アッシュ アームズ ドロップ。 アッシュアームズの強化育成・レベル上げ・周回について。

アップデートのお知らせ(2020年6月5日)_アッシュアームズ‐灰燼戦線‐

アッシュ アームズ ドロップ

05B-02Nの周回 ドロップ• パーツ• 鉄インゴット• 顎化石の欠片• 情報補整粒子Lv. 2 など。 小隊補充コスト 敵からの対空攻撃はなくダメージ0。 小隊補充コスト0。 クリアターン数と、安定クリアの目安 3〜4ターンでクリアできる。 安定クリアのためには、 1〜3ターン目、中爆撃機の攻撃2発で、遊猟種「紫水晶」以外の災獣を沈めることができることが必要。 攻撃スカると失敗するかもしれないけど、今のところ30周回くらいで失敗なし。 火力が上がって遊猟種「紫水晶」を攻撃2発で沈められるようになったら3ターンでクリアできる。 まとめ 1周あたりの合金消費は20。 クリアターン数は3〜4。 自粛解禁?オナるしかねーな.

次の

【アッシュアームズ】情報構造体をドロップで集める効率は

アッシュ アームズ ドロップ

ステージ ドロップ情報構成体 02A-02N 、、、 02A-04N 、、、 02A-06N 、ハリケーンMk. 1、 02A-08N 、、、ハリケーンMk. 1 03A-02N ランカスターMk. I、、、 03A-04N ランカスターMk. I、、、 03A-06N ランカスターMk. I、 、 03A-08N ランカスターMk. I、、、 04A-02N 、 、バレンタインMk. II、III号戦車F型、 04A-04N 、バレンタインMk. II、BT-5、III号戦車F型 04A-06N 、 、、III号戦車F型 04A-08N 、BT-5、、III号戦車F型 05A-02N IV号対空戦車ヴィルベルヴィント、、、 05A-04N IV号対空戦車ヴィルベルヴィント、、 、 05A-06N IV号対空戦車ヴィルベルヴィント、、、 05A-08N IV号対空戦車ヴィルベルヴィント、、 、 Aハードステージのドロップ情報 ステージ ドロップ情報構成体 02A-02H 、、、ハリケーンMk. 1 02A-04H Mc200、l-16-5、Bf100C-4、 02A-06H ワイルドキャット、Bf100C-4、 02A-08H 、、ハリケーンMk. 1 03A-02H 、ランカスターMk. I、、 03A-04H ランカスターMk. I、、 03A-06H 03A-08H 、、、 04A-02H 、Mk. VIIテトラーク 04A-04H II号戦車C型、クロムウェルMK. 1 04A-06H III号戦車F型、、テトラーク 04A-08H 、、II号戦車C型 05A-02H 、 05A-04H IV号対空戦車ヴィルベルヴィント、、、 05A-06H 05A-08H 88mmFlak36アハトアハト Bノーマルステージのドロップ情報 ステージ ドロップ情報構成体 02B-02N 、ハリケーンMk. 1、、 02B-04N 、、、 02B-06N ハリケーンMk. 1、 02B-08N スピットファイア-Mk. I、、、 03B-02N ランカスターMk. I、、、 03B-04N 、、ランカスターMk. I、 03B-06N ランカスターMk. I、、、 03B-08N 、、 03B-10N x10有り 04B-02N Mk. VIIテトラーク、、II号戦車C型、クロムウェルMK. 1 04B-04N クロムウェルMK. 1、T-70、、 04B-06N III号戦車F型、II号戦車C型、、Mk. VIIテトラーク 04B-08N x10有り 、、III号戦車F型、T-70、、 05B-02N 、、、 05B-04N 05B-06N 05B-08N 88mmFlak36アハトアハト x10有り 、IV号対空戦車ヴィルベルヴィント、 、、 Bハードステージのドロップ情報.

