早稲田 アカデミー コロナ。 【2021年大学入試】早稲田・慶応のオンライン化―総合型選抜(AO)と学校推薦型選抜|中学受験教育ナビコ

春節休業日のお知らせ

早稲田 アカデミー コロナ

早稲田アカデミーは2020年4月13日、新型コロナウイルス感染拡大による対応としてオンライン授業を開始したと発表した。 Web会議システム「Zoom」を利用した双方向Web授業と、何度でも視聴できるオンデマンド授業映像を配信する。 新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中、早稲田アカデミーでは子どもたちが安心して学習に取り組むことができる環境を継続するため、オンライン授業を開始した。 双方向Web授業は、Web会議システム「Zoom」を使って、講師と生徒、生徒同士が同じ時間を共有できる。 講師の姿や声だけでなく、同じクラスの生徒の発言もリアルタイムに届くので、対面授業と変わらない臨場感の中で授業を受けられる。 オンデマンド授業映像配信は、自分が見たい科目・単元の授業を、いつでも、何度でも視聴可能。 各単元の重要ポイントがコンパクトにまとめられているので、双方向Web授業と合わせて視聴することで学習効果がより高まるという。 対象ブランドは、早稲田アカデミー(小中校舎)・SPICA・国研・IBS・IBS国立ラボ・English ENGINE。 受講にはMY PAGEへのログインが必要。 受講方法や授業・映像配信のスケジュールなど詳細は、Webサイトで確認できる。 リセマム 外岡紘代.

次の

【中学受験】早稲田アカデミーの費用(月謝) 諸経費多すぎ!

早稲田 アカデミー コロナ

こんにちは、並木()です。 早稲田アカデミーの「NN(何がなんでも志望別コース)」が最近ますます人気になっています。 まずNNが何がなんでもの略ということを早稲田アカデミーの外部生だと知らなかった方もいるかもしれませんね。 早稲田アカデミーの上位層ならば定番といえるNNですが最近SAPIXや日能研のような外部生の受講が増えています。 それにはさまざまな理由がありますが今回は3つに絞って紹介をしていきます。 それではどうぞ! このページの機能を利用するには JavaScript に対応したブラウザが必要です。 早稲アカ HOME 小学生 オプションコース・講座 NN志望校別コース 小6 5月に引き続き、6月・7月も「特別公開授業」として、資格審査を行わず、受講を希望される方全員がお申し込みいただけます。 普段ならばNN(何がなんでも志望別コース)に参加するには模試による選抜がありますが、 現在はコロナ禍のため選抜なしで外部生でも応募者なら誰でも受講できる状態が整っています。 早稲田アカデミーの看板講師も参加するNNを応募者なら誰でも受講できる状況は志望校にどうしても合格したい生徒にとっては大チャンスですね。 NN(何がなんでも志望別コース)の学校一覧 下記にNN(何がなんでも志望校コース)の学校一覧を記載しておきますので、NN(何がなんでも志望別コース)を受講する際にご参考いただければと思います。 男子校クラス一覧 開成クラス 麻布クラス 武蔵クラス 駒場東邦クラス 早稲田クラス 早大学院クラス 慶應義塾普通部クラス 女子校クラス一覧 桜蔭クラス 女子学院クラス 雙葉クラス 共学校クラス一覧 渋谷幕張クラス 早実クラス 筑波大学付属駒場中学校、聖光学院中学校、栄光学園中学校、お茶の水女子大学付属中学校、豊島岡女子学園中学校、フェリス女学院などは難易度が高い中学校ですがNN(何がなんでも志望別コース)の対象外なので注意しましょう。 NN(何がなんでも志望別コース)が終了したらZOOMの名前を戻さないと大惨事に NN授業に参加する場合はZOOMの名前に「開成」や「麻布」のように 志望校の名前を入れなくてはいけません。 しかし そのまま名前を変えないで通常授業に参加した場合、周囲に志望校がばれてしまうという大惨事が発生してしまいます。 NN授業に参加したあとには必ずZOOMの名前を元に戻しておきましょう。 まとめ SAPIXや日能研の反動から早稲田アカデミーのNNが大人気になっています。 2021年度の入試は早稲田アカデミーが難関校の合格実績を大きく伸ばしそうですね。 またNNに参加する際には志望校が含まれているかということと、ZOOMの名前で志望校バレしないように注意しましょう。

次の

春節休業日のお知らせ

早稲田 アカデミー コロナ

早稲田アカデミーは2020年4月13日、新型コロナウイルス感染拡大による対応としてオンライン授業を開始したと発表した。 Web会議システム「Zoom」を利用した双方向Web授業と、何度でも視聴できるオンデマンド授業映像を配信する。 新型コロナウイルス感染拡大が懸念される中、早稲田アカデミーでは子どもたちが安心して学習に取り組むことができる環境を継続するため、オンライン授業を開始した。 双方向Web授業は、Web会議システム「Zoom」を使って、講師と生徒、生徒同士が同じ時間を共有できる。 講師の姿や声だけでなく、同じクラスの生徒の発言もリアルタイムに届くので、対面授業と変わらない臨場感の中で授業を受けられる。 オンデマンド授業映像配信は、自分が見たい科目・単元の授業を、いつでも、何度でも視聴可能。 各単元の重要ポイントがコンパクトにまとめられているので、双方向Web授業と合わせて視聴することで学習効果がより高まるという。 対象ブランドは、早稲田アカデミー(小中校舎)・SPICA・国研・IBS・IBS国立ラボ・English ENGINE。 受講にはMY PAGEへのログインが必要。 受講方法や授業・映像配信のスケジュールなど詳細は、Webサイトで確認できる。 リセマム 外岡紘代.

次の