下記 の 件 承知 いたし まし た。 「了承いたしました」の意味と使い方・ビジネスでの正しい使い方

メールでの「下記、承知いたしました」の使い方について教えて...

下記 の 件 承知 いたし まし た

了解の意味とは?了解の敬語は? ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても何気なく使われている「了解」という言葉の本来の意味はどのようなものなのでしょうか。 理解しました 「了」と「解」どちらの漢字も「よくわかる・理解する」という動詞としての意味があります。 「了解」という言葉は動詞を重ねて作られたもので、「すっかり~し終える」という意味があり、一般的には物ことについて「理解しました」という意味で使われています。 了解しましたは丁寧語 「了解」はこのように「理解した」という意味しか無く、自分をへりくだるようなニュアンスは含まれていません。 したがって、「了解」に「しました」をつけて「了解しました」とした場合、これは謙譲語ではなく丁寧語となります。 「いたしました」を付けると、「いたす」が「する」の謙譲語であるため、より丁寧な印象です。 了解の類語とその違いは? 「了解」の類語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「了解」と同じ意味のように使用される「了承」や「承知」など詳しい意味を調べると、少しずつですがニュアンスが違っています。 丁寧語、謙譲語、尊敬語の違いも含めて解説します。 了承しました 「了承」は、事情を理解し納得することという意味があります。 そのため「了承しました」となると、「納得しました、それでいいです」という意味で、立場が上の者の行為であるニュアンスがあります。 したがって、目上の人との間で使用する場合は、自分の行為としてではなく、「あらかじめご了承ください」など相手の行為として使用するのが適切です。 承知しました 「承知」は、ある事柄について知ること・知っていることという意味で使用されます。 「承る」という漢字が入っているので、「了解」とは異なり自分をへりくだったニュアンスを含みます。 したがって、「承知しました」については、謙譲語となり「理解し納得しました」という意味になります。 「ご承知のように」のような表現で使用されることもありますが、謙譲語ですので、目上の人に使うのは誤りです。 承りました 「きちんと聞きました・お受けいたします」といった意味で使用されています。 電話応対などで、「確かに承りました」のように使用しますが、この場合間違いなくお受けしましたという意味で使われ、「了解しました」とは意味合いも使用方法も違っています。 かしこまりました 上司や客に対して「〇〇の件、かしこまりました」のように使用し、相手の要望や命令などについて、わかりました・承りましたという意味合いで使います。 「承知しました」と使い方は同じですが、「承知しました」が理解し受ける事に対し、「かしこまりました」は指示を承るという意味であるという違いを意識して使うようにしましょう。 了解と承知の使い分け例文 「了解」と「承知」の使い分けについて見ていきます。 どのような場面で使うことが適切なのか、具体的な例文を見ながら、言葉の意味合いについてご説明します。 日時変更、了解です 「日時の変更についてわかりました」といった意味で使用されます。 「了解です」は「了解しました」や「了解いたしました」に比べるとフランクな印象を与えるため、同僚など会話の相手を選んで使用することが大切です。 ご依頼の件承知しました 「ご依頼の件了解しました」とすると、自分をへりくだるニュアンスはありません。 しかし、 「ご依頼の件承知しました」の場合は謙譲語が使用されていることになるため、取引先や上司に対する表現として用いられます。 了解の使い方注意点 「了解」の使い方の注意点について詳しく見ていきます。 どういう場面では失礼にあたるのか、気軽に使いがちな「了解」について詳しく知ることで、ビジネスマナーとして失礼のないような使い方を身に着けることができます。 社外や目上の人には使わない 「了解しました」は絶対に目上の人に使ってはいけない言葉というわけではありません。 しかし、一般に使用しない方が無難であるとされています。 安易に使用すると相手を不快にさせる可能性がありますので、注意しましょう。 厳密には失礼ではないが承知が無難 「了解」・「承知」は謙譲語であるかどうか、という違いの他に、「了解」は「わかりました」という意味、「承知」は「わかりました。 そのようにいたします。 」という意味という違いがあります。 そのため、「承知」の方が理解しただけでなく、「そのことを実行します。 」といったニュアンスがあるので「承知」を使った方が無難です。 厳密な使い方が決められている訳ではありませんが、ビジネスシーンでは、同僚同士や目上の人が目下の人に対して使う言葉であると認識している人が多数です。 そのため、取引先や上司には「了解しました」よりも「承知しました」を使うことをおすすめします。 まとめ 気軽に使ってしまいがちな「了解しました」という言葉ですが、その意味やビジネスマナーとしての一般的な認識を知り、話している相手との立場を考えて使用することが大切です。 「承知しました」もその意味をきちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

次の

【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

下記 の 件 承知 いたし まし た

関連記事 下記についてのまとめ• 「下記」の意味は、ある文章の下に書きしるした内容をさし示している、またはその文章自体をさしています。 「下記」は、書き記したものをさし示す言葉であるため、基本的には書き言葉です。 「下記」と使うからには、前に文章があるのが前提で、その下に「記」にあたる部分がなければ意味が成り立ちません。 ビジネスや書類では、「詳細は、下記の通りになります。 」などの表現をよく使います。 一般的なビジネスメールでは、「詳細は、下記の通りになります。 」として、箇条書きなどで重要な内容を書くことが多いでしょう。 しかし、本来は「下記の通りになります。 」としたときには、下記にあたる下の文章は「記」で始まり、「以上」で結ぶのが正しい使い方です。 例文を参考にしてください。 ビジネスメールでの最後の「以上」は、「どうぞよろしくお願いいたします。 」などの言葉で結ぶのもよいでしょう。 一般的に「下記」を使うときには、短めのメールまたは書類1枚のときでしょう。 メールが長文にわたる時や書類が何枚にも及ぶときには、「以下」とするのが一般的です。