次の

【アッシュアームズ】情報構造体をドロップで集める効率は

アッシュ アームズ ドロップ

アッシュアームズ-灰燼戦線-とは? が配信・運営するスマートフォン向けアプリですね。 開発は中国の成都萬華鏡科技有限公司という会社のEMBERSという開発チームが作ったそう 間違いが無ければ 中国でのゲーム名は「灰烬战姬」 読めない 因みに、 灰燼 かいじん と読むらしい。 難しい 主なゲーム内容と設定 世界観 遥か200年前、高度な産業発展を遂げた人類を嘲笑うかのように、謎の鉱石状の生命体「災獣 リセッター 」が突如出現し破壊と厄災をもたらした。 存亡の危機に瀕した人類は、一つの要塞都市「City シティ 」に身を隠した。 そして「City シティ 」の支配権を獲得した「灰燼教会」は「災獣 リセッター 」に対抗し得る黒鉄の武装を身に纏う人造生命体「DOLLS」と呼称される少女達の研究開発に成功し、反撃の銅鑼を鳴らす。 引用元: もう1ページ続きがあるので気になる方は公式ホームページを確認してください。 要は、生きた鉱石が急に表れて人類を滅茶苦茶にしちゃったから人類はCityって所に身を隠した。 そこで支配権を取った人達が、人造生命体を作って反撃に出たって事ですな。 ゲームシステム 基本的なゲームシステムは 戦略型シュミレーションRPGで キャラクター DOLLS の育成要素が混ざっている。 設定 敵である災獣 リセッター は面白い設定がされていて、機械や建築物を呑込む模様。 人間が標的にされるのはその次だそう。 運動能力は無いに等しいようで、赤ん坊以外なら簡単に避けられるらしい。 だが人間が逃げ回ると興味を失う。 そして機械や建築物を呑込んで、都市の掃討が終わったら立ち尽くして劣化し、石の塊に戻り、崩れ落ちる。 厄介なのは絶縁層 シールド というものを持っていて、ほぼ全ての物質は触れると不思議な光を放って消えるんだとか。 呑込むってそういう・・・? 産業発展して万々歳な人類に対して、自然の破壊を許さない地球?がブチ切れたんですかね。 そして人類側は人造生命体と機械を使って災獣を駆逐しようとする。 生命の冒涜と自然破壊で人類側が敵に見える 左がDOLLS、右が災獣 災獣は空を飛ぶものから地上を這いずり回るものまで様々。 続いて、DOLLSは 謎だらけであんまり語られない。 「灰燼教会」が要塞都市であるCityを創り、DOLLSの研究開発にも成功する。 何もかもが秘密にされ、一般人は接近すら出来ないそう。 DOLLS側も完全に隔離されてる模様。 DOLLSたちは様々な「 学院」を出身地として、「 学連」に所属するみたい 研修会が出身とかあるんで、自分の認識が正しいのか分からないんだけど• IやSU-85の出身がそう。 スピットファイアはウィスカー学院に「所属」とあるので研修会は開発元と推測)• 一応、「学連」はそれぞれ現実と同じ国家が名乗ってる模様。 地球が舞台だと思う。 これはM24チャーフィーの詳細で、「 星屑連邦学連たるアメリカでは~」とある。 考察が好きな方は中々楽しめるかと。 現状の不満点 ハムスター これに尽きる。 まず、アッシュアームズの戦闘システムはスーパーロボット大戦シリーズやフロントミッションシリーズのような戦闘システムが取られてる。 ご覧の通り陸と空で分かれている。 戦闘に関して詳しい事はするが、これが結構時間を食われる。 では、このゲームをハムスターと揶揄するのは何故か。 この言葉でもう分かってるとは思うが、ドロップ品を集める作業が膨大だってことだ。 左側のステータスを見て分かる通り、結構上昇してくれる。 後半のステージに挑戦するならこの性能突破は必要不可欠となる。 画像下の 突破条件~の部分を見て頂きたい。 各DOLLSに応じた「情報構成体」というアイテムが性能突破に必要となる。 この情報構成体を集めるためには、ガチャを回した際に重複したDOLLSが「情報ノ断片」というアイテムに還元されるので、その「情報ノ断片」と各種「構成体」を交換する事が出来る。 他の所からでも集められるが、ガチャ以外ではメインステージのドロップ報酬として集めるのが基本になっている。 そしてこの作業が 苦痛以外の何物でもない。 