幾星霜 意味。 「幾星霜」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

「幾星霜」の意味と使い方を解説!「幾星霜(いくせいそう)」を使った例文を紹介

幾星霜 意味

まずは、それぞれの漢字を分解して見てみましょう! 幾・・・不定の数量、いくつ、いくら、数量の多い・年月の長いことを表す 星・・・天体である星のこと、時の流れ、月日のこと 霜・・・氷の結晶である霜のこと、年月(=星霜)のこと 実は、「星霜(せいそう)」という言葉があるんです。 星は1年に天を1周しますよね。 霜は1年ごとに降ります。 なのでその時の流れを表した「星霜」は歳月・年月という意味の言葉なのです。 そこに幾がつくことで、「 長い年月」を意味します。 特に「幾星霜(いくせいそう)」という熟語には、ただ過ぎ去った年月のことではなく、「 苦労を経てきた」「 多くの経験を積んできた」「何かの 想いのこもった長い歳月」という意味合いがあります。 日常会話では「長い年月を経て」という表現をします。 これを「幾星霜」と言い換えると、使われた状況によって様々に、奥深く趣のある、ロマンチックな言葉になります。 例えば、「幾星霜の今日も季節を感じることができた。 」と言うと「何百年前から変わらずそこにある悠然とした自然・変わることのない時の流れ」を感じることができます。 「もう幾星霜経っただろうか。 」と言うと「あぁ、いつの間にか、どれ程の月日が経ったのだろうか・懐かしい」というような情景を感じることができます。 そのため、正しくない使い方としては、なんの苦労もなく、ただ惰性で過ぎていったような時間を「幾星霜(いくせいそう)」と言い表すことは間違いと言えるでしょう。

次の

「幾星霜」の意味とは?意味や使い方を解説!

