手首 捻挫 テーピング。 捻挫の正しい処置・テーピング方法|腫れて完治期間を長引かせない

手首テーピングの効果&巻き方おすすめ3つ【動画あり】痛みの原因や注意点も解説

手首 捻挫 テーピング

TFCC損傷って何? 聞きなれない名前ですよね。 日本語だと三角線維軟骨複合体損傷 といいます。 英語にするとtriangular fibro cartilage complex:TFCCですね。 TFCC:三角線維軟骨複合体とは手関節尺側(小指側)に存在する靭帯、線維軟骨複合体のこと 1981 palmer 出典元: 「なんで急に手首?TFCCとか急に出てきたな~」とお思いのあなた、鋭いですね~ そうです。 自分がやっちゃいました。 長テーブルを積み上げる時にグッと片手で持ち上げながら押し込むとズキッ!と鋭い痛みを感じました。 やった瞬間に捻挫ではないと確信しました。 自分手を使う仕事ですから結構ショックでした。 通常の治癒過程では組織損傷なので治療も完治するには3週間くらいかかります。 いつもは患者さんに行なっていることを、自分で試す良い機会となりました。 お困りの方の多い疾患なので経過と治療・日常生活での注意点などを報告しますね。 先ずはTFCCの受傷機転です。 背屈強制(過剰に手の甲側に反らされる)・回外、又は回内強制(強制的に手首を捻られる)・軸圧(手を強くついてしまう)の組み合わせによって損傷する 1981 palmer 出典元: 受傷の仕方によって痛みの出る運動方向が変わるので、どのようにして損傷したのかはとっても大切な情報です。 TFCCの症状です。 手首を動かす動作で主に症状が出ます。 ハンドル操作、手をつく動作、物を持つ動作、手首を反らしたり、捻る動作で痛みが出るのが主な症状です。 日常生活では手を使うことが多く、生活がかなり制限されてしまいます。 スポーツ選手も悩んでいる方が多いですね。 よくある間違いとしてスポーツで手首を柔らかく使いたくて下の画像のようになってしまっている選手は多いですね。 バット・ラケット・ゴルフクラブ全てにおいていえますが、手でしっかりとコンタクトして緩みのない様にしっかりと、優しく握ります。 グラグラしてるのは論外ですよ。 平成の3冠王!元softbankの松中信彦や、400本塁打に2000本安打の侍ジャパンの元監督・小久保裕紀は手術までしました。 プロゴルファーでは2008年賞金女王の古閑美保も長いこと悩まされましたし、テニス界ではラファエル・ナダルは左手首TFCC損傷の怪我で2016ウィンブルドンを欠場してます。 一流と呼ばれる選手もやってしまうんですね。 次にTFCCの症状や痛みの部分を見極める「疼痛誘発テスト」をやってみましょう! 先ずは手首を小指側に曲げ、上から押して損傷部位を圧迫するストレステストです。 受傷機転で損傷部位が違いますので、あなたの手首の痛みはどの肢位で痛いのかが大切です。 手の平を自分の顔に向けるように最後まで捻ってから小指側に曲げて軸圧をかけます。 これはけっこう痛い人が多いと思います。 次は反対の捻りのテストです。 手の甲を自分の顔に向けるように最後まで捻ってから小指側に曲げて軸圧をかけます。 先程の捻りと反対側ですね。 私の症状はこのテストが一番痛かったです。 あなたはどちらの捻りで痛みが強いですか?この違いがとても大切です。 後ほどテーピングをお伝えします。 このテスト結果は大切なので痛みの少ない運動方向を覚えておいて下さいね。 つぎはピアノキーテストです。 小指側の手首の骨を押し下げると痛みが減る人が多いです。 このテストも重要です。 又は消失する人も多いですね。 矢印の手首の骨(尺骨)が下から突き上げる様に偏位しているケースも多いです。 このTypeの人は矢印部分を押し下げながら圧迫すると楽になることが多いですね。 