情報構成体のドロップ率は体感として高いって程でもなく、かといって低い訳でもないが、1つのステージに複数人の情報構成体があり、当然の様に ランダムドロップなので安易に性能突破はできない。 当然の様にメインステージで集める場合は、 Auto且つ低燃費で周回できるように模索されている。 性能突破をしなければ、現在実装されている B面 メインステージの後半 を攻略するのは非常に難しい。 周回してアイテムを集める作業を繰り返し、DOLLSを強化する。 そうしてようやく次のステージへ。 ストーリー描写やキャラクターの心情描写とか何もなく淡々と作業を繰り返す。 でもそれって、 ゲームとしてどうなの? MMORPGなんかが作業ゲーだハムスターだと揶揄されるのは聞いたことあると思う。 周回そのものがユーザーにとって楽しい遊びとなるように工夫されているのであれば時間を忘れて没頭できるけど、これは単純な作業だって疑問を浮かべた時点でそれはもうゲームとしての体を成していないのではないだろうか。 このアッシュアームズでは、育てたDOLLSで編成を吟味して固定し、Auto機能をONにして出撃する。 後は戦闘が終わるまで読書でも何かしながら待って、終わったら被害状況を確認して問題無ければ再出撃する。 その繰り返し。 僕は疲れました。 それらを達成していって報酬が手に入る。 イベント専用ステージを作ったり、キャラストーリーを作るなどの工夫が無い。 この委託作戦部隊は、メインステージに派遣して一定の条件を満たす事で ステージの自動周回 上限は日に30回 をしてくれるというもの。 回数制限は良いよ。 だけど自動周回って?何で時間を使わせるの?ポチッと押して終わりでよくない? 戦闘で時間を奪われる 戦闘での勝利条件は、自軍は敵を全滅させる事。 敵はこちらを全滅させるか、陸空のどちらか1体だけでもいいので左端 自軍側 に到達すれば敵の勝利となる。 アニメーションの2倍速は出来るものの、スキップ機能は現時点で実装されていない。 自動周回という謎のシステムは実装されたが。 因みに、Auto機能は使えるようなものではない。 後方で砲弾を浴びせるのが仕事のDOLLSが前線に走っていく。 各DOLLSに指示を与えたら、敵のターンが終わるまでずっと眺めてる事になる。 上記の項でも説明した通り、戦闘に時間がかかる上に膨大なドロップ品を集めなければ後半に進むのが難しい為、スマホでずっと周回する羽目になる。 キャラの魅力を充分に引き出せてない そして、これでしょう。 DOLLSたちのイラストやSDは可愛いし格好いいし凛々しいし凄く良い。 声優さんたちも本当に頑張ってくれている。 自室 資料集 で手に入れたDOLLSたちの詳細を確認して妄想を走らせることも出来る。 それ以外に何もないけど。 本当に、 何もない。 だから語ることも出来ない…。 キャラクター専用のストーリーだとか、メインステージで葛藤を描いたり交差するDOLLSたちの火花を見せたりするとか、何もない。 ポエムはあるけど。 イベントでは情報構成体を集めるだけで、それ以外何もない。 もしかしたらこれは、高度な考察を呼び掛けているのかもしれない……。 このゲームの魅力 無課金でも遊びやすい、かもしれない。 曖昧な表現には訳がある。 多分、運営は試行錯誤しながら進めているのではないかと思っている。 正月前、去年 2019年 になるが、ガチャ形式のイベントが開催された。 様々なステージを周回して、専用のアイテムを集めてイベント専用のガチャを回すもの。 最初は、専用アイテムのドロップ数が少なすぎて狂気の沙汰だった。 直ぐに修正され、ドロップするステージも増え、延長もされた。 今度は余ったが。 この辺の修正もそうだが、無課金プレイヤー御用達である 石が大盤振る舞いされていた。 恐らく、どのくらいが丁度いいか探っていたのかと思われる。 データは集めているだろうからね。 なので今後は少なくなる可能性もあるし、現状維持の可能性もある。 一度出してしまった以上、少なくすれば批判まっしぐらだろうが。 本題に戻ります。 今の所、主な課金先はDOLLSを入手する為のガチャである、 兵装管理局とキャラクターの衣装を変えられる スキン。 