経 皮 的 冠動脈 インター ベンション。 経皮的冠動脈形成術(PTCA)・経皮的冠動脈インターベンション(PCI)|循環器内科|順天堂医院

経皮的冠動脈形成術(PTCA)・経皮的冠動脈インターベンション(PCI)|循環器内科|順天堂医院

経 皮 的 冠動脈 インター ベンション

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年10月) 経皮的冠動脈形成術(けいひてきかんどうみゃくけいせいじゅつ、: percutaneous transluminal coronary angioplasty; PTCA、percutaneous coronary intervention; PCI)とは、、によるのの狭窄、閉塞病変に対して、の内側から狭窄病変を拡張する、を使った低侵襲的な治療法の総称。 経皮的冠動脈インターベーションとも呼ばれる。 一般的に、足の付け根()または手首(、上腕動脈)からカテーテルの細い管を血管内に挿入して治療が行われることから、よりも痛みやダメージが少なく、入院日数が短縮され、経済的負担も軽く、早期の社会復帰が可能になることから、疾患治療の主流となっている。 適応 [ ]• 不安定狭心症• 無症候性心筋虚血• 上記疾患のすべての患者にこの治療ができるわけではない。 基本的な治療 [ ] バルーン [ ] 大腿動脈または橈骨動脈、上腕動脈から、狭窄した病変部にガイドワイヤーと呼ばれる細い針金を通過させ、そのワイヤーに沿ってPTCAバルーンカテーテル(風船)を病変部まで進める。 血管の狭くなっている病変部でバルーンを膨らませて内側から血管を押し広げる。 狭くなっている部分が拡張されることにより、再び血液の通路が構築され、血流が回復する。 この治療法は、POBA percutaneous old balloon angioplasty と呼ぶ。 この治療法は1977年に初めて行われたが、治療後の急性冠閉塞と、再狭窄率が高いことが問題となっていたが、2014年より薬剤を塗布したバルーン(DCB が使用可能となった。 しかし、DESのが血管内に残存することで炎症を起こし、ステント内血栓症を起こすリスクが問題視されるようになった。 ロータブレーター [ ] 先端にダイヤモンドの粒子が塗布されている高速回転ドリルで冠動脈の狭窄病変を削りとる。 主に高度石灰化病変に対して用いられる。 特に術と呼ばれるこの治療法は、元院長・が先駆者として日本中に広め、現在は院長・心臓病センター長のと共に指導医として知られている。 DCA(方向性冠動脈粥腫切除術) [ ] カテーテルの先端にカッターがついており、血管内の(プラーク)を直接削り取る。 分岐部などの治療や硬い巣の治療において使用される。 生体吸収型スキャフォールド(BRS [ ] ステントやポリマーが体内に残らない、生体吸収性スキャフォールド(Bioresorbable scaffold が一部臨床使用されている。 これは、血管内にステントやポリマーなどの異物が存在することで形成が起こったり炎症を惹起することから、体内に異物を残さない新たな治療法として注目を浴びている。 しかし、実際には遠隔期のの頻度が高いことが示され、海外でも使用に制限がかかっており、慎重に使用されている。 脚注 [ ] []• www. ncvc. 2019年10月29日閲覧。 www. jsth. org. 2019年10月29日閲覧。 2019年10月29日閲覧。 www. jhf. 2019年10月29日閲覧。 www2. convention. 2019年10月29日閲覧。 2019年10月29日閲覧。 関連項目 [ ]• -アテレクトミー術を元とする経皮的冠動脈形成術の、日本での先駆者・指導医• -ロータブレーター指導医(「Rotablator Illustrated」著者)• -三角和雄が院長を務める千葉県松戸市の総合病院• -元プロサッカー選手。 虚血性心疾患と診断されたが経皮的冠動脈形成術により現役に復帰。 復帰後、、などで活躍した。