では具体的に治療にはいりましょう! 手首のクッション作用を持つ三角線維軟骨複合体の組織損傷に原因があるので先ずは組織の修復が優先です。 痛みのある動作を繰り返して「まだ痛いな~」「これもまだ痛いね~」ってやっているあなた!やめましょう!ストレスのかかる動きをしないのが、とても大切です。 受傷から3週間以内の人は先ずは固定です。 痛い動きをしないで組織の修復を優先しましょう。 一番いいのは固定の装具ですが、手首が全然動かせません。 自分も装着してみましたが全然仕事になりません(笑) 手首が使えないと困るという方にオススメなのはテーピングです。 伸びないTypeの非伸縮テープ、ホワイトテープと呼ばれる種類で手首に痛みの出ない設定にすることが可能です。 先ずはピアノキーテストで痛みが減った人に有効なテーピングです! A 尺骨押し下げテーピング 手首の甲側中央から巻いていきます。 先程のピアノキーサインの尺骨の出っ張りの部分を引っ掛けて下に引き下げるように巻いていきます。 けっこう強く引っ張ったまま巻いて下さいね。 上手く巻けたら上からもう一枚巻きます。 2重にするのもポイントです。 テーピングが馴染むまで20分位かかります。 どうでしょう?これだけでも楽になりますね。 私の症状はこのテーピングだけで痛みなく動かせるようになりました!PTAのミニバレーボール大会も問題なく出れて痛みなく出来ましたよ! 次はもう少し固定性をアップさせたテーピングです。 巻き方は全く同じですが、巻く肢位が違います!テーピングは痛くないポジションで巻くのが基本です。 また、巻く本数、強さでかなり変化しますので色々試して見て下さい。 私もいつも治療の場面では尺骨押し下げと回内・回外誘導テーピングを併用することがとても多いです。 併用して巻くと固定性が強まるので受傷直後や痛みの強いケースには有効です。 組織損傷であり修復に時間がかかること、クッション作用を持つ繊細な組織であるために治療期間として6週間テーピングや固定を続けて頂く様にご案内しています。 (わたしも4週くらいかかりました。 ) テーピングが面倒な方は負担の減らす手首専用サポーターも有効ですよ。 受傷から3ヶ月以上経過しても良くならないケースは手術的治療を検討することもあります。 三角線維軟骨複合体はハンモック状でクッションの役割を持つ繊細な組織です。 負担を沢山かけるととても危険です。 長期化・慢性化すると日常生活の活動が著しく制限されてしまいます。 動かさないのも良くないのですが運動は優しくマイルドに行い、過負荷をかけないことがとても大切です。 あなたの手首の痛みがなくなること、日常生活を健やかに過ごして頂ける様に応援します。 質問・ご意見などありましたらコメント欄へお願い致します。 返信に日数がかかることがありますが、必ず読んで返信致します。 頑張ってくださいね! コメントありがとうございます。 休めない状況で手首の痛み大変ですね。 お察しします。 TFCCは長期化しやすい疾患です、テーピングしてるのに痛みが出る。 アイシングが必要なほど熱感があるのは炎症が起きている可能性が高いです、オーバーユース過使用の状態かもしれません。 またはテーピングで必要な制動を得られていない可能性もありますね。 炎症を繰り返すと慢性化に繋がりますのでご自愛ください。 親指と小指を開く動作で安定してくるケースもあります。 無理な使用を極力控え正しいポジションでクッションでもある三角線維軟骨複合体が回復してきます。 疼痛誘発testでうまく反応しない場合は筋膜の制限の可能性もあります。 私も治療でよく見かけます。 筋膜の治療、筋膜マニュプレーションをしっかりと習ったセラピストに治療してもらうのも一つの手ですね。 症状の詳細がわかればもっと詳しくお伝えします。 宜しくお願いいたします。