お得なパックなども販売されているが基本はこの2種類かと思う。 スキンはチケットを購入する必要があるが、使いまわせるので良心的。 では、ガチャの確率はというと、 このようになっている。 裏を返せば無課金でも遊びやすい。 低レアリティのDOLLSを性能突破さえすれば、長きにわたり戦場を共にできるだろう。 因みに、ピックアップは頻繁に行われているので、欲しい子がいるのであれば石を集めて待つのも良いと思う。 情報構成体は、メインステージ以外だと、 勲章を集める事によって交換ができる。 空挺勲章は廃都再建というステージ。 護送勲章は他のゲームでいう遠征のようなもので、時間経過で報酬を持ってきてくれる。 戦役勲章は偵察任務や探索にて手に入る。 やることいっぱい これらのステージで集めて交換する。 そして、どれだけ情報構成体を集めればDOLLSを1人招集できるかというと、 この画像の下。 未獲得限定なので、集まるより先にガチャで引いた場合は、余った情報構成体はそのまま性能突破に使う事が出来る。 重複してDOLLSを所持する事は出来ない。 その後は知らないけどね。 出現する範囲は、恐らく初期実装の一部DOLLSたち。 ダークな世界観 設定を参照 ストーリー冒頭で、こういった、物騒な事をされてるんじゃないかと想像を掻き立てるストーリー?が展開される。 他にもメインステージを攻略する際、一番最初に物語の断片のような言葉が紡がれる。 考察でもさせたいんですかね。 考えたり探すのが得意な方は挑戦してみるのもありかもしれません。 保証も賠償もしませんけどね。 ただ、これらを見ていくと、人類側は苦戦してる……かもしれない。 DOLLSたちの大まかな心情っぽいものは描写されているので。 彼女は物静かで大人しく、命令のまま従うようなキャラクターをしている。 頭を撫でると、気安く触らないでと拒否されるのがまた良い。 因みに、リセマラで手に入るので狙ってみてもいいかもしれない。 人気投票では見事1位を獲得した。 ハっちゃんのように可愛らしいDOLLSもいれば格好良くて凛々しい子もいる。 それぞれが魅力的で素晴らしいのだけれど、全て、人造生命体なのだ。 このゲームのキャラクターは 量産 できる 、それによって小隊を組んで戦場に赴く。 右下の小隊情報を見て頂きたい。 意識容量は現時点では謎なので無視して良い。 脅威度とは敵から狙われやすいかどうか。 これが高いと優先的に攻撃される。 アクションポイント AP とは行動するための値。 DOLLSたちは軽・中・重と3種類あり、軽ならアクションポイントが多く行動しやすい。 ハっちゃんの場合は重対空砲の枠組みなので重い。 CP回復ポイントとは部隊全体に影響し、強力な攻撃を行う際に消費される。 回復がマイナスなら1ターン毎にポイントが減っていき、プラスなら増える。 このバランスを考えて編成を組まないと、攻撃手段が減ってしまう。 そして小隊情報の左側に、DOLLSのSDと「1」という数字があるが、これが 小隊数になる。 軽量のDOLLSだと9体くらいまで増やせる。 重量の場合は3体。 これは性能突破によって増やせる。 小隊の数が多ければ、それだけ敵に与えるダメージが大きくなり、単体の敵に対して大きな戦力となる。 同時に、敵側も小隊を多く組んでくる。 後半に入るにつれて。 そして、画像下に 在庫数とある。 DOLLSたちを 量産して在庫を保存する。 この在庫を消費してDOLLSたちの回復、つまり 身体の入れ替えを行う。 傷つき、使い物にならなくなった身体は廃棄されるか、敵に壊されるか。 彼女たちの身体は、ただの 入れ物なのだ。 結論 世界観の魅力はとても素晴らしいと思う。 特に、DOLLSたちは感情がある精神を持ちながら、入れ物を替えに替えまくって戦う。 かなり、残酷。 DOLLSの詳細情報を見ていても、結構惨いことをされている様子。 人造生命体って所がキモかもしれない。 人として扱ってないんだもの。 何度でも改良できる使い捨ての兵器。 夢も希望も無いような世界に惹かれたのであれば、大いに遊ぶ価値のあるゲームだろう。 プレイして不満があるようであれば、今後に期待するのも一興。

次の