リセット ドラマ。 チョン·ジョンミョンの「リセット」見終りました : なんじゃもんじゃ

リセット (漫画)

リセット ドラマ

2019. ある日、路地で不良少女ウンビ キム・ソヒョン と偶然出会うが、彼女は自分の悪夢に登場する人物だった。 ウジンは、ウンビを通して自分の悪夢が15年前の自分の記憶であることを知る。 その後、ウンビはある財閥2世の殺人事件の容疑者として検察庁に捕まえられるが、ウジンは彼女が犯人でないことを直感し、ウンビの無実を晴らそうとする。 そして調査中、殺人事件の真犯人が明らかになり、真犯人は自首する。 だが、真犯人の自首はウジンの封印された記憶を呼び起こすために謎のXが仕組んだことだった。 自分の記憶を取り戻そうとウジンは謎のXを追い始めるが、謎のXの犯行は続くのであった。 キャスト チョン・ジョンミョン チャ・ウジン(32歳) ソウル地検検事 特技は催眠術である。 消せない過去の傷を抱えて生きる人物。 キム・ソヒョン チョ・ウンビ(17歳) 不良高校生 特技は膝蹴り、短い制服のスカート、派手化粧、疾風怒涛の思春期非行少女。 キム・ソヒョン チェ・スンヒ ウジンの初恋の相手 ウジンと一緒にいた瞬間恐ろしい事件を経験した後、自殺してしまった。 事件の公訴時効が過ぎてしまった後、ウジンは彼女の記憶すべてを消してしまう。 パク・ウォンサン コ捜査官(42歳) ウジンを補佐する警察庁派遣捜査官 シン・ウンジョン ハン係長 (40歳)ウジンを補佐する検察事務官 ソン・ハユン チェ・ユンヒ スンヒの妹 ウジンにを恋慕する感情を持っている。 リセットはタイトルのように過去をリセットしたいと考えている検事の話しですが、この検事は催眠術を用いて容疑者から自白を取ります。 この検事のウジンは過去に初恋の人を失った辛い過去があり、その過去のせいで記憶の一部が欠落しています。 欠落していた記憶がドラマが進むにつれて思い出して行くミステリアスなドラマです。 このドラマが始まる前に話題になったのが、主演のチョン・ジョンミョンがメインに映っているポスターですが、ポスターの真ん中にXの文字が書かれています。 このXという文字がこのドラマでは重要で、謎のXという人物が次々に凶悪な事件を引き起こして行き、主人公の検事が解決して行きます。 ポスターがこのドラマを表現していると話題になったようです。 今まで笑顔の役が多かった主演のチョン・ジョンミョンがこのドラマの中で今までに出演したドラマとはまるで違う笑わない人物を演じています。 笑っているチョン・ジョンミョンが好きでしたが、笑わないチョン・ジョンミョンも魅力的でドラマに引き込まれて行きました。 今までとは違う人物を演じたことで、チョン・ジョンミョンはこのリセットで俳優としてさらに進化したようです。 また他の出演者も面白いキャストで固められておりチョン・ジョンミョンの相手役の少女は子役として有名だったキム・ソヒョンで韓国を代表するドラマの「会いたい」などに出演している有名な女の子でその演技力はかなりのものです。 10話と話数が短いドラマなので、余計な部分が全て削られておりこのドラマを観る人にダイレクトにその面白さを伝えてくれるドラマです。 とくに前半が面白く検事であるウジンが催眠術をかけるシーンの雰囲気作りが見事です。

