山梨 女児 不明 現在。 山梨のキャンプ場で女児が行方不明!何のオフ会の集まり?捜査は打ち切り|SollaStudio

捜索再開へ!山梨県オートキャンプ場の7歳女児行方不明!経緯や特徴、場所は?未だ発見出来ず

山梨 女児 不明 現在

小倉美咲ちゃん/提供:山梨県警 9月21日午後3時40分頃、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」で「遊びに行く」と告げて出たきり戻らなくなった小倉美咲ちゃん。 行方不明になってから、本日で18日が経過しました。 自衛隊、警察、消防、そしてかなりの数のボランティアも参加して、広範囲にわたり捜索活動が行われましたが、まったく手がかりがつかめていません。 捜索隊もすでに撤退し、大規模な捜索活動は打ち切りとなりました。 連日のテレビや新聞での報道も、ここのところで落ち着いてきている状態です。 小倉美咲ちゃん、いったいどこにいるのでしょう…。 無事をいのるばかりです。 その小説に登場する事件が、今回の行方不明とそっくりだったからです。 それは、桐野夏生の『柔らかな頬』という小説。 1999年初版なので、今からちょうど20年前に出版された書籍です。 桐野夏生といえば日本を代表する女流の現代作家の1人。 さらにこの『柔らかな頬』は、その年の『直木賞』も受賞している作品です。 主演が天海祐希で映像化もされ、共演は三浦友和、松岡俊介、渡辺いっけいなど一流の俳優たちで固められたドラマとなりました。 つまり、決してマイナーな小説ではなく、多くの人に読まれたであろう作品です。 com 以下、できるだけネタバレ要素の無いように記述しますが、若干のストーリーの展開には触れていますので、あらかじめご了承ください。 『柔らかな頬』は、ある事件から物語がスタートします。 それは、人里離れた山奥の別荘に複数の家族が集い、子どもたちだけで外に遊びにでかけ、その中の1人の少女が行方不明になる、という事件です。 その後も手がかりなどはまったく見つからず、大規模な捜索活動は打ち切りとなります。 最終的に母親が1人で娘を探し、年月が経過していく…そんなストーリー。 今回の小倉美咲ちゃんの山梨小1女児行方不明とそっくりです。 もちろん、キャンプ場ではなく別荘だったり、場所も山梨県ではなかったりと、細かい部分に違いはありますが、大枠はまったく同じといえます。 実はこの小説には通常の事件モノ小説、推理モノ小説ではあまり見ない注目する点があります。 次のページで詳しく説明しましょう。