次の

捻挫の治療、病院での処置やテーピング等の自分でできる応急処置

手首 捻挫 テーピング

そもそも捻挫とは? そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。 関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。 関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。 捻挫は少なからず内出血を引き起こすため、関節部分が腫れます。 つまり、捻挫で腫れるのは、基本的に関節部分に血液が溜まっているからです。 また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。 一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、完全に靭帯が断裂しているなどの重傷のケースも少なくありません。 また、単なる捻挫だと思っていたら、脱臼や骨折を伴っていることもあります。 捻挫に湿布は効果があるの? では捻挫の治療法として湿布は効果があるのでしょうか? まず 捻挫の応急処置としては湿布は意味がありません。 確かに捻挫の応急処置ではしっかりと患部を冷却(アイシング)することが大切です。 ただ冷湿布を貼ったときのスーッとする感覚はメントールという成分によるもので、実際には患部を冷やしているわけではないからです。 また、 実は患部に湿布を貼り続けていても、捻挫が治りやすくなるわけではありません。 捻挫が完治するまでの期間はほとんど変わらないでしょう。 ただ湿布には鎮痛作用のある成分が含まれています。 捻挫をしたばかりのときに患部に湿布を貼ることで、捻挫の痛みを緩和させる効果は期待できます。 あくまで湿布は痛みを緩和するためのものとして考えましょう。 スポンサーリンク 捻挫で湿布を貼るべき期間はどのくらいがよいの? あくまで湿布は痛みを緩和するためのものでした。 したがって、捻挫の炎症が治まったら、基本的に患部に湿布を貼る必要はなくなります。 具体的に捻挫で湿布を貼るべき期間はどのくらいなのかというと、 おおよそ3~7日が目安です。 もちろん、捻挫のレベルによっても変わりますから、臨機応変に対応してください。 どのくらい捻挫の炎症が引いているかどうかで判断するようにします。 患部を動かさなければ痛くない状態になったら、もう湿布を貼らなくてもよいでしょう。 正しい捻挫の応急処置とは? 捻挫の応急処置に湿布は向いていないのでした。 では実際に捻挫をしたらどのように応急処置をしたらよいのでしょうか? もしあなたが捻挫してしまったら 「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。 RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。 無理に運動を続けたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。 また、患部を無闇にさわらないようにします。 Ice(冷却する) 捻挫の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。 すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。 もし足首や手首を捻挫してしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。 具体的にはキンキンに冷えた氷水の入ったバケツを用意します。 そして、そこに約10~15分ほど患部を入れているがよいです。 また、氷をたっぷりと入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やすのでもOKです。 すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。 Compression(圧迫・固定する) 捻挫をした関節周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、患部への血流が止まるため、内出血や炎症を抑える効果を得られます。 また、 関節を固定することで、靭帯などの修復を早める効果も得られます。 ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。 健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。 Elevation(挙上する) 患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液やリンパ液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。 そのため、もし足首や手首などを捻挫してしまったら、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。 特に就寝時に患部を拳上するようにしていると、捻挫が治りやすくなります。

次の

手首の捻挫は初期対応が大事!テーピング処置やRICE処置を知って治療しよう!

