うかい 亭 表参道。 表参道うかい亭にて。今度彼氏(30才)の簡単な転職祝いにうかい亭のラ...

表参道うかい亭(ステーキ,鉄板焼き,シーフード(シーフード料理))の接待・会食の予約は【こちら秘書室】

うかい 亭 表参道

土・日・祝 ランチ 11:30~14:00 (L. 14:00) ディナー 17:30~23:00 (L. 21:00) 月・火・木・金 ランチ 12:00~14:00 (L. 14:00) ディナー 17:30~23:00 (L. 21:00) 定休日• 不定休日あり• 水曜日,不定休,年末年始 平均予算• 20,000円(通常平均)• 12,000円(ランチ平均) その他料金• サービス料:10% クレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• MUFG• NICOS• UFJ• セゾン• アプラス• 銀聯 予約キャンセル規定• 直接お店にお問い合わせください。 お店のホームページ• 席・設備 総席数• 76席• カウンター席あり• 夜景が見える 宴会最大人数• 14名様(着席時)• テーブル個室あり(4名~8名様用)• 店舗へお問い合わせください バリアフリー• 車いすで入店可• 設備・サービス:• お子様メニューあり• ベビーベッド・おむつ交換スペースあり 外国語対応• 外国語メニューあり:• 英語メニューあり• 外国語対応スタッフ:• 英語を話せるスタッフがいる 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )• Wi-Fi使えます( 無料接続可 ) 化粧室• 様式:• 洋式(温水洗浄便座)• 女性向けアメニティ:• マウスウォッシュ• 爪楊枝• あぶらとり紙• 男性向けアメニティ:• 爪楊枝• 設備・備品:• ハンドソープ• ペーパータオル その他の設備・サービス• 日曜営業あり• ソムリエがいる店• パティシエがいる• シェフがいる• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報•

次の

表参道うかい亭(ステーキ,鉄板焼き,シーフード(シーフード料理))の接待・会食の予約は【こちら秘書室】

うかい 亭 表参道

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 渋谷区の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 大学周辺• 渋谷区の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー• 7000円のテンダーロインランチコースをいただく。 カツオのたたき一枚の前菜 2. サザエのオーブン焼き 直径五センチくらいの100円ショップで売ってそうなココットに入って出てくる。 サザエ三切れ、あとはマッシュルームとニンニクスライス 3. フルーツトマトの冷静パスタ エンジェルヘアパスタ、フォークに二巻で完食の量 4. フィレ肉のソテー 四センチ四方のステーキ。 じゃがいもときのこのつけあわせ。 目の前でパフォーマンスするが、びっくりする量の塩を振る。 肉が塩辛くて喉が渇く ここでデザート、コーヒーをいただくためラウンジへ移動。 デザートは四種類から選べるが、これも小さい。 これとは別にデザートワゴンがくるが、チョコレートなどでお腹のたしにはならない。 量も少ない上、サービスも悪い。 気が利かない。 妊婦さんも多く見かけたが、ソファー席が空いているにもかかわらず平気で狭い椅子席に通していた。 自分が二度といかないことは確かだが、ほかに同じ不愉快な思いをする人がいないようにするためあえて書かせていただいた。 友人男女4人で個室をとりました。 お料理は、コースでいろいろ出てきます。 名物のアワビの塩蒸し焼きも最高ですし、フォアグラのパイ、黒トリュフがたくさん入ったコンソメ、こんな大きなのは見たことがない手長エビのグリルなど、目と舌を楽しませてくれました。 ステーキもこってりしすぎず、普段ステーキが苦手な私でも美味しくいただけました。 そしてからすみの炊き込みご飯。 これもおいしかった~。 ここまでで、約2時間。 そのあと、お茶、デザート、ずっとしゃべっている私たちに早く帰れという雰囲気を見せることはみじんもなく、さらに、本来はデザートやお菓子を別のスペースで食べるので、ご覧になりますかと、そのお部屋を見に行ったらそこも素敵なところ。 ガラス張りで夜景がとてもきれいなのです。 外にはテラスもあり、季節がよいときに絶対また来ようと思いました。 ワゴンでお菓子を選んでまた個室に戻り、さらにおしゃべりに花が咲き、結局5時間近くに滞在。 なにが印象に残ったがというと、接客の素晴らしさです。 これはとてもうまく説明できるものではなく、体験しないとわかりません。 さりげなく、適切なタイミングで、しかも仕事だからやっている的なマニュアル通りの接客とは全く違う。 しかもこのお店、この会社に誇りと自信を持っていることが話の端々から感じられ、一層素晴らしいと思ったのでした。

