神戸大学 数学。 『経済学部』の編入試験「数学」のオススメ参考書・勉強方法

神戸大学の試験の特徴や傾向、科目別の対策をご紹介!

神戸大学 数学

数学選抜は、「文理融合」の観点から、いわゆる理系の勉強をしてきた学生からも社会科学に関心を抱く有為な人材を求めて実施されるものです。 個別学力検査では数学の点数を重視します。 英数選抜は、「グローバル人材育成」の観点から、国際的なコミュニケーションや異文化理解について優れた能力を発揮できる人材を求めて実施されるものです。 個別学力検査では数学と英語の点数を重視します。 総合選抜では、バランスのとれた総合力を重視します。 「前期日程」は、「数学受験」「英数受験」「総合受験」の3区分で募集します。 志願者は3区分のうちから1つを選択します。 選抜は、受験した科目に応じて「数学選抜」「英数選抜」「総合選抜」で選抜します。 1)「数学受験」を選択した場合、個別学力検査において「数学(文系)」のみを受験し、「数学選抜」においてのみ入学者選抜の対象となります。 2)「英数受験」を選択した場合、個別学力検査において「数学(文系)」「英語」を受験し、「英数選抜」「数学選抜」において入学者選抜の対象となります。 なお、「総合選抜」においては入学者選抜の対象とはなりません。 3)「総合受験」を選択した場合、個別学力検査において「数学(文系)」「英語」「国語」を受験し、「総合選抜」「英数選抜」「数学選抜」において入学者選抜の対象となります。 4)各区分で指定する個別学力検査の教科・科目を一つでも受験しなかった場合、全ての選抜において入学者選抜の対象となりません。 配点等の詳細についてはをご参照ください。 その他の詳細については、をご覧ください。 また、受験生応援サイト「」もご覧ください。 募集要項の請求について 募集要項の請求については、をご覧ください。

次の

神戸大学の試験の特徴や傾向、科目別の対策をご紹介!

神戸大学 数学

文系、理系で分けていますが… 偏差値は確かに大きく違うでしょう。 ただし、注意点ですが 「文系は多かれ少なかれ理系あきらめ組」がかなり多いです。 特に男子は。 つまり、勉強が不得意な層のほとんどが文系へと流れる わけです。 そう考えると 文系の偏差値60と 理系の偏差値60では 頭の良さが異なりますよね。 間違いなく。 受験界では文理問わず 「国立医学部志望」 が受験最高峰にいます 彼らが理系の偏差値を下げる原因です。 医学部志望がいる限り、純粋な理工系学部志望の 学生の偏差値は低めに出ます。 上記二つの事実を考慮すると、 神戸大学の文系の偏差値は高い 神戸大学の理系の偏差値はそこそこ高い でも、神戸大学生の理系と文系では 「どちらのほうが地頭が良いでしょうか??」 まぁ、理系は二次試験で理科が二つあることを考えると 世界史と日本史を二次試験で課す文科系の大学は あまり無いですよね。 本論に戻ります。