手首 捻挫 テーピング

登山の応急処置!骨折・脱臼・捻挫の基本はRICES療法 山のケガで多いのは捻挫、骨折、脱臼、打撲などです。 何気ない動作が重大な事故に結びつくこともあれば、落石などの事故に巻き込まれて、ケガをすることもあります。 登山前にストレッチ体操を充分にする、長袖のシャツを着る、転びやすい人はストックを使う、捻挫しやすい人は事前に足首にテーピングをするなど、予防することもできますが、常にケガのリスクはあります。 もしケガをしてしまったら、処置法は大体同じで、すぐに「RICES療法」をします。 RICES療法とはまずケガ人を安静にし(rest)、氷や水で濡らしたタオルなどで冷やすい(icing)、腫れを予防するためにテープや包帯で巻いて圧迫し(compression)、打撲部を挙上し(elevation)、テーピングや包帯で固定(stability)するというもの。 骨、関節、筋肉のケガの応急処置として重要で、痛みや腫れがひどくなることを防ぎます。 RICES療法• Rest:ケガ人を安静にする• Icing:ケガ部を氷や水で冷やす• Compression:テープや包帯で巻いて圧迫する• Elevation:ケガ部を挙上する• Stability:テーピングや包帯で固定する 捻挫の症状・処置法 捻挫とは関節がずれて、靭帯が伸びてしまった状態です。 RICES療法の中で、とくに固定が重要で、テーピングをします。 テーピングのコツは、患部を動かしても痛くない方向に固定するということです。 くわしいテーピングの方法は専門書を熟読にしてください。 もっとも捻挫しやすいのは足首で、内側にひねるケースがほとんどです。 市販の足首固定専用テープは数分で簡単に巻け、使いやすく、便利です。 膝の固定専門テープもありますが、サポーターやほかのテーピングも併用すると良いです。 骨折の症状・処置法 骨折は捻挫と比べると、発生件数は少ないですが、起きるときは手足や肋骨を骨折するケースが多いです。 打撲、捻挫、脱臼などと区別できない場合がありますが、変形がはっきりしている場合には骨折が分かります。 ただ、骨折の判断はとても難しいです。 見て、明らかに折れていることがわかる場合ならいいが、レントゲンを撮ってみないと判断のつかないことも多いです。 骨折かそうでないか迷った場合は、骨折したと考えて応急処置をしましょう。 もし骨折でなかったとしても、その処置は間違っていません。 以下の4、5、6の症状があれば、骨折は明らか。 1、2、3の症状があるときも骨折を疑いましょう。 処置法はRICES療法が基本になります。 固定するときは骨折した部位の両端の関節を固定して、骨折部が動かないようにします。 副木は両関節以上の長さが必要です。 枝、ストックなどを利用し、新聞紙を丸めて使っても良いです。 はさむことができる腕や足などは骨折部をはさんで平行に副木をあてるとベターです。 骨が外にでてしまった開放骨折では、骨折部をガーゼで覆います。 大腿骨折などの大きい骨折では出血量が多く、ショック状態になりますので、保温して、元気つけることが必要です。 感染の危険があるので、急いで下山するか救助要請を行います。 6〜8時間以内に専門的な治療を受ける必要があります。 骨折の症状 処置法• ・痛い• ・腫れがある• ・内出血がある• ・手や足が変形している• ・折れたと思われる箇所で、骨がすれる音がする• ・関節以外の、通常は動かない箇所が動く• ・骨折直後は顔面蒼白になり、冷や汗をかいたり、吐き気を起こすこともあるので注意• ・精神的なショックもあるので、まずは傷病者を元気づけ、体を保温する• ・体を観察して、骨折したと思われる箇所を特定する 脱臼・突き指の症状・処置法 脱臼の場合は、患部を固定し、下山後、受信します。 成人でもっとも多いものは関節脱臼で、転倒して肩を強く打った場合などに起こります。 腕の上端が前方へ外れて盛り上がります。 安静時にも痛みがあり、骨折を合併している場合もあります。 はじめての脱臼の場合は整復がむずかしいので、現場で整復を試みない方が良いです。 習慣性脱臼の場合は整復が比較的簡単で、自分で整復できる場合もあります。 突き指は指の打撲、捻挫で起こります。 軽傷なものから、骨折、脱臼、靭帯損傷を伴うものまでさまざまです。 RICES治療を行いましょう。 割り箸やテーピングで固定します。 もし登山中にケガをしてしまったら、骨折・脱臼・捻挫などの処置・固定方法 各部位の固定方法 関節が動かないように固め、痛みと腫れを緩和させます。 骨折、脱臼、捻挫は、いずれも激しい痛みを伴います。 だが、どれに相当するのか、開放性骨折(骨が皮膚の外に露出する骨折)以外は現場では診断することは難しいです。 もとよりファーストエイドの観点は診断ではなく、現状維持、悪化の抑止にあるので、とりあえず部位が動かないように固定して医療機関に搬送するしかありません。 