あいまい 英語。 丁寧、遠慮、あいまいを表す英語の仮定法

曖昧母音Schwa(シュワ)母音とは?英語には消える母音がある

あいまい 英語

代名詞の変化 この表は暗記するしかありません。 主格 ~は 所有格 ~の 目的格 ~を, ~に 所有代名詞 ~のもの 単数 私 I my me mine あなた you your you yours 彼 he his him his 彼女 she her her hers それ it its it - 複数 私たち we our us ours あなたたち you your you yours 彼ら 彼女ら それら they their them theirs 例) 1. I have a bike. ( 私は自転車を持っています) 2. This is my bike. (これは 私の自転車です) 3. Tom gave me his bike. (トムは 彼の自転車を 私にくれました) 4. Is this yours? (これは あなたのものですか?) 5. I have it. (私は それを持ってます) 6. I have them. (私は それらを持っています) 7. Tell us what you think. 例) It's Sunday. (今日は日曜だ)It's=It isの略。 It wasの時はは略してはいけません。 It was hot yesterday. (昨日は暑かったね) It's far! (遠いね!) 代名詞one 一度出て来た名詞をoneに置き換えて使います。 例) Can I get that picture? (あの絵を頂けませんか) Which one? This one or that one? (どちらの絵ですか?こちら?それともあちらの絵?) 表の言葉だけをI my me mine... と暗記しても、実践でぱっと出てきません。 代名詞を覚えるコツは、何か単語や文章で覚えると覚えやすいです。 例えば、my book, your book, his book, her book, our book, their book... という具合に「所有格」を何かの名詞と一緒に覚えます。 所有格とは文字通り所有しているものにつける代名詞です。 慣れてきたら目的格と一緒に、Give me your book (私にあなたの本をちょうだい), Give him her book(彼に彼女の本をあげてよ), Give them his book(彼らに彼の本をあげてよ)... のように文章で覚えていきます。 英作文の基本ですから、しっかりと覚えましょう。

次の

英基礎

あいまい 英語

代名詞の変化 この表は暗記するしかありません。 主格 ~は 所有格 ~の 目的格 ~を, ~に 所有代名詞 ~のもの 単数 私 I my me mine あなた you your you yours 彼 he his him his 彼女 she her her hers それ it its it - 複数 私たち we our us ours あなたたち you your you yours 彼ら 彼女ら それら they their them theirs 例) 1. I have a bike. ( 私は自転車を持っています) 2. This is my bike. (これは 私の自転車です) 3. Tom gave me his bike. (トムは 彼の自転車を 私にくれました) 4. Is this yours? (これは あなたのものですか?) 5. I have it. (私は それを持ってます) 6. I have them. (私は それらを持っています) 7. Tell us what you think. 例) It's Sunday. (今日は日曜だ)It's=It isの略。 It wasの時はは略してはいけません。 It was hot yesterday. (昨日は暑かったね) It's far! (遠いね!) 代名詞one 一度出て来た名詞をoneに置き換えて使います。 例) Can I get that picture? (あの絵を頂けませんか) Which one? This one or that one? (どちらの絵ですか?こちら?それともあちらの絵?) 表の言葉だけをI my me mine... と暗記しても、実践でぱっと出てきません。 代名詞を覚えるコツは、何か単語や文章で覚えると覚えやすいです。 例えば、my book, your book, his book, her book, our book, their book... という具合に「所有格」を何かの名詞と一緒に覚えます。 所有格とは文字通り所有しているものにつける代名詞です。 慣れてきたら目的格と一緒に、Give me your book (私にあなたの本をちょうだい), Give him her book(彼に彼女の本をあげてよ), Give them his book(彼らに彼の本をあげてよ)... のように文章で覚えていきます。 英作文の基本ですから、しっかりと覚えましょう。

次の

アイマイミーマインの一覧表や覚え方!I my me mineそれぞれの意味を確認!

あいまい 英語

あいまいに伝えたいとき、言い切れないとき、というのはあらゆる場面であるもの。 日本語だと「きっと」とか「たぶん」とか、「かもね」とかすぐ思い浮かぶ。 ところが英語となるとそうはいかない。 油断するとprobablyとかmaybeを多用しがち。 でも海外で仕事をして思ったのは、ネイティブの人たちはこれらの言葉をあまり使わないな、ということ。 ということで、たくさんある「可能性やあいまいさ」を表す用語をリストアップしてみる。 参考になれば幸いです。 可能性やあいまいさを表現する英語 思いつくものを挙げていく。 主語や文章の内容は適切に変更くださいませ。 It could…(…かもしれない) It might…(…かもしれない) It may…(…かもしれない) It will…(…だろう) It would… It must be…(…に違いない。 きっと…だろう) I would say…(…と言うかな.. ) I think…(…と思う) I believe that… (…と思う) I suppose …(…であろうと思う。 自信ないイメージ) I guess… (と推測する) I hope…(…であってほしいと思う) most probably(まず間違いなく) probably (多分、十中八九) presumably (根拠あって推測するときに使う。 毎回あいまいな回答しかしないとあまり仕事にならないものの、絶対と言い切れない時はそう表現したほうが間違いないので、ぜひ様々なパターンを習得したい。 日常会話では非常によく使うことになると思う。 辞書を片手にこれらの用語を調べてみて、使用方法や用例をチェックいただければ。 関連記事•

次の