ピロティ 意味。 ピロティ形式とは?ピロティの目的と耐震性

ピロティ階

ピロティ 意味

参考になるか判らないのですが、私の周りのホールではロビーと呼んでいるところが大多数ですが、集合施設(役所とホールなどが同じ建物にある)の場合に受付がある玄関をロビー、ホールの入口の広間をホワイエと呼んでいます。 この場合、ロビーとホワイエと2つに分ける根拠は、単体施設か複合施設かのように思われます。 1階ロビー、2階ロビーと称するか、単にロビーとホワイエと称するかの違い。 単体でホワイエと称する場合は、フランス語にしたかったのでしょうね。 しゃれたイメージを与えるために。 タイムテーブルは、「予定表」などの一覧表ですね。 スケジュールは、表に書かれている「予定の一つ」で、それぞれの「何時に何」と言うイメージですかね? タイムスケジュールは・・余り言わないな。 別に誤用などと言うワケでは無いとは思いますけど。 「行動予定表」のイメージだと、私は「本日のスケジュール」とか「夏休みの~」みたいに、「対象期間+スケジュール」と表現しますよ。 それとあくまで私の語感ですが・・。 「タイムスケジュール」って・・・耳触りがダサくないですか? スケジュールそのものに、「時間」の概念が含まれており、それに「タイム」を加えるからかな? 「頭痛が痛い」的なクドさと言うか、何とも言えないダサい感じがします。 私は何か恥ずかしい感じがして・・絶対に「タイムスケジュール」は言えません。 もしかして質問者さんも同じ感性? 尚、最近はほぼ同義で「アジェンダ」も使いますよ。 これは某政党が「マニフェスト」の代わりに使ってるくらい意味が広範の様で、「予定」的な意味を表す言葉としては、まずハズレ無しでは?と思います。 あくまで和製英語化した言葉に対する私の感性ですが、質問者さんとほぼ同じですね・・。 タイムテーブルは、「予定表」などの一覧表ですね。 スケジュールは、表に書かれている「予定の一つ」で、それぞれの「何時に何」と言うイメージですかね? タイムスケジュールは・・余り言わないな。 別に誤用などと言うワケでは無いとは思いますけど。 「行動予定表」のイメージだと、私は「本日のスケジュール」とか「夏休みの~」みたいに、「対象期間+スケジュール」と表現しますよ。 それとあくまで私の語感です... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー スプリンクラーは水源を確保し、自動的に放水を開始する消防設備のことです。 ちなみにスプリンクラーは消火設備とはいいません。 他の消火設備(ガス消火など)と違い、消火よりも延焼防止が主目的だからです。 スプリンクラーでも自前の水源を持たずに、外部から送水するものもあり、連結散水設備といいます。 ドレンチャーは消防法では、明確に設備として規定されているわけではなく、建築基準法の防火扉・シャッターと同様な延焼防止のための設備として規定されています。 ドレンチャーの主な用途は、天井面に対して90度の角度で、水を膜状に散水する事により、シャッターや防火扉の替わりや補助をして、延焼拡大を防ぐ設備です。 私が見た限りでは、立体駐車場の窓の部分(通常は開放空間)や避難の為の防火区画の直前などについており、シャッターの代わりをするもの(水源は自前で自動起動)とか、危険物施設の壁面に配置して、耐火壁の補助として付いている所などがありました。 もちろん、延焼防止のために、自己建物の壁面の外側に放水するものも見たことがあります。 水源は自前のものもあり、このようなものの仕組みはスプリンクラーとまったく一緒です。 場合によってはスプリンクラーに組み込まれているものもあるようです。 設置の基準が建築基準法ですので、消防の判断によって設置の可否や、設備の詳細が変わりますので、ドレンチャーは「壁状に水膜を作り建物を保護する」ものの総称で、いろいろな設備方式があるといえます。 スプリンクラーは水源を確保し、自動的に放水を開始する消防設備のことです。 ちなみにスプリンクラーは消火設備とはいいません。 他の消火設備(ガス消火など)と違い、消火よりも延焼防止が主目的だからです。 スプリンクラーでも自前の水源を持たずに、外部から送水するものもあり、連結散水設備といいます。 ドレンチャーは消防法では、明確に設備として規定されているわけではなく、建築基準法の防火扉・シャッターと同様な延焼防止のための設備として規定されています。 ドレンチャーの主な用途は、天... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php?

