中絶 妊娠 し にくく なる。 人工妊娠中絶に関する基礎知識

中絶後・流産後は不妊のリスクがある?妊娠しにくいの?

中絶 妊娠 し にくく なる

中絶可能な期間が過ぎてしまったら… 日本では、母体保護法によって決められている人工妊娠中絶の期間は、 妊娠21週6日までとされ、その後は中絶手術を受けることができません。 このページでは、その時期が過ぎてしまったという方のために役立つ情報をご紹介しています。 中絶が可能なのは21週目まで 妊娠22週0日以降に人工妊娠中絶を行った場合は法律違反であり、堕胎罪という罪になります。 人工妊娠中絶のできる時期が母体保護法によって決められている大きな理由のひとつは体への負担です。 妊娠12週未満までを「初期中絶」といい、基本的には入院もせず日帰り手術となることがほとんどで済みます。 しかし12~22週未満の「中期中絶」になると、胎児の成長も進み、人工的に陣痛を起こして通常の出産のような形で胎児を娩出するため体への負担も大きく、そして 市区町村役所に死産届を提出する必要もあります。 22週目からの中絶は堕胎罪になる 堕胎罪は、人間の胎児を母親の体の中で殺したり、流産や早産させて殺す犯罪のことです。 堕胎罪には、いくつかの種類がありますが、胎児を保護するとともに、間接的には母体保護も目的としているという側面もあるため、女子自身の行為に関しては法定刑が軽減されているものもあります。 では、自己堕胎罪、同意堕胎罪、業務上堕胎罪、不同意堕胎罪・不同意堕胎致死傷罪の堕胎罪について、細かい罪の説明をしています。 自己堕胎罪 妊婦本人による堕胎のことです。 自己堕胎罪は、妊婦本人が、薬物やその他の方法によって結果的に堕胎に至ってしまった罪で、妊婦は1年以下の懲役に処されます。 同意堕胎罪 承諾を得た第三者による堕胎のことです。 同意堕胎罪は、妊婦本人からの依頼や承諾を得たうえで第三者が堕胎させた罪で、堕胎をさせた第三者は2年以下の懲役に処されます。 さらに、堕胎が妊婦を傷つける行為(妊婦死亡の可能性もあり得る)にもなるため、3ヶ月以上5年以下の懲役に処されます。 業務上堕胎罪 医師や助産師などによる堕胎のことです。 業務上堕胎罪は、妊婦本人からの依頼や承諾を得て、医師、助産師などの医療業務者が堕胎させた罪で、医療業務者は3ヶ月以上5年以下の懲役に処されます。 さらに、堕胎が妊婦を傷つける行為(妊婦死亡の可能性もあり得る)にもなるため、6ヶ月以上7年以下の懲役に処されます。 医師は、刑が重くなる場合もあります。 不同意堕胎罪・不同意堕胎致死傷罪 妊婦本人からの依頼や承諾がなく堕胎をさせた罪のことです。 不同意堕胎罪・不同意堕胎致死傷罪は、妊婦本人からの依頼や承諾がなく、第三者が堕胎させた罪で、6ヶ月以上7年以下の懲役に処されます。 さらに、妊婦を傷つけた場合は、傷害罪にもなります。 望まない妊娠をしたら早めに相談 どのような理由であれ、決断は早くしなければいけません。 状況が悪くなってから慌ただしく病院を探すようなことのないように、望まない妊娠をしたと思ったら、まずは婦人科を受診してみましょう。