幾星霜 意味

解説 [ ] 海の安全を守るため、日本各地の辺地に点在するを転々としながら厳しい駐在生活を送る夫婦の、戦前から戦後に至る25年間を描いた長編ドラマである。 1956年に雑誌掲載された長(当時)田中績(いさお)の妻・きよの手記から題材を得て、木下監督自身が脚本を執筆した。 全編にわたりで撮影され、単なるホームドラマの枠を超えて日本各地の美しく厳しい風景を活写した大作で、公開当時大ヒット作となり、同年の賞を受賞した。 の歌唱による同名主題歌の「喜びも悲しみも幾歳月」も大ヒットし、後世でも過去の著名なヒット曲としてしばしば紹介されている。 、、、、、、の、など全国でを敢行し、の一種としても楽しめる作品である。 後年、3度に渡りテレビドラマ化されたほか、には木下監督自身により時代の変化を加味したリメイク版『』も映画化されている。 映画の舞台となった灯台 [ ] 舞台の一つ 劇中の地図に出てきた灯台• (昭和7年) - 勃発• (昭和8年)頃 - 雪野・光太郎の生誕• (昭和12年) - 勃発• (昭和16年) - 勃発• (昭和20年) - 太平洋戦争終結、日本• (昭和25年)• (昭和29年)• (昭和30年) - 四郎、灯台長として着任• 北海道ので雪野・光太郎の2人の子を授かり、九州の五島列島の先のでは夫婦別居も経験する。 その後、で日米開戦を迎え、戦争で多くの同僚を失うなど苦しい時期もあったが、後輩の野津と野津の妻・真砂子に励まされながら勤務を続ける。 また、を逃れて東京からしてきた一家と親しくなるなど、新たな出会いもあった。 戦後、勤務の時、息子の光太郎が不良とのケンカで刺殺される。 しかし、そうした悲しみを乗り越えた先には喜びも待っていた。 の台長として赴任する途中、戦時中に知り合った疎開一家の長男・進吾と娘の雪野との結婚話がまとまったのだ。 御前埼灯台から四郎ときよ子の2人は灯台の灯をともして、新婚の雪野と進吾がのに向かうために乗り込んだ船を見守る。 遠ざかる船を見ながら、四郎ときよ子は「娘を立派に育てあげて本当によかった。 灯台職員を続けていて本当によかった」と、感慨深く涙ぐむのだった。 キャスト [ ]• 有沢四郎:• 有沢きよ子:• 有沢雪野:• 有沢光太郎:• 野津:• 真砂子:伊藤弘子• 名取:• 名取進吾:• 進吾の母:• 藤井たつ子:• 観音埼手塚台長:• 郵便局長:• 金牧:• 糸子:• きよ子の母:• 金牧の妻:• 石狩灯台木村台長:• 佐渡大場台長:夏川大二郎• 二川無電士:磯野秋雄 スタッフ [ ]• 監督・脚本:• 撮影:• 音楽:• 美術:、梅田千代夫• 主題歌:「喜びも悲しみも幾歳月」(作詞・作曲:木下忠司、歌:)• 後援:• 1980年• 1983年• 1986年• 1988年 テレビドラマ版 [ ] 1965年版 [ ] - 、系列の『』(火曜21:00 - 21:30。 )で放送。 全26回。 キャスト [ ] 有沢家 [ ]• 有沢四郎:• 有沢きよ子:• 有沢雪野:• 雪野(幼少時代):、、、• 有沢光太郎:• 光太郎(幼少時代):、、 観音崎灯台 [ ]• 手塚台長:• 手塚の妻:• 金牧次長:• 金牧実子:• 灯台守・山本:• 山本の妻: 石狩灯台 [ ]• 木村台長:• 木村の妻:• 灯台守・鈴木:• 鈴木の妻・絲子:• 鈴木勇一:• 郵便局長:• 馭者: 女島灯台 [ ]• 佐藤台長:• 佐藤の妻:• 灯台守・野津:• 野津(佐藤)真砂子:• 野津光次郎:• 二川無線士: 男木島灯台 [ ]• 灯台守・藤井:• 小使・浜崎: 弾埼灯台 [ ]• 大場台長:• 弾崎村長:• 灯台守・水出:• 文子:• 木島正一:• 木島の父:• 木島の母:• 医者:• 看護婦: 安乗埼灯台 [ ]• 台長:• 灯台守・田中:• 灯台守・吉田: 御前崎灯台 [ ]• 飯塚台長:• 飯塚の妻:• 灯台守・山本:• 次席:• 名取:• 名取正子:• 名取信吾: 有沢家関係者 [ ]• 藤井たつ子:• 蓮池:• きよ子の母・吉本まさ:• 高岡秋子:• 吉本一郎:• 吉本明子:• 一郎の父:• 四郎の母・芳枝:• 田中先生:• 下宿の小母さん: その他 [ ]• すしや店員:• 船長:• 宿の女中:• 宿の番頭:• 食堂の店員:• 船員:• 土屋:• 志田:• 郵便配達員:• 男A:• 男B:• 男C:• 看護婦:• 岡田:• 在郷軍人:• 山本恵子:• 進吾:• 学生:• 洋一:• 光次郎:• 松井:• 牧師:• 洋一:• ナレーター: スタッフ [ ]• 監督:、中新井和夫• 監修:木下惠介• 助監督:中新井和夫、満友敬司、山田良美、白木慶二• 製作主任:末松昭太郎• 進行:前田竜平、斉藤稔• プロデューサー:桑田良太郎• 脚本:• 音楽:木下忠司• 録音:松竹録音スタジオ• 美術:木村芳男• 装置:若林孝三郎• 装飾:井上宏• 結髪:菊地絹、朝野敏子• 衣裳:東京衣裳• 撮影技術:渡辺浩• 照明:荒木勝• 編集:斉藤正夫• 現像:東洋現像所(現・)• 協力:、• 制作:TBS、松竹テレビ室 1972年版 [ ] - 、TBS系列の枠で放送。 全35回。 キャスト [ ]• 有沢四郎:• 有沢きよ子:• ナレーター: スタッフ [ ]• 演出:、• 制作: 1976年版 [ ] - 、系列「」枠で放送。 全15回。 キャスト [ ]• 四郎:• きよ子:• スタッフ [ ]• 脚本:池田一朗()、• 演出:• 音楽:木下忠司 前番組 番組名 次番組 (1977. 11 - 1977. 12) 楽曲としての「喜びも悲しみも幾歳月」 [ ]• 劇場映画版が公開された(昭和32年)9月によりリリース。 前述の通り、作詞・作曲はの実弟である、歌唱は。 本曲は『喜びも-』映像化の際、その全ての作品において主題歌として使用された。 また、同じ木下惠介の手による『新・喜びも悲しみも幾歳月』()公開の際には、同じ若山の歌唱によって再録音・再リリースされた。 曲調がの定番曲『』の短調のパートによく似ていることから、往年の名、『』におけるがメインの(お呼びでない…)のネタにも使われたことがある(詳細はの項目を参照のこと)。 奇しくも、植木は前述のリメイク版に出演し、最優秀助演男優賞受賞につながった。 の六大学校歌の持ちネタで、「東大の歌」として使われた。 若山が本曲を歌唱するは、特にこれまで番組を多数放送してきたに数多く保存されており、現在でも時折にて放映される『』や『』で度々紹介されている。 脚注 [ ]• 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)138頁 外部リンク [ ]•

