浄土宗と浄土真宗の違い。 法然と親鸞は師弟関係|浄土宗と浄土真宗の決定的な違い

【浄土教と浄土宗の違い】簡単にわかりやすく解説!!それぞれの意味や共通点について

浄土宗と浄土真宗の違い

浄土宗とは は、法然上人(ほうねんしょうにん、別名「源空(げんくう)」)が宗祖となって1175年頃に開かれた宗派です。 本尊は阿弥陀如来で、「南無阿弥陀仏」を称えながら安らかな日々を送り、極楽浄土への往生を祈るという教えが元となっています。 浄土真宗とは 一方、浄土真宗は親鸞聖人(しんらんしょうにん)が宗祖となって1224年頃に浄土宗から文派して開かれた宗派です。 もともと親鸞聖人は法然上人の弟子でした。 本尊は阿弥陀如来と浄土宗と同じ。 「南無阿弥陀仏」と唱えて極楽浄土への往生を祈るという基本的な考えも同じです。 浄土宗と浄土真宗の違い このように見ると、と浄土真宗は非常によく似ていることが分かります。 では、どのような点に違いがあるのでしょうか。 浄土真宗は浄土宗の発展版ととらえると分かりやすいでしょう。 「浄土宗は、念仏を唱えることこそが進行を表す証」としているのに対し、「浄土真宗では、念仏を唱えようとする気持ちが大切」であることに重きをおいています。 浄土真宗が浄土宗と違う点は、極楽浄土への往生のためには念仏を唱えることが必須の条件にはなっていないところです。 浄土宗が念仏を唱えることによって往生できるという考えをひといき超え、浄土真宗はさらに、念仏を唱えて信じているならば、その心が信仰心につながると説いています。 さらに、念仏を唱えようとする気持ちだけでなく、日々の感謝の気持ちは口に出すべきとしています。 それぞれ以下のような配置でかけられます。 浄土宗は昔ながら規律の厳しい宗派で、僧侶は坊主で結婚をしない、肉も食べないという禁欲の毎日を送るのが一般的でした。 その一方で、浄土真宗では普通の髪型をし、結婚をする僧侶が多くいました。 これは、親鸞聖人が「すべての人が差別なく本当の仏教というものを伝えたかったため」であるとされています。 現在では、僧侶が肉や魚を食べたり結婚したりするのは一般的ですが、親鸞聖人がその行為を行うまでは、タブーとされる風潮があったようです。 浄土真宗のお葬式の特徴 浄土真宗の自由度の高さは、お葬式にも現れています。 どのような特徴があるのか見てみましょう。 般若心経は、仏の智慧(ちえ)を完成させることを目的に称えるものです。 浄土真宗では、読経する努力によって報いを得るのではなく、阿弥陀如来のお力に一切をゆだねることで救われるという考え方があるため、あえて読経する必要がないとされています。 そのため、あえて死後に冥福を祈るひつようはないため、冥福を祈るという言葉は失礼に値します。 言葉を添える場合は、「謹んで哀悼の意を表します」という表現を使いましょう。 他の宗派の場合、人が亡くなった場合は四十九日の間は霊であり、四十九日の法要で初めて仏となる考えがあります。 しかし、浄土真宗ではなくなった瞬間から仏の元へ行くとされているため、御仏前が正しい記載方法です。 香を指でつまんだら、そのまま香炉へ移動させます。 また、線香の場合は2~3本に折り、横に寝かせましょう。 他にも細かい違いはありますが、上については代表的な違いです。 浄土真宗のお葬式に参列する機会のために、覚えておくと良いでしょう。 お葬式の豆知識• お葬式の種類• お葬式用語• 宗教と宗派•

