赤ちゃん おへそ 掃除。 赤ちゃんのおへそが臭い原因は?掃除はしていい?お手入れの仕方は?|子供守りたい.com

新生児のおへその消毒・ケア方法は?いつまでやればいい?

赤ちゃん おへそ 掃除

入院中にはあまり目にしない光景が「へその緒の消毒」です。 退院後、へその緒の消毒に戸惑ってしまうママも多いのではないでしょうか。 基本的に沐浴後にへその緒の消毒を行います。 入院中は、看護師さんが沐浴後にしてくれる場合が多いようです。 へその緒の付け根からジュクジュクした液体が出ると不衛生なため、ジュクジュクがなくなるまで消毒を行う必要があります。 イメージ的には、怪我をして治る過程で出てくるジュクジュクした液体をふき取る感覚です。 乾燥しているへその緒は、カサブタの様な役割をしています。 通常のカサブタと同じで、それがはがれそうになると、傷口から組織液が出てしまいます。 細菌が繁殖して膿をもたないようにするためにも、消毒が必要になってくるのです。 新生児のへその緒の消毒は、いつまで必要なのでしょうか。 沐浴後に毎回行うのも、結構な手間になりますよね。 おへそのジュクジュクが無くなり、へその緒が乾燥してきたら、消毒を減らしても大丈夫でしょう。 「綺麗にしなきゃ」と思ってへその緒の消毒をやりすぎるのは、炎症のもとになります。 へその緒が乾燥して自然にはがれたら、もう消毒の必要はありません。 ただし、おへそにまだ汚れが残っていることもあります。 へその緒が取れても、しばらくは沐浴後に綿棒で汚れを綺麗にふき取ってあげましょう。 産院によって「へその緒が取れるまで」と「へその緒が乾燥するまで」と指導が違ってくることがあるので、退院の時に医師や助産師さんに確認をしておくと安心ですよ。 へその緒の傷口が痛々しいと思ってしまい、消毒をしっかりできないママも多いかもしれません。 しかし、消毒をしてあげないと、赤ちゃんが細菌感染してしまう可能性もあります。 勇気を出して、しっかり消毒してあげてください。 へその緒のケアのタイミングは、沐浴後がおすすめです。 沐浴後以外にも、おむつ替えのついでなどに、こまめにしてあげると良いでしょう。 産婦人科の退院時に消毒液をもらえる場合もありますが、マキロンなど市販の消毒液で代用しても問題ありません。 ・乾燥したへその緒を優しく持ち上げます。 ・へその緒とおへその間に、膿の様なジュクジュクした液体があります。 それをふき取るように、優しく綿棒で消毒します。 おへそから血が出ている場合、出血が少量ですぐに血が止まるようであれば、様子をみていて大丈夫です。 出産後にへその緒を切断しても、へその緒に血管はまだ通っています。 ちょっとした傷や刺激で出血する場合があるので、注意が必要です。 たくさん泣いたりくしゃみをしたりと、腹筋を使うような行動をとるとおへその部分に負担がかかり、それが原因で出血してしまうこともあるようです。 出血した場合は丁寧に消毒をし、様子を見てください。 時間が経過しても出血が止まらなかったり、赤ちゃんの機嫌が悪かったりすると、へその緒の一部が細菌に感染している可能性があります。 そのような場合は、産院やかかりつけの小児科を受診するようにしましょう。 産後はデリケートになっていたせいか、へその緒のジュクジュクの部分を見るのがとても怖かったのを覚えています。 沐浴よりもおへその消毒の方がストレスを感じていました。 産院で受けたアドバイスは、恐る恐るおへその消毒を行うのではなく、思い切っておへその中を一周するように行うほうが良いということでした。 もちろん、デリケートな赤ちゃんのおへそですので優しく行うのが前提ですが、へその緒の消毒を怖がってしまい、細菌に感染してしまっては大変です。 怖い気持ちを抑えて、思い切ってへその緒の消毒を行いましたよ。 大体1週間前後で取れると言われているへその緒ですが、筆者の赤ちゃんは、へその緒が完全に取れるまで約2週間かかりました。 赤ちゃんにより個人差があるようですね。

