークに対応してれば海外旅行中に現地のSIMカードを挿して安い料金で通信を使う活用方法もあります。 取り扱っているSIMフリースマホのラインナップをみると「高性能な機種」「価格と性能のバランスが取れたミドルレンジ機種」「コスパに優れた低価格機種」など、予算にあわせて選べるのもおすすめポイントです。 ワイモバイルが取り扱うSIMフリーではないAndroidスマホ ワイモバイルで取り扱っているAndroidスマホの中には、iPhone同様にSIMロックがかかった状態で販売されている機種もあります。 ワイモバイル回線以外のSIMカードで使えないように制限がかけられているので、将来的に他社へ乗り換えてそのまま持ち込み利用を考えている方は確認しておきましょう。 ワイモバイルなら、他社では販売されていないモデルもスマホセットで申し込めます。 特にAndroid Oneシリーズは製造メーカーによるカスタマイズが少なく、発売から24カ月間に最低1回のOSアップグレード実施、発売から3年間のアップデート実施など、ソフトウェアの面でシンプルかつ長く使える環境が揃っているのでおすすめです。 ワイモバイル版のキャリアスマホとしてSIMロックをかけて販売しているスマホ• かんたんスマホ 705KC 2019年7月15日時点でオンラインストアで販売中の機種のみを掲載 念のため補足しておくと、2015年5月以降にワイモバイルから発売された機種は、iPhone 5sとAQUOS CRYSTAL Yを除いて、原則すべてのスマホがSIMロック解除手続き対応機種です。 mobile ワイモバイル でSIMフリーの対応機種を利用するメリットは? ワイモバイルのSIMカードで使えるSIMフリーの対応機種はたくさんあるのですが、これらを利用するメリットにはどんなものがあるのでしょうか? SIM単体契約ならキャンペーンで月額料金がお得に ワイモバイルでは対応機種のSIMフリースマホやSIMロック解除したキャリア版スマホを持ち込んでSIMカードのみの単体契約が可能です。 SIMのみ申し込みの場合は条件を満たすと「 SIM単体契約特別割引」が適用されます。 また、今まで利用していたキャリア版スマホをSIMロック解除して使う場合は、 スマホの新規購入費用も節約できるので一石二鳥です。 ワイモバイルのスマホセットは割引があり、設定もラク 逆にワイモバイルで取り扱っているスマホをセット申し込みするメリットとしては、条件を満たすと「月額割引」が適用される点が挙げられます。 月額割引はSIM単体契約特別割引よりも大きな割引金額に設定されていることが多いため、申し込みの内容によってはSIMカード単体契約よりもお得感があります。 一部機種は月額割引がない代わりに一括価格の安いアウトレット商品もあり、いずれにせよ、スマホセットでもお得に申し込める点がワイモバイルの強みです。 また、ワイモバイルでセット購入可能なスマホは、通信に必要なAPN情報があらかじめ保存されている機種がほとんどです。 SIMカードを挿し込みモバイルデータ通信をオンにすればすぐに使えるので、スマホセットは初期設定が簡単に行える点もメリットといえるでしょう。 ワイモバイルのスマホプランは10分かけ放題つき ワイモバイルのスマホプランを契約すれば、 基本料金の中に国内通話10分かけ放題付きが含まれています。 かけ放題付きのサービスはほかの格安SIMでも多くありますが、格安SIM全体でみてもワイモバイルのスマホプランはかなり安く運用できるでしょう。 ワイモバイルでSIMカードを差し替える方法 続いては、SIMカードを差し替える方法について解説していきます。 慣れれば自分で設定するのは、簡単なのですが事前に確認しなければいけないこともあるので一緒に見ていきましょう。 SIMカードの種類 SIMカードは、そもそも3種類に分けられます。 これらはただ、サイズが異なるだけです。 8mm ワイモバイルは「microSIM」と「nanoSIM」の2種類のみ対応していて「標準SIM」対応のスマホはワイモバイルでは使えないので注意してください。 対応している端末は上で書いているのでチェックしてみてください。 カードを差し替える手順 SIMカードを挿入する手順は以下の通りです。 