次の

神戸大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

神戸大学 数学

なので、 単に英単語を覚えるだけでなく、その英単語を見ただけでその訳が瞬時に浮かぶくらいまでに徹底的に落とし込んでいくようにしましょう。 次に精読力を鍛える、ということについてですが、神戸大学の長文はセンター試験などと比べても、そのテーマや文の構造が難しくなっています。 その為、単に英単語の意味を1つずつ追っていくだけでは、文を読み進めていくことが出来ません。 そこで必要なのが、 精読力です。 精読力とは、1文1文をしっかりと読み取っていく力のことです。 この精読力を鍛えるには、 普段から英文にSVOCを振って、その英文がどのような構造になっているかを視覚的に把握しておくことが大事です。 これを普段からしていれば、仮に神戸大学の長文のような難しい構造の文でも、正確にその意味を取っていくことが出来ます。 最後にストーリーを理解する、についてですが、神戸大学の英語長文では、例えば、itのような指示語が入っている文でその指示語の内容を明確にしたりするような問題が出題されます。 その為、 単に1文1文の意味を理解しておくだけなく、その文を1本のストーリーとして把握しておくことが出来ていないと、そのような問題に対応することが出来ません。 また、ストーリーとして理解できるようになれば、長文の中で仮に分からない部分があっても大まかな内容を推測していくことが出来ます。 ストーリーとして理解するには、文1つ1つの繋がりやパラグラフごとの繋がりをしっかりと理解しながら読み進めていくことが大事です。 第4問の和文英訳 or 自由英作文の対策 第4問で出題される自由英作文ですが、この英作文を苦手としている受験生は多いです。 しかし、そのような 苦手としている受験生の多くは、難しい構文や単語を使って立派な事を書こうとしてしまっていることが多いです。 ただ、これは完全な勘違いで、自由英作文で大事なのは 出来るだけ簡単な英語を使って書くことです。 なので、 難しい英語を使って減点をされない事を重視するようにしましょう。 なので、自由英作文の対策としては、次のような3つのステップを踏むことが大事です。 文系数学の傾向と対策 次に、神戸大学の文系数学の傾向とその対策について紹介していきます。 傾向 文系数学は、3つの大問から構成されています。 その難易度は教科書の章末問題を少し難しくしたくらいのイメージで、難問や奇問などはほとんど出題されません。 ただ、 問題の設定に工夫がされていたり、複数の単元が融合された問題が出題されることが多いので、どうしても受験生からすると難しそうに見えてしまうようです。 また、図示問題や証明問題も必ずと言って良いほど毎年出題されています。 また、中には計算量がとても多い問題などもあるので、数学が苦手というような文系の人も、しっかりとした計算力を身に付けておく必要があると言えます。 対策 先ほども書いた通り、文系数学は様々な分野を融合させたような問題が出題されますが、どれも典型問題の解き方を合わせることによって解けるような難易度になっているので、 まず 典型問題の解法をマスターすることが必須です。 その為にも、入試レベルの問題集をしっかりと1冊やり切りましょう。 数学のおすすめの問題集については、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧下さい。 理系数学の傾向と対策 次に、神戸大学の理系数学の傾向とその対策について紹介していきます。 傾向 理系数学は、5つの大問から構成されています。 試験時間120分で5つの大問を解く必要があるので、他の大学と比べても 特に問題を短時間で処理する能力が求められます。 その難易度は、教科書の章末問題を少し難しくしたくらいで、難問・奇問と呼ばれるような問題はほとんど出題されません。 また、難易度が高い問題には、しっかりと誘導がついているので、そこまで心配はいりません。 中でも、面積や体積の計算や不等式の問題は頻出であると言えます。 難易度はそれほど高くありませんが、それまでに 数学の典型問題をしっかり解いてきたかというようなことがそのまま点数に直結されるような試験になっています。 対策 理系数学は先ほども書いた通り、数学の典型問題を解いてきたかが問われるような試験なので、 まずはしっかりと典型問題の解法をマスターしておくことが必須です。 その為にも、文系数学と同様にまずは入試標準レベルの問題集をしっかりと解ききるようにしましょう。 また、取り組む際には、神戸大学の理系数学は時間にシビアな試験なので、 しっかりと時間制限を設けて時間を意識しながら解くことを心がけることが大事です。 