次の

病気がわかって中絶しました : こんにちは。よろしくお願いします。妊娠を望み、不妊治

中絶 妊娠 し にくく なる

1993年東邦大学医学部卒業。 2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。 東邦大学医療センター大橋病院客... 「中絶や流産をすると妊娠しにくくなる」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。 中絶や流産で体に負担がかかってしまうのはわかりますが、妊娠しやすさにも関係するのでしょうか?今回は、中絶後や流産後に不妊になるリスクがあるのか、妊娠するために気をつけたいことは何か、などをご説明します。 中絶と流産の定義は? 「中絶」は人為的に、「流産」は自然に、妊娠が途中で終わってしまうことを指します。 それぞれの定義については次のとおりです。 中絶(人工流産) 中絶は、正しくは「人工妊娠中絶」といい、「胎児が母体の外で生命を維持できない時期に、人工的に胎児とその付属物(胎盤や羊水など)を母体の外に排出すること」です。 ここでいう「胎児が母体の外で生命を維持できない時期」は、現行の母体保護法では「妊娠22週未満」とされています。 流産(自然流産) 流産は、「妊娠22週未満に自然に妊娠が中断されること」をいいます。 流産の時期によって大きく2つに分けられ、妊娠12週未満は「早期流産」、妊娠12週以降22週未満であれば「後期流産」です。 日本では妊娠12週以降に死んでしまった胎児を出産することを「死産」とし、死産届の提出義務があることから、後期流産は死産として扱われます。 これは、中絶による結果であっても同じです。 関連記事 中絶後・流産後の不妊リスクは? 中絶の場合、器具を使って胎児や胎盤を子宮から掻き出す「子宮内容除去術(掻爬術)」を行います。 流産についても、子宮の中身が自然に排出されるのを待つ「待機療法」が選択されない場合は、同じく子宮内容除去術を行う必要があります。 子宮内容除去術によって、合併症が引き起こされる可能性はゼロではなく、場合によっては、不妊症になって妊娠しにくくなるリスクもあります。 ただ、はっきりしたことはわかっておらず、現在のところ統計的データが取られているわけではありません。 関連記事 中絶後に考えられる不妊の原因は? 中絶すると必ず不妊になる、とは言い切れませんが、子宮内容除去術を行うときに合併症が起こったり、中絶を何度も繰り返したりすることで、不妊のリスクが高まる可能性はあります。 これらの症状が重い場合、将来の妊娠に影響が出ることも考えられますが、医学的に因果関係が証明されているわけではありません。 自分の意思があって性交渉を行うパートナーがいる状態で、まだ妊娠を望まないのであれば、中絶による不妊のリスク要因を少しでも減らすためにも、きちんと避妊をしましょう。 流産後に考えられる不妊の原因は? 中絶と同じく、流産後に子宮内容除去術を行った結果、合併症の影響で不妊リスクは高まる可能性はあります。 しかし、「一度流産したら次は妊娠しにくい・流産しやすい」ということは医学的に証明されていません。 ただし、流産によって赤ちゃんを失った悲しみから、精神的ダメージを受けることでホルモンバランスが崩れ、しばらくは妊娠に適した心身の状態には戻らないこともありえます。 流産後の妊活・子作りについては焦らず、まずはゆっくり心と体を落ち着かせることを優先にしましょう。 もし、一度流産を経験したあと妊娠はするものの、流産を繰り返してしまう場合、反復流産や習慣流産と判断されます。 この場合、妊娠には至るため、妊娠できない「不妊症」とは異なります。 しかし、流産を繰り返すリスク因子を自分かパートナーが持っている可能性があるため、病院で詳しい検査を受けましょう。

次の

中絶手術の時期はいつまで?期間は?後遺症が残るの?

中絶 妊娠 し にくく なる

は、望まない妊娠から解放されるための唯一の手段である一方、そこには必ずリスクが伴います。 そのときの状況や感情に流されて、よく理解しないまま中絶することは避けたいですよね。 知らなかったでは済まされない「中絶のリスク」について社会人の女性に聞いてみました。 体が、赤ちゃんを出す時期だと一度覚えてしまってるからだと聞いた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職) ・「繰り返していると早産のリスクが高くなる、妊娠がしにくい体になると聞いた」(25歳/食品・飲料/専門職) 中絶はしても、いつかは子どもを産みたいと考えている女性にとって、今後の妊娠に伴うリスクは無視できません。 妊娠の経過に異常を来すのでは? と不安に感じている人も多いようです。 2回おろしたときに言われたそうです」(22歳/小売店/販売職・サービス系) 昔から、何度も中絶を繰り返すと不妊になると言われていますが、必ずしもそうなるとは限りません。 ですが術後の経過によっては子宮や卵管が元の状態に戻らず、妊娠がしにくくなる可能性もあるようです。 うつとかになりそう」(34歳/医療・福祉/専門職) たとえ術後の経過がよく、かわいい我が子を産むことができても、人工的に子どもを排除した記憶は残り続けるもの。 中絶後は、体のケアと同時に、メンタル面でのケアもしっかりと行う必要があります。 どんなことに対しても言えることですが、人がやる仕事に100%はありません。 感染やミスが起きる可能性も少なからずあることを忘れてはいけませんよね。 妊娠していない体に戻るためにはすべてのリスクを受け止める必要があります。 「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないよう、正しい知識を得て、自分にとってベストな選択をしたいものですね。

次の