次の

ピロティとは?構造のメリットや耐震性などの注意点 [注文住宅] All About

ピロティ 意味

そもそもピロティ構造とは何か 耐震性が低いといわれるピロティ構造は、どのようなものなのかを知ってしまえば簡単に見分けることができます。 まずは、どういった建物がピロティ構造と呼ばれるのかについて確認していきましょう。 ピロティとは一階部分に壁のない構造 ピロティ構造とは、建物の一階部分が柱だけで支えられており、空洞になっていることをいいます。 たとえば、一階部分が駐車場になっているような構造のことです。 一階部分は、上の階を支えなくてはなりません。 一階が崩れてしまうとその建物はバランスを失い、倒壊へとつながります。 そんななか一階部分が駐車場などの開放的なスペースになっていると、建物を支えるのは柱だけという状況になります。 そのため、バランスを崩しやすく倒壊してしまう可能性が高くなるのです。 ピロティ構造は、駐車場を新たに設けなくても済むなどのメリットもありますが、上記のような欠点があるのです。 ピロティには2種類がある 耐震性が低いといわれているピロティ構造には、じつは2つの種類があります。 それは、構造的なピロティと意匠的なピロティです。 構造的なピロティは、二階には耐力壁(地震に強い壁)が設置されており、一階部分は柱だけで支えられているといった構造です。 二階が揺れに強く一階が弱いという構造は、地震の衝撃は一階に集中することとなります。 そのため、一階部分は崩れやすくなってしまうのです。 対する意匠的なピロティというのは、二階と一階で耐震性が同じであることを意味します。 一階部分は柱だけで、二階の壁には耐力壁が使われません。 このような構造にすることによって、一階と二階の揺れへの強さは同じになり、地震がきても衝撃がどちらか一方に偏るといったことはなくなります。 しかし、これらの違いは見ただけではわからないことが多いです。 お住いの住宅がどちらに該当するのかを知りたい方は、3章で詳しく解説する「耐震診断」を受ける必要があるでしょう。 ピロティ構造の耐震性について ピロティ構造の定義はわかりましたが、一体なぜ耐震性が低いといわれているのでしょうか。 この章では、ピロティ構造が建物のバランスを崩しやすい理由について詳しくご紹介します。 ピロティは地震に弱い傾向がある ピロティ構造は、「一階部分が開放的なスペースで、柱だけで支えている構造」です。 一階部分が柱だけということは、壁がないことも意味しています。 このことを踏まえて、建物の耐震性を左右する要素についてみていくと答えがでてきます。 通常、建物における耐震性は、柱・壁・梁(はり:床や屋根を支える部材)の3つの要素が大きく関係するとされています。 逆にいえることは、どこかひとつが抜けているだけでも耐震性は低くなっていくということでしょう。 建物のバランスをとるための壁が少ないと、柱だけでバランスをとらなくてはなりません。 壁が少ないという構造上、必然的に耐震性が低くなっているのがピロティ構造なのです。 津波の被害は受けにくい? ピロティ構造は、津波の影響は受けづらいという見解もあります。 壁がない分水圧による負荷は少なくなるため、被害も抑えられることが考えられるでしょう。 しかし、ここで問題になってくるのが、漂流物です。 津波で流されてきたものが柱にぶつかれば、いくら水圧の影響を受けづらいといっても被害は発生してしまいます。 津波対策としてピロティ構造の建物に住む場合は、漂流物が衝突しても充分に耐えうる強度はあるのかをしっかりと確認しておかなければなりません。 家の耐震性が不安になったら耐震診断を ピロティ構造の建物に住んでいる方は、ご自宅の耐震性について心配になるかもしれません。 そんなときは、耐震診断を受けてご自宅の強度を知っておくことをおすすめします。 耐震診断の内容とは 耐震診断とは、建物の構造や状況を確認し、耐震性に問題はないかを判断する作業です。 また、地震が発生した際の被害の程度を知ることができます。 お住いの住宅が強い揺れに耐えられるかどうかを確認したい場合は、業者に依頼して耐震診断を受けましょう。 どのような箇所が弱っているのかを判断してくれるので、安心して生活していくことにもつながります。 耐震診断にかかる費用 耐震診断には、1㎡辺り1,000円~3,000円ほどの費用がかかります。 作業料金は業者によって異なるので、あらかじめ問い合わせて確認をとるようにしましょう。 診断の結果によっては耐震補強に補助金がでることも 自治体によっては、補助金を出しているところもあります。 それぞれの地域で設定されている基準に当てはまっていればお金を受け取ることができるので、気になる方は自治体に確認してみてはいかがでしょうか。 ピロティの耐震補強法 耐震診断をおこなって耐震性が低いと判断された場合は、耐震工事が必要になります。 ピロティ構造での耐震補強工事は、具体的にどのようなことをおこなうのでしょうか。 柱に耐震用の素材を巻く ピロティ構造の場合は、柱を強化する「柱巻き補強」という工法がとられることがあります。 柱巻き補強は、補強材を柱の周りに取り付けることで、柱を強化して耐震性を向上させるという効果があります。 仕口ダンパーを使う 仕口ダンパーという装置を柱のつなぎ目に付けることで、揺れの衝撃を分散させることが可能です。 パネルのような装置を柱の角に取り付けるだけの補強ですが、しっかりと強度を補うことができます。 壁を作る ピロティ構造の耐震性が低い理由は壁がないことにあるため、耐震補強として壁を作ることもあります。 しかし、この方法はピロティ構造本来の機能性や外観が損なわれることにもなるでしょう。 どの耐震補強を施すかは、建物全体の強度を踏まえて、どれが適切であるかを判断しなければなりません。 まずは耐震診断を受け、ご自宅に最適な耐震補強はなんなのか、そもそも工事は必要なのかを確認してもらいましょう。 まとめ ピロティ構造とは、一階部分が開放的なスペースで、柱だけで支えている構造のことを指します。 柱に負荷がかかり崩れてしまえば建物も倒壊するため、耐震性は低いといえるでしょう。 しかし、そのピロティ構造は、意匠的なものと構造的なものに分かれます。 これらの判別は素人では難しいので、業者に依頼をして判断してもらう必要があります。 耐震診断をおこなうことで、耐震補強工事が必要であるかどうかも確認することができます。 自治体から補助金がおりることもあるので、業者に依頼する前に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