次の

赤ちゃんのへその緒、へそのごまや黒い塊の掃除・消毒方法

赤ちゃん おへそ 掃除

たしかにおへそは繊細ですが、ケアの考え方は実はとてもシンプル。 ポイントとなるのは「清潔」と「乾燥」の2つです。 ひとつずつ説明していきます。 おへその清潔を保つポイントは毎日の沐浴 おへそには窪みやシワが多いので、雑菌が繁殖しやすいという特徴があります。 汚れがひどくなると臭いも発生します。 そんなおへそを綺麗に保つポイントとなるのが毎日の沐浴です。 以下のような点に注意して体を洗ってあげましょう。 石鹸をよく泡立てて赤ちゃんのお腹を全体的に優しくこする• おへその窪みに指を入れたり、強くこすったりはしない• きれいなお湯やシャワーで、泡を十分に洗い流す おへそは、お腹全体を泡立てて洗うようにします。 もしもゴミなどが気になる時はお風呂上りにお手入れを行います。 お風呂場でやってもゴミは取れにくく、長期化することが多いので止めましょう。 また泡や石鹸カスの残りは雑菌の原因になります。 きれいなお湯で充分に洗い流してあげましょう。 新生児などへその緒がまだ残っていても基本的な洗い方は同じです。 細かいところまで水分を十分に拭き取ることが乾燥のポイント 2つ目のポイントとなる乾燥ですが、こちらは沐浴後おへそに残った水分を丁寧に拭き取ればOKです。 バスタオルなどで体を拭いた後に行います。 以下のようなことに注意しましょう。 綿棒、もしくはガーゼなどを指にきつく巻き付けたものを使い、おへその細かい部分にあてて水分を取る• 窪みやシワを軽く広げながら奥まで行う。 へその緒がある場合は反対の手で持ち上げる• 産院から指示が出ている時やおへそがまだ乾いていない場合などは、水分を取った後に消毒をする 綿棒やガーゼは「拭く」というよりも「あてて水分を吸い取る」というイメージです。 こすらなくて大丈夫です。 おへその汚れを見つけても、水分でふやけただけでは実はあまりよく取れません。 汚れが気になる時は次の章を参考にして下さい。 おへそのゴミや黒い塊はベビーオイルで除去 へその緒が取れた後、赤ちゃんのおへその中が黒く見えたり、黒い塊が入っていることがあります。 また茶色く着色したように汚れていることもあります。 おへその部分は周囲と違って脂肪や筋肉に覆われていません。 おへそのすぐ下には腹膜があり、ここには痛みを感じる神経が集まっています。 おへそを触り過ぎることは、腹膜を刺激し続けることと一緒なのです。 そのため腹痛を引き起こす原因になります。 おへそのゴミを取る時の鉄則は「取れなかったらすぐに諦める」ということ。 思わず取りたくなる気持ちは分かりますが、赤ちゃんの健康のためにもしつこくケアすることは避けましょう。 一度で汚れが取り切れなくても、確実に少しずつはがれてきています。 数日に分けてケアをすれば最終的にきれいに汚れを取り除くことができます。 赤ちゃんから大人まで大切なおへそのお掃除 赤ちゃんのおへそのお手入れで大切なことは「清潔」と「乾燥」と紹介してきました。 これは大人のおへそのケア方法でも一緒です。 自分のおへそのお掃除は思わず怠っている…という方いませんか?おへそはデリケートであると同時に、その形状から汚れやすい部分でもあります。 赤ちゃんと一緒に自分のおへそのお掃除もして、なるへそ~と納得のいくピカピカのおへそになれるといいですね!.

次の

赤ちゃんの爪の切り方とは?おへそ掃除や髪の毛の洗い方は?