次の

リセット あらすじ

リセット ドラマ

267%(AGBニールセンによる) 過去のある出来事に関する記憶を失っっている検事と、彼を連続殺人事件に引き込むうとする正体不明のX。 Xはどうやら、検事の失った記憶の部分について知っているようです。 検事の過去にはどんな秘密が隠されているのでしょうか?また、現在進行中の事件と関わりがあるのでしょうか? *このドラマのアンケートを作りました。 ただ、前半に比べ、後半、雰囲気の方の演出は少しおろそかになっているような気もします。 もっとも、この雰囲気の演出に一役買っていたのが主人公の得意とする捜査方法の催眠術によって自白を引き出す場面なのですが、彼が記憶を取り戻すにつれ、その能力を失うという設定だったので、仕方がない部分もあったと思いますが。 犯罪捜査物の場合、序盤は本筋とは関係のないエピソードをいくつか入れることが多いのですが、このドラマの場合、すべての事件が主人公の過去に関わる事件となっており、主人公がどんどん事件の核心に近づいて行く緊張感に溢れた構成になっていました。 全10話と短い目の作品ですから、余分な部分をそぎ落とした感じの展開でした。 ストーリーはマンションの1室で起こった或る殺人事件で、容疑者が取り調べを受けているシーンから始まります。 容疑者は黙秘を貫いていたのですが、検事ウジンの催眠術を用いた追求により、自白してしまいます。 しかし、容疑者は暴力団より怖いと怖れられている大企業の会長の息子。 圧力により起訴は見送られ、拘束を解かれる容疑者です。 ところで、この検事のウジンですが、記憶が欠落しているようで、精神科医の治療を受けているようですね。 さて、その容疑者だった会長の息子が解放されてからいくらも時間が経たないうちに殺され、その事件の容疑者として女子高生のウンビが拘束されます。 ウンビは薬物を飲まされていたようで、自分がやったと言う記憶がありません。 このウンビという少女、ウジンが見る悪夢の中に出て来る女性とそっくりなのね。 夢の中の女性はウジンが高校生だった15年前に事件に巻き込まれ、亡くなったようです。 ウジンはウンビを催眠術にかけ、事件の真実を知り、別の容疑者を見つけます。 真犯人は会長の息子に殺された女性の父親なのね。 ところが、犯人の方から、自首しに来るとの連絡が入ります。 警察署の前にやって来た男は拳銃を取り出し他の人間を遠ざけ、ウジン一人を呼びます。 ウジンに謎の歌を聞かせると、この歌を知っているだろう、と言って焼身自殺する男です。 この歌はどうやら、夢の中の少女が巻き込まれた事件に関係があるようですね。 その後、いくつかの殺人事件が起こるのですが、いずれの事件もほどなく犯人が自白し、その後自殺する、という展開が続きます。 その事件はあたかも、ウジンへのメッセージのようであり、事件を追ううちに15年前の事件について思い出して行くウジン。 さらにウジンは7年前にも何か大きなショックを受け、その前後のことをすっかり忘れていることに気付きます。 この、連続する事件の背後にいるとみられる人物をXと呼ぶウジンたちなのですが、このXの正体は? そして、その目的は? というお話です。 ウジンを演じるのは チョン・ジョンミョン。 「キツネちゃん、何をしてるの? 」や「シンデレラのお姉さん」に主演している人です。 彼の魅力の一つがその笑顔なんでしょうけれど、それが苦手な私にとっても、このドラマの彼はあまり笑わず、苦手意識を感じずに見ることができました。 彼と関わることになる少女を演じるのは キム・ソヒョン。 有名な子役の一人ですね。 「会いたい」や「太陽を抱く月」などに出演しています。 彼女はこのドラマで2役を演じていたのですが、演技力のある子なので、安心して見ていられました。 脇役では、スンヒの妹の登場がちょっとだけ中途半端な印象を受けました。 演じているのは「」幽霊」で脇役カップルを演じた ソン・ハユン。 なかなか魅力のある人だと思うのですが、このドラマではその魅力を発揮する機会が無かった感じ。 なんだか、キャラ自体、登場する必然性を感じなかったんですよね~~ でも、その他の登場人物は、人数をぐっと絞った感じの構成で、彼ら助演陣の演技もまた、楽しめました。 不満もなく、まあまあ面白いんだけれど、犯罪捜査物では「失踪ノワールM」の印象がまだ強く残っているせいというのもあるかと思います。 08-31 05:48の鍵コメさん、こんにちは。 オカルト素材そのものは割と好きなんですが、韓ドラのものはイージーに取り入れられていたりしていて、そんな事もあるかもしれないって感じがあまりしないんですよね。 このドラマの場合、雰囲気的には催眠捜査が出て来なくなってきてからマイナスな感じがしたんですが、それで突っ走られてもまた、それはそれで私は駄目だったと思います(汗) 日本の犯罪捜査物は推理を追うたのしみがあるんですよね。 私も、そういうのも好きですが、別物と思って見ることにしています。 今、「リセット」見終わりました。 1話だけ見て、続きが気になりで有料サイトでしたがポイントがあったのでそれを使って・・・。 まず、まあまあ面白かったですがラスト3分の1ぐらいは完全に不満ですね。 一気に話が進み過ぎて、大元の黒幕が誰なのかもわからず仕舞い。 あまりにもあっさり終わってしまって少し拍子抜けです。 殺人に至ったのも憶測ですが、私利私欲のため?ダメな息子に育ててしまったけど良い父でありたかったため? バックにまだ大物がいるはずなのに、現れずキム会長だけで終わらせてるのがね・・・。 アイテムはボールペンのノックの音、おおそう来たかあ・・・でしたね。 それも記憶が戻れば使えなくなって、面白い。 個人的には、パク・ウォンサンこの頃いい味出してますよね。 イケメンではないですが、優しい心遣いのある役が多くなってると思いますよ。 キム・ソヒョンさん、これまでの役があまりいい役ではなかったことが残念かなあ・・・。 演技は上手いと。 チョン・ジョンミンさんがファンなので見たんですよね。 皆さん笑顔が良いと言いますが、私は実はもういい御歳なのに「親離れできて無い感」が良いんですよね。 体育大学卒業で運動神経良いはずの彼が、あそこまで殴られる役って中々ないんですよね。 ストリーも上手に出来上がってるとは思いますが、ラストがね・・・。 この終わり方は、やはり韓ドラ? お気楽母さん、こんにちは。 〉まず、まあまあ面白かったですがラスト3分の1ぐらいは完全に不満ですね。 一気に話が進み過ぎて、大元の黒幕が誰なのかもわからず仕舞い。 あまりにもあっさり終わってしまって少し拍子抜けです。 お気楽母さんは<完全に>ご不満だったんですね~~ 私はそこまでは思いませんでしたが、やはりラスト近くはすっ飛ばしすぎでしたよね! しかし、そんな私も、今になってみると、ストーリーはまるで覚えていません(汗) 〉個人的には、パク・ウォンサンこの頃いい味出してますよね。 お!それは意外な視点ですね! 言われてみれば、そうなのかも! 今度、そこに注目して見てみますね!.