次の

ピロティとは?構造のメリットや耐震性などの注意点 [注文住宅] All About

ピロティ 意味

建築用語ですが、一般の方や不動産業者さんでも使うことがあります。 しかしピロティの意味が誤解されているケースも少なくありません。 今回は、ピロティ形式の意味や、ピロティの耐震性について説明します。 ピロティ形式とは? ピロティ形式とは、「1階に壁が無く、柱だけで外部に開かれた空間」です。 皆さんは下図のようなマンションを見たことがあるでしょうか。 1階が駐車場になっていて、壁がありません。 2階以上は部屋をつくるため壁があります。 この形式をピロティといいます。 元々ピロティは建築家のル・コルビュジェが提唱した近代建築の5つのルールの1つでした。 そこには、建築の地面からの解放(建物を浮いているように見せたい)がありました。 コルビュジェは日本の建築家に多大な影響を及ぼしており、ピロティ形式は一気に広まったのです。 現在は、「建築を地面から切り離す」という美意識よりも、1階に開けた空間ができる実用性を意識してピロティにします。 ピロティ形式の耐震性 1階が広い空間ができて良さそうなピロティですが問題もあります。 ピロティ形式は耐震性が低いのです。 下図をみてください。 ピロティ形式の建物は、1階と2階で地震に抵抗する部材の強さが全く違います。 2階は主に耐力壁が地震力を負担します。 一方、1階は柱だけです。 つまり1階と2階でとてもバランスの悪い構造形式です。 専門的に剛性率が低い、などといいます。 2階は耐力壁があるので変形は小さいですが、1階は柱だけなので大きな変形になります。 さらに、1階と2階でバランスが悪い影響で、1階に変形が集中します。 結果、1階の柱が先に壊れやすい構造です。 兵庫県南部地震では、ピロティ形式の崩壊が多く見られ問題視されました。 そのため現在では、「各階でバランスの悪い構造にしない」というのが基本です。 ピロティ形式は、普通の建物に比べ耐震性に難があります。 その分、適切な構造設計が求められます。 しかし、一見ピロティ形式に見えても、「構造的にピロティでない場合」があります。 後述します。 構造的なピロティと、意匠的(デザイン)なピロティは違う 実は「ピロティ」は、2通りの意味があります。 見た目はピロティだけど耐震的(構造的)にはピロティではない場合です。 では構造的なピロティとは何でしょうか。 構造的なピロティは、 耐力壁、袖壁、腰壁、垂れ壁、方立壁などの量が上階と比較して急激に少なくなっていること です。 また、そのような階をピロティ階と言います。 それぞれ図解します。 構造的なピロティ 下図をみてください。 2階は耐力壁が配置してあります。 1階は駐車場で柱だけです。 これは意匠的にも、構造的にもピロティです。 前述したように、1階に比べて上階の壁量が急激に多いからです。 上階に地震力を集める壁やブレースがあると、より揺れやすくなります。 また1階は柱しか無いので、その弱い部分が壊れやすくなります。 意匠的なピロティ 下図をみてください。 冒頭で説明したピロティと一見同じです。 しかし、2階の壁はスリットを切っています。 スリットを切ると、壁は地震力を負担しなくなります。 耐力壁でなくなるので、1階と2階は柱と梁で地震力に耐えます。 簡単に言えば、1階と2階で地震力に耐えるバランスが同じです。 これは意匠的にピロティですが、構造的にピロティではありません。 1階に壁が無い建物でも、スリットを切っているならピロティによる耐震性の問題も該当しません。 それらの情報は、不動産屋さんい聞いても詳しく教えてくれない(そもそも知らない)こともあります。 構造的にピロティかどうか、気になって不安な方は、不動産屋経由で設計者へ聞くこと、あるいは建築士会などに問い合わせすると良いでしょう。 まとめ 今回はピロティ形式について説明しました。 ピロティの意味が2通りあることは、案外知らない人も多いです。 一見、ピロティに見えてもスリットを切っているから耐震性に問題ない場合も多いです。 見た目だけで、一概に判断しないよう注意したいですね。

次の