次の

【衝撃】山梨小1女児行方不明事件、警察が衝撃の事実を明らかに・・・ │ 吹き出し型2chまとめ【LINE2ch】

山梨 女児 不明 現在

山梨県道志村のキャンプ場で小倉美咲さんが行方不明となった事件は、9月21日に発生なので10日間以上が経ちました。 すでに自衛隊は撤収し、捜索する人数も限られる中、山梨県警は小倉美咲さんの顔写真を公開。 事件に巻き込まれた可能性も否定できないとしています。 メディアでは小倉美咲さんの母親、父親がコメントを出していますが、ネットの匿名掲示板やSNSでは、母親のInstagramをきっかけに炎上しており、どのような人物なのかというタレコミも続出。 母親主犯説も出るほどでした。 この記事では匿名掲示板に寄せられた小倉美咲さん母親についてのタレコミをまとめ、人物像に迫ってみました。 また、この行方不明事件に関する怪情報についてのまとめはこちらです。 5chに寄せられた母親についてのタレコミ 母親の小倉とも子さんは自衛隊が捜索している最中、Instagramに自らが運営する店のハッシュタグをつけた投稿をするなどして、批判を呼び炎上していました。 データの取得に失敗しました。 ツイートIDまたはAPI接続用アカウント情報を再度確認して下さい。 そんな中、小倉とも子さんと中学の頃からの知り合いと自称する人が5chに地元民しか知り得ないだろうと思われる情報を次々と書き込み、話題となりました。 知り合い(ID:47OXn1YO0)の書き込みを太字にし、転載します(太字ではないものは他のユーザーからの質問です)。 この知り合い(ID:47OXn1YO0)は母親主犯説の立場に立つもので、一般ユーザーには衝撃的なものでした。 ただ、あらかじめ注意しておきますが、この知り合いの書き込みは一部真実だったとしても母親主犯説の部分は現地の取材や聞き込みに基づかない憶測でしかありません。 書き込み者が本当に母親の知り合いだったとしても全面的に信用できるものとは言えないと思います。 また、あくまでネットの書き込みでしかないので、そのあたりを十分承知の上でお読みください。 山梨女児行方不明事件についての噂 まとめ ・母親はママ友の間で評判が悪い ・父親と母親が別居中という噂がある ・5chのタレコミには母親の不貞行為(父親以外の人物とイオンで買い物)の書き込みがあった ・キャンプはSNSのオフ会で他の家族とは初対面(父親を置いて、子供2人+母親でオフ会参加) ・様々な噂を総合して母親主犯説まで出てきている 事件の真相はいまだ捜査中の段階ですが、普通の家族がキャンプに行った…という感じではないのはたしかなようです。 ただ、ネットの噂にある「母親主犯説」は現時点では行き過ぎた推理であり、実際に現場でそのようなことが可能だとは思えません。 現実的には、 ・川に流されてかなり下流まで行ってしまった ・誘拐などの事件に巻き込まれた という2点が現時点ではネットで有力な推理として議論されているようです。 また、誘拐などの事件性を山梨県警が考慮し始めたため、顔写真を公開しての捜査へと踏み切ったものと思われます。 母親のインスタにまつわる不審点 彼らは何を「埋めた」と話していたのか? ネット上で母親犯人説や「母親が怪しい」と言われるようになったきっかけは、母親のInstagramアカウントの影響が大きいでしょう。 中でも事件の5週間ほど前に不審な書き込みがあり、さまざまな憶測を呼んでいました。 そのInstagramのやり取りの中で、 「ニュースになるようなことされてませんよね?」と友人のアカウントから問われた小倉とも子さんは 「してませんよ」と否定しています。 そして、その否定に対して友人のアカウントは 「埋めてたら分からないか…」と注目すべき返答をしているのです。 この返答でネット上には「母親が犯人で美咲ちゃんを埋めたのでは?」など、憶測飛び交いました。 ネット民たちによる憶測はだいたい以下のとおりです。 ・母親が美咲ちゃんを殺害して埋めた説 ・大麻などの違法薬物説 ・凶器などの証拠品を埋めた説 注意してほしいのは、これらの憶測はあくまで憶測にすぎず、書き込み自体も友人によって自主的に削除されています。 また、後に母親のInstagrame投稿でも、小倉美咲ちゃん行方不明とは無関係である旨の文章を載せています。

次の

【山梨小1女児不明】美咲ちゃんは今どこに??有力な情報はないまま??

山梨 女児 不明 現在

山梨県道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が行方不明となって21日で1か月が経過した。 母のとも子さん(36)は 読売新聞の取材に応じ、「どこかで生きていると信じている。 必ず見つけ、『お帰り』と抱きしめたい」と言葉を絞り出した。 美咲さんは9月21日、家族や友人らと訪れたキャンプ場で、友人を追ってテントを出た後、行方不明になった。 山梨県警や消防、自衛隊が今月6日まで 延べ約1700人を投入して捜索。 その後もボランティア団体などが捜しているが、手がかりはなく、とも子さんは「ついて行っていれば……」と自責の念を 感じている。 キャンプ場は台風19号の影響で道路が陥没するなどし、立ち入りができなくなった。 とも子さんは「ここにはいてほしくない」と心境を明かし、 「少しでも情報を集めたい」と、美咲さんの写真や特徴を載せたチラシ3万~4万枚を作成。 ボランティアの力を借りて全国の街頭で配るという。 「必ずもう一度、私たちに笑顔を見せてくれると信じている」ととも子さん。 毎日、美咲さんの分の食事やおやつを用意して帰りを待っている。 情報は山梨県警大月署へ。

次の