次の

浄土宗と浄土真宗の違いについてお経お仏壇など

浄土宗と浄土真宗の違い

宗旨とは その教団や宗派の教えの要旨と示した言葉になります。 浄土真宗の宗旨は、自らの修行や善行のみを頼りにせず、阿弥陀仏の智慧と慈悲のはたらきを拠りどころとします。 南無阿弥陀仏のお念仏と阿弥陀仏からのご信心により、阿弥陀仏のお浄土に生まれさせていただく教えです。 現在では親鸞聖人を宗祖と仰ぐ伝統教団は10派存在しています。 真宗興正派(興正寺)• 浄土真宗本願寺派 本願寺• 真宗大谷派 真宗本廟• 真宗高田派 専修寺• 真宗佛光寺派 佛光寺• 真宗木辺派 錦織寺• 真宗出雲路派 毫摂寺• 真宗誠照寺派 誠照寺• 真宗三門徒派 専照寺• 真宗山元派 證誠寺 この中で浄土真宗を名乗っているのは、皆さんが一般的に西本願寺と言っている本願寺の「浄土真宗本願寺派」だけです。 (このことで皆さんが混乱しているのだと思います。 ) しかしこれら10派は宗派の名称はそれぞれ異なっていますが、 全ての派が親鸞聖人を宗祖と仰いでおり、宗旨は10派すべてが「浄土真宗」となります。 浄土真宗という宗旨は親鸞聖人がすすめられた浄土の真宗を意味しています。 ですので僧侶の私が人から「あなたの宗旨はなんですか」と尋ねられたら、「私は浄土真宗の僧侶です。 宗派は真宗興正派です。 」と答えることになります。 例えば本願寺派の人であれば、「私は浄土真宗です。 宗派は浄土真宗本願寺派です。 」と答えることになるでしょう。 では浄土真宗とは何なんでしょうか。 浄土真宗という言葉を単純に言えば、浄土の真宗という言葉になります。 もう少し詳しく言えば、 「浄土往生の真実の教え」ということになります。 浄土往生の真実の教えをさらに深く説明しようとすると今回のテーマと大きく外れるので別の機会で紹介しますが、宗派名に真宗や浄土真宗となのっている10派はすべて、この浄土往生の真実の教えをメインテーマとしています。 なぜかと言えば、浄土真宗では「仏説無量寿経」(大経)を真実の教えが説かれている所依の経典としているからであり、親鸞聖人が書かれた「顕浄土真実教行証文類」(教行信証)のなかにも『それ真実の教を顕さば、すなわち「大無量寿経」これなり』と紹介されています。 そしてなぜ親鸞聖人がこの仏説無量寿経を真実の教えとし、浄土真宗とされたかというと浄土宗の宗祖の法然上人の影響が大きいのです。 親鸞聖人が書かれた「高僧和讃」の中には法然上人(源空上人)について以下の様にうたわれています。 智慧光のちからより 本師源空あらはれて 浄土真宗をひらきつつ 選択本願のべたまふ 「高僧和讃」より 浄土真宗とは親鸞聖人がいい始めたものではなく、浄土宗の法然上人からの教えを引き続いた考えになります。 (ここでは省略しますが、この浄土真宗の教えは法然上人よりも前のインド・中国・日本の七高僧のつながりがあり浄土の教えが導かれているのです。 ) 【まとめ】• 浄土真宗とは伝統教団である真宗十派共通の宗旨である。 浄土真宗とは浄土宗の宗祖法然上人が名づけられ、その教えを引き継いだ親鸞聖人が「仏説無量寿経」が浄土往生の真実の教えと導かれた。 真宗十派は親鸞聖人を浄土真宗の宗祖と仰いでいる。 (本当はなぜ親鸞聖人が「仏説無量寿経」を真実の教とうなずかれたのかを説明しなければ、浄土真宗が宗旨となっている説明不足だと思うのですが、仏説無量寿経を説明すると相当長くなるのでまた別の機会にします。 ただ浄土真宗とは真宗の教法の教えを示した言葉だと思っていただけたらと幸いです。 ) なぜ本願寺派は浄土真宗と名付けているのか 真宗と浄土真宗は同じ意味です。 なぜ本願寺だけが浄土真宗と、宗派名に浄土真宗と名付けているのか疑問に思うところですよね。 ここからは豆知識程度に読んでください。 (私は本願寺派の僧侶ではないので間違いがあってもいけないので) もともと浄土真宗の呼び名は法然上人が名づけており、その教えを引き継いだ親鸞聖人が使われており、古くから浄土真宗という名称は使われていました。 しかし「仏説無量寿経」の中に一向専念無量寿仏とも書かれており、阿弥陀仏の教え・浄土にひたすらに帰依することから一向宗とも周りから呼ばれていたとも私は聞いています。 私の住んでいる香川では「一向(いっこー)、ほっこー、ものいみしらず」という言葉が残っています。 ほっこーとは香川の方言で「ほっこ」のことで、「馬鹿な人やあほな人」という意味です。 一向の人は世の中の吉凶や占い事といった迷信にとらわれないので、物忌みが関係ない人たちだなあと馬鹿にされていた言葉です。 (好意的解釈もあります。 ) しかし江戸時代から浄土宗からの要望があって、浄土真宗では「浄土真宗」となのるのを控えたそうです。 ですので江戸時代からは浄土真宗はすべて「一向宗」と名乗っていました。 江戸から明治に変わると明治5年(1872年)に太政官正院から各府県へ 「一向宗名之儀、自今真宗ト改名可致旨」の布告が発せられ、一向宗から真宗という名称には変更するようにお達しが出ました。 また大日本帝国の昭和15年(1940年)に宗教団体法が施行されたときに各宗教団体は、宗派名を政府に届け出さなくてはならなくなりました。 これは私の聞く限りでは、浄土宗に配慮したからだと聞いております。 浄土真宗だと、浄土の真宗という認識から浄土宗は正しくないのかという誤解が生じてしまう恐れがあるからです。 そして第2次世界戦後の昭和26年(1951年)に宗教団体法から宗教法人法に改められ、宗教団体が宗教法人に改めることができるようになりました。 この宗教法人に改めるときにも、また宗派名を届けなくてはなりません。 ここに本願寺がどのような思いがあったのか私にはわかりかねます。 Sponsored Links 真宗と真言宗との違いは ちなみにですが真言宗とは全く違います。 真宗(しんしゅう)と真言宗(しんごんしゅう)は名称・響きだけをみれば一文字増えているだけなのですが、違います。 同じなのはお釈迦さまが説かれた仏教という点だけです。 現在日本の伝統的な仏教の宗派は13宗ありますが、その中の一つが浄土真宗であり真言宗であるのです。 仏教の最終目的は仏になるということです。 それを悟りや涅槃とも表現します。 しかし仏になるといっても「どこのお浄土に生まれるのか、どのような道筋でたどり着くのか」は、宗派によって全く異なります。 この自分が進む道はどの仏様の教えなのかも違います。 浄土真宗とは在家仏教と呼ばれるように、日常生活を営み、悩みや苦しみの中で思い通りの人生を歩めない中で、悩みの中に阿弥陀仏の教えを信順し念仏によって力強く生きていく教えとなります。 それが浄土真宗(真宗)の宗旨です。 ですので真言宗やその他の宗派と異なり厳しい戒律というのが存在しておらず、だれでもどのような境遇の人でも人を選ばず仏道を歩める教えとなっています。 宗旨名 浄土真宗 真言宗 宗祖 親鸞 (1173~1263) 空海 (774~835) 本尊 阿弥陀如来 大日如来 大切な経典• 仏説無量寿経• 仏説観無量寿経• 仏説阿弥陀経• 大日経• 金剛頂経など 異なる点を簡単な表にしました。 お経文が違っているように、教えも当然違います。 色々ちがっていますが、浄土真宗が真言宗と違っている大きな点は、浄土真宗は自分の力によってお浄土に生まれる(仏に成る)教えではなく、阿弥陀仏のすべての人を浄土に迎えたいと願われる他力の念仏を受け取っていくことです。 自分の力を卑下しなさいよというのではなく、生死の問題・後生の問題というのは、自分の力では解決するのが難しく、阿弥陀仏の方から手を向けてくださっているのだから、それをただ「有難うございます」と南無阿弥陀仏のお念仏を称えていくことが浄土真宗なのです。

