松本人志 志村けん。 松本人志、志村けんに「あんなハゲててね...」 尊敬する大先輩に「笑い」でエール: J

松本人志の「いいね!」が半端ない。志村けん死亡で。

松本人志 志村けん

新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人のさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。 70歳。 訃報を受け、ダウンタウンの(56)が30日、自身のツイッターを通じて「素晴らしいおじさん。 ありがとうございました」と追悼した。 「尊敬する芸人」として志村さんの名前をたびたび挙げてきた松本。 きのう29日放送のフジテレビ『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)では「回復したときには、たばこをやめさせましょう。 いまだに2箱吸ってるっていうんで」と心配しつつ「あんなハゲててね、ガールズバー、しょっちゅう行ってる。 あんなハゲててね」と笑いを交えながら、志村さんの回復を願いエールを送っていた。 志村さんは、1950年2月20日生まれ、東京都東村山市出身。 付き人を経てに加入後、『8時だヨ!全員集合』で「東村山音頭」などで人気を博す。

次の

松本人志、志村けんさん追悼「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」

松本人志 志村けん

志村けん 先月末に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん。 コメディアンとしてはストイックだったが、女性関係に関しては豪放磊落だった。 事情をよく知る芸能プロ幹部が語る。 「志村さんは気に入った子を、自身のレギュラー番組に起用していた。 前出関係者によれば「男女同じホテルに泊まるので、夕飯後に志村さんから『今から部屋にきて』と電話を受けた子もいたそうです。 それが嫌で寝たフリする子もいましたが、やりすぎると志村さんから切られてしまうとも」(同)という。 そんな中、思わぬ形で「志村ガールズ」だったことがバレたのが、渡辺美奈代だ。 ダウンタウンの松本人志は5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で志村さんに言及。 「毎日1回は志村さんのこと考えますね」としんみりしたのも束の間、『バカ殿』にゲスト出演した時のことを振り返り、「バカ殿に1回出演した時に、本番以外は渡辺美奈代、横において、ずっとヒザ触っていました」と暴露した。 さらに「『おはようございます』って言うて、渡辺美奈代があいさつせぇへんのをめっちゃ浜田(雅功)とキレてた」と明かし笑わせた。 「渡辺美奈代は、完全にもらい事故ですね。 たしかに一時期、彼女は志村さんの番組の常連でしたからね。 松本さんもいつかネタにしてやろうと思っていたのでは」(お笑い関係者) 名指しされた当の渡辺は先月30日に、自身のブログで「志村さんとは以前、だいじょうぶだぁ、バカ殿様、ごきげんテレビ、ドリフ大爆笑など数々の番組で共演させて頂き、笑いの絶えない現場に沢山の思い出があります。 当時コントが初めてだった私にいつも優しい笑顔で包んでくださり『心から楽しんで思いっきりやればいいんだよ!』とお声をかけてくださったことが今でも忘れられません。 また、ご一緒させて頂ける機会が来ることを楽しみにしていただけに残念でなりません。 志村さんありがとうございました」とコメントしている。 松本に思わぬ形で名前を出された渡辺。 志村さんの死に、何を想うだろうか。

次の

松本人志「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」志村けんさんへ哀悼ツイート― スポニチ Sponichi Annex 芸能

松本人志 志村けん

ダウンタウン松本人志(56)が5日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に出演した。 先月29日に新型コロナウイルスで亡くなったコメディアン志村けんさん(享年70)について、ゲストの指原莉乃(27)は「あまり共演がなかったけど、実は昨日、共演できる予定だったのに」と振り返った。 「テレビで見ていて、当たり前を提供してくれた人だった。 日常の一部だった。 いまだに信じられない。 喪失感がすごい」と話した。 松本は「毎日1回は、志村さんのことを考える。 いつまで続くのか。 僕らの世代は、喜劇の得意な青年(志村さん)が急に(ドリフのメンバーになって)出てきたのを見ていた。 髪の毛がフサフサだった」と振り返った。 そして「あの人、ハゲてるのに、その上にハゲヅラをかぶっていた。 (ロシアの民芸品の)マトリョーシカみたいだった」と笑わせた。 MCを務める、同局系「ダウンタウンなう」に志村さんがゲスト出演した際を振り返って「行きつけの焼き鳥屋さんを番組で紹介してもらった。 その後、若手を連れて、その店に行ったら志村さんがいて『俺のお薦め』っていうのが出てきた。 志村さんが払ってくれていた」と話した。 そして「微妙な女性と一緒だった」と、モテモテだった志村さんをいじって笑わせた。 長嶋一茂(54)は「それが志村さん。 逆に1人きりだったら心配。 以前は(ダチョウ倶楽部の)上島竜(兵)さんと、いつも一緒だった。 六本木のショーパブに毎日来て、同じネタでいつも笑っていた。 『毎日、新しい発見がある』と言っていたと聞いた」と話した。 山崎夕貴アナウンサー(32)は「志村けんのバカ殿様」に出演した時を振り返って「あいさつに行ったら小さな声で返してくれた。 それがギャップでした」。 松本が「僕も1度、出たことがある。 横に渡辺美奈代を置いて、ずっと膝を触っていた」と明かすと、MCの東野幸治(52)が「あれはスケベなおじさんのイメージを作ってるんですから。 僕の時も尻をいじってました」と話した。 松本がさらに「それより、美奈代があいさつしないのが頭に来た」と話すと、東野が「なんというタイムラグのある話。 (渡辺は)もうお子さんがいるんですから」とつっこんだ。

次の