その他の数学のおすすめの問題集については、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧下さい。 ・書き下し文 ・現代語訳 ・理由説明や要約などの論述問題 書き下し文や現代語訳は、基本的な句法などが問われるようになっていますが、論述問題は内容を正確に把握していることが求められるので非常に難易度が高くなっています。 現代文の対策 現代文では、特に記述量が多いので、 普段から問題集などで80字などの限られた文字数の記述答案を作成する練習をしておく必要があります。 ここで書いている論旨とは、 筆者が伝えたい事です。 なので、筆者が本当に言おうとしていることを理解しておかなければならないんですね。 この問題は、本文全体の要約と限りなく近いです。 普段から本文の内容を単純に圧縮するのではなく、大事なポイントを押さえたうえで、160字で要約する練習しておくのが効果的です。 現代文のおすすめの問題集については、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧下さい。 古文の対策 古文では重要な句法を含んだ部分の現代語訳などが出題されるので、 普段から古文をなんとなくで読むのではなく、しっかりと文中の助動詞や敬語などを意識しながら正確に読んでいくことが大事です。 その為にも、訳を書く上で必須である古文単語や古典文法については、しっかりとマスターしておく必要があります。 そこまで難問や奇問が出題されることはなく、きちんと勉強をしていればそれがしっかりと報われるように出来ています。 同時代である鎌倉時代や平安時代の古文を重点的に読んでおいて、その時代の文章に慣れつつ対策をしましょう。 古文のおすすめの問題集については、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧下さい。 ・理論化学1題 ・無機化学1題 ・有機化学1題 ・高分子1題 その内容は十分教科書で対応することが出来ますが、中には教科書の欄外で記載されているような内容が出ることが出来ます。 特徴として、 計算問題で計算の過程を示す必要があるので、日頃の勉強から途中式を書くことを意識する必要があります。 理論化学の対策 理論化学は、近年では幅広い問題が出題されています。 その問題は、教科書の欄外に書いてあるような内容が問われることもありますが、そのような場合には問題文中にヒントが隠されているので問題ありません。 その対策としては、 普段から教科書に書いてある図などで、なぜその現象が起こるのかということを意識しておくことが大事です。 また、計算問題については、完璧に書けていなくても部分点をくれるのでそこはポジティブに捉えるようにしましょう。 無機化学の対策 無機化学も幅広い内容から出題されます。 基本的には教科書に書いてあることで対応することができるので、教科書レベルまではしっかりと勉強しておきましょう。 また、 反応式などは丸暗記するのではなく、どのように変化していくかということをしっかりと自分で組み立てれるようにしておくことが大事です。 有機化学の対策 有機化学では、 基本的に毎年、構造決定の問題が出題されているので、構造決定の問題は何度も解いて慣れておくことが大事です。 また、その構造決定問題の中でも、 様々な有機化合物の特徴が問われることがあるので、教科書レベルの有機化合物の特徴についても押さえておきましょう。 高分子の対策 高分子では、天然有機や天然高分子の範囲がよく出題されています。 この範囲では、 出題される問題のパターンが限られているので、しっかりと演習を積んでおくと十分対応することが出来ます。 ただ、稀にですが高分子化合物についても出題されるので、そこも侮らず学習しておきましょう。 化学のおすすめの参考書や問題集については、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧下さい。 1.力学 2.電磁気 3。 熱力学 or 波動 難易度的には、教科書にも載っているような、標準的なレベルです。 ただ、全ての問題が記述式になっています。 その為、 解答だけではなく、そこに至るまでの過程なども示す必要があり、しっかりと理解していないと解くことが出来ないようになっています。 また所々で、解答に不可欠である物理量を自分で定義する必要がある問題であったり、図を書くのと論述を織り交ぜた問題など珍しい形式の問題が出題されることもあります。 このような問題は、初めて見て試験中に戸惑う受験生も多くいるようです。 