次の

「了解しました」は失礼?「承知しました」との正しい使い分け

下記 の 件 承知 いたし まし た

「委細承知」とは「詳しい事情も全部わかっている、すべて承知している」と いう状態を表す言葉です。 「委細」は名詞で「詳細、詳しいことまで、万事、すべて」の意味です。 「承知」も名詞で、意味は「事情などを知っていること、理解していること、相手の要求や要望を受け入れること」などです。 相手からの指摘や説明を受けなくても、充分に理解できる場合や、情報などが充分に把握できている際に使う言葉です。 「委細承知」のメールでの使い方は? 「委細承知」はメールなどでもよくつかわれます。 「委細承知」と単独で使われるのではなく「委細承知しました」や「委細承知しております」「委細承知いたしました」など「委細承知する」を尊敬語にした形で使われることが多いです。 「委細承知」をビジネスで使いたい場合は? 「委細承知いたしました」「委細承知しております」「委細承知していただきました」などが謙譲表現です。 「委細承知いたしました」は「委細承知」に「する」謙譲語「いたす」を、「委細承知しております」は「委細承知」に「いる」の丁重後「おる」を付けた謙譲表現です。 「委細承知いただく」も「委細承知」に「~してもらう」の謙譲語「いただく」が付いた謙譲表現です。 「上記の件、委細承知いたしました」「マニュアルは委細承知しております」「お客様には委細承知していただきました」「委細承知していただき、ありがとうございます」などとして使えます。 「委細承知いたしました」は二重敬語では? 「委細承知いたしました」は二重敬語では、という意見もあります。 なぜでしょうか。 それは「承知する」という言葉には、「理解していること、わかっていること」のほかに「目上の人の命令などをうけたまわること」という謙譲の意味があるからです。 つまり、「委細承知いたしました」の場合「承知する」を謙譲語「うけたまわる」の意味で使い、さらに丁重語「いたす」を付けているので二重敬語になると言われていた時もあります。 しかし二重敬語は、同じ種類の敬語 謙譲語と謙譲語、尊敬語と尊敬語など を重複して使用することです。 「承知いたしました」であれば謙譲語と丁重語の組み合わせなので問題ありません。 尊敬語 「委細承知してくださいました」「委細承知なさいました」「委細承知されました」などが委細承知の尊敬語です。 「委細承知してくださいました」は「委細承知」に「~してくれる」の尊敬語、「くださる」に丁寧語「ます」の過去形「ました」の尊敬表現です。 「委細承知なさいました」や「委細承知されました」は「委細承知」に「する」の尊敬語「なさる・される」に丁寧語「ます」の過去形がついている尊敬表現です。 「委細承知する」の言いかえ表現をご紹介 「承知」を相手が「理解している。 わかっている」の意味でとらえた場合の言いかえ表現です。 「了承」はほかにも「承諾、受諾」などに言いかえができます。 「ご~いただく」は「(自分が)~してもらう」の謙譲表現、「ご~くださる」は「(相手が)~してくれる」の尊敬表現です。 「皆皆様にはご了承いただきたく思います」や「計画書の件は部長にご了承いただきました」などが例文です。 ご了承賜る こちらも相手が「理解してくれる、分かってくれる」の意味で使う表現です。 「ご了承賜る」の「賜る」は「たまわる」と読みます。 「賜る」は目上の人からもらうという意味です。 「近隣住民の皆様には工事の件、ご承認たまわりますよう、よろしくお願いいたします」「先日の議題の件ご承認たまわり、まことにありがとうございます」などとして使えます。 かしこまりました 「かしこまりました」には「(目上の人の言葉を)つつしんで承る、(依頼・指示などを)承諾する、相手の言った言葉や説明をきちんと理解し、その言葉に従う」という意味があります。 「自分が承知している」場合に使える言いかえ表現です「わかりました」の謙譲表現とも言えます。 お客様や上司の言い分を理解し、実行するときに使う言葉です。 接客中の従業員、上司の指示を受けた部下などがよく「かしこまりました」と使います。 承りました こちらも「自分が承知した」場合に使う言葉です。 「承る」と漢字では書きます。 「うけたまわる」は「聞く」の謙譲語です。 意味は「(目上の人の言葉を)つつしんで聞く、拝聴する、」です。 また「引き受ける」「承諾する」の謙譲語でもあります。 この場合の意味は「(目上の人の命令や頼みを)引き受ける、お受けする、いただく」です。 電話対応などでも最後に「〇〇がうけたまりました」と従業員がお客様に言うことがよくあります。 「委細承知」の対義語は? 「委細承知」の類義語をご紹介します。 百も承知 「百も承知」の意味は「十分わかっていること」です。 「反対意見は百も承知で決行する」「そんな簡単なこと百も承知だ」などが使われます。 既知の 「既知」とは「すでに知っていること、これまでにわかっていること」という意味です。 反対語は 「未知」です。 「既知のことだとは思いますが、改めてお話しします」などが使えます。 またこの例文は「すでにご存じのことかと思いますが改めてお話しします」と言い換えることもできます。 承知の上 「承知の上」とは「事情は事前に知っている」という意味です。 一般的には事情を知っていれば行わないであろう行動を、事情を知った上でそれでも敢えて行うという意味合いも持っています。 「危険なことは承知の上です。 しかし、あえて行かなければなりません」や「無鉄砲なのは承知の上です」などが使われます。 委細承知之助とは?.

次の