なお、固定は受傷部位が関節ならそれが動かないように、関節以外の部位なら受傷部を中心に前後の関節が動かないように固めてしまわないと効果がないです。 サムスプリントと呼ばれる呼ばれる市販の医療用副木があれば最善だが、なければ、傘、木の枝、トレッキングポール、折ったり丸めたりして棒状にした雑誌やノート、箸など、使えるものは何でも使いましょう。 うまく固定できれば患部が動かなくなるので、それによって痛みが軽減でき、それ以上の悪化は抑止できます。 また、固定と併せて患部の冷却も行なう。 これによってさらに痛みが減り、炎症による腫れが緩和される。 手指の固定方法(割り箸・サムスプリント) 割り箸をサムスプリントの代用とします。 割り箸を包帯で手のひらに固定して、そのまま両隣の指と割り箸を包帯で固定。 末端を結んで処理し、固定が完成です。 サムスプリントを使う場合は、割り箸を利用した時と同様に、手のひらごと固定します。 上から包帯を巻くだけなので、簡単です。 手首の固定方法 サムスプリントを二つ折りにして縦に曲げ、強度を出します。 手首から先を包帯で固定して、手首の手前の腕も固定していく。 手首の前後を固定するのがコツです。 ヒジと上腕部の固定方法 サムスプリントを四つ折りにしてヒジに合わせます。 ヒジを前後で挟むように包帯で固定。 ヒジ以外のできるだけ広範囲で巻きます。 固定部位が動かないよう、胴も固定します。 腕の吊り方と固定方法 腕、肩、鎖骨部の受傷は腕を吊ってしっかり固定し、負荷を減らします。 上腕部の骨折、手首の骨折、肩の脱臼、鎖骨の骨折などの場合、腕がぶらぶらしている状態では固定は不完全です。 固定部位に余計な負荷がかからないよう、吊っておく必要があります。 また、特に肩の脱臼や鎖骨の骨折では、腕が動くことによって痛みが激しくなり症状も劇的に悪化します。 がっちりと胴体を副木(スプリント)にしてしまう形で固定してしまいましょう。 三角巾で腕を吊る 三角巾を広げて、頂点がヒジにくるようにセットします。 前腕が地面に対して水平の角度になるように三角巾を留めます。 ヒジを三角巾の頂点で包むように三角巾の角を縛る。 吊っている手も三角巾の中に入れてしまっても良い。 さらに、もう一枚の三角巾で腕を体に固定します。 三角巾を帯のように畳んで細長くします。 畳んだ三角巾を、上腕部にかからないように胴体に回していく。 前腕部分がみぞおち付近にぴったりとフィットするように固定。 これで吊った腕がぶらぶらしなくなります。 着ているTシャツを使って体に固定する 三角巾がない時は着用しているTシャツやトレーナーで吊る方法もあります。 裾を折り返して、安全ピンで留める。 ピン1〜2個あれば簡単に固定できます。 足首を捻挫した時の固定方法 捻挫は、アウトドア活動において最も多いアクシデントのひとつと言えます。 もしひねってしまったら、とにかく固定して悪化と痛みを抑えましょう。 歩くのが基本である登山で、要となる足首を痛めてしまうとまさにお手上げです。 手当としては、とにかく固定して冷やす、これしかありません。 固定しないで放置すると、少し動かしただけで激痛が走り、症状はどんどん悪化します。 そして、炎症を起こして腫れてきます。 その対応は冷やすしかありません。 なお、靴を脱いでしまうと腫れと固定で、そのあとはもう靴が履けなくなってしまうので、その後の行動を認識したうえで、脱がせるか履かせたままにするかを判断しましょう。 包帯を使ったテーピングで固定する場合(サムスプリントを使う) サムスプリントを四つ折りにして、縦方向に曲げ、強度を上げておきます。 足を沿うように曲げたサスプリントを当て、包帯で固定します。 膝に足を乗せて行うとやりやすいです。 特に足首の部分のテーピングは、少しきつめに巻いてあげると良い。 靴の上から固定する場合(ウェビングテープなどを使う) ウェビングテープの真ん中あたりに「引き裂け結び」をゆるく作っておきます。 作った輪を爪先に履かせるようにしてくつく絞り込む。 テープをカカトに回し込んでから、その前側でクロスさせます。 テープが交流するごとにきつめに締め込んでフィットさせておく。 靴自体をスプリント代わりにする方法なので、ハイカットシューズが効果的です。 テープは靴以外の部分(スネ)に巻かない。 それをやるとゆるみの原因になってしまいます。 骨折・脱臼・捻挫などに有効な道具・薬 テーピングテープ テーピングテープには非伸縮性と伸縮性(同、肌色)固定テープがあります。 ケガの固定、圧迫には通常、非伸縮性テープを使います。 腰痛や膝痛の予防には伸縮性テープが良いです。 伸縮性テープの一種のキネシオテープは筋肉と同じ伸縮性をもち、ケガの予防、疲労緩和、腰痛や膝痛の予防に適している。 筋肉を伸ばした状態で貼る。 つまり、膝なら曲げて、テープは伸ばさずに貼ります。 三角巾 ファーストエイドの定番である三角巾。 使い方は「三角巾道」と言っても過言でないぐらいの奥義があるが、使ってなんぼの道具なので気軽に使いたい。

次の