また、先ほども書いた通り問題数が少ないので、問われるレベルは標準的ですが、解答の誘導などがほとんどなく自力で完成させる必要があります。 その為、 表面上の理解だけでは解くことが出来なく、本当にその内容を理解しているかが問われる試験であると言えます。 力学の対策 力学は、円運動や力学的エネルギー保存の法則、運動方程式など本当にさまざまな分野から出題されていて、この分野が頻出であるというようなことはありません。 その為、 全分野を満遍なく勉強しておくことが大事です。 電磁気の対策 電磁気は、電場・磁場空間での荷電粒子の動きが頻出となっています。 これは神戸大学独自で、力学などとも組み合わせた問題が出題されます。 この分野は描図問題や論述問題を出題しやすいのが、神戸大学の物理の特徴ともマッチしていますからね。 また他にも、電磁誘導を使った回路の問題や電磁誘導を使った回路の問題が出題されたこともあります。 中でも、 エネルギー関係の問題は、受験生が苦手としているので、そこを狙って聞いてきます。 なので、この電磁気もやはり満遍ない対策が必要になってきます。 熱力学の対策 夏力学の分野では、状態方程式や熱力学第1法則などが頻出の単元となっています。 熱力学に関する公式などを正確に使いこなすことが出来るかなどが問われるので、そこに関しては完璧に出来ておく必要があります。 また、気体分子の細かな動きに関する問題も多く出題されるので、そのような気体分子運動論についてもしっかりと対策をしておく必要があります。 波動の対策 波動の分野では、波の干渉や屈折、ドップラー効果など本当に様々な単元の問題が出題されます。 その為、満遍なく対策をする必要があるのですが、 波の重ね合わせや光の進む経路などを図示するような問題が出題されることが多いので、そのような図を描く練習をしておく必要もあります。 そのような図を描くには。 物理現象を正確に理解しておくことが大事なので、例えば、 光が曲がる方向などについて単にこの場合はこちらに曲がる、と覚えるのではなく、これの影響でこちらに曲がるという風に理解しながら覚えていくようにしましょう。 物理のおすすめの参考書や問題集については、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧下さい。 中には、記号問題もあり、100字程度で記述するような問題もあるので、 総合的な学力が求められます。 ただ、その難易度はあまり高くありません。 そのほとんどが教科書で対応することが出来るようなレベルになっています。 全体的な対策 よく教科書を疎かにして、他の参考書などを使って勉強している人がいますが、先ほども書いた通り、 難易度的には標準的な問題が多いので、教科書に書いていることをバカにせずに取り組むことが大事です。 もちろん参考書がダメと言っているわけではありません。 ただ、あくまでも教科書に載っている図や表などが入試問題の元になっているのです。 なので、 教科書で図や表を見た時に「へ~こんな図があるんだ!」と流すだけでなく、そのような図や表の意味などをしっかりと考える癖をつけましょう。 特に、神戸大学の生物は、一見難しい実験などをしているように見えますが、あくまでも教科書に載っているような典型的な実験を難しく見せているだけです。 その為、神戸大学の生物対策としては、難問集などには手を付ける必要がありません。 教科書などでしっかりと知識を入れた後に、標準的な問題集を繰り返すようにしましょう。 その為、神戸大学の生物に関しては、この論述問題の攻略なしに、攻略はないと言っても過言ではありません。 論述する内容は、特別に難しいようなものではなく、そのほとんどが「なんとなく書かないといけない事は分かるな」というようなものばかりです。 その為、その内容に対する理解度はもちろんのことですが、それよりは いかにその内容を要領よく、限られた字数でまとめるかというような文章力も求められます。 このような文章力は急に付くものではないので、日頃からの姿勢が重要になってきます。 日頃から次のような事を意識しておくようにしましょう。 その出題形式は、穴埋め、記述、説明、計算、描図など様々です。 論述や記述問題によって、受験生が本当に理解しているのかを図り、描図問題によって理系としての基本能力を見るというスタイルが昔から貫かれているようです。 対策 地学の対策としては、それぞれの分野を個々に分けて勉強するのではなく、 日常の周りで起こっている様々な現象や事物を化学や物理などの知識も使って理解することです。 というのも、 地学の入試で出題されるような問題は、化学や物理の内容と密接に関わっていることがほとんどだからです。 これを出来るようになるには、次の2つを普段から意識することが大事です。

次の