赤ちゃん おへそ 掃除

赤ちゃんのおへそのケア方法 おなかの中で赤ちゃんはママとへその緒を通してつながっていました。 へその緒は50~60cmくらいの長さがありますが、出産時に3cmほど赤ちゃんのおへそに残して切られてしまいます。 赤ちゃんのおへそに残ったへその緒は1週間~2週間かけて乾いていき、固くなって 自然に取れます。 へその緒が付いている状態のときは消毒液で消毒をしてケアをしますが、へその緒が取れた後も 消毒をしてケアをするようにしましょう。 おへその消毒方法 ここでは消毒する場合の方法について紹介していきますが、へその緒を 毎日きちんと消毒するか、何もせずに 自然乾燥させるかは産院によって見解が違う場合があります。 事前に産院に赤ちゃんのおへそのケア方法を確認するようにしてください。 へその緒が付いた状態のおへそのケアは非常に簡単です。 まず手をキレイに洗う• 綿棒にマキロンなどの消毒液を付ける• おへそのまわりを綿棒で優しくトントンする たったコレだけでOKです。 沐浴が終わった後の清潔な状態でやってあげるのが一番良いので、消毒が終わったらおむつを履かせて完了です。 沐浴のとき以外にもおむつ交換時などに消毒をしても良いですが、 消毒し過ぎも炎症の原因になりますので多くても 1日3回までにしてください。 ちなみに我が家の場合は1日1回、沐浴後に消毒をしていましたが全く問題ありませんでしたよ。 消毒後はある程度おへそを空気に触れさせて乾かした方が望ましいですが、お風呂上がりで赤ちゃんもバタついていることも多いと思いますので乾燥は何となくで大丈夫です。 あまり奥の方までグイグイ綿棒を入れるのは厳禁で、あくまでも 優しくトントンです。 へその緒から出血した場合 へその緒は赤ちゃんとママの胎盤を繋ぐもので、 動脈2本と静脈1本が通っています。 へその緒が完全に乾燥するまでは赤ちゃんが泣いたりうんちをするためにいきんだりしたときに腹圧がかかって出血することがあります。 赤ちゃんのおへそから出血があるとパパママは驚いてしまいますが、焦らないで脱脂綿などで軽く押さえて止血してみて下さい。 すぐに止まるようであれば問題ありませんよ。 5分以上経っても出血が止まらないようであれば小児科を受診するようにしてください。 いつまでケアするの? へその緒は1週間~2週間くらいで自然に取れますが、取れてしばらくはこれまでと同様に消毒液を綿棒に付けて消毒するようにしましょう。 いつまでやったらいいのかという目安は おへそが乾くまでです。 へその緒が取れたおへそは最初のうちは水っぽく、ジュクジュクしていたりしますが時間が経つにつれ、乾燥してきます。 乾燥したらもう消毒はしなくても大丈夫ですよ! 多くの場合は1ヶ月検診の頃までには乾燥してきますが、その頃までジュクジュクとしているようでしたら1ヶ月検診のときに相談してみてくださいね。 スポンサードリンク おへそが黒い汚れがある場合 へその緒が取れて完全に乾くと消毒をしなくなるので、お風呂上がりにもおへそのことをあまり気にかけなくなってきます。 しかし気づいたらおへそにものすごく汚れが溜まっていて黒っぽくなっていたなんてことありませんか? この黒い汚れの正体とケア方法を紹介します。 おへその黒いモノの正体は? おへその奥にある黒いものは へそのゴマと呼ばれる 垢などのゴミやホコリです。 おへその形状がゴミが溜まりやすい赤ちゃんもいますが、ほとんどの場合は 無理に取らなくても大丈夫なものです。 へその緒が取れたときに出血をしてそれが固まったものである場合もありますが、これも同様に無理に取らなくても心配ありませんよ。 おへその黒い汚れのケア方法は? 取らなくても問題ないんですけど、おへそが黒くて汚いとかわいそうだし気になるというパパママは優しく掃除してあげましょう。 お風呂上がりに赤ちゃん用の綿棒などで優しく拭き取ってあげる程度で大丈夫です。 また、お風呂に入る5分ほど前にベビーオイルやオリーブオイルをおへそにつけてあげて、お風呂で綿棒で優しく掃除してあげるという方法もあります。 どちらの方法にせよ無理に全部こすり取ろうとはせずに取れそうな分だけ優しく拭いてあげて下さい。 もし何も取れないようであればそのままにしておいてください。 大人もそうですが、おへその皮膚は薄くて弱く、デリケートな部分です。 あんまりおへそをいじっているとおなかが痛くなったりした経験ありませんか? おへその黒い色は落ちない汚れのようで気になりますが、月齢の低い赤ちゃんにはよく見られるものですし年齢が上がるにつれて自然となくなってキレイなおへそになることがほとんどのようですので安心してください。 