次の

韓国ドラマ

リセット ドラマ

2019. ある日、路地で不良少女ウンビ キム・ソヒョン と偶然出会うが、彼女は自分の悪夢に登場する人物だった。 ウジンは、ウンビを通して自分の悪夢が15年前の自分の記憶であることを知る。 その後、ウンビはある財閥2世の殺人事件の容疑者として検察庁に捕まえられるが、ウジンは彼女が犯人でないことを直感し、ウンビの無実を晴らそうとする。 そして調査中、殺人事件の真犯人が明らかになり、真犯人は自首する。 だが、真犯人の自首はウジンの封印された記憶を呼び起こすために謎のXが仕組んだことだった。 自分の記憶を取り戻そうとウジンは謎のXを追い始めるが、謎のXの犯行は続くのであった。 キャスト チョン・ジョンミョン チャ・ウジン(32歳) ソウル地検検事 特技は催眠術である。 消せない過去の傷を抱えて生きる人物。 キム・ソヒョン チョ・ウンビ(17歳) 不良高校生 特技は膝蹴り、短い制服のスカート、派手化粧、疾風怒涛の思春期非行少女。 キム・ソヒョン チェ・スンヒ ウジンの初恋の相手 ウジンと一緒にいた瞬間恐ろしい事件を経験した後、自殺してしまった。 事件の公訴時効が過ぎてしまった後、ウジンは彼女の記憶すべてを消してしまう。 パク・ウォンサン コ捜査官(42歳) ウジンを補佐する警察庁派遣捜査官 シン・ウンジョン ハン係長 (40歳)ウジンを補佐する検察事務官 ソン・ハユン チェ・ユンヒ スンヒの妹 ウジンにを恋慕する感情を持っている。 リセットはタイトルのように過去をリセットしたいと考えている検事の話しですが、この検事は催眠術を用いて容疑者から自白を取ります。 この検事のウジンは過去に初恋の人を失った辛い過去があり、その過去のせいで記憶の一部が欠落しています。 欠落していた記憶がドラマが進むにつれて思い出して行くミステリアスなドラマです。 このドラマが始まる前に話題になったのが、主演のチョン・ジョンミョンがメインに映っているポスターですが、ポスターの真ん中にXの文字が書かれています。 このXという文字がこのドラマでは重要で、謎のXという人物が次々に凶悪な事件を引き起こして行き、主人公の検事が解決して行きます。 ポスターがこのドラマを表現していると話題になったようです。 今まで笑顔の役が多かった主演のチョン・ジョンミョンがこのドラマの中で今までに出演したドラマとはまるで違う笑わない人物を演じています。 笑っているチョン・ジョンミョンが好きでしたが、笑わないチョン・ジョンミョンも魅力的でドラマに引き込まれて行きました。 今までとは違う人物を演じたことで、チョン・ジョンミョンはこのリセットで俳優としてさらに進化したようです。 また他の出演者も面白いキャストで固められておりチョン・ジョンミョンの相手役の少女は子役として有名だったキム・ソヒョンで韓国を代表するドラマの「会いたい」などに出演している有名な女の子でその演技力はかなりのものです。 10話と話数が短いドラマなので、余計な部分が全て削られておりこのドラマを観る人にダイレクトにその面白さを伝えてくれるドラマです。 とくに前半が面白く検事であるウジンが催眠術をかけるシーンの雰囲気作りが見事です。

次の