ツツジ 挿し木。 ドウダンツツジの育て方!剪定や挿し木、植え替えの時期と方法は?

ドウダンツツジの剪定や挿し木の方法・時期は?種類や花言葉は?

ツツジ 挿し木

ヒラドの剪定の時期はとってもわかりやすく 花が終わったら1から2週間の間にすればよくて とってもわかりやすい花木です。 このお気に入り花木を 剪定した枝を使ってかんたに増やすことがでる 方法を簡単にまとめ解説しています。 ヒラドの剪定時期と挿し木 剪定の時期 ヒラドの剪定の時期は花後が終わったらすぐに 剪定をするのが1番よいです。 花が終わって1から2週間のうちにバシバシと剪定。 幹の大きいものを残し枯れ枝等を取り除き 枝作りもおもしろい。 ヒラドは花が終わってから翌年の花の芽が作られるまでの 期間が非常に短い花木なんですね。 剪定枝を挿し木にして挿し穂で挿す 花が終わったらすぐに剪定するときに出る 剪定枝を挿し木で増やすってのも面白く ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー• 花後に切られた枝の固くなった枝を選んで• 10cmほどに切り詰めます。 先端の葉を2から3枚残し他の葉は切り取る。 水に付けて水揚げ(2時間位)する。 用意していた鉢の中の土に切った先を傷めないように挿す。 挿す深さは残した葉が土に触れるか触れないていど。 5から7cm挿すと良く発根。 翌年の春、根が十分に育ったら定植する。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー と、まぁこんな感じで作業ができます。 ヒラドはお水が大好きな花木です。 9月までは土が乾かないように朝と夕方に水をやり、 それ以降は一日一回が水やりの目安。 翌年の春に何処に植えようか、親しい人にあげようか! 楽しみが倍加します。 ヒラドの育て方は陽のあたる場所に ヒラドは午前中は日があたっている方が 日当たりが良いほうが花つきがよくなり、 更に腐植質に富み水はけの良い土地なら ヒラドに限らずなおいい。 ヒラドは日陰ではして花つきが悪くなります。 水やり ヒラドの根は地表近くで張るために 土壌の極端な乾燥に弱い。 地植え、鉢植えともに 夏の高温期には土地が乾かないように注意が必要。 朝か夕の水やりが必要です。 地植えの場合は土地の雨水を根が吸収すするので 基本的には水をあげなくてもいいですが 夏場など土地が乾燥しやすいときには あげるようにしています。 ヒラドの植えつけ時期 ヒラドの植え付け時期は春もしくは秋の 人が過ごしやすいという時期に。 人が過ごしやういということはヒラドにも 過ごしやすい、この時期に行うほうが適しています。 植えるときに、水はけの悪いところに深く植えてしまうと 酸素不足になりすることがあります。 実際して失敗しました。 水はけの良いところに深植えしないことが 大事になり、地表よりやや高めに植えに。 ヒラドの肥料 花が咲き終わる5月または6月と9月下旬と 根が休眠に入る1月にゆっくり肥効がある 肥料を与えています、 株元から少し離したところに肥料を与えると良いですね。 ヒラドの特徴はわかり安い ヒラドは日本の歴史上古くから親しまれてきた 代表的な大型のですね。 平戸で栽培されていたことから その名前がきているという由来が。 強い刈り込みに耐えて萌芽力もあり 栽培しやすい植物ですね。 厳しい都市環境にも耐えることから 街路樹やら公園の植え込みにも 使われています。 4月から5月頃の満開時には枝先に大きな花が咲き 花の色には• ピンク• 赤紫 などの色があり、また色の濃淡も 様々です。 満開時には大輪の花が広がりそれまで寂しかった 春の庭にも彩りを一気に染めてくれます。 ヒラドの挿し木 ヒラドは挿し木で簡単に増やすことができます。 挿し木の適期は6月に その年に出てきた新しい芽を青いうちに摘み取り• 花後に伸び始めた新枝が硬くなった新しい枝を選ぶ。 10cmほどの挿し穂を作ります。 先端の葉を2から3枚残す。 1から2時間ほど水につける。 枝先の切り口にルートンなどの植物成整剤をまぶす。 大きめの鉢に土を入れ挿し穂にしたものを5から6cm挿す。 風通しの良い日陰で管理すると よく発根してくれます。 は水をよく吸う植物なので 9月までは朝と夕の2回 それ以降は一日に1回は水をあげると良いです。 まとめ 大型のヒラドは我が家ではシンボル的な存在、 お客様が来る玄関の前にどんと鎮座しています。 色は白。 毎年同じ時期に同じ色の花を咲かしてくれて とてもなくてはならない花木の育っています。 たぶん、人様が我が家を尋ねるときに 玄関の前に大型のヒラドが植えてある家! と、教えてあげてくれてるかもしれないですね。 このように、誰でもわかりやすい親しみのある 古くからあるヒラドはなくてはなならない ものになっています。 あらためてヒラドが植えられている環境を 見つめると 少し高めに植えられていて根が浅く張り 水はけが良くなっていて お日様も適度にあたり ヒラドにとっては理想の環境に植えられています。 この環境は僕が生まれる前後くらいに 植えられたんだと思います。 じーっと白い花を咲かしているヒラドをみていると 何かを話しかけて来るような気がしてきます。 我が家に来るお客様と住んでいる人を癒やしてくれていたんですね。 abz998.

次の

ツツジの育て方!剪定や鉢植えの植え替え、増やし方は?