へその中の黒い塊は何? おへその中に黒い塊がある場合はそれは出血した血が固まったものの可能性が高いです。 へその緒が取れたときに出血することは多いですし、赤ちゃんはおへそから 少量の出血をしてしまうことはよくあります。 また、血と垢や汚れなどが混ざって 黒い塊になっている場合もあります。 へその中の黒い塊の掃除方法 この黒い塊は取った方が良さそうですが、実はそのままにしておいて問題ありません。 強引に剥がすことによってさらに出血してしまう場合もあるので、基本的には放っておいて自然に取れるのを待ちましょう。 ジュクジュクしていたり悪臭がしたりしている場合はおへその病気の可能性もありますので小児科を受診するようにしましょう。 注意したいおへその病気 へその緒が取れた後にかかりやすい感染症があります。 おへその状態を観察することでわかりますので注意したいですね。 臍炎 さいえん へその緒が取れた傷口からブドウ球菌などの細菌が入って感染してしまう 炎症です。 痛みを引き起こすこともあり、おへその周囲にまで感染が広がることもあります。 臍炎の症状• おへそがジュクジュクと湿っている• 膿や出血が見られることもある• 触ると痛がることもある• おへそがむくんで出っ張ってくることもある 臍炎の治療法 一番の治療法は 清潔に保つことです。 過度に消毒したりガーゼで覆ったりする必要はありませんが、毎日のシャワーや沐浴で汚れを洗い流すようにしてください。 炎症がひどくなってくると 抗生物質や 抗菌剤を処方される場合もあります。 悪化するとおへそ以外の全身にも細菌が回ってしまう可能性もありますので油断できない炎症です。 臍肉芽腫 さいにくがしゅ 臍肉芽腫とはへその緒が取れるときに一部がおへそに残ってしまい、それが細胞増殖して しこりになってしまう新生児特有のおへその病気です。 そのまま放っておくと細菌に感染しやすいので注意が必要です。 臍肉芽腫の症状• へその緒が取れた部分に赤やピンク色の盛り上がったしこりのようなものができる• 大きさは1cmくらいの小さなものから、おへそを覆ってしまうくらいの大きさのものまである• おへそがジュクジュクしていたり出血を伴ったりもする 臍肉芽腫の治療法 しこりが小さい場合は 硝酸銀を使って焼き切る治療を行います。 焼き切ると言ってもボールペンのような硝酸銀棒を使って数秒で済みますし、臍肉芽腫自体には神経がありませんので 痛みを感じません。 なので赤ちゃんが痛がることもありませんので安心してくださいね。 しこりが大きい場合は糸で縛ってしこりの血流を止めて壊死させます。 糸を縛ったまま生活していると2、3日でしこりがポロッと取れます。 治療後はおへそを清潔に保つことを心がけましょう。 臍肉芽腫は細菌に感染して臍炎にもなりやすいです。 また、臍肉芽腫のしこりかと思ったら腸管とつながっていて腸の粘膜が飛び出していたなんてこともあるようなので自己判断せずに早めに小児科を受診するようにしましょう。 臍ヘルニア さいへるにあ 臍ヘルニアとは一般的に言う でべそです。 おへその下に腸が入り込んでしまうことで引き起こされます。 うちの子も1ヶ月検診のときに臍ヘルニア気味と診断されましたが3ヶ月ごろには普通のおへそになりました。 臍ヘルニアの症状• おへその中に腸が入っているので抑えると柔らかく、ジュクジュクと音がする• 泣いたりうんちをしたりすると腹圧でピンポン玉くらいの大きさになる 臍ヘルニアの治療法 臍ヘルニアは痛みを伴いませんし、赤ちゃんの体の発達や成長に影響することはありません。 生後3ヶ月ごろまではでべそが大きくなっていくことが多いですが、1歳までには9割以上は自然に治ると言われています。 1歳以降になっても自然に治らない場合は 外科的手術をして治療をすることもできます。 1歳未満では小児科を受診しても経過観察になることがほとんどです。 治療と言っても医療用テープでおへそを圧迫するくらいです。 過度に触ったり引っ張ったりすることで炎症を起こしてしまわないようにパパママはしっかりと赤ちゃんを観察するようにしましょう。 まとめ 赤ちゃんのおへそは非常にデリケートなので過度に掃除をしたりすると逆に炎症を起こしてしまったりします。 基本的には放っておいて大丈夫なものが多いですので、ジュクジュクしていないか、膿のイヤな臭いがしないかなどを判断基準にして小児科に行くようにしましょう。 日々のケアはおへそに負担がかからない程度に清潔に保てばOKです。 お風呂上がりに日々変化がないかよく観察してチェックすることが一番ですね。

次の