次の

ロータブレーター|倉敷中央病院心臓病センター循環器内科|岡山県倉敷市

経 皮 的 冠動脈 インター ベンション

ST上昇型心筋梗塞(STEMI)に対するプライマリ経皮的冠動脈インターベンション(PCI)に関するガイドラインの改定が、10月21日発表された。 本改定は、米国心臓病学会(ACC)、米国心臓協会 AHA 、米国心臓血管造影検査インターベンション学会(SCAI) といった循環器専門医の学会と、米国救急医学会が共同で実施したもの。 その本文は同日21日、 医学誌の Journal of the American College of Cardiology(JACC)に掲載された。 PCIは、狭窄あるいは閉塞している冠状動脈を血管の内側から拡げるために行う低侵襲的な治療法であり、心臓発作患者へのPCI施行のガイドラインは、過去5年間に主要な学会より発行されてきた。 2011年には、ACC、AHA、SCAIが、PCIに関する共同ガイドラインを発行。 さらに2013年には、ACCとAHAが共同で、主要な冠状動脈が完全に閉塞した心臓発作であるSTEMIの管理について、ガイドラインを発行している。 そしていずれのガイドラインとも、STEMIの患者に対するPCI施行のあり方について述べている。 しかしこの2011、2013年のガイドラインに対しては、近年実施された複数の臨床試験の解析結果をもとに、大きな変更が必要との認識が専門家の間で高まり、今回、STEMI患者へのPCI施行という特定領域に対するガイドラインの改定となった。 今回の主要変更点の1つは、複数の閉塞血管がある場合でのPCI使用法である。 心臓発作の治療で、PCIは閉塞した血管の血流を回復させるために実施されるが、多くの場合、心臓発作患者は複数の動脈閉塞を生じている。 このためPCI施行される患者には、1つ以上の血管にPCIが施される可能性が生じる。 従来のガイドラインは、リスクが便益を上回るとの考えから、こうした複数血管へのPCI施行を非推奨としていた。 しかし、最近の複数の臨床試験の結果から、一部のSTEMI患者においては複数の血管へのPCI施行に便益のあることが示された。 これを受けて今回のガイドライン改定では、STEMI患者へのPCI施行は、通常の治療法として是認すべきではないとしながらも、血行動態の安定した一部のSTEMI患者においては、検討の必要がある治療法というスタンスに変更された。 2点目の主要変更点は、血栓吸引術(aspiration thrombectomy)と呼ばれる、血栓を除去する治療法についてである。 2011年および 2013年のガイドラインでは、血栓吸引術のPCI施行前実施が推奨されていた。 というのも、その当時の臨床試験において、STEMI患者に対しては同治療法が効果的でかつ便益が高いと示唆されたためである。 しかしその後、複数の臨床試験結果へのより一層の解析の結果、血栓吸引術のPCI施行前の実施が、特定の患者においては合併症を引き起こす可能性があることが示唆された。 そこで、今回のガイドライン改定の著者らは、血栓吸引術の有効性は未だ確立されておらず、また同治療法の便益をうけうるサブグループ患者層も同定されていないとして、同治療法のルーティン使用を推奨せず、医師による選択、取り止めの余地を残すスタンスを記した。 本ガイドライン: ACCのプレスリリース: <Health Beat提供: 2015年10月22日>.