ツツジ 挿し木

ドウダンツツジは、春になると壺のような形の とてもきれいな花を咲かせます。 そして、秋になると紅く色付いて 紅葉する のです。 春にも秋にも楽しませてくれる落葉樹なんですよ。 街中でもよく見かける ドウダンツツジ について、 ご説明したいと思います。 ドウダンツツジとは ドウダンツツジは、日本原産です。 本州から四国、九州に多く自生していました。 花の色は白く、形が特長的です。 開花の時期は 4月~5月 ですから、 桜の咲いた後になります。 小枝の密度が高く、 刈り込みしても強いので、 庭木や垣根の 生垣用 として植えられるようになり、 戦後に全国的に広まりました。 日本の広い範囲で見られるドウダンツツジは、 栽培も簡単なので今でも生垣によく見られます。 ドウダンツツジの特長 ドウダンツツジは、 寒さにも暑さにも強い ので、 育てるのに特別なテクニックは必要なく、 強く育っていきますから、初心者にも簡単です。 大きく育っても1メートルから2メートルくらいです。 根は浅く広がるので、 植えつける時に、あまり深く植えないようにします。 日当たりが悪いところに植えると、 花が付きにくくなります。 さらに紅葉もキレイに色付かないので、 日当たりの良い場所 を選ぶようにします。 sponserd link ドウダンツツジの剪定方法 ドウダンツツジを育てるのに、 唯一必要な手入れともいえるのが、 適度な 剪定 です。 小枝がとても密になりますし、 枝の伸びる勢いも良いので、 剪定をしないと 樹形 がすぐに崩れてしまいます。 適度な剪定は必要です。 剪定の時期は 5月中旬から6月中旬まで が適しています。 夏以降になると、新芽を切ってしまうので、 花を楽しむことができません。 ただ、 秋の紅葉だけを鑑賞する目的 ならば、 とくに決まった剪定の時期はありません。 せっかくの花を楽しめないのは勿体ないと思うなら、 新芽の前に剪定するようにしてくださいね。 ドウダンツツジの挿し木の方法 ドウダンツツジを増やす方法は挿し木です。 挿し木を行う時期は 2月~3月、もしくは6月~8月 です。 春前に挿し木をする場合は 前年に伸びた枝を使います。 夏に挿し木をする場合は、 春以降に伸びた枝を使うようにします。 挿し木をして 1ヶ月ほどで 根が生えてきます ので、 そうなったら地植えし植え替えましょう。 ドウダンツツジの花言葉 花言葉には、とても誠実な言葉が並びます。 「節制」 「返礼」 このような、モラルやルールを守ることをイメージするのは、 たくましく、厳しい環境でも育つことからだと思われます。 「 上品 」という花言葉もありますが、 白くて美しい花を咲かせるので、 このような花言葉がつけられたのだと思います。 Sponsord Link.

次の

ツツジの育て方|植え付けや植え替え時期、増やし方は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ツツジ 挿し木

ドウダンツツジは、春になると壺のような形の とてもきれいな花を咲かせます。 そして、秋になると紅く色付いて 紅葉する のです。 春にも秋にも楽しませてくれる落葉樹なんですよ。 街中でもよく見かける ドウダンツツジ について、 ご説明したいと思います。 ドウダンツツジとは ドウダンツツジは、日本原産です。 本州から四国、九州に多く自生していました。 花の色は白く、形が特長的です。 開花の時期は 4月~5月 ですから、 桜の咲いた後になります。 小枝の密度が高く、 刈り込みしても強いので、 庭木や垣根の 生垣用 として植えられるようになり、 戦後に全国的に広まりました。 日本の広い範囲で見られるドウダンツツジは、 栽培も簡単なので今でも生垣によく見られます。 ドウダンツツジの特長 ドウダンツツジは、 寒さにも暑さにも強い ので、 育てるのに特別なテクニックは必要なく、 強く育っていきますから、初心者にも簡単です。 大きく育っても1メートルから2メートルくらいです。 根は浅く広がるので、 植えつける時に、あまり深く植えないようにします。 日当たりが悪いところに植えると、 花が付きにくくなります。 さらに紅葉もキレイに色付かないので、 日当たりの良い場所 を選ぶようにします。 sponserd link ドウダンツツジの剪定方法 ドウダンツツジを育てるのに、 唯一必要な手入れともいえるのが、 適度な 剪定 です。 小枝がとても密になりますし、 枝の伸びる勢いも良いので、 剪定をしないと 樹形 がすぐに崩れてしまいます。 適度な剪定は必要です。 剪定の時期は 5月中旬から6月中旬まで が適しています。 夏以降になると、新芽を切ってしまうので、 花を楽しむことができません。 ただ、 秋の紅葉だけを鑑賞する目的 ならば、 とくに決まった剪定の時期はありません。 せっかくの花を楽しめないのは勿体ないと思うなら、 新芽の前に剪定するようにしてくださいね。 ドウダンツツジの挿し木の方法 ドウダンツツジを増やす方法は挿し木です。 挿し木を行う時期は 2月~3月、もしくは6月~8月 です。 春前に挿し木をする場合は 前年に伸びた枝を使います。 夏に挿し木をする場合は、 春以降に伸びた枝を使うようにします。 挿し木をして 1ヶ月ほどで 根が生えてきます ので、 そうなったら地植えし植え替えましょう。 ドウダンツツジの花言葉 花言葉には、とても誠実な言葉が並びます。 「節制」 「返礼」 このような、モラルやルールを守ることをイメージするのは、 たくましく、厳しい環境でも育つことからだと思われます。 「 上品 」という花言葉もありますが、 白くて美しい花を咲かせるので、 このような花言葉がつけられたのだと思います。 Sponsord Link.

次の