次の

表参道うかい亭 (渋谷区) 最新のレストランの口コ(2020年)

うかい 亭 表参道

店内は和風の造りなので、外国の方にはとくに喜ばれそうな感じです。 お客さんも外人の方が多かったです。 銀座うかい亭のランチは結構予約が詰まっているときが多くて、今回は1週間以上前に予約をしました。 銀座うかい亭のスペシャルランチコース まずは鉄板焼きコーナーのカウンター席で鉄板料理をいただきました。 お席にはバラの花が飾ってありました。 最初のお料理は「紅葉鯛のマリネ 秋の装い」 お花模様が入った硝子の器がステキです。 お次は「本日のスープ」 器が凝っています。 蓋の裏にまで栗の絵が描かれています。 スープは栗のポタージュです。 濃厚な栗の味がしました。 香草は香りづけだけのために使われます。 出来上がり。 レモンバターソースで、レモンの皮のすりおろしもサーモンの上に少しかかっています。 いい感じの焼き加減で、ソースもさっぱりとしていて美味しかったです。 パン パンはさっきのサーモンの香草焼きのレモンバターソースをつけていただきました。 お次は、うかい特選牛ステーキ サーロインステーキです。 鉄板で焼かれていきます。 焼き加減はミディアムレアでお願いしました。 焼けたステーキは、有田焼のステキなお皿に盛りつけられます。 ステーキのアップ 中の焼き加減はこんな感じです。 ステーキもあっというまにペロリ。 締めのお食事は「ガーリックライス」か「そうめん」かどちらか好きな方を選べます。 前回の表参道のうかい亭のときにガーリックライスを選んですごく美味しかったので、今回もガーリックライスにしました。 鉄板で焼かれていきます。 出来上がり。 もっちりとした食感で、すごく美味しかったです。 お漬物とお味噌汁もついています。 表参道店のお味噌汁の味は感動したのですが、こちらのお味噌汁はちょっと味が違っていました。 お漬物 【スポンサーリンク】 お食事のあとは、カフェのコーナーのテーブル席に移動して、デザートとお茶をいただきます。 カフェコーナーのテーブルにもバラが飾られていました。 デザートは3種類の中から好きな1品を選べます。 お酒が少しかかっていて、オトナのチョコパという感じです。 お次は今回のランチコースの中で一番のお目当てだった小菓子(プティフール)です。 小菓子はワゴンでやってきて、好きなものを好きなだけ選べます。 銀座うかい亭のランチの感想 銀座うかい亭は1階ということもあって窓がなく、照明もかなり暗くて、ランチ時でも店内は夜のような雰囲気でした。 そのほうが銀座らしいという感じはするのですが、自分の好みとしては、明るくて開放的な表参道店のほうがいいかな…という気がしました。 店内の広さも、表参道店に比べると銀座店はちょっと狭くて、表参道店のようなゆったりとした感じはありませんでした。 サービスも表参道店のほうがよかったような気がします。 とくにコックさんの対応にかなり違いがありました。 表参道店のほうはコックさんがお料理をしながら色々と楽しいお話をしてくださって、コテさばきも見せることを意識していらっしゃったようでとても楽しめたのですが、今回の銀座店のコックさんは終始無言であんまりやる気がなさそうな感じでお料理をして、終わったいつのまにか姿が消えていてご挨拶すらなしでした。 鉄板焼きはコックさんとの会話も楽しみなので、これはちょっと残念でした。 見習いの人かな、と思ったぐらいすごく若いコックさんだったので、たまたま新米の方に当たっちゃっただけなのかもしれませんが…。 ただ、銀座うかい亭は、小菓子のワゴンサービスがあるのは平日の昼間だけで、夜や土日の昼はありません。 表参道店はいつでも小菓子のワゴンサービスがあるので、平日の昼間以外は表参道店のほうが断然いいと思います。 店内も表参道店のほうが広々としていて、窓も大きくて開放感があります。 ディナーコースは価格がちょっと高めですが、ランチよりお肉の質がいいようです。

次の