次の

幾星霜を煌めく命 (いくせいそうをきらめくいのち)とは【ピクシブ百科事典】

幾星霜 意味

本誌派以外の者(特にアニメやコミックでこれからを楽しみにしている人達)は閲覧注意。 概要 漫画『』第205話のサブタイトル。 そして、この話をもって炭治郎達の物語が一応することになる。 タイトルになっている幾星霜とは 「苦労を経た上での長い年月」という意味を指す言葉であり、話の舞台が大正時代から現代に移っている。 また、205話では登場キャラクターと大正時代のキャラクターの関係性等明言されていない部分が多く、ファンの間でも多くの解釈が生まれている。 ストーリー …時は、との死闘から百余年後の未来、すなわち現代。 これは現代の東京の何気ない日常を描いた話。 しかし、当の姉は聞いておらず、体操日本代表ののニュースに夢中なのであった。 そして、善照は宇髄の活躍に興味を持たず、 「」のニュースに載っていた美人…の方に興味を持っていた。 青葉は、青い彼岸花が 「一年で2〜3日、昼間だけ咲く花」であることを研究していたが、その時のミスで全部枯らしてしまって各方面から非難轟々で研究所を馘になりかけていた。 そんなニュースを読んで同情していたが、彼が男だと知ると善照は 手のひらを反すのであった。 そうこうしているうちに、二人はカナタと合流する。 そして、学校が午前だけで終わるため、帰りに定食屋に寄るか話していた。 善照が 定食屋の奥さんの胸ばかり凝視していたのが原因で旦那の方に目を付けられているため、カナタは行きたがらなかったが。 兄達が学校へ向かっている頃、ようやく炭彦は目を覚ました。 皆勤賞がどうしても欲しい彼は、を使って登校するのだった。 しかし、途中でパトカーに乗った怖い警察官に目を付けられるのだった。 通学途中のという少年は、きれいな女性の画像を見ていた。 その様子を見た竹内という少年は彼女と勘違いをしてやきもちを焼くが、善照が突然横から割って入って「謎多き男、の『』という作品」であることを解説する。 一方、相変わらず危ない登校をする炭彦はという少年と合流する。 二人で会話をしながら走るが、後ろからは先ほどのパトカーが炭彦を追ってくるのであった。 何度も止まるようパトカーに乗った警察官が促すが、全然止まらない。 目的地の学校が目の前にせまっていた。 危険登校を取り締まるために、教師の一人が門を閉めるように促すが、彼等は門を飛び越え学校に到着する。 しかし、当然警察官達が見逃すはずがなく、教師に話を聞こうとするのであった。 その頃の竈門家では、炭彦が起こした問題行動のことで電話がかかってくる。 電話越しに謝罪をする母の横には… かつて激戦を潜り抜けた剣士、の耳飾りと日輪刀 …そして「皆で笑い合っている鬼殺隊」の写真 すなわち、皆が平和に暮らす何気ない日常を…何気ない未来を守った彼らの誇らしい姿が飾られているのであった。 …こうして、『』は幕を閉じたのである。 炭彦の同級生。 にそっくりな容姿と熱血加減。 校門にいる教師 炭彦達の危険登校を阻止しようとするが失敗する。 この回は今までの話の未来にあたるエピソードであり、炭治郎達が「遺したもの」にまつわる話。 そのため、厳密には炭治郎達自身の物語の最終回は第204話だと解釈も出来る。 善照の台詞にて輪廻転生について軽く触れられていることから、登場人物達は子孫組と転生組に分かれる可能性、全員が転生の可能性、はたまた大正の彼らとは関係の無い人物という可能性がある。 ただし、いずれも原作では明言されなかったため読者の想像の範囲を出ない。 善照は善逸伝の著者を祖先と発言しているが、決定的な描写は無いためこちらも明らかではない。 またファンの間では公式現代パロディのキメツ学園と同軸という解釈もあるが、こちらに関しても原作本編では一切触れられていない為不明。 上述したように子孫、転生した者、もしくは容姿の似ている関係の無いキャラクター達が健在なのは確認されたものの、大正のキャラクターたちのその後は不明。 この回では鬼(また、討伐後についていった人達)は愈史郎を除けば一人も描かれておらず、鬼がいなくなり平和になったことが確認できる。 連載終了後に『』の短編を掲載、そして公式小説の第三弾「」の発売が同時に発表された。 特に単行本派やアニメ派の方々は、ネタバレを踏まない様お気をつけ下さい。

次の