次の

浄土宗と浄土真宗の違い【教義面での大きな差】│めぐり研究所

浄土宗と浄土真宗の違い

目次はこちら• 浄土真宗とは 浄土真宗とは日本最大の仏教です。 親鸞が開祖した日本発の大乗仏教で、文化庁の統計(宗教年鑑)によると信者は約1,600万人います。 浄土真宗とは簡単にわかりやすく言えば、仮に罪悪人であろうが 信心を持って念仏を唱えれば誰もが救われるという宗教です。 浄土真宗と言えば、南無阿弥陀仏(私は阿弥陀如来に帰依します)というように、本尊は南無阿弥陀仏の6文字が書かれた各号です。 主に、東の大谷派、西の本願寺派の2宗派に分かれています。 ちなみに、浄土真宗では般若心経は読まれません。 その理由を簡単に解説すると、般若心経は般若の会得方法が書かれたお経で、自ら救いを求めようとする意味合いを持つため教義に反してしまうからです。 浄土真宗の開祖 浄土真宗の開祖は親鸞です。 しかし、実際には 浄土真宗を作ったのは蓮如を中心とした親鸞の弟子たちで、浄土宗の開祖である法然に師事していた親鸞の没後に浄土真宗として独立開宗しました。 本願寺の復興や勤行の簡易化など、蓮如による功績で浄土真宗が全国に拡がり礎を築いた立役者という事で、後に歴史的評価を受け中興の祖と呼ばれています。 浄土宗と浄土真宗の違いはたった3つ 浄土宗から生まれた浄土真宗に根本的な違いはありません。 どちらも阿弥陀如来の本願によって救いを求める仏教です。 敢えて違いを言うならば、信仰の考え方が違います。 極楽浄土に向かうため仏となる必要があり、浄土宗は簡単にわかりやすく言うと自身が行う念仏の質と量によって救われようとします。 しかし、浄土真宗では自力を一切排除し 阿弥陀如来の第十八願(信心を起こし、浄土へ生まれようとして念仏する者は、必ずそれを実現させる)のみを信仰しています。 そのため、浄土真宗では他力本願や絶対他力などと呼ばれる事もあります。 その違いが現れている部分として浄土真宗では出家制度がありますが、浄土真宗は僧侶を含め皆が在家で出家制度はありません。 また、浄土宗では良い行いをしていると死んだ後に極楽浄土へ行けるといった浄土信仰がありますから臨終行儀は欠かず重要視されますが、浄土真宗では臨終行儀に定めはありません。 最後に、浄土宗では阿弥陀如来の木像や絵像を本尊にしますが、浄土真宗では南無まで含めて本尊とし、阿弥陀仏だけを本尊とするのではないと言う見解から各号を本尊とするのが基本です。 浄土真宗を知りたい場合に小山さんの本はおすすめです。 浄土真宗の始まりに浄土信仰があった事、そして東西分裂までの流れを時系列に知る事ができます。 なぜ浄土真宗が世に広まり日本最大の仏教宗派となったのか、親鸞を中心とした浄土真宗の歴史やエピソードが参考になるはずです。 以下は、本書に関する評判(口コミ・レビュー)の抜粋しました。 親鸞の教えと、それに感化されながら生きた人々によって担われた浄土真宗とは、中世宗教としての側面を色濃くそなえつつ、なおそこから飛翔するオリジナリティをもった、独特の日本仏教でありました。 そのような厚みのある歴史的事実を、本書からは気軽に知ることができ、とてもありがたいことです。 タイトルからは非常に一般的な浄土真宗の教義解説が行われるかと思うかもしれないが、本書の内容はそれとはやや違う。 本書は、他力本願の教義を徹底することがいかに困難であったかを、その家族や弟子(如信や蓮如など)といった人々はおろか、親鸞当人さえ悩み揺れていたことを明らかにするものである。 親鸞自身の東国での活動、浄土真宗の教義たる阿弥陀仏一神教による他力本願の受容やその後の教義の揺れ、民衆への広がりの過程に関しては初めて目にする内容で、大変に勉強になりました。 まとめ.

次の