消費 税 10 パーセント 定期 代。 消費税10%への引上げにより、事業者が事前にするべきこと

令和元年10月1日、消費税の軽減税率制度がスタート!|国税庁

消費 税 10 パーセント 定期 代

スポンサーリンク 子供がいる身としてはどうなるのか気になるところ。 結論から言いますと 基本的に習い事には消費税がかかります! スイミングでも学習塾でもバレエ教室でも それはどこも同じです。 ただし課税売上が1000万円以下の場合は 消費税の納税義務が免除されますので 個人で小規模で経営されている場合は 消費税がかからない場合も。 ちなみに幼稚園・小学校・中学校・高校・大学など 学校法人である場合は入学金や授業料などに 消費税がかかることはありません。 そのため学校法人である予備校も消費税がかからないです。 個人的に軽減税率にしてほしかったもの 正直ややこしいので消費税なくしてほしいところですが、 いろいろあってきっと難しいのだと思います。 軽減税率に新聞が入っていますが… 新聞最近読んでいる人ものすごく減っている気がします。 これ有り難がっているのって新聞社の方だけなのでは?と かなり疑問です。 それよりもこういったものに軽減税率適用してほしかったなぁと思います。 オムツ オムツなし育児法とかもあるにはありますが、 基本赤ちゃんの必需品です。 紙だろうが布だろうがそれは変わらないかと思います。 歯ブラシや洗剤など日用品 身の回りを清潔に整えるってとても大事なことだと思うので 食料品と変わらないくらい必需品かと。 もちろん高級なものもあるのは事実ですが それは食料品も同じこと。 決してぜいたく品と言われるような価格 じゃないものの方が多いはずなので軽減税率にしてほしかったです。 生理用品 体の生理現象なのでどうしようもない。 これこそ本当に必需品です。 最近は気分を上げさせてくれる かわいい柄のものも増えてはいますが、 正直使わなくて済むなら使いたくないものです。 そういったものに増税ってなんか悲しいです。 増税前にかけこみ!でもちょっと待って! 増税前に買いだめしておこう!と考える方もいるかと思いますが 少し思いとどまりましょう。 食料品を買いだめ! 食料品はこれまでと同じ消費税率は8%。 なので食料品に関してはわざわざ増税前に買いだめは必要ありません。 キャッシュレス・ポイント還元事業の対象になるもの 期間限定(2019年10月~2020年6月末)ではありますが キャッシュレス・ポイント還元事業に加盟店登録されているお店で クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などで支払いをすると ポイント還元されるというものです。 それによって増税分以上のポイント還元がある場合もあるので 慌てて9月中に買う必要ないです。 実際にキャッシュレス・ポイント還元事業加盟店の リストを見てみましたが 意外にたくさんのお店が登録されていました。 膨大すぎて見てると目がチカチカするほど(笑)。 おわりに まもなく消費税10%がスタートします。 景気がどのように左右されるかはまだまだわかりませんが 制度をうまくつかって賢くお金を使いたいですね。 とりあえずは食料品は軽減税率8%なので 買いだめはしなくて大丈夫です!.