次の

経皮的冠動脈形成術

経 皮 的 冠動脈 インター ベンション

1、PCIとは PCIはPercutaneous(経皮的:皮膚を通して処置をするという意味)Coronary(冠動脈:心臓に酸素や栄養分を送る動脈)Intervention(インターベンション:細い管(カテーテル)を介して治療するという意味)の略で、冠動脈インターベンションとなります。 これは心臓カテーテル治療のひとつで、PTCA(percutaneous transluminal coronary angioplasty:経皮的冠動脈形成術)などもこの治療に含まれます。 PCIは施術の主流を占めていた時代や施術を行う施設によって呼び名が異なり、経皮経管冠動脈形成術、風船治療などと呼ばれることもあります。 2、PCIの対象となる疾病 狭心症や心筋梗塞に代表される虚血性心疾患は、冠動脈の狭窄や閉塞によって発症します。 心筋梗塞は、心臓の筋肉への血液供給が阻害され、虚血状態になり、胸痛などの症状をきたす疾患です。 特に冠動脈が突然詰まる急性心筋梗塞は全くの前兆(狭心症)無しに発症し、時間の経過と共に心筋が壊れる(梗塞)ため、命に関わる可能性があります。 このうち薬物療法は基礎的治療法で、この治療を行った上でPCIおよび冠動脈バイパス術が行われます。 冠動脈バイパス術に関しては、「」をお読みください。 3、PCIの穿刺部位 冠動脈の治療を行う場合、カテーテルを用います。 カテーテルを挿入する代表的な部位として、手首(橈骨動脈)、肘(上腕動脈)、ももの付け根(大腿動脈)の3カ所がありますが、患者さんの病態や状態によって、最も適した箇所を穿刺部位として選択します。 穿刺部位にももの付け根を選択し、大腿動脈からアプローチした場合は、血管を縫合することで治療後の安静時間を短縮し、患者さんへの負担をできるだけ短くする配慮がなされています。 4、PCIの作業の一例 ここでPCIの作業の流れを振り返ってみましょう。 ここではバルーンとステントを使用した場合を紹介します。 局所麻酔を行い、シース カテーテルを出し入れするための血管に入れる管 またはガイディングカテーテルという(径2mm程度の管)を血管に挿入• カテーテルを冠動脈入り口まで挿入• ガイドワイヤー(極めて細いワイヤー)で、狭窄部位や閉塞部位を通過• 拡張部にステントを留置 5、PCIの手技 冠動脈は患者さんによってさまざまな病変を見せます。 人によって硬い病変もあれば、やわらかい病変もあります。 また病変が長かったり、比較的短いものであったり、病変が一箇所にとどまらず複数あるなど、個人差があります。 病変の様態によって使用するカテーテルの種類や治療の方法が変わってきますので、確認しておきましょう。 現在行われている主なPCIの手技を以下に紹介していきます。 細くなった血管にバルーンを挿入し、造影剤で満たし、血管を拡張します。 高速で回転し、動脈硬化の進行により石灰化し、非常に固くなった病変を削ります。 6、PCIに伴う合併症 PCIは、熟練した循環器の医師らが十分な症例の検討と準備をした上で行いますが、合併症や副作用は皆無ではありません。 というのも施術には造影剤や血栓を予防する薬などを使用するほか、カテーテルを血管内で操作するからです。 この治療に伴う合併症の頻度は高いものではありませんが、次のようなものがあります。 急性冠動脈閉塞 PCI後6時間以内に発症することが多いとされており、冠動脈を拡張させた部位の再狭窄や、治療部近位の冠動脈の閉塞などが原因として考えられます。 ステント血栓症 狭窄を回避させるために留置したステントに血栓がたまることです。 不整脈 PCI術後の心筋梗塞後の期外収縮、房室ブロック、徐脈に注意してください。 冠動脈の穿孔・破裂とタンポナーゼ ガイドワイヤーによる冠動脈の穿孔やバルーンカテーテルによる冠動脈の破裂、またロータブレーター、ステント植え込みに伴って冠動脈の穿孔が起こることがあります。 PCIで発生した冠動脈の穿孔では、急速に動脈血が心嚢内へ漏れ出し、心嚢刺激による迷走神経反射が発生、徐脈と血圧低下が起こります。 処置が遅れると心タンポナーデに陥ります。 血圧低下 原因として、極度の精神的緊張や穿刺部の疼痛に伴う迷走神経反射によるもののほか、術前の絶食などによる脱水が考えられます。 脳血管障害、その他の塞栓症 カテーテルやガイドワイヤーの操作や、造影剤の急速注入による血液や造影剤の気泡化によって大動脈壁についているプラークが剥離し、プラーク塞栓症が起こります。 造影剤による腎機能障害 特に高齢者に多い症例で、多量の造影剤使用に伴い、腎機能低下が発症する可能性があります。 徐脈 一過性の迷走神経刺激によるもので、患者さんによっては過度の緊張や穿刺部の疼痛によって引き起こされます。 また、右冠動脈や左回旋枝領域のPCIに伴って発症する場合もあります。 薬のアレルギー 造影剤などによりアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。 7、PCI後の看護・観察項目 PCI後の患者さんの看護は、PCIに伴う合併症を十分に認識した上で行う必要があります。 ここでは特にPCI後に看護観察において見過ごしてはならない項目について見て行きましょう。 術後は使用している薬剤も併せて考える必要があるでしょう。 不整脈についても他の原因によるものなのか、確認が必要です。 PCIでは造影剤を使用するため、腎障害やインアウト、凝固系もみていく必要があります。 まとめ PCIの術後の看護は、合併症や再発などを十分に配慮した非常に神経を使うものだと言えます。 患者さん一人一人の心身の状態に気を配ることはもとより、個々の患者さんの生活習慣や暮らし向きを把握し看護にあたることが求められます。 PCIに関する知識の習得も大切ですが、最も大切なのは常に患者さんへの観察眼を働かせ、患者さんと向き合う中で、ちょっとした異変に気付くこと。 それこそが看護師に求められる比類ないスキルなのだと言えるでしょう。 jdepo.

次の