SIMピンを準備する 端末にSIMカードを挿入するために、SIMスロットを引き出す必要があります。 その時に使用するのが針金のような細い専用のピンです。 SIMピンと呼ばれネットや家電量販店でも購入できます。 今後使用する可能性がある方は契約時に一緒に買ってしまうと便利です。 SIMカードを台紙から取り出す 新しいSIMカードを台紙から取り出します。 とても小さいものなので扱いには注意しましょう。 SIMスロットを引き出す 用意したSIMピンをSIMスロットが入っている小さな穴に差し込み、SIMスロットを端末から抜き出します。 この時、先が少し出る程度で大丈夫です。 SIMスロットに新しいSIMカードを設置する 取り出したSIMスロットにSIMカードを設置します。 うまく入ってくれるので、なかなか入らない場合はサイズが異なる可能性iPhoneがあります。 また、方向を間違えたりすると、SIMカードが破損する可能性もあるので注意しましょう。 SIMスロットを端末に戻す 最後にSIMスロットを端末に戻してあげれば設置は完了です。 以上、端末で使用できるSIMカードを、正しい方向に、正しい場所に設置する点だけ気をつければ簡単に3分程度で作業は完了します。 ワイモバイルでSIMフリーの対応機種を使うときの注意点 ほとんどのSIMフリー機種もしくはSIMロック解除機種で利用可能なワイモバイルですが、他社機種をワイモバイルのSIMで利用する場合、どのようなことに注意すればよいでしょうか。 ここからは、ワイモバイル SIMの注意点を紹介します。 ワイモバイルスマホプランは2年ごとの自動更新契約 ワイモバイルの音声SIMプランを契約する場合、スマホプランもしくはスマホベーシックプランのどちらかを選択します。 スマホプランは2年ごとの自動更新契約があり、 安い月額料金で使える反面、更新期間以外に解約すると解除料金が発生します。 スマホベーシックプランには契約期間の定めはありませんが、スマホプランと比較すると基本使用料は割高になるので、特別な理由がない限り料金面で乗り換えるメリットがありません。 そのため、ワイモバイルへ乗り換える方のほとんどが2年契約ありのスマホプランを選択するでしょう。 ほかの格安SIMでは、もっと短い期間の契約や契約期間のないプランを用意しているサービスもあります。 他社と比べたときに 縛り期間の長さや更新契約である点には注意しておくべきでしょう。 SoftBank ソフトバンク からの番号移行は一部割引キャンペーンが非適用 SoftBankからワイモバイルへ電話番号をそのまま乗り換える場合は、 auやdocomoから乗り換えるMNPとは若干異なる「番号移行」となります。 電話番号をそのままワイモバイルへ乗り換えるという点はMNP転入と同じですが、SoftBankからの番号移行は一部キャンペーンが対象外となるケースがあるので注意が必要です。 SIMのみ契約で適用される「SIM単体契約特別割引」は、SoftBankからの番号移行は対象外になります。 はワイモバイルより他社SIMのほうが安く申し込める可能性もあるので、視野を広げておくと良さそうですね。 ワイモバイルの料金プラン・キャンペーンまとめ ここではワイモバイルの料金プランと、現在実施中のキャンペーンをご紹介します。 シンプルに3つしかないので、月にどのくらいギガを使うかで選ぶことができます。 契約から半年間は、「新規割」で月700円割引されます。 プランSは月額2,680円なので、新規割を適用すると1,980円で利用可能です。 さらに、全ての料金プラン に10分以内の通話かけ放題がついています。 普通10分かけ放題は別料金のオプションとなっていることが多いので、無料でついているのはありがたいですね。 通信制限時は最大128kbpsが一般的ですが、プランMとRのみ最大1Mbpsまで速度が出ます。 最大1Mbpsあれば、YouTubeの標準画質の動画が視聴可能です。 言い換えると、ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題になるということです。 最大1Mbpsまで出れば色々なことができると思うので、通信制限でイライラすることもなくなりそうですね。 新規割.

次の