次の

消費税9月から10月にまたがる取引 電気代や携帯代など

消費 税 10 パーセント 定期 代

消費税は、モノやサービスを 消費したときにかかる税金です。 そのため、本来であれば、映画館の前売り券を購入したときの消費税の取り扱いは、• しかし、この原則を厳密に適用すると、前売り券の購入時に消費税8%を支払い、映画を観るときに差額である消費税2%を支払わなければならず、現実的ではありません。 このような不都合をなくして、消費税の増税をスムーズに行うために「経過措置」が設けられています。 この記事では、消費税の経過措置について分かりやすく解説しています。 例えば、2019年9月15日に6ヶ月分の定期券を購入した場合、消費税は8%となります。 ICカード(Suica、PASMO、ICOCA など)のチャージはどうなる? ここまで読むと「2019年9月30日までにICカードをチャージすれば、お得になるのでは?」と考えるかもしれませんが、残念ながら乗車が2019年10月1日以降であれば、消費税10%が適用されてしまいます。 なぜなら、ICカードをチャージするときは、消費税がかかってこないからです。 ICカードのチャージ残高で乗車する場合は、利用したときの消費税率が適用されることを覚えておきましょう。 例えば、2019年3月1日に婚礼の契約を締結して、2019年11月4日に結婚披露宴が行われた場合は、消費税が8%となります。 ただし、• サービス・施設等の提供時期をあらかじめ定めることができない• 婚礼の提供より先に対価の全部または一部を支払っている• 対価の額が定められている• 対価の額の変更を求めることができる旨の定めがないこと の条件をすべて満たしている必要があります。 また、2019年4月1日以降に対価の額が変更された場合は、経過措置が適用されず、消費税は10%となります。 6、予約販売に係る書籍等 2019年3月31日までに締結した 不特定多数の者に対する定期継続供給契約に基づき譲渡する書籍等について、2019年9月30日までに対価が支払われ、2019年10月1日以降に譲渡が行われる場合は、消費税8%が適用されます。 主な取引としては、• 雑誌の定期購読• 食料品、健康食品、化粧品の定期購入 などが対象となります。 ただし、デジタル媒体(デジタル新聞、電子書籍、メールマガジンなど)の定期購読は対象外となります。 日刊新聞(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、地方新聞など)や週2回以上発行されている新聞は、軽減税率の適用により消費税は8%となります。 8、通信販売 通信販売をする事業者が、2019年3月31日以前に販売価格等の条件を提示(または提示する準備を完了)した場合において、2019年9月30日以前に申し込みを受けて、2019年10月1日以降に行われる商品の販売に関しては、消費税8%が適用されます。 主な取引としては、• 新聞、テレビ、チラシ、カタログ、インターネット等の媒体を通じた通信販売 などが該当します。 9、有料老人ホーム 2013年10月1日から2019年3月31日までの間に締結した 有料老人 ホームに係る終身入居契約(入居期間中の介護料金が入居一時金として支払われるなど一定の要件を満たすもの)に基づき、2019年9月30日以前から引き続き介護に係るサービスの提供を行っている場合、2019年10月1日以降に行われる入居一時金に対応する介護サービスの提供に関しては、消費税8%が適用されます。 ただし、2019年4月1日以降に入居一時金の額が変更された場合は、経過措置が適用されず、消費税は10%となります。 10、特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)に規定する再商品化等 家電リサイクル法に規定する製造業者等が、同法に規定する「特定家庭用機器廃棄物」の再商品化等に係る対価を2019年9月30日以前に領収している場合、2019年10 月1日以後に行われる当該対価の領収に係る再商品化等に関しては、消費税8%が適用されます。 例えば、2019年9月23日に不要になったテレビを回収業者に引き渡すために料金を支払った。 その後、2019年10月1日に実際の回収があった場合は、消費税8%となります。 家電リサイクル法とは 家電リサイクル法とは、一般家庭や事業所から廃棄された家電4品目• エアコン• テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)• 冷蔵庫・冷凍庫• 洗濯機・衣類乾燥機 から有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。 家電4品目を廃棄する場合は、一般ごみや粗大ごみとしては処分することができません。 必ず回収業者(新しく製品を買い換える店舗、処分した製品を購入した店舗、その他指定業者など)に引き取りを依頼し、リサイクル料金や収集・運搬料金を負担しなければなりません。 最後に 消費税の増税は、一般消費者だけでなく、あらゆる業種の事業者にも大きな影響を及ぼします。 今回の増税では、• 特に軽減税率と合わせて、2023年に導入予定されている「インボイス制度(適格請求書省保存方式)」は、システム対応をしていないと経理の事務負担が大きくなることが予想されます。

次の

迫る消費税増税!給与担当者は「通勤手当」に注意するべし!

消費 税 10 パーセント 定期 代

本は「生活に必要なもの」ではないと判断された 「定期購読契約が結ばれた週2回以上発行される新聞」は、「生活に必要なもの」として軽減税率の対象になっています。 軽減税率の対象とする本は、花水 hanami のような読書好きが趣味で読む本ではなく、高校生や大学生の教科書。 小中学生が読書感想文で読む本や、勉強のための参考書です。 絵本や漫画も、子どもにとっては楽しみでもあり、物語を通して価値観を身につけられる大切なものに思えます。 例えば『ワンピース』は、非道なことをしている悪役がいたり、奇跡が起きてもどうにもならない出来事が起こったり、世の中の仕組みを理解するのにとてもいい教材になっていると思えますよ。 「」や「能力者」を、勉強やスポーツの「センス」に置き換えるとすごく現実的な物語に思えます。 学生さんにとって本は「生活に必要なもの」 「新聞が値上がりすると困る!」 たしかに、その通りです。 新聞をずっと撮り続けているご家庭では、光熱費のような毎月の出費。 それに比べて趣味の本は値上がりしても、暮らしに大きな影響はないでしょう。 20代は親と同居している家庭も含まれると思いますが、30代のご家庭では、半分以上が新聞を必要としていませんね。 子育て世代では、新聞よりも子どもの本や学生さんの教科書の方が「生活に必要なもの」になると私は思いますよ。 新聞を必要としている家庭を優遇して、子育てをしている家庭を冷遇していると思われてしまうかもしれませんね。 食品などの生活必需品には、にならない軽減税率が適用されるのはご存知の通り。 昨年12月の時点では、本などの書籍は軽減税率の対象ではないとされています。 一方で、同じように読む新聞は「生活に必要なもの」とされ軽減税率の対象になりました。 書籍の中には、娯楽のための作品はもちろん、成人誌など欲しい人しか買わない商品もあります。 そのため政府は、「」の排除が難しいことを理由に軽減税率の適用を見送っています。 子どもが読む絵本、小中学生が読書感想文で読む本や普段買う漫画、高校生や大学生の教科書や参考書は子育てに必要な本です。 読書ブログとして、消費税に対して